FC2ブログ
   ■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium


□最新記事
□最近のコメント















「Missing」  「Montreal」

木1

昨日の夢記事の追記記事です。

http://orangeapple01.blog62.fc2.com/blog-entry-3363.html


言葉では伝えにくいのですが、リンクする様な画像を見つけましたので、
ここに貼り付けようと思います。
この様な場所で、白いペンキの剥げた「納屋(?)」か「小屋(?)」の近くです。


twitterもフォローしましたのでこの記事が目に留まってくれればと祈っています。
ただ、モントリオールで行方不明になっている「Ariel Jeffrey Kouakou」かどうかの断定は難しい
感じです。


※国外の事件記事で本当に申し訳有りません。




七曜 高耶
スポンサーサイト
[ 2018/10/15 13:28 ]Posted by七曜高耶 | 事件 | TB(0) | CM(0)[記事編集]

2018年10月14日に視た夢。「モントリオール( Montreal)」「少年」「行方不明」「死」


2018年10月14日に視た夢。


2018年10月14日に視た夢は、「モントリオール( Montreal)」「少年」「行方不明」「死」。


夢の場所は「モントリオール( Montreal)」 。

周囲は白い雪に包まれている雑木林(?)。

そこで「遺棄」されたであろう10代の少年(人種は不明)が、最後に視た(?)場所の映像
を私に視させた。

そこは美しく広大な(?私的には広く感じた)雪の有る土地で、
古く白い少し壊れかけている納屋(?)か小屋に近い場所。

雪がうっすらとかかった木のフェンスの近くにその少年は「遺棄」されている様だ。


美しい場所とはかけ離れた内容。

これが事実かどうかさえ確認出来ないが、「モントリオール(Montreal )」の死者からの
伝言かもしれない・・・・・。


少し、調べてみようと思う。

もし、この様な事が起きているなら、

親は必死で探している筈だから。





七曜 高耶

[ 2018/10/14 19:31 ]Posted by七曜高耶 | 2018年予知夢 | TB(0) | CM(4)[記事編集]

2018年10月14日に視た夢。 「北海道胆振」「震度6」


2018年10月14日に視た夢。

2018年10月14日に視た夢は、「北海道胆振」「震度6」。

最近、夢の現実化速度が早いと言うのも有り、
起き掛けに視た夢ですので、判断が難しいのですが、一応念の為注意・警戒で。



年月日:不明

時間帯:不明

のままですので、いつ起きるかは判りません。
申し訳有りません。



七曜 高耶

 
宇宙科学ランキング
[ 2018/10/14 06:43 ]Posted by七曜高耶 | 2018年予知夢 | TB(0) | CM(0)[記事編集]

トルコ裁判所、米牧師解放。 トルコリラも回復!?9月17日に視た夢の意味は??


こんばんは、七曜高耶です。

本日は「トルコ」の記事を書いていこうと思います。

2018年9月17日、私はトルコレートの夢を視た訳ですが、
ネット内を検索しても良い評判を見かける事は有りませんでした。

ですが、今回そのトルコリラも少しばかり回復の兆しが有るとか・・・・・。

経済について全く詳しくないのですが、一番に驚いたのは「たった一人の人間」で経済が動く事。

これには驚きました。

あの夢を視ていなければ検索もしなかった事柄ですが、
米国人のブランソン牧師がテロ関連の罪で拘束されていた様なのです。

その米国人のブランソン牧師ですが、まず釈放されないだろうと噂されていたらしく、


その理由として、
『今まで解放せず拒否』していた為、
この後に及んで解放すると言う事はまず考えられない。


と言うことでした。


更にブランソン牧師を解放をすると言う事は、

『トルコがアメリカに屈した形になる』

トルコなりのプライドがあった様です。

2018年9月17日に視た夢が今後どの様に関係していくのかは判りませんが、
もしかすると一つの要因として「ブランソン牧師」の釈放が在ったのかもしれないと思っています。




トルコ裁判所、米牧師解放 トランプ氏「すぐ帰国!」
10/13(土) 1:19配信

産経新聞

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181013-00000507-san-m_est




 【カイロ=佐藤貴生、ワシントン=加納宏幸】トルコ西部イズミル県の裁判所は12日、クーデター未遂事件の関係者らを支援したとしてテロ関連の罪に問われた米国人のブランソン牧師の釈放を命じ、牧師は解放された。トランプ米政権が求めてきた牧師の釈放が実現したことで、冷え込んでいた両国の関係が改善に向かう可能性が出てきた。

 トランプ米大統領は、ツイッターに「ブランソン牧師が先ほど釈放された。すぐに帰国する!」と書き込み、歓迎の意を表明した。

 牧師の拘束などで米トルコ関係は悪化し、米国はトルコへの圧力を強めてきた。今後は、牧師の逮捕・拘束でトルコの閣僚2人に科した制裁が解除されるかが焦点となる。

 ロイター通信などによると、裁判所はこの日、懲役3年の刑を宣告したが、すでにブランソン氏が一定期間、拘束下で過ごしており、刑に服する必要はないと判断した。同氏は、同日中に航空機で帰途に就く見通し。



しかし、この調子だとトランプ大統領は好感度が少しは回復していると言う事になるのかな?
巷では、トランプ大統領が再任する事は「無い」と書かれているのですが、再任すればこの間の
が現実になってしまう可能性も有るので、かなり微妙な気持ですね。




トルコ拘束の米国人牧師が釈放、対立緩和に向け重要な一歩に

https://jp.reuters.com/article/turkey-security-usa-idJPKCN1MM1U7




[イズミル(トルコ) 12日 ロイター] - トルコの裁判所は12日、テロ関連の罪で有罪判決を受け拘束されていた米国人牧師のアンドリュー・ブランソン氏を釈放する決定を下した。米・トルコの関係回復に向けた重要な一歩となる可能性がある。





トランプ大統領はツイッターへの投稿で「ブランソン牧師は解放された。間もなく帰国する!」と述べた。

同氏はテロ関連の罪で3年と1月半の禁錮刑を言い渡され、2年間の収監後に今年7月から自宅軟禁下に置かれていた。

ペンス副大統領やヘイリー米国連大使もツイッターを通じ、歓迎の意を表明した。





ブランソン氏の弁護士によると、ブランソン氏はトルコを出国する見通しで、米高官はロイターに対し、米軍機でブランソン氏を米国に移送する計画だと語った。

トランプ大統領は今夏、同氏の解放を求め、トルコに経済制裁を発動し、両国の関係は悪化。トルコリラは急落し、世界金融市場の混乱を引き起こした。

また、トランプ大統領の主要支持基盤である福音主義キリスト教のブランソン牧師の解放を取り付けたことは、11月6日の米中間選挙を控え支持層の得点を稼ぎ、共和党への追い風となる可能性がある。

トルコリラTRYTOM=D3は1530GMT(日本時間13日午前0時30分)時点で、5.96リラとやや下落。前日は釈放への期待から3%上昇していた。

*内容を更新しました。





七曜 高耶



クリック頂き有難う御座います。

 
オカルトランキング

[ 2018/10/13 20:47 ]Posted by七曜高耶 | 政治・経済 | TB(0) | CM(0)[記事編集]

2018年10月11日に視た夢。 「トランプ大統領」 「ボタン」


本日二つ目の記事になります。

カテゴリは「2018年予知夢」としていますが、ほぼ只の夢ではないかなと
思っています。

夢では鬼の様な形相・・・・と言いますか、例え難い表情でした。

そこは屋内なのですが、何故か空中の映像も同時進行で視えます。



宙には沢山の黒い戦闘機、軍用ヘリ等が無数に飛んでいます。


戦闘シーンではないので状況はイマイチ把握出来ないのですが、
薄暗い室内の中、トランプ氏は鼻息荒く右指先で何かの「ボタン」を押そうとしています。
(夢の中では押そうとしているだけで押してはいません。)

瞬間、その映像を視た私は思わず、


「それは押したら駄目なやつだ・・・・」


と呟いたところで夢は終了しました。



政治・経済に疎いですので、判断出来ませんが、
巷では2019年にはトランプ氏退任し、大統領では無くなっているとも
言われている様ですので、只の夢ではと思った次第です。


※ 押したらダメな「ボタン」って何だろう・・・・・?




七曜 高耶


クリック頂き有難う御座います。

 
宇宙科学ランキング

[ 2018/10/11 18:26 ]Posted by七曜高耶 | 2018年予知夢 | TB(0) | CM(2)[記事編集]