■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
    まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium


    □最新記事
    □最近のコメント















    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ]Posted by七曜高耶 | スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)|[記事編集]

    本当だったら面白い?アメリカが軍の宇宙部隊創立を推進する動きが有る様だ

    こんにちは、七曜高耶です。


    本日は面白い情報を!!

    情報ソースは「カラパイア」さんの様です。
    そして更に大元情報がコチラ

    http://spacenews.com/air-force-lays-out-its-case-for-keeping-space-operations/

    タイトルはなんと、


    「アメリカが軍の宇宙部隊創立を推進する動き」

    おおぉぉ~!!!
    本当かな?

    もしかして、「スターゲート」に出てくる「ダイダロス」的な?
    イメージがあるのですけれどぉ~^^

    ダイタロス

    カッコイイなぁ。

    実際の所、宇宙に出たら瞬殺されると思いますが。
    勿論、宇宙の法則で人類にとって(ここは重要)友好的な存在もいると思いますが、
    その反対も存在している訳で・・・・。

    宇宙戦争に負けたらそれこそ大変な感じもしますが。

    宇宙
    もうこの際、火星だけにしておきましょうよ、軍人さん。
    彼らは人類よりずーっと長く宇宙に居る分、
    技術力や宇宙の法則を細部にわたってに知っている訳ですから勝ち目ないですって。



    アメリカが軍の宇宙部隊創立を推進する動き




     米国が有する宇宙の資産の脆弱性に対する懸念から、米議員が軍に宇宙部隊を創設するための正式な手続きに入った。

     こうした動きは、下院軍事委員会の主要メンバーによる国防総省への厳しい批判を背景とする。彼らは、ペンタゴンが”壊滅的な”組織構造に起因する遅れやコスト増大をどうやら把握しておらず、これがアメリカの宇宙での軍事的備えを脅かしていると明言する。

    【実質的には空軍が宇宙部隊を統括】

     「国防総省がこうした問題に対する効果的かつ断固とした対応を取れないことは間違いない。問題の性質や規模すら認識していないのだ」と共和党のマイク・ロジャーズ議員とジム・クーパー議員は共同声明で述べる。

     先週、2019年1月1日までに宇宙問題に対応する独立した部隊の設立を義務付けるよう国防権限法の改正を求める提案が委員会に対して正式に提出された。

     宇宙関連事項は現在空軍が主要な責任を負うが、新設の宇宙部隊は陸海空軍による共同運用が念頭に置かれている。それでも海兵隊が海軍で運用されているように、実質的には空軍が宇宙部隊を統括することになるだろう。

    [情報元:カラパイア]
    Boeing X-37B

    【宇宙部隊の創立に異を唱える声も】

     一方、ヘザー・ウィルソン空軍長官は、「ペンタゴンは過度に複雑であるため、整理をしている最中だ。これでは組織を一層複雑にしてしまい、コストが嵩むようになる。使う資金があるなら、お役所仕事ではなく、軍の強化に使うべきだろう」と宇宙部隊の創立に異を唱える。…


    【続きはこちらから

    http://www.excite.co.jp/News/odd/Karapaia_52241624.html?_p=2






    七曜 高耶



    クリック頂き有難う御座います。

     
    宇宙科学ランキング

    スポンサーサイト
    [ 2017/07/01 08:07 ]Posted by七曜高耶 | 惑星情報 | TB(0) | CM(5)[記事編集]

    NASA 地球外生命に関する緊急発表!? それに近いタイミングで上映される「コンタクト ハズ ビガン」

    こんばんは、七曜高耶です。


    本日は朝から三羽烏が外でガーガーとけたたましく鳴いているわ、
    目眩が酷いわ、吐き気がするわで体調が悪くブログの更新が今になってしまいました。

    今日大きな地震でも起きるのかとドキドキしましたが、
    今の所そうでもなさそうな感じなので少し安心しています。

    さて、今回のこのニュースは物凄いタイミングではないかと思います。

    つい最近ですが、「コンタクト ハズ ビガン」という映画がJCETI(地球外知的生命体センター)
    から出されたのですよね。

    で、今回SPUTNIKのこのニュース。

    前の情報によると、米国の実業家で、NASAと積極的に協力しているビゲロー・エアロスペース社の経営者、
    ロバート・ビゲロー氏は、
    宇宙人はただ存在するだけでなく、すでに地球に住んでいるとの確信を示した
    と言う箇所です。

    この点については巷のコンタクターの方々が仰っていると思いますが、
    「コンタクト ハズ ビガン」はこれらを確信に変えさせてくれる様な映画では
    なかろうかと思っています。

    以下は予告編になりますが、ご興味の有る方はJCETIをクリックしてみて下さいね。






    NASA 地球外生命に関する緊急発表について
    テック&サイエンス
    2017年06月28日 12:44(アップデート 2017年06月28日 14:12) 短縮 URL


    https://jp.sputniknews.com/science/201706283815031/





    NASAは地球外生命体に関する緊急発表を行う予定はない。NASAで科学プログラムを率いるトーマス・ザーバチェン氏がツィッターで表した声明をロシアのマスコミが報じた。






    NASAが緊急発表を用意しているとの噂の発端はハッカー集団「アノニマス」の発表だった。




    「アノニマス」はザーバチェン氏が今年4月、NASAの職員との非公開の会談で行ったとされる声明を引用。会談でザーバチェン氏は人類は地球外生命を解明する瀬戸際にきていると指摘していた。

    また、先の報道によると、NASAは、2030年代に天王星と海王星に調査ミッションを派遣する可能性があると述べた。

    前の情報によると、米国の実業家で、NASAと積極的に協力しているビゲロー・エアロスペース社の経営者、ロバート・ビゲロー氏は、宇宙人はただ存在するだけでなく、すでに地球に住んでいるとの確信を示した。ビゲロー・エアロスペース社は、将来的に宇宙での生活に使用できる宇宙船用の膨張式モジュールを開発していることで知られている。




    因みに膨張式モジュールは日本の折り紙からヒントが得られるでしょう・・・・。

    折り紙は単に過去の古いものではないのです。
    実は最先端の技術が隠されている紙なのです。




    七曜 高耶



    クリック頂き有難う御座います。

     
    宇宙科学ランキング

    [ 2017/06/28 18:30 ]Posted by七曜高耶 | 惑星情報 | TB(0) | CM(0)[記事編集]

    屋内の被爆線量、3割低く算定か 広島大研究者ら発表

    先程まで本当にyahooのトップになかったものが、
    何故か11:17分付けで表に出ていました。

    ですので、このタイミングにも意味が有るのかもしれません。
    以下が転載記事になります。



    屋内の被爆線量、3割低く算定か 広島大研究者ら発表
    6/5(月) 11:17配信

    朝日新聞デジタル

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170605-00000028-asahi-soci



     原爆投下時、建物の中で被爆した人が受けた放射線量が、約3割低く算定されている可能性があるとの研究結果を広島大名誉教授らのグループが明らかにした。建物などが放射線を遮る影響を過大評価している可能性を示唆したものだと指摘している。

     広島大の大瀧慈(めぐ)名誉教授(統計学)らのグループが4日、広島市で開かれた「原子爆弾後障害(こうしょうがい)研究会」で発表した。

     研究では、日米共同研究機関「放射線影響研究所」(放影研)が公表している被爆者(広島1980人、長崎1062人)の染色体異常の発生頻度と被曝(ひばく)線量の関係性を再解析。その結果、建物などによる遮蔽(しゃへい)の影響が過大評価され、屋内被爆で約29%線量が低く算定されていることがわかったという。
    .
    朝日新聞社




    本日・・・と言いますか先日(?寝ているので日を跨いでも判らないのですが・・・・)
    長崎の原爆と紫陽花を夢で視たのは、この発表と何か関係があるのかもしれないな・・・・と思っています。






    七曜 高耶


    クリック頂き有難う御座います。


     
    宇宙科学ランキング

    [ 2017/06/05 15:04 ]Posted by七曜高耶 | 惑星情報 | TB(0) | CM(0)[記事編集]

    今、大地のボルテックスは非常に重要な時期にある

    昨日は子供と井倉洞・満奇洞の二つの鍾乳洞を訪れました。

    パワースポットとして挙げられる場所のその殆どは神社ですが、
    実際のパワースポットはボルテックス(渦巻き)を感じる場所、
    所謂、大地から強いエネルギーが渦巻きのように、放出されている場所のことをいいます。

    我々人類は、この母なる大地から肉体のひな型を頂いた存在です。
    その後どの様な手を加えられようが、大地の子供なのです。

    神に感謝することも大切ですが、その神でさえ誕生した場所は神聖な場所なのです。
    だからこそ神社が存在するのです。

    まず、場所が在り、神々や人類がそこにあるのですから順番を間違う事がないようにしなければなりません。

    何億年もの刻の中創られた洞穴は非常に澄んだ冷たい空気が漂っています。
    中の気温は15度~16度。
    寒いのが苦手な方は上着を持って行った方が良い程の大気温です。
    ここに載せてある画像は全て子供が撮ったものですので、ぶれていたりしますが、
    この下の画像は井倉洞の洞穴からの滝です。
    とても美しかったです。

    井倉洞

    今回・・・と言うより今年に入ってから色々と問題が出てきた七曜にとって
    良いエネルギーチャージになりました。

    さて、ここから下の画像は満奇洞(まきどう)と呼ばれる場所になります。
    ここには地底湖が存在し、沢山の照明により更に不思議な空間が演出されていました。

    貅€螂・_convert_20160808091352

    貅€螂・_convert_20160808091514

    貅€螂・_convert_20160808091547

    場所によってはかなり低くい場所も有り、頭上注意の言葉が書かれています。
    が、それでも七曜鍾乳石に頭を擦ったりしてました(笑
    その点子供は身長が小さいのでスイスイいけますね。

    貅€螂・_convert_20160808091233

    七曜一番のお気に入りは地底湖に掛かった朱色の橋ですね。
    何だか異世界にでも迷い込んだ様・・・・。

    ここ満奇洞は彼の与謝野晶子氏が「奇趣に満ちた洞」とこう唄に読んだことから名付けられた洞穴で
    まさに「奇趣に満ちた洞」になっています。
    夏休み、お時間が在る方は是非立ち寄ってみては如何でしょうか?

    この場所は井倉洞の近くに在る鍾乳洞ですので、井倉洞に行かれたついでに立ち寄れると
    思います。
    貅€螂・_convert_20160808091628


    ※説明

    新見市内の洞穴群のなかでも開発が早く、全長約450mで奥には地底湖が広がる鍾乳洞です。
    洞内延長はそれほど長くは有りません。
    洞名は、昭和初期にここを訪れた歌人・与謝野晶子が「奇趣に満ちた洞」と激賞したところから名付けられたといわれています。

    特徴

    歌人与謝野晶子が「奇に満ちた洞」と詠んだところから「満奇洞」と言われるようになった鍾乳洞は、
    何億年を経ながら創られた摩訶不思議な場所になっています。
    奥には地底湖〝夢の宮殿"が広がる幻想的な空間がそこに在ります。


    所在地
    岡山県新見市豊永赤馬2276-2



    それでは岡山県のボルテックスを是非感じてみて下さい。
    人もまばらな場所ですので、不必要なエネルギーはほぼ存在しません。

    神社の場合、沢山の方の想念が蔓延していたりしますが、
    純粋に大地のエネルギーを感じるには最適の場所です。





    七曜 高耶



    クリック頂き有難う御座います。

     
    オカルト ブログランキングへ

    [ 2016/08/08 09:38 ]Posted by七曜高耶 | 惑星情報 | TB(0) | CM(0)[記事編集]

    2015年10月の夢記事を検証。 「ドイツ」で「大洪水」が起きた様です

    こんにちは、七曜高耶です。
    今日は予知夢に関係した災害の記事を書こうと思います。
    この様な事を書きますと、またあの方がいらっしゃるかもしれませんが、
    とりあえず、検証ブログでも有りますので、書かせて頂こうかと思います。


    まずは今回起きましたこの洪水によって亡くなられた方のご冥福をお祈りいたしたいと思います。


    ・・・・・・・・・・

    5月29日、ドイツ バーデン・ヴュルテンベルク州で洪水が起きた様です。
    以下は「SPUTNIK日本」の転載記事になります。
    今回起こったバーデン・ヴュルテンベルク州での大洪水はかなり酷い状況だったようで、
    車までもが押し流される程の強い流れる様子が撮影されている。
    詳しくは以下「SPUTNIK日本」の転載記事をお読みください。


    ドイツ洪水関連記事:

    地球の記録様: http://earthreview.net/bibilical-rain-cause-apocalyptic-floods-in-germany/


    AFP通信: http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160531-00000001-jij_afp-int

    さて、七曜は昨年2015年10月にドイツの大洪水に関する夢記事を書いています。
    以下がその時の転載記事になります。
    (詳細は以下URLよりご覧になって下さい)

    この時、七曜は夢の中で溺れたのですが、
    今回のこのニュースを読む限り、夢で溺れたとしても何ら不自然では無いと思うほど酷い
    洪水で有ったと思います。
    「くるみ割り人形」の音楽の意味はいまいち判らないのですが、
    これも結局ドイツの音楽ですので、この事を指していたのかもしれませんが、判断は出来ません。
    まだ、他の意味が残っているのかもしれないからです。


    2015年10月の夢記事:http://orangeapple01.blog62.fc2.com/blog-entry-2831.html


    2015年10月12日に視た夢は、「ポンペイ」「噴火」「ドナウ川」「大洪水」と「くるみ割り人形」の曲
    だった。

    初めの「ポンペイ」だが、いつもの通り、名前は知っていても場所が判らなかった為検索をして
    調べてみた。
    すると出てきたのが、南イタリア・ナポリにある、ポンペイの町を火砕流が飲み込んだのが
    ヴェスヴィオ山と言う山だそうで、

    そのヴェスヴォ山の場所を調べた結果、位置は以下の場所だと言う事が判った。



    そして、「ドナウ川」の大洪水の夢も視たので同じく調べてみた結果、場所は以下になった。



    「くるみ割り人形」と、ドナウ川が何故一緒に視え、そして聴こえたのかが判らないが、
    とにかく、ドナウ川の大洪水は非常にリアルで、七曜は目覚めの時、吐いてしまった。


    ここで、胃液・・とか言えば納得出来るかもしれないが、実のところそうではなく、水が口から
    湧いて出た・・と言えるものだった。

    魚でも出てくれば面白人間になれるかもしれないが、これは苦しかったし、
    初めての体験な故、理由が判らない。


    ただ、判る事は、「大洪水」と「噴火」の可能性が出てきている事だけだろう。
    渡航予定の有る方は十分にご注意下さい。



    しかし、まだこの大洪水以外にも注目するべきところは、
    夢で出てきた「ポンペイ」と言う場所です。
    ドイツの大洪水が現実となった今、こちらの場所もやはり注意・警戒すべき場所なのかもしれないと
    思っています。
    2015年10月にも書きましたが、
    渡航者は十分に下調べをした後渡航される方が良いかもしれません。




    ドイツで洪水 通りから自動車が押し流される(動画)
    2016年05月30日 23:15短縮 URL

    http://jp.sputniknews.com/incidents/20160530/2221116.html#ixzz4ACkQW2h7



    ドイツ南部を襲った大雨のため、洪水が発生し、少なくとも3人が犠牲となった。29日夕方、ドイツの一部の地域は、雹を伴った雷雨にも見舞われた。「ザ・ローカル」が伝えた。




    中でも特に大きな被害を受けているのは、バーデン・ヴュルテンベルク州とバイエルン州で、バーデン・ヴュルテンベルク州では死者が出ており、消防隊員が被災者を救助しようとし共に亡くなるという悲劇も起きている。

    一方ソーシャル上には、通りの車がすべて、水流に押し流される様子を撮ったビデオなどが投稿されている。流された車の中には、トラックも含まれていた。ドイツ南部のいくつかの地区では、自動車道路が洪水のため遮断されている。










    七曜 高耶


    クリック頂き有難う御座います。


     
    自然災害 ブログランキングへ

    [ 2016/05/31 13:28 ]Posted by七曜高耶 | 惑星情報 | TB(0) | CM(0)[記事編集]