■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium


□最新記事
□最近のコメント















大分・豊後大野の地割れは大地震の予兆なのか? 中央構造線上に起きているズレ


こんにちは、七曜高耶です。

朝からブログにイン出来ず、記事を書く事が出来なかったのですが、
ようやくログインが可能になりましたので、本日の記事を書いていこうかと思います。

本日は大分・豊後大野市の地割れに関して書いていきます。


調べた所、大野市は巨大な断層「中央構造線」に位置していることから、
昨年に発生した熊本大地震の影響で「中央構造線」に影響が出ていると思われている様です。

そこで、ふと思ったのが昨日夢日記に書きました「フォッサマグナ」についてです。
以下の画像を見ると判る様に、「中央構造線」と「フォッサマグナ」は一つの地点で重なり合っています。

中央構造線

重なり合うからこそ影響される事もあるのではないだろうかと思ったのです。
夢でいきなり「フォッサマグナが動く」と言われても、どう言う意味なのか、七曜も解りかねていましたが
今日のこのニュースをみて、もしかしたらと言う感じがしました。


「フォッサマグナが動く」=「地下が動く」と言う意味だったのかな?


因みにですが、大分の地割れについて知ったのは本日の朝でした。
結構前からニュース記事になっていた様ですが、PCをほぼ見ていない状況でしたので・・・・。
気付くのが遅れました。


どちらにせよ、記事内でコメントされている、武蔵野学院大特任教授の島村英紀氏(地震学者)と、
電気通信大名誉教授で、早川地震電磁気研究所代表の早川正士氏(電磁理工学)のお二方が
「中央構造線」に警戒した方が良いと仰っていますので、警戒するに越したことはないでしょう。

最後に書かれている言葉

「中央構造線断層帯は、九州から茨城県付近まで続いている。」

には引っかかりますが・・・・・・。
(巨大地震に備えろ的な感じに聴こえてしまうのです)



今も拡大…大分・豊後大野の地割れは大地震の予兆なのか

日刊ゲンダイDIGITAL 5/25(木) 9:26配信

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170525-00000016-nkgendai-life


 大分・豊後大野市の地割れが拡大し、不安の声が上がっている。地割れが見つかったのは、同市朝地町綿田地区。縦約400メートル×横約300メートルの範囲で81カ所(22日午後5時現在)に及び、地割れは棚田、道路や住宅の敷地内まで広がっている。1時間に数ミリペースで拡大し続けているというから、不気味だ。

「昨年4月の熊本地震以前は、地割れが起きたことがなかった。専門家による調査を行い、原因を解明しているところで、まだ復旧作業ができる状態に至っていません。今は2世帯4人が避難中。この地区の別の場所では地滑りが起きているので、不安の声が上がっています」(同市総務課担当者)

 同地区では1964年に大雨で土砂崩れが起きている。とはいえ、今月は特に降水量は増えていない。

「それほど雨が降っていないのに地割れが進むのは不思議です。ただ、豊後大野市は、阿蘇が過去に噴火して“火砕流が厚く降り積もったところ”なので崩れやすい地質ではあります。熊本地震で被害が多かったのも、阿蘇からの火山灰が降り積もっていたことに起因している。特に熊本地震が起きてから、九州では1年で約13万回の地震が起きているため、その影響もあるでしょう」(武蔵野学院大特任教授の島村英紀氏=地震学)


■断層が動き続けている可能性も


 地震の前触れか? なんて声も聞かれるが、その可能性はないのか。

「引き金になる可能性は否定できません。地割れは、日本列島を貫く最大の活断層、中央構造線上で起きています。これは熊本地震で刺激されたといわれている活断層。阿蘇山にも影響しています。地割れが拡大し続けるのは、断層が動き続けているからという可能性もある。いずれにしても注意は必要でしょう」(島村英紀氏)

 電気通信大名誉教授で、早川地震電磁気研究所代表の早川正士氏(電磁理工学)も予測するウェブサービス「予知するアンテナ」では、先週から九州―四国地方に警告を出している。

「九州の観測点で電磁気現象を調査したところ、地割れエリアの電離層に異常が出ています。地下で地殻変動が起きているということで、地震の前兆は出ています。このエリアは中央構造線に近いため、本州も含め沿線上の地域は、しばらくは注意が必要です」(早川正士氏)

 中央構造線断層帯は、九州から茨城県付近まで続いている。







七曜 高耶



クリック頂き有難う御座います。

 
地震ランキング

スポンサーサイト
[ 2017/05/25 14:36 ]Posted by七曜高耶 | 地震 | TB(0) | CM(0)[記事編集]

茨城県の地震と来年2017年の未来の事

今年分はこの記事で最後となります。

12月28日の記事に書きました「岩手県」も多少揺れた様ですが、
http://orangeapple01.blog62.fc2.com/

軽い揺れで済んだ様でホッとしております。

茨城県の時の様に鬼気迫る様な連呼は有りませんでしたから、
やはり揺れも軽かったのでしょう・・・・・。

が、しかしです。

夢で視ると言う事は必ず「意味」の有る事です。

でなければ軽い揺れだけを警告するとは思えません。
ですから、今後も皆様方には注意・警戒でお過ごし頂けると助かります。


地震37

平成28年12月30日17時36分 気象庁発表
30日17時33分頃地震がありました。
震源地は宮城県沖(北緯38.9度、東経142.0度)で、
震源の深さは約50km、地震の規模(マグニチュード)は3.9と推定されます。
各地の震度は次の通りです。
なお、*印は気象庁以外の震度観測点についての情報です。

岩手県  震度2  一関市千厩町*

他、



さて、この記事で2016年の最後を〆ようかと思っているのですが、
実は読者の皆さま方にお話していない事が有ります。

ですが、その事を書く勇気もなく、どうすればよいのかと迷っている次第です。
もしかするとブロとも限定にするかもしれませんが、その点はお許し下さい。


とにかくは来年2017年・・・・・・・・・・よい年になれば良いのですが。
断言できません・・・・・。

しかし、後1日で今年もまた終わります。
皆さま、良いお年を!
今年も大変お世話になりました!!有難う御座いました!






七曜 高耶



クリック頂き有難う御座います。

 
地震 ブログランキングへ

[ 2016/12/30 18:10 ]Posted by七曜高耶 | 地震 | TB(0) | CM(14)[記事編集]

南海トラフ大地震と中央構造線上の地震に注意・警戒で宜しくお願い致します。

おはようございます、七曜高耶です。

記事投稿まで既に1時間経過していますが、9時49分に徳島県で地震が
起きた模様です。
今年も後僅かになりますが、今年2016年1月2日に書きました記事を以下に
転載しております。
詳細は下にURLを貼り付けていますので、そちらからご確認下さると助かります。

下に1月予知夢から転載しました画像をみて頂けると判ると思いますが、
画像の場所は特にご注意下さい。

宜しくお願い致します。

地震34
平成28年12月26日09時52分 気象庁発表
26日09時49分頃地震がありました。
震源地は高知県中部(北緯33.7度、東経133.9度)で、
震源の深さは約10km、地震の規模(マグニチュード)は3.7と推定されます。



【2016年1月2日の予知夢】:
http://orangeapple01.blog62.fc2.com/blog-entry-2909.html


snap_orangeapple01_20161614226_201612261046274c3.jpg


この場所はどの様な場所なのか?
自分なりに調べてみた。
この場所は「中央構造線」に平行して南に御荷鉾(みかぶ)構造線、仏像構造線が東西に走り、
地質は北から順に結晶片岩からなる三波川(さんばがわ)帯、おもに古生層からなり中生層が
部分的にみられる秩父帯、中生層からなる四万十(しまんと)帯が東西方向に帯状に分布している
場所のようだ。

では、三波川(さんばがわ)帯と、秩父帯を挟んだ場所にある御荷鉾(みかぶ)構造線が揺れたとして
一体何が起きるのか?

私には全く解らない。


とりあえず、昨日の岡山県と同じ規模の地震がその場所で発生した場合は
注意・警戒をして頂きたく思う。

宜しくお願い致します。







七曜 高耶


クリック頂き有難う御座います。

 
地震 ブログランキングへ

[ 2016/12/26 10:47 ]Posted by七曜高耶 | 地震 | TB(0) | CM(2)[記事編集]

今年2016年12月~来年2017年1月に南関東で大地震 四国沖も危険 恐ろしいほどの的中率「MEGA予測」



2016年2月21日に書きました「時間軸のズレ」に関して書きました記事なのですが、

http://orangeapple01.blog62.fc2.com/blog-entry-2959.html

その時の一部を下に転載しています。

実際の時間軸では来年2017年の2月中旬~春(2月~3・4・5月?)にかけてですね、
注意・警戒をして頂きたいと思います。


この時の詳しい内容は上記URLより読む事が出来ますが、
感じたものが「地震」なのか「戦争」なのかの判断は付かない状況でした。

しかし、村井教授の「地震予測」を読む限りは、
やはり地震にたいするものだったなのかなとも思っていたりします。

それにしてもですね、村井教授の予測が怖い~~・・・・・。


しかも、七曜も11月17日の夢記事で「地震」の事を書いているものですから、

http://orangeapple01.blog62.fc2.com/blog-entry-3144.html

余計に怖かったりしています。
本当に書かなければ良かった・・・・。

自分で自爆している感じです。
どうか村井教授の予測が外れますように~。祈っています。


やはり、七曜自身も「地震」が怖いですからね。
地震慣れしていない岡山県に住んでいますから尚更です。

鳥取県の余波で揺れた「震度5弱」でも瞬間的に驚きましたから。
「南海トラフ大地震」がとうとうきたのかっ!?みたいな感じで。

ちょっとカンパン貯め買いしておきます。



カンパン美味しいですし、中に氷砂糖入っているのが子供にも受けます。

後はライフラインが止まったことも考えてカセットコンロは常備しています。
最近のはコンパクトで軽いですから良いですよね。



勿論、カセットガス買っていないと着きませんのでワンセットで常備して欲しい
一品です。
後は石油ストーブも七曜は使用しています。
電気必要ないですから電気が止まっても大丈夫かな?とか。
勿論、ストーブが潰れなければですが。


とりあえず、いつ来るか判らなくてもある程度の準備をしていると気持ちも落ち着くので
七曜は準備中です。



村井教授1

12月~来年1月に南関東で大地震 四国沖も危険 恐ろしいほどの的中率「MEGA予測」 (1/3ページ)

2016.11.25


http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20161125/dms1611251130009-n1.htm
※続きは上記URLからどうぞ


異常変動
異常変動が確認された一部地点(JESEAのデータを基に作成)



東日本大震災の余震が続くが、南関東や四国も警戒が必要だ(ロイター)


.

 「恐ろしいほどよく当たる」として今、「MEGA地震予測」が注目を浴びている。衛星データを駆使して地殻の異常変動を観測、巨大地震を予測するというもので、22日にマグニチュード(M)7・4の規模で震度5弱、24日に震度4の地震があった福島県を警戒地域に指定、10月に震度6弱を記録した鳥取地震も的中させている。この予測で12月から来年1月にかけて最高レベルの警戒を呼びかけているのが南関東で、西日本では四国でも危険な兆候がみられるという。


 MEGA地震予測は、測量工学の世界的権威で東京大名誉教授の村井俊治氏が立ち上げた民間会社「地震科学探査機構(JESEA)」(東京)が実施している。

 地上約2万キロメートルを周回するGNSS(衛星測位システム)のデータを利用。国土地理院が公表する全国約1300カ所の電子基準点でどのような地殻変動が起きているかを観測し、地面が大きく沈むなどの異常変動を突き止めることで、巨大地震の発生が予測される地域を特定している。

 「風邪をひいて熱が出る前、悪寒がするなどの前触れがあるように、巨大地震が起きる前にも地面がビクッと動く。2000~07年に起きたM6以上の地震162個を追跡調査したところ、すべての地震の前に、地殻の異常変動が起きていた」と村井氏は語る。













本当によくよく考えたら縁起の悪いブログですよね、七曜のブログ。

とにかく、村井教授の予測が外れる様に祈りたいと思います。
因みにですが、削除したはずのtwitterが何故だか復活していました・・・・。
どうしてなのか。

なので一応転載&ツイートして頂ける方大歓迎です。
宜しくお願い致します。有難う御座います!!



七曜 高耶


クリック頂き有難う御座います。

 
地震 ブログランキングへ

[ 2016/11/27 10:33 ]Posted by七曜高耶 | 地震 | TB(0) | CM(7)[記事編集]

エルサルバドルでM7.0の地震 ハリケーンも

昨日、中米エルサルバドルでM7.0の地震が起きていた様です。

過去、エルサルバドルで起きた地震は2014年。
当時のマグニチュードは7.3でした。

今回は当時より0.3低くはありますが、同時にハリケーンの被害も出てきている様です。
エルサルバドルの場所は以下になります。

画像はIN DEEPさんの所からお借りしてきています。


IN DEEPさんの過去記事から画像を拝借しています。


さて、今回の中米エルサルバドルでの地震は、サンアンドレア断層に影響を及ばすのでしょうか?

現在、「RING OF FIRE」の活動は非常に活発化してきています。

その中で昨日未明のエルサルバドルでの地震はやはり気になる状況です。


2016年11月17日に視た「カスケード地震」と関係が無ければ良いのですが、
このタイミングでの規模の大きな地震となると、「もしかして・・・」という思いも
出てきてしまいます。


http://orangeapple01.blog62.fc2.com/blog-entry-3144.html

今後エルサルバドルでの注意しなければならないのは「高気圧」に変化したときです。
この時大地がきしんでしまうので、新たな地震を生み出す可能性が有ります。


中米西側のエルサルバドル及び日本の・・・・太平洋沿いは注意が必要かもしれませんね。



エルサルバドルでM7.0の地震 ハリケーンも
ロサンゼルス=平山亜理
2016年11月25日10時35分


http://www.asahi.com/articles/ASJCT266LJCTUHBI004.html




 中米エルサルバドルで24日午後0時43分(日本時間25日午前3時43分)、マグニチュード(M)7・0の強い地震があった。AP通信や地元報道などによると、震源は同国のプエルト・トリウンフォの南南西149キロの沖合とみられ、深さ約10・3キロ。ニカラグア、コスタリカでも強い揺れが記録された。

 米ハワイの太平洋津波警報センターは一時、最大1メートルの津波の注意報を出したが、その後、解除した。この地震での被害は報告されていない。

 また同地域では、ハリケーン「オットー」が上陸、ニカラグア、コスタリカで緊急事態宣言が発令されている。(ロサンゼルス=平山亜理)











七曜 高耶



クリック頂き有難う御座います。

 
地震 ブログランキングへ

[ 2016/11/26 13:55 ]Posted by七曜高耶 | 地震 | TB(0) | CM(0)[記事編集]