■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
    まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium


    □最新記事
    □最近のコメント















    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ]Posted by七曜高耶 | スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)|[記事編集]

    ST様の投稿から引用。「666」の意味とは??

    いつも読んで下さいまして有難う御座います。

    今日は我がブログにいつもコメントを下さいます、サイキックのST様から引用させて頂きました。
    ST様、有難う御座います。感謝致します!!


    さて、今回何故七曜がST様のコメントを引用させて頂いたかと申しますと、ほぼ同じタイミングで七曜も夢で視ていたからです。
    偶然・・・・では無いような気がします。
    これは何かのメッセージとしか言えない程のタイミングです。しかも昨日20日に出ていた総拍手数はなんと66。


    驚きました。本当に。

    ですので、このST様のコメントは重要なのではと感じた次第です。
    以下はST様のコメントになります。


    2013年3/20のコメント   投稿者ST  様

    どうやらカトリックは反666(正当な本来の正しい「666」側)に
    傾き初めたようですが、肝心の日本(本来は正しい「666」側…)
    が変質劣化した今主流の「666」の流れに乗ってしまったかと…

    次の“言葉”として「戦争・貧困」が出てきました。最悪の場合
    事によると日本がとっ初めの導火線になったためにその方向へと
    突き進む流れになってしまったかも…きっかけはTPPが相当する?

    「戦争と貧困を避けるために」日本が“奴隷化”してしまうのか…
    それとも国民が“気付いて”「戦争でも貧困でも奴隷でもない道」
    を選び取るのか… どうもこれからしばらくの間が正念場となる?

    兎に角これから「本当の民度」が試されるのでしょうね、多分。
    私は半分個人的? にはある程度の解決法を見つけはしましたが…
    恐らく支持者が僅か1%もいない…「グレートコラボレーション」。

    更に次の言葉として「726と722」が出てきたのですが今のところは
    意味(寓意)が掴めてません、今まで日付は皆無なので何だろなぁ??
    身近のものを含めても今まで数字そのもので出てきたのは初めて、
    ちょっと数字の場合は自信無しと言うか何と言うか解釈に困るなぁ…



    と、書かれた上、幾つかの注意点を促されています。


    幾つか注意点があります、
    場合によっては断片的なのでそういう場合は断定は不可能です。

    数字の場合には「初出」なのでかなり信憑性に幅がありますし
    日付等なのかどうかも断片的ですので今の所は不明な状態です。
    是非共固定的に捉えないで頂きたいと思っております。

    但し「666」については66月と66日という記述法は存在せず、
    (ここで「XXX6年6月6日」という解釈は有り得ると思いますが)
    合うものとして「宗教的に有名な意味での解釈」をしてます…

    あと能動的な「リーディング」ではないのでリクエスト等には
    お答え出来かねます。
    あくまで「分かってしまった…」と言う程度の範疇ですので…




    と、ST様のコメントは以上になっていますが、やはりここでの「666」に対する解釈は非常に重要と思われます。
    「666」に対しての考え方・解釈の仕方は様々だと思います。
    自然界ではその多くが「6」と言う安定した形(例:ハニカム構造)になっていますし、宗教的視点では「6」若しくは「666」は悪魔や悪しき数字として世に多く氾濫しています。

    勿論、彼の法王様も「666」のシンボルを普通にしていたりしますが、果たしてその真の意味とは何なのでしょうか?

    下動画(youtube参考)をご覧になりますと解ると思います。



    法王様が両手を上に挙げました瞬間をご覧になりましたでしょうか?




    そしてこれは握手になります。



    この様に宗教的な解釈をもたせるとするのなら、それは限りなく大きいと言えます。
    では、その他では?と考えるとかなり難しいかもしれません。

    七曜的夢でもやはり宗教的解釈しか出来ない夢でした。
    七曜の夢内容を一応ここに書こうと思いますが、だからと言ってそれが正しい解釈かどうかは不明のままです。






    上動画の様になるかどうかは今は不明なのですが、今地上に下級天使達がぞくぞくと集まってきているようなのです。
    どうもパーティーではなさそうな雰囲気でして、それが更に七曜の不安を掻き立てます。

    その場所、その国名は解りませんが、ある一箇所に彼ら彼女らは集まるように指示がでている様でした。

    果たしてこの夢が何を意味するのか・・・そして何を指しているのか・・・・とても知りたいと思っています。
    また、夢で視ました折にはこの記事で皆様にお伝えしたいと思います。



    最後まで読んで下さいまして有難う御座いました。感謝!!







    七曜 高耶


    応援クリックを宜しくお願い致します。有難う御座います!!



    スポンサーサイト
    [ 2013/03/20 12:38 ]Posted by七曜高耶 | 天使 | TB(0) | CM(14)[記事編集]

    我が友、ミハエル。

    2013年1月22日に視た夢は、久し振りの同胞に出会った事。

    久し振りの同胞とは大天使ミカエル。

    それははまず光り輝く創造主の前に跪く場面から始まった・・・・・。
    片膝を付き、聖騎士の様に私は宣誓する。


    「これからも従順に貴方に仕えます・・・・」



    そして私は友の名を呼ぶ。



    「ミハエラ・・・・ミハエラ・ヨハンセン!友よ・・・・」



    人として降りてきていた時の名を私はつい呼んでしまう。

    ミカエル


    ミカエル「かなり久し振りだ・・・・」


    ミカエルは相変わらず美しかった。
    背に輝く銀色のエネルギーと眼も眩むほどの純白の着衣・・・・最上の微笑みは昔のまま。
    天界の争いの時の様な恐ろしいまでの眼光は全く消え去っていた。


    「ミカエル」



    私達はお互いに手を腰に回し、光の中、語らう。


    我々は時に沢山の次元を旅し、友を作り楽しむ。
    だが同時に警告もする。

    今回は只の懐かしさからの出会いだったが、これから先はそうもいかなくなる可能性は非常に高い。
    しかし何が起ころうとも・・・・友人はいつでも直ぐ隣で見守っている事を忘れずにいたいと思う。









    七曜 高耶


    貴方の傍に彼らはいつもいる。



    [ 2013/01/22 20:55 ]Posted by七曜高耶 | 天使 | TB(0) | CM(0)[記事編集]

    天使の羽根。

    †  †  †  †  †  †  †  †  †  †  †  †  †

          120821_183619.jpg

    天使の羽根をソラに見~つけたっ



    貴方に愛と光ヲ。






    七曜 高耶




    [ 2012/08/21 20:37 ]Posted by七曜高耶 | 天使 | TB(0) | CM(0)[記事編集]

    「黙示録第10章」の意味。


    昨日視た夢の内容がとても気になり、
    私は天使と言う言葉から、
    聖書の中の第10章を探してみた。


    内容が内容なので「黙示録第10章」をネットで検索。


    すると、その内容と絵に描かれたものが
    非常にリンクしていた。


    自身は聖書の内容は信じない人間なのだが、
    その内容があまりにも一致している事に驚愕した。


    お時間が有る方はここにURLを貼っておきますので、
    各自で精査してみて下さい。


    http://web1.kcn.jp/tombo/v2/REVELATION10.html


    もし、これの事だとするとかなり大変な事に
    なりそうな予感がする。
    これの事でなければ良いのだが・・・・・。







    七曜 高耶





    [ 2012/07/04 09:45 ]Posted by七曜高耶 | 天使 | TB(0) | CM(8)[記事編集]

    とある学者の「守護天使」。 

    【VISION】


    最近私はある学者に心惹かれた。

    氏の肩書きは本当に凄いものだった。
    数理物理学・量子力学・脳科学・金融工学者・・・・・。
    そして世界的にも有名な方程式を発見したような人物だ。

    到底普通に出会う事、知り合う事、話をする事の
    出来ない高嶺に住んでいる・・・。




    その氏と私は出会い、そして短い刻の中語らった。
    とても純粋で子供の様に好奇心旺盛。

    その様な氏に私は惹かれた・・・。
    勿論、心を惹かれると言っても「愛」であるとか「恋」であるとかでは全く無い。

    この惹かれるものは、私達人類の肉体の中心に位置する
    「魂」に存在する。
    私の「魂」が彼を呼ぶ。
    彼の「魂」を守護する存在を・・・・。


    私の「魂」は只ひたすらその「存在」を求める。


    その「存在」とは今でも付き合いがある旧知の仲だ。

    これは守護する存在の影響なのかもしれないのだが、
    氏はそれらの存在を身近に感じているようだった。


    だからこそこの様な言葉が氏の口から出てきたのだろう・・・。



    「貴女は人の背に有る天使の翼を視る事が出来ますか?」



    そう氏に言われた時、私は即座にYESと答える。


    これは認識の違いなのだろうが、
    視る人によっては天使の翼に視えるだろう・・・。

    翼はエネルギーの流れであり、
    天使の環はチャクラの輝きであるから・・・・・。



    たった数時間ではあったが、私は氏の話に引き込まれた。
    方程式を発見したいきさつは、まさに高次の所業・・・。

    氏自身は気付いて無いが、
    彼が捉えたその方程式の情報は、
    我々の次元より更にいと高き場所であり、
    法則を司る場所からの情報だった。


    氏はまさにブロンズ・チルドレンなのだ。
    未来の科学者に相応しいと言えるだろう・・・。


    もしまた会う機会があるとするならば、
    次こそはハッキリと使命を伝えようと思う。


    そして多くの次元の存在達が貴方を守護していると言う事を・・・。
    中でも氏を特に気にしているのは、


    「大天使ミカエル」


    氏をサポートする為、守護天使がいつも貴方を護っていると言う
    事を伝えよう・・・・。






    七曜 高耶




    [ 2012/06/06 19:59 ]Posted by七曜高耶 | 天使 | TB(1) | CM(1)[記事編集]