■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium


□最新記事
□最近のコメント















《 続 き 》 紀元と沈没船とオリハルコン。



2600年前に沈没した貿易船


オリハルコンと思われる金属の塊39個は、シチリア島南から約300m沖、深さ3.5mほどにある沈没船から発見された。この船はギリシャか小アジアからの貿易船ではないかとみられている。

シチリア島のジェーラ自治体は、紀元前689年ごろに繁栄し、芸術・工芸品などを造り出す職人たちの仕事場があふれる裕福な場所だったという。今回発見された合金も、芸術品などの装飾に使用されるはずだったものが、沖で嵐に遭い、長年海底で眠っていたものだと思われている。



神武1

さて、《続き》の話は日本から始めます。
日本と「オリハルコン」がどう関係するのでしょうか?

日本と言いますと、ある有名な人物が登場する【古事記】が有りますが、陰謀論者は特に大好きな分野であると思います。
その人物とは、日本初代天皇である神武天皇(紀元前711年 - 紀元前585年)。
在位は紀元前660年2月18日~紀元前585年4月9日(建国記念日の2月11日は神武天皇即位の日)。

この紀元前660年(神武天皇即位日)が皇紀元年として定められていますが、先に書いてある様に紀元前711年が始まりになっています。


全く関係がなさそうな内容にも思えますが、日本代々の天皇は「スメラミコト」と呼ばれていますよね?
「スメラ」とはヘブライ語で「置く」と言う意味の言葉で、その語尾に神を意味する「エル」をつけると「スメル」という発音になり、「神の臨在」、「神がおられる」という意味になります。
更に、migut(ミガット=命)はヘブライ語で「栄光」という意味になり、「スメラミコト」とは「栄光の神を奉る」、「栄光在主」の意味となります。
よって、神武天皇の御名である(古事記)では神倭伊波礼琵古命(かむ・やまと・いわれ・ひこの・みこと)も神から委ねられた権威を持つ栄光の王に纏わる意味を持つ名前であると言えます。

日本人、所謂、大和の民もアラム語で解釈しますと、「ヤ」とは神を顕し、「マト」「ゥマット」は「人民」を顕します。
「ヤマト」とは「神の民」と言う事になるのです。

ここまでくると判ると思うのですが、俗に言う、日本人=イスラエル人=日ユ同祖なのです。

真実の「大和の民」は「イスラエル(ユダヤ)」、そして「日本」へと移ったのです。
しかし、その神武天皇より更に古い、神々の時代があったのです。
それらは神武天皇が登場した「宮崎県」に、その謎が残っているのです。

地元の人間でも解き明かせない「謎」。

神代の音無き言葉。

それは、「イスラエル(ユダヤ)」から来たものではないか?と噂されるものなのです。


ここでやっと「イスラエル」に戻ります。
神武天皇でさえ「紀元前711年」と、貿易船が沈没したと思われる「紀元前689年」より古く、神代の時代は更に古いのです。これは日本が紀元2600年と定めているものです。


なので、「紀元前689年(2600年前)」の貿易船に積まれていたらしいと言われる「オリハルコン」にしては、かなり若過ぎる代物だといえるかもしれません。
そして「オリオンの民」やその他の入植者が創った伝説のメタルは「形状を自由に変化させる」代物ですから、固定された物では無いと言う事です。

判り易く例えるのに良いものが有るとするならば、あの映画です。

「ダークサイド・ムーン」。



スティーブン・スピルバーグが監督するだけ有ります。

紀元2600年と2600年前の沈没船。そして、資料の残らない日本紀元の過去。

面白いですよね。

宇宙の起源は更に古いのです。

地上に降り立った神々の伝説のメタルは「イスラエル」に有り、そして「アトランティス」と名付けられた島に有るのです。
そのメタルはもしかすると、「日本」にも存在しているかもしれません。


信じるか信じないかはあなた次第です・・・・・・・。





七曜 高耶




クリック頂き有難う御座います。





応援宜しくお願い致します。有難う御座います!


オカルト ブログランキングへ

スポンサーサイト
[ 2015/01/21 09:09 ]Posted by七曜高耶 | アトランティス関連 | TB(0) | CM(5)[記事編集]

アトランティス伝説のメタル「オリハルコン」を発見!! 


「オリハルコン」とは、ギリシア語の単数対格形 ὀρείχαλκον (oreichalkon) に由来し、
orihalcon, orichalcon などと綴られることもあるが、これは「オリハルコン」が登場する日本製のゲームが国外へ輸出された際に生まれた新しい綴り・・・・・であるそうで、語源は、オロス(ὄρος, oros;山)のカルコス(χαλκός, khalkos;銅)からくるものだそうです。

なので、「オリハルコン」と言う言葉はある意味存在しない物質であり、存在する物質なのですが、一般的に「オリハルコン」と呼んでいる様ですね。

さて、その「オリハルコン」ですが、シチリア島付近で沈没した船から発見されたと書かれています。

「シチリア島付近で沈没した船」と言う事は、その場所では無いと言う事になりますよね。
では、その交易船は「何処からきたのか?」と言う事になります。

勿論、七曜は専門家では御座いませんからそれは探索チームにお任せする事にして、以下のミノタウロスのラヴュリントスについて書いていきたいと思います。

ミノタウロス1

ラヴュリントスについては、もう一つのブログに書いたのですが、オリオンの民の忌まわしき伝承に近いと思います。
七曜にとっては特に他人事では有りません。
ただ、「アステリオス(ミノタウロス)」は悪では無く、全く逆の愛に満ち溢れ、非常に人間的でもあった事はお伝えしたく思います。

そして、星、雷光を意味する「アステリオス」は、オリオンの民・・・と言いますか王族の一人でした。
それがいつの間にか「半人半牛」の姿にされてしまっているのですが・・・・。
以下、WIKIからの転載記事になります。


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%BC%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%82%A6%E3%83%AD%E3%82%B9

神話によるとミーノース王は、後で返すという約束でポセイドーンに願って海から美しい白い雄牛(一説では黄金)を得る。しかし、雄牛の美しさに夢中になった王は、ポセイドーンとの約束を違え、白い雄牛を生け贄に捧げず、代わりの雄牛を生け贄として捧げ、白い雄牛を自分の物にしてしまう。これに激怒したポセイドーンはパーシパエーに呪いをかけ、后は白い雄牛に性的な欲望を抱くようになる。ダイダロスに命じて雌牛の模型を作らせた彼女は、自ら模型の中へと入り雄牛の身近へと訪れた。結果、パーシパエーはミーノータウロスを産むこととなった。

星、雷光を意味するアステリオス(Asterios)と名づけられるが、「ミーノース王の牛」を意味するミーノータウロスと呼ばれる。

ミーノータウロスは成長するにしたがい乱暴になり、手におえなくなったミーノース王はダイダロスに命じて迷宮(ラビュリントス)を建造し、そこに彼を閉じ込めた



「オリハルコン」や「ラヴュリントス」や「オリオン」が一体どう絡んでくるのか?
想像付かないと思います。
とりあえず、まず先に以下の記事をお読みください。
長くなりそうですので、続き記事を別に作ろうと思うのですが、読者の方の反応を見て書いていけたらなと思っています。


シップレックで発見アトランティス伝説のメタル 
2015年01月10日 10時48分




繝。繝ウ繝舌・_convert_20150119202249
Wikimedia Commons/Patroclus Kampanakis



紀元前427〜327年の古代ギリシャに生きた偉大な哲学者プラトン。彼が人生の後期において「クラティウス」に記述したとされる、アトランティスの物語がある。その作中に描写される幻の合金、「オリハルコン」の成分に酷似した金属が、2600年前にシチリア島付近で沈没したとされる船から発見されたと、Discovery Newsが報じている。


2600年前に沈没した貿易船


オリハルコンと思われる金属の塊39個は、シチリア島南から約300m沖、深さ3.5mほどにある沈没船から発見された。この船はギリシャか小アジアからの貿易船ではないかとみられている。

シチリア島のジェーラ自治体は、紀元前689年ごろに繁栄し、芸術・工芸品などを造り出す職人たちの仕事場があふれる裕福な場所だったという。今回発見された合金も、芸術品などの装飾に使用されるはずだったものが、沖で嵐に遭い、長年海底で眠っていたものだと思われている。


オリハルコンは銅と亜鉛の合金?


オリハルコンの記述自体は、古代の文献やいくつかの装飾品により知られることとなったようだが、この発見に関わったセバスティアーノ・トゥサ(Sebastiano Tusa)氏は、「こんなものは見たことがない」と話す。

オリハルコンの成分には様々な説があるが、現在学者たちの見解は、真鍮(黄銅)のような合金だったというもので一致している。真鍮は、銅と亜鉛をベースとした合金で、今回発見されたオリハルコンと思われる金属の塊も、75-80パーセントの銅、15-20パーセントの亜鉛、そして数パーセントのニッケル、鉄、鉛が含まれているという。


アトランティスは架空の理想郷?


一夜にして海中に沈んだとされる幻の古代文明アトランティス。プラトンのアトランティス物語は後世、世界中で数々の作品に登場することになったあまりにも有名な話だ。しかし、その存在の確たる証拠は見つかっておらず、プラトンが理想の社会を想定した架空の物語だと言われることも多い。

いずれにせよ今回の発見は、シチリア島の古代貿易を知る上で重大な情報をもたらしてくれるだろう。トゥサ氏率いる研究チームは、今後この沈没船をくまなく調査する予定だという。



・出典元:Atlantis' Legendary Metal Found in Shipwreck - Discovery News





※拍手総数とクリック数によって《続き》を書くか書かないかを決めようと思います。
面白くもないのに書いても仕方が無いので・・・・




七曜 高耶



クリック頂き有難う御座います。





応援有難う御座います。感謝!!


宇宙科学 ブログランキングへ

[ 2015/01/20 15:15 ]Posted by七曜高耶 | アトランティス関連 | TB(0) | CM(2)[記事編集]

昨日、南太平洋イースター近海でM7.2の地震。 古代の叡智の復活なるか!?

こんばんは、七曜高耶です。
昨日お昼頃、イースター島近海でM7.2の地震があったようです。

2014年9月11日に視た夢が「ムーの花嫁」の夢でしたが、

http://orangeapple01.blog62.fc2.com/blog-entry-2217.html

イースター島の地震と勝手に結びつけて、「意外と「ムー大陸」の復活だったりして・・・・」とか妄想中。

「ムー」も「アトランティス」も再び再浮上する変わりに、今ある陸地が沈む可能性も無きにしも非ず。
歴史は繰り返すとはよく言うが、地球の歴史もまた繰り返すかもしれません・・・・。と、言うより多分高確率で繰り返すでしょう。


あ、そう言えば2013年5月3日に「アトランティス浮上」の夢を視ていましたが、

http://orangeapple01.blog62.fc2.com/blog-entry-1497.html

アトランティス

古代の叡智が一斉に復活する瞬間がくるかもしれない。とか、これも妄想しております 
あの有名なジョセフ・ティティル氏の2013年に出された予言もありますし、

【2013年の予言9番より】

島が浮上&沈没、フィリピンの海岸地帯に危機。アトランティス(?)は数年以内に浮上


2013年以降の数年間は楽しみにしています。
と、同時にそれらの地殻変動が起きれば、甚大な被害も出てしまうでしょうが・・・・・敢えて考えないでおこうと思っています。
何が起きるか判りますからね。

イースター
南太平洋イースター近海でM7.2の地震  【津波影響なし】
10月9日・12時44分

ハワイにある太平洋津波警報センターから気象庁に入った連絡によりますと、
日本時間の9日午前11時15分ごろ、南太平洋の海底を震源とするマグニチュード7.2の大きな地震がありました。
気象庁によりますと、この地震による日本への津波の影響はありません。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141009/k10015259971000.html

イースター1


http://www.jma.go.jp/jp/quake/20141009141645394-091115.html



昨日、お昼の話でしたが、夢を馳せて記事にしてみました。





七曜 高耶




クリック頂き有難う御座います。




応援有難う御座います!!



地震 ブログランキングへ
[ 2014/10/10 15:07 ]Posted by七曜高耶 | アトランティス関連 | TB(0) | CM(1)[記事編集]

海面上昇で国が水没する? 南太平洋のツバルやキリバス

南太平洋のツバルやキリバスが海面上昇が原因で水没の危機にあると言う話はかなり前から出ていた事だ。

2007年頃には以下の画像の様な、これから海面上昇が原因で水没してしまう地域をシュミレートしている。

画像をご覧になれば判る様に日本もツバルやキリバス同様完全に水没する予定になっている。

そう遠くない未来には日本も海の藻屑となるのは目に見えている訳だが、悪い事ばかりでは無い事を知って欲しい。
今ある陸地が水没したとしてもそれと同様に浮かび上がる・・・と言うか何と言うか、陸地も勿論形成されるのだ。

それを「アトランティス大陸」や「ムー大陸」そして「レムリア大陸」と呼ぶ人々もいるかもしれないが、その様にして地球は人類を今まで育んできたのだ。
歴史は繰り返す。まさにその通りなのだ。



遅かれ早かれその時期は必ず来る事になるだろうし、これから先の人類の受難を考えるべきかもしれない。


水没地域



海面上昇で国が水没する? 南太平洋のツバルやキリバス

THE PAGE 2月26日(水)10時19分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140226-00000003-wordleaf-asia


ツバル・キリバス
[地図]水没の危機があるツバルとキリバス



 南太平洋にあるキリバス共和国周辺の海面は過去20年間、毎年数ミリずつ上昇し、水没の危機が叫ばれています。首都タラワ周辺では2055年までに最大30センチ近く上昇すると予測され、世界銀行はタラワのある島の5~8割が50年までに浸水する恐れがあると警告しています。そのため、キリバス政府は将来の国民の海外移住も視野に入れているのです。
.


フィジーが移住受け入れ表明


「キリバスが水没したら、フィジーが全キリバス人の移住を受け入れる」
 2月11日、フィジーのナイラティカウ大統領はキリバス政府に対してこう表明しました。キリバスはすでにフィジーに広大な農地を購入し、塩害でキリバスが耕作不能になる事態に備えています。今後の対処にも両国が連携して取り組んでいくことでしょう。海面上昇により、国家消滅の危機が叫ばれているのはキリバスだけではありません。おなじく南太平洋のツバル、インド洋のモルディブもそうです。

 ツバルは、9のサンゴ礁の島からなり、平均海抜は2メートル(最大5メートル)。人口1万人の国です。この国では海面上昇や地盤沈下などによって、洪水や海水の浸水、塩害などすでに発生しています。モルディブは国土の80%が海抜わずか1.5メートルで、1000以上の島がありますが、ほぼすべての島の海岸が浸食されているといいます。

 これらの国々は島国であるため、水の問題もあります。洪水による地下水の貯蔵タンクの破損や水の塩分濃度の増加なども起き、安全な水の輸入も増えているのです。モルディブは関連費用としてGDPの27%を費やしているといいます。
.


日本も人ごとじゃない?



「現在の温暖化ガス排出のペースが続くと2100年までに世界の海面は約1メートル上昇し、その後10年ごとに約18センチ高くなっていく」
 気候変動に関する最先端の研究論文が掲載される月刊誌「Nature Climate Change 」は、2012年6月号でこんなショッキングな論文を掲載しました。これまでも地球温暖化による海面上昇については数々の指摘がされています。

 1990年のIPCC(気候変動に関する政府間パネル)が出した報告書では、「過去100年間に全球平均地上気温は0.3~0.6度、海面は10~20センチ上昇し、特段の対策がとられない場合、21世紀末までに全球平均地上気温は約1~3度の上昇し、全球平均海面水位は65センチ(最大1メートル)の上昇が予測される」としていましたが、その予測の最大値で海面上昇は進んでいることになります。

 仮に海面が1メートル上昇すると、どこまで土地が浸水されるでしょうか。フロリダ州やバングラデシュ、マンハッタンの大半が浸水すると予測されています。日本では現在の砂浜が90%ほど失われ、東京の西側はほぼ水没してしまいます。

 海面上昇によって、国そのものが存亡の危機にひんしている地域もあります。南太平洋のツバル、キリバス、インド洋のモルディブといった国々です。水没や海岸浸水の危機にある島々の多くは水も資源もない小国です。他国からの援助が必要ですが、観光客に対応するための土地開発がさらに島の侵食を誘発している面もあります。
.


次ページは:「水没」危機は何が要因?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140226-00000003-wordleaf-asia&p=2










七曜 高耶




クリック頂き有難う御座います。




[ 2014/02/26 19:29 ]Posted by七曜高耶 | アトランティス関連 | TB(0) | CM(3)[記事編集]

世界の終末は2040年2月5日にやって来る!?


世界の終末は2040年2月5日にやって来る!?

http://japanese.ruvr.ru/2014_01_06/126925295/

6.01.2014, 17:02

終末
© Collage: The Voice of Russia



世界的権威を持つ学者達の中には、世界の終わりは2040年2月5日だと予想する人達がいる。この日、小惑星2011 AG5が地球に衝突する可能性があるからだ。


これについては、様々な説があるが、今後2年の間に小惑星の軌道のより正確な計算ができるため、我々が世界の終わりを実際体験するのかどうかはっきりするだろう。

 その一方ですでに、カタストロフィを避ける方法・やり方に関し、活発な議論が行われている。最も人気のあるアイデアは、ミサイルを作り、それを小惑星に打ち込んで軌道を変える、あるいは小惑星が地球に近づくまでに核兵器を使用し爆破してしまうといったものだ。



ロシアの複数のマスコミ報道から




直径140メートルというと、東京ドームのバッターボックスから外野センターまでの距離より少し長いくらいだそうですが、それでもその大きさの隕石が地球に衝突すれば被害は甚大であると予想されます。

更に落下する場所が人間の密集する場所(都市の様な場所の場合)であるならば、その都市ひとつ壊滅するのは確実で、数百万人規模の死者が出るとも言われています。

ですから、一番の回避方法としては「2011 AG5」が地球の重力の影響を受ける前に、ロケットや衛星を撃ちこんで小惑星の軌道を変えてしまうことだという。
2023年には既に地球の重力の影響を受ける域に突入すると見られている。

但し、2012年に試算されている衝突の確率は約0.16パーセント。専門家はまずは観測を強化し対策を見極めたいとしているそうだが、七曜的には多分大丈夫であるのでは、と思っている。だが、しかし最近の火星への移住計画が急がれるのはこういった事が背景にあるからなのか?

実際のところは判らないが、映画「エリジウム」の様に超富裕層は宇宙へと旅立ち、貧困層は汚染されたこの地球でこき使われその一生を閉じるのかもしれない。



それにしても2040年かぁ・・・・。


生きているのか死んでいるのか判らない程の微妙な年です(笑







七曜 高耶





クリック頂き有難う御座います。



[ 2014/02/13 15:08 ]Posted by七曜高耶 | アトランティス関連 | TB(0) | CM(0)[記事編集]