■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
    まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium


    □最新記事
    □最近のコメント















    シンクロニシティ(Synchronicity)「意味のある偶然の一致」が今増えている

    おはようございます、七曜高耶です。



    本日は、今現在増加傾向の「シンクロニシティ」について書いていこうと思います。

    この「シンクロニシティ」は私の周辺でも増えてきています。
    シンクロニシティ(英語:Synchronicity)とは「意味のある偶然の一致」のことで、日本語訳では「共時性(きょうじせい)」とも言われます。
    詳しくはコチラ

    【WIKI参照】:
    非因果的な複数の事象(出来事)の生起を決定する法則原理として、従来知られていた「因果性」とは異なる原理として、カール・ユングによって提唱された独: Synchronizitätという概念の英訳である。 何か複数の事象が、「意味・イメージ」において「類似性・近接性」を備える時、このような複数の事象が、時空間の秩序で規定されているこの世界の中で、従来の因果性では、何の関係も持たない場合でも、随伴して現象・生起する場合、これを、シンクロニシティの作用と見なす。

    ユングは、ノーベル物理学賞受賞理論物理学者ヴォルフガング・パウリと後に1932年から1958年までパウリ=ユング書簡と呼ばれるパウリの夢とそれに対するユングの解釈におけるシンクロニシティの議論をし、それをまとめて共著とした"Atom and Archetype:The Pauli/jung Letters, 1932 - 1958"(『原子と元型』)を出版している



     

    さて、説明は以上で終わるのだが、この「シンクロニシティ」が最近至る所で起こり始めている様だ。

    勿論、地球上における全ての人々では無く、一部の人々のみに限定されている感じである。
    既に私の周辺では連続してそれが起きている。

    こういった「シンクロニシティ」は今までならば数ヶ月に1回程度のものであった筈が、今ではそれが1ヶ月の半分以上は起こっている。
    どう考えてもこれは尋常ではない。

    今まで無欲だった者に「天」からの支援が降り注ぎ始めたのかもしれないと解釈も出来るが、これには違和感を感じる。

    「無欲」な人間はこの事により「天の救済」が自分に起き始めていると感じる。
    そして、「天の救済」により欲しかったものが手に入り始めると、今以上に欲し始めてしまう。
    「イメージ」や「願い」だけで回りまわって自分の手に入るのだから、これ程嬉しい事は無い。

    それが「ただ」なのだから尚更だ。


    単なる「シンクロニシティ」だと、それで終われば良いのだろうが、人間とは欲する存在な故心配だ。
    「彼等」の思う壺にもなり兼ねない。

    「悪魔」は非常に巧妙で計算高い存在だ。
    人間というものを知り尽くしている。

    エデン


    「謙虚」な人間程、度が過ぎると「特別な存在」であると「自ら」思い始めてしまう可能性も有る。

    もし、何か「手」に入ったのならばそれには必ず「対価」を支払うこと。
    例えば「食料」が手元に来たならば、形を変え少しの量でも構わないので少し差し入れる。

    これにより良い流れが起こる事になる。

    こういった事は「霊能者」でも同じ事である。
    ただ、人助けと称して「善行」を行うことはしない筈だ。



    「対価」とはあらゆる形で支払う結果になり兼ねないモノを先に支払う事なのである。
    もし、「シンクロニシティ」が貴方の周囲でも起きているのならば、「良い事」を「良い行い」で還す事を心がけて欲しい。
    そしてその形は拘らない。










    七曜 高耶



    クリック頂き有難う御座います。






    応援有難う御座います!!



    人気ブログランキングへ
    スポンサーサイト
    [ 2014/08/22 06:54 ]Posted by七曜高耶 | 引き寄せの法則 | TB(0) | CM(7)[記事編集]

    2014年2月14日、2014の連番のバレンタイン!!デー!!と「GODIVA」の想い。

    そろそろ2014年2月14日(まさに2014の数字が連なる日)がこようとしています。
    女性にとっても男性にとっても「愛を告げる」特別な日がやってきますね。

    とは言うものの、子供達にとっても友情を深め楽しむ為のイベントにもなります。
    「本命チョコ」「義理チョコ」「友チョコ」と最近は色々な形に拘らないチョコが出現。
    これはとても良いことだと思います。

    古い大人達が勝手に決めた形式ではなく、そのイベントを楽しむ為の新しいスタイルは、コミュニケーションの一つとして存在し、更には自分達のアイデアでその「形」を変化させ飾ること。

    親子の楽しい時間が作れる訳です。

    ああでもないこうでもないと創意工夫と、相手にとって何が一番喜んで貰えるか、そして楽しんでもらえるか。

    手作りチョコは市販で売られているものより愛情タップリに出来る筈です。
    そこには作り手のオーラエネルギーも入るわけですからきっと友達の輪も広がるでしょう。

    と、言う事で我が家は明日チョコ作りです。

    日付にも囚われない女子の子供達は日付をずらして12日に交換する予定。七曜はそれを後ろで監督しながら教えていきます。
    さて、七曜にとってチョコといいますとやはり思い出すのは高級チョコの「GODIVA」です。

    そして「GODIVA」ときますと「レディ・ゴディバ」でしょうか。
    「レディ・ゴディバ」は実在した人物だと言う事は皆様ご存知だと思われます。
    以下「レディ・ゴディバ」についての逸話をWIKIより転載しております。

    このお話をどう解釈するかは本人次第なのですが(例えば酷い伯爵だ・・といった感じでそこに焦点を当てるか、愛に焦点を当てるかですが)、私は「レディ・ゴディバ」の勇気ある「行動」に感動しました。

    男性社会の中、市民を守る為の「愛」で行動した女性「レディ・ゴディバ」。

    女性の政治介入はやはり必要不可欠なものと感じました。

    レディ・ゴディバ

    伯爵夫人ゴダイヴァは聖母の大そうな敬愛者で、コヴェントリーの町を重税の苦から解放せんと欲し、たびたび夫に対して祈願して(減税を)迫った。…伯爵はいつもきつく叱りつけ、二度とその話はせぬようと嗜めたが、(それでもなお粘るので)ついに「馬にまたがり、民衆の皆がいるまえで、裸で乗りまわせ。町の市場をよぎり、端から端まで渡ったならば、お前の要求はかなえてやろう」と言った。ゴダイヴァは「では私にその意があればお許し頂けますのですね?」念をおしたが、「許す」という。さすれば神に愛されし伯爵夫人は、髪を解きほどき、髪の房を垂らして、全身をヴェールのように覆わせた。そして馬にまたがり二人の騎士を供につけ、市場を駆けてつっきったが、その美しいおみ足以外は誰にも見られなった。そして道程を完走すると、彼女は喜々として驚愕する夫のところに舞い戻り、先の要求を叶えた。レオフリク伯は、コヴェントリーの町を前述の役から免じ、勅令(憲章)によってこれを認定した。



    さて、この「ゴディバ」ですが、最近変な説もある様で、これは多分男性が勝手に思っている節が有りそうなのですが(笑 一応ここに書いておこうと思います。
    この「ゴディバ」の伝説を元に、このチョコを贈る女性は「熱い愛」の証として「貴方の為なら裸になれます」と言うメッセージを込めていると言われているようです。

    なので、上司や同僚には注意して義理チョコを渡した方が良いかもしれません(笑

    女性からすれば「有り得ない」事も都合良く解釈される恐れが有るようです。
    が、本気の方は渡してみるのも良いかもしれませんね~。







    七曜 高耶




    クリック頂き有難う御座います。



    [ 2014/02/10 11:43 ]Posted by七曜高耶 | 引き寄せの法則 | TB(0) | CM(0)[記事編集]

    「思考の現実化 続き」

    おはようございます、七曜高耶です。

    さて、遅くなりましたが続きを書いていきますね。



    まず、選び方は子供達どうしでジャンケンをしました。
    そして一番強かった子供に選ばせます。
    (ジャンケンはその時の運によるものですから、その
    場所で一番運気の強い子供を選びました)

    そしてとりあえず、皆平等にと言う事で一人2枚ずつ
    行き渡る様に10枚入りを一つ買うことにしました。

    次に宝くじ販売店の方が10枚入りの袋を縦に置き
    ます。
    こうする事により、自分自身で選択する自由が生まれ
    決定されたものを選ばなくても良くなります。
    (ここでも判る様に大切なのは自由意志ですね)



    「どれにする?」そう宝くじ販売店の方に言われ、
    娘は迷わず
    「上から3番目」と言いました。



    その子供は霊感少女なのですが、上から三番目を選びました。
    私にもその理由が判らなかったので、「何故か?」と
    理由を聞きますと、
    娘は「3と言う数字は凄く良い数字なの」と言いました。



    3と言う数字はかのフリーメイソンやイルミナティも
    好んで使う数字です。
    13と言う数字も使いますがスピリチュアルでも3と
    言う数字は三位一体、そして霊的統合を指し火・水・風と
    喜び楽しむ事を指します。

    子供は何でも知っているのかもしれませんね。凄いです。


    これが、選び方でした。

    そして、方法は前回の記事にも書きました
    「脳にインストール」するといった方法です。
    紙とペンを使い書き出すと言った究極のインストール
    方法です。
    これはどの様な紙でも良いですし、ペンも安物で大丈夫
    です。
    特別な物を買う必要など有りません。
    インストールが苦手な方に向く方法です。
    常に自分の目に入りやすい場所が一番効果的かも
    しれません。



    しかし、この様なものがなくとも(書かなくとも)
    人間は本当に素晴らしい存在で「病(やまい)」まで
    治せたり出来ます。

    例えばがん患者の「癌」が消えたといった症例もありますが、
    これはネガティブに焦点を当てるのでは無く、
    共に生きようとした結果そのような事が起きたと考える
    のが正しい考え方だと思います。

    笑い・喜び・楽しむ事で素晴らしい癒しのパワーを
    引き出せると七曜は考えています。

    話しを戻しますね(笑

    ですから、ここで焦点を当てるとするならば「金額(欲)」
    では無くて「楽しむ」に焦点を当てる事だと考えてみて
    下さると嬉しいです。

    そして、「脳にインストール」する事と、自分以外の
    存在の為に使いたいと言った「無欲」がキーとなります。



    もう一つ、日々自分以外の存在の為に動く事でしょうか・・・・。

    結構難しい事かもしれませんが、娘を見て気付きましたね。


    いつも有り難うとお礼をここに書きます。

    そして皆様も七曜の記事をいつも読んで下さって有り難う
    御座います。
    感謝!!









    七曜 高耶

    応援クリックを宜しくお願い致します

    [ 2011/06/20 11:20 ]Posted by七曜高耶 | 引き寄せの法則 | TB(0) | CM(4)[記事編集]

    思考の現実化!!引き寄せに頼らない人間の脳のパワー。

    思考の現実化と言う、人類が持つ本当の力の凄さ
    を今日目の当たりにした様に思える。

    下の写真は今日の当選スクラッチ。




    ちなみにこれは5万円の当たりクジ。他に2枚の当たり有りです 


    まず、この過程と方法を書いて行こうと思う。

    最初にこの力を試そうと思ったのはあるテレビを見た
    子供が絶対試したいと言うのでその方法を試してみたに
    過ぎない。

    この方法はRV(リモートビューイング)やシータヒーリング
    においてもお馴染みの方法である。

    七曜も何度か記事の中で触れてきたと思うのだが、
    人間は「想像を創造する力」がそれぞれ平等に備わっている。

    所謂「思考の現実化」なのだ。


    この「思考の現実化」に必要なものは紙とペンだけと言う
    非常に簡単かつ単純なものである。
    そうする事によって自分自身の脳にインストールする。

    これが出来れば「思考の現実化」も早く起きる事となるだ
    ろう。


    しかし、大人には子供と違い必ず何処かでロック
    (安全装置)がかけられてしまうので、意外と難しい
    かもしれない。

    子供はその点純粋で思い込む事が出来るのでかなり
    早い段階での現実化も可能であると考えている。


    驚くべきところは、この現実化が1週間とかからな
    かった事だ。




    応援クリックをお願い致します。有り難う御座います。





    興味のある方は続きを押して進んで下さいね。

     



    [ 2011/06/18 17:27 ]Posted by七曜高耶 | 引き寄せの法則 | TB(0) | CM(4)[記事編集]

    「引き寄せの法則」について 


    「引き寄せの法則」については前回も記事としてアップさせた。

    とても簡単で「自分がイメージしたものは何でも手に入る」と言われているが、

    とんでもない間違いだ。



    出来ればこの様な事に「イメージ(創造)」と言う言葉さえ使って欲しくない程だ。

    ある方のブログに書いてあった様に、

    9割の真実の中に1割の嘘があっても見抜く事は難しいかもしれない。

    でも、理解して頂きたいのは、結局「お金」も「異性を得る事」も「移動手段を得る事」も

    全て自分自身の「我欲」でしかないと言う事。

    それならば、「自分」の欲しい物を得るよりは、



    マザーテレサの様に「他人」の為に祈り、その得た物を分け与えて欲しい。

    生誕100周年である「マザーテレサ」。

    彼女の様に私もなっていけれる様に努力していきたいと今日は特に思った。



    自分の安泰の為だけでは無く、人の為に出来る事とは一体何なのか・・・・・?



    今、この時代に必要とされているものは「心」なのではないだろうか?



    この様な偉そうな事を言っている七曜だが、私も今模索中なのである。







    七曜 高耶


    [ 2010/08/27 18:25 ]Posted by七曜高耶 | 引き寄せの法則 | TB(0) | CM(5)[記事編集]