■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium


□最新記事
□最近のコメント















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]Posted by七曜高耶 | スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)|[記事編集]

「ダグラス・マッカーサー」と「日本」と「フリーメイソン」




2014年3月26日、「三種の神器」のうち剣と璽­(曲玉)を携える「剣璽動座(けんじどうざ)」が行われ、七曜はその時「八咫鏡」を記事にした。

http://orangeapple01.blog62.fc2.com/blog-entry-1899.html

この時出てきた真偽不明の話の中に彼の「ダグラス・マッカーサー」が登場したのを読者の方は覚えておられるだろうか?
以下抜粋したその時の内容になる。


明治時代、ときの文部大臣・森有礼(もりありのり)が唱えた「神鏡ヘブル文字説」である。
 それによると森有礼大臣は、伊勢神宮の八咫鏡の裏面に、
ヘブル文字で、

ヤタの鏡


「エヘイェ・アシェル・エヘイェ」(「我は在りて有る者」のヘブル語 出エジプト記三・一四の言葉)  と刻まれているのを自分の目で見たという。

 またその後、昭和になって、日本が太平洋戦争で負けたとき、「連合国軍最高司令官総司令部」のある将軍(
ダグラス・マッカーサー ?)が「強制的に八咫鏡を見た」という話もある。

 

これらの事が真実とするならば、やはり「日ユ同祖論」が成立する可能性は高いだろう。



あの「ダグラス・マッカーサー」が関氏曰くのフリーメイソンメンバーだったとして、「強制的に八咫鏡を見た」と言う話しは、もしかすると「さも有りなん」であると思ったのだ。

と、言う事は、「八咫鏡」には彼らにとってそれだけの価値があったと言うことにはならないだろうか?

「日本」「ユダヤ」の関係は一体何なのか??

そして古くから伝わる日本独特のあの作法。



皆様もご存知ですよね?




そう。





三つ指ついてするお辞儀。

三本指は畳の上に置き、そして、三角を作り頭(こうべ)を垂れる。



あっ!!と思った貴方!!素晴らしいです!
そうなのです。

もう、普通に当たり前の様に行われている儀式です。

だからどうしたと言うことにもなりますが、実際は「伊藤博文」だろうが「坂本龍馬」だろうが固有名詞を出すまでも無く、既に民衆の中で行われてきていたのです。

そして彼らの「起源」は知られているよりもっと古いのもご存知ですよね。



さて、話がとびますが、この「オージービーフ」の広告に関しては、唯単に無理やり「陰謀論」にもってきている風に思えますが、三つ指については本当の話しです。

まあ、そんなこんなで要は彼等だけが特別な訳では無く、この「日本」が「特別な存在」なのですね。

さて、「皇室」はどう変化していくのでしょうか??


とにかく「イヤルの月」が終わる刻、その答えが自ずと解るのかもしれません。









七曜 高耶






クリック頂き有難う御座います。



スポンサーサイト
[ 2014/05/02 08:05 ]Posted by七曜高耶 | 天皇家とヤタガラス | TB(0) | CM(10)[記事編集]

「剣璽動座(けんじどうざ)」と「三種の神器」八咫鏡ミステリー!!





20年に1度、社殿を造り替え、神体を移す式年遷宮「遷御の儀」を昨年終えた伊勢神宮­(三重県伊勢市)を私的に参拝するため、天皇、皇后両陛下が25日、近鉄・宇治山田駅­にご到着された。参拝に伴い、皇位とともに伝わるとされる「三種の神器」のうち剣と璽­(曲玉)を携える「剣璽動座(けんじどうざ)」を20年ぶりに実施。2人の侍従がそれ­ぞれ黒いケースに入った剣と曲玉を掲げて随行した。


三種の宝物とは、八咫鏡・八尺瓊勾玉・天叢雲剣(草薙剣)を指す。皇族はもとより天皇でさえもその実見はなされておらず、多くの面が謎に包まれている。


三種の神器1


この度「剣璽動座(けんじどうざ)」する三種の宝物の内の、八尺瓊勾玉・天叢雲剣と八咫鏡。

この「八咫鏡」ミステリーが非常に面白いので記事にして書こうと思う。


ヤタの鏡

明治時代、ときの文部大臣・森有礼(もりありのり)が唱えた「神鏡ヘブル文字説」である。
 それによると森有礼大臣は、伊勢神宮の八咫鏡の裏面に、
ヘブル文字で、
「エヘイェ・アシェル・エヘイェ」(「我は在りて有る者」のヘブル語 出エジプト記三・一四の言葉)  と刻まれているのを自分の目で見たという。

 またその後、昭和になって、日本が太平洋戦争で負けたとき、「連合国軍最高司令官総司令部」のある将軍(
ダグラス・マッカーサー ?)が「強制的に八咫鏡を見た」という話もある。
 

これらの事が真実とするならば、やはり「日ユ同祖論」が成立する可能性は高いだろう。

面白過ぎる日本のミステリーだ。

さて、「剣璽動座(けんじどうざ)」のこの時期、八咫烏はどう動くのだろうか?








七曜 高耶




[ 2014/03/26 10:50 ]Posted by七曜高耶 | 天皇家とヤタガラス | TB(0) | CM(1)[記事編集]

日本第一熊野十二社権現宮と倉敷市林の歴史を紐解く。日ユ同祖論?と渡来してきたフリーメイソン?

2013年4月21日は倉敷市林地区内におきまして、郷内歴史保存会の講演会を行いました。
歴史に興味のある七曜は、そちらへボランティアでお手伝いに行ってきました。

受付をさせて頂きましたので、講演会の内容を聞くことは出来なかったのですが、頂きました資料を時間がありました時に読ませて頂きました。

その中でも一番に心惹かれましたのは、あるお地蔵様のお話でした。
ですが、そのお話をしますその前に、以下の倉敷市林に在ります、日本第一熊野神社社の由来をお読みになって下さい。


熊野神社の由緒

西暦六三四年、役行者(役小角)は茅原(ちはら)の里、奈良県南葛城郡葛城村に生まれ、当時の仏教とは違い、直接、民衆を救い、自分も修行をしていくという宗教観を持っていました。紀州、熊野大峯の山々で修行を重ね、修験道の開祖となりました。

ところが、役行者が民衆を惑わすという罪で伊豆大島に流され、高弟たちは紀州熊野の十二社権現の御神宝を奉じて瀬戸内海に逃れ、四国九州に浄域を求めた後、児島の柘榴浜に上陸し、熊野道といわれている山道を通り、大宝元年(701)三月三日、福岡の里と呼ばれていたこの地に鎮座祭典をし、それが、現在の春のお祭り(五月十八・十九日)です。

天平十二年(740)、聖武天皇は児島一円を本宮の御神領として寄進しました。現在地に社殿を建立したのが始まりです。
孝謙天皇紀(749-758)には、紀州熊野権現に対して日本第一の称が与えられ、当社もその号を称することになりました。



御読みになって下さいましたか?

上でも分かりますように、この林と言われる場所は修験道者の場所でも在ります。
そして、その修験道の里で発見された遺物に、七曜はとても興味を惹かれました。

それは何か??

その名前は「十字顔の地蔵」。


この日本第一熊野神社のお祭りには、前回の記事にも書きましたように、ヤタガラスの紋が入っています。
ヤタガラスと言いますと、白龍会や緑龍会ですよね?白龍会や緑龍会=フリーメイソンイルミナティ。
121015_105731_20130426110610.jpg

何故それらが、この「十字顔の地蔵」のお話に出てくるのか、不思議だと思います。
非常に突拍子の無いお話に思えるでしょうが、とりあえずお付き合い下さいね。


この「十字顔の地蔵」にはある歴史的解釈が有ります。
それをここでお話しましょう。

十字顔の地蔵

頭が平らに切れ、直線で目・鼻・口をデザインした地蔵が、ラントウ、燈篭、宝篋印塔(ほうきょういんとう)などに刻まれている。
「干」形の十字を隠す工夫らしい。そこで、「丁頭仏」と言う名が生まれた。
また、両手をかざすポーズは、ローマ法王が祝福を与える姿に見える。
そこで、「デウス(天主)地蔵」の名がある。



タロット
※文中の「干」形の十字とはこのタロットの法王が持っている錫杖の様な形のこと。


坂本龍馬の影武者の殺害方法が両目と額から顎にかけての十文字。

熊野神社の由来。

「デウス地蔵」と言う名。

そして修験道達。
山伏山伏の格好をしたイスラエル人

現在のユダヤでも、祈りの時には『旧約聖書』の言葉を収めた 「ヒラクティリー」と呼ばれる小さな小箱を額部分に付けるそうです。
七曜もこの事に関してはお勉強をしていますので、これに関して山伏が頭につける兜巾(ときん)と使用方法が酷似していると思っています。
ユダヤの楽器

更に、山伏が吹くほら貝に関してもユダヤ人の祭りに使われる「ショーファー」というものと酷似しています。
この様な事から、天狗と呼ばれた鼻の高い人々は渡来してきたユダヤ人であったのではないかと七曜は考えております。





地域に発達した完璧な測量が張り巡らされている「才(采)」

もしかするとこの地域はイスラエル(ユダヤ)とも関係のある場所かもしれませんね。
七曜の妄想は膨らむばかりです(笑

日ユ同祖論は成り立つかな??










七曜 高耶


応援クリックを宜しく御願い致します。有難う御座います!!


[ 2013/04/26 11:02 ]Posted by七曜高耶 | 天皇家とヤタガラス | TB(0) | CM(12)[記事編集]

日本第一熊野神社(倉敷市林)とヤタガラス 2

日本第一熊野神社(倉敷市林)とヤタガラスの続きです。

以下画像は「熊野三山の御神符」と言われるものです。
御神符には「日本第一」の文字を取り囲むように左右上下に黒い烏の絵が描かれています。


熊野本宮大社
【熊野本宮大社】

ヤタガラス速玉大社
【熊野速玉大社】(熊野牛王)


ヤタガラス 那智神社
【熊野権現那智大社】

これらは「烏文字(からすもじ)」と言われるもので、本宮大社は88羽、速玉大社は48羽、那智大社は72羽の烏で描いた不思議な文字です。
歴史研究家の田辺進氏の歴史本には次の様に説明されています。

『この護符は1300年前頃から始まり、熊野では「おカラスさん」と言い、敬いご利益を受けていました。牛王
神符もほかの神社と同じように、厄除けや病気平癒の願いが叶えられるとして、もてはやされましたが、室町末期から江戸時代にかけて牛王神符の裏が盛んに起請文として使われました。』(田辺進著書より抜粋)
《提供:郷内歴史保存会 http://6201275.blog.fc2.com/

起請文(きしょうもん)とは、日本でかつて作成されていた、人が契約を交わす際、それを破らないことを神仏に誓う文書です。
簡単に言いますと、「神仏に誓って約束した事は破ったり嘘は言いません」と書かれたものなのです。


もし、熊野の牛王宝印に書いた起請文の約束を破ったならば、熊野の神使であるカラスが三羽死に地獄に堕ちると信じられ、それは「熊野誓紙」と言われたそうです。

この熊野牛王神符の起請文を初めに使い出したのは武士達だとか。

「武士に二言は無い」と言って一度約束をした事は必ず守っていましたが、さらに神仏に誓ってこの神符に書き上げた事は命をかけて守るものとして、武士の間では約束事の時には必ず使われる様になり、全国的に広まって行ったそうです。

ヤタガラス入り御神符にこの様な使われ方があったとは・・・・。

軍事同盟の締結や合戦など大名同士の外交関係が顕著になり、軍事同盟の締結や合戦の和睦に際しては双方の信頼を確認するため双方で起請文を交わしたのは、それだけ八咫烏のもつ影響力が大きかったと言う事が理解出来ます。

天皇家に対しても大きな影響力をもつ八咫烏は謎多き組織ですが、いつか必ず解き明かしたいと思っています。

でも、多分結局最後には宇宙の知的生命体に辿り着いたりしてね。
本当に面白い八咫烏のルーツでした。



長文を読んで頂きまして有り難う御座いました。感謝します。

それでは最後に「とうりゃんせ」をどうぞ。









七曜 高耶





[ 2012/10/15 16:58 ]Posted by七曜高耶 | 天皇家とヤタガラス | TB(0) | CM(16)[記事編集]

日本第一熊野神社(倉敷市林)とヤタガラス

こんにちは、七曜高耶です。

先週10月13・14日は、郷内の秋祭りだったようです。

遠路遙々、我が県迄ワークを受けに来て下さった参加者の方様はこの郷内と言う場所を知っておられると思います。
そして、七曜の「郷内歴史保存会」の記事を読んで下さった方様も、郷内と言う場所を知って下さっていると思います。

この郷内、前回お出した記事だけでは歴史の片鱗さへ掴めなかったと思いますが、本当はこの郷内には多くの興味深い歴史が非常に沢山隠されているのです。
ですので、出来るだけ多くの情報を皆様にお伝えしたいと思ってはいるのですが、情報量が非常に多い為、どれをお出しすれば良いのか判らない程です。



とりあえず、この郷内に在る、日本第一熊野神社についてのお話をしていこうと思います。
まずは、日本第一熊野神社(倉敷市林)について、WIKIが出ていますのでそれをご覧下さい。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%86%8A%E9%87%8E%E7%A5%9E%E7%A4%BE_(%E5%80%89%E6%95%B7%E5%B8%82%E6%9E%97)



如何でしょうか?

熊野神社とあの修験道の祖と言われる役小角(えんのおずぬ)の寺院が一体となった神仏習合の形態を取る宗教施設がこの日本第一熊野神社になるのです。

この宗教施設は承久3年(1221年)承久の乱が勃発し、敗れて隠岐に遠島となった後鳥羽上皇に連座して、上皇の第4皇子頼仁親王が児島に配流となった時、頼仁親王は衰退していた熊野神社と寺院を再興し、以後、南北朝の頃まで繁栄したと言われています。


そして、上記写真を見て下さると判る様に、この日本第一熊野神社はあの「ヤタガラス」とも縁が深い様です。
秋祭りの写真が今手元に無く非常に残念なのですが、秋祭りの中で行われる「千歳楽(せんだるく)と言われる神輿を担ぐ時、ヤタガラスの絵が施されたハッピを着て神輿を担ぐそうなのです。

七曜、見れなくて本当に残念でした。ヤタガラスの写真を撮りたかったです。
しかも、ハッピを知人宅で干していたらしいのですが、それにも気付かず素通りとは・・・・。
今日、知人宅を訪問した時に「まだここにある?」と聞いたのですが、時既に遅し。返したそうです。


今度祭りの様子の写真を送って下さいとお願いしてきましたので、頂いた折にはこのブログでアップさせようと思っています。
お楽しみに。

熊野本宮大社

【熊野本宮大社】


ヤタガラス速玉大社

【熊野速玉大社】


ヤタガラス 那智神社

【熊野権現那智大社】



さて、「ヤタガラス」が出てきましたので、上記の写真を載せてみました。
こう言ったものは七曜も初めてなのですが、郷内の歴史について研究をされている「田辺 進 先生」のご本、「親子で読む 郷内の歴史散歩」に、詳しく載せられていました。

そこから少し抜粋をして説明させて頂きますね。



この記事に書くと、長くなってしまいますので別記事として続きを書かせて頂きます。

《日本第一熊野神社(倉敷市林)とヤタガラス 2》へと続く。





七曜 高耶




[ 2012/10/15 15:55 ]Posted by七曜高耶 | 天皇家とヤタガラス | TB(0) | CM(6)[記事編集]