文字サイズを変更できます。

文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする

プロフィール

七曜高耶

Author:七曜高耶
ご訪問有難うございます。


 本ブログは、予知夢的内容の的中を保証
するものではありません。
この点を十分に留意し、記事をお読みくだ
さい。


また、
投稿欄は読者間の情報交換の場としての
機能を維持するために設けたもので、
本ブログの管理人が内容としてふさわしく
ないと考える投稿は、予告なく削除いたし
ます。
また、投稿する方自らが自粛していただけ
れば幸いです。




★ ドリームセラピスト講座を修了。
★ シータヒーリング講座を修了。  
★ 日本超心理学会【学会員】
  主に予知に関する能力を研究中。  


 皆様のお役に立てる事を願っております。

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

ブログランキング

最近のコメント

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

amazon

日本ブログ村ランキング

逆回転時計

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

古文書によると彼ら(神)の惑星は「ガガ」と呼ばれているらしい。

「ガガ」の姿は外見は人類と差程の大差は無かったが、
現代の人類の様に感情豊かでは無かった。
「ガガ」と呼ばれる「神」は3人。
一人は気性が激しく秩序に重きをおく。
そして残り2人は正反対のものに重きをおいた。

3人の「存在」達の下には数え切れない程の「働き蜂」達の存在があった。
「神」には繁殖する機能が無かったが為にその数が増える事は無かったが、
変わりに異なる存在を創り出したのだ。

そして彼らはただ創られた。
人の形とは似ても似つかないその姿は今現在のこの地球ではグレイと呼ばれている。

資源の少ない彼らの惑星は衰退の一途を待つだけだったが、
ある時旅の中で「テラ」を眼にする。
確かな情報では無いにしろ、その「ガガ」の傍らに映る映像を見た時には驚いた。

蟾ィ螟ァ縺ェ迚ゥ菴点convert_20100916093139

「ガガ」の傍らに留まる謎の存在。
そして私は彼(か)の存在を知っている。
獰猛で蜥蜴の様な瞳をもち、威圧的な雰囲気と2mを越す大柄だ。


彼らに逆らうものは全て破壊される。
命の定義など存在しないからだ・・・・。


ゼカリア・シッチン氏は、素晴らしい業績を残したと言えるだろう。
彼の諸説は正しいのだから。
真実まであと僅かを残されたのは誠に残念である。


「サントリーニ」の謎もこのアヌンナキに関係しているのだから。
全ての謎を一つに繋げる事の出来る者は、いつ顕れるのだろうか・・・・・。
彼らが再び訪れる前に解明出来る事を祈りつつ・・・。





七曜 高耶

スポンサーサイト

たんぽぽ舎様より急ぎのお知らせです。

出来るだけ情報の拡散をしたいと思っていますので、
これをご覧になられた方様でお手伝いをして頂ける方は宜しくお願い致します。
放映時間は23時15分~です。



◆ 地震と原発事故情報 その56 ◆

    本日放映される番組について、急ぎ、お知らせします。

  タイトル:「子どもを襲う放射能の不安?学童疎開は必要か」
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1024
============================
 文部科学省は4月19日、福島県内の子ども被ばく許容量を年間20ミリシーベ
ルトに引き上げた。
これまで、一般の人の被ばく許容量は1ミリシーベルト。放射線管理区域の5ミ
リシーベルトを大きく上回る数字だ。そして、市民による調査で、赤ちゃんに飲
ませる母乳からも放射性物質が検出された。福島市や郡山市といった大きな町で

今、チェルノブイリの退避地域よりも高いレベルの放射能汚染が広がっている。
子どもたちを被ばくから守ろうと取り組むお二人をゲストに迎え、原発事故の影
響を考える。

 <ゲスト>
大賀あや子さん
 (大熊町在住/ハイロアクション/母乳調査・母子支援ネットワーク)
阪上武さん(フクロウの会:福島老朽原発を考える会)

<朝日ニュースター>
http://asahi-newstar.com/web/4月29日(金)23時15分~放送
*再放送
 4月30日(土)18時~/5月1日(日)10時~・24時/5月4日(水)11時~

<OurPlanetTV>
http://www.ourplanet-tv.org4月29日(金)23時15分配信開始
OurPlanetTVでは、<DVD>DVDもご用意しています。(1000円)
お申し込み TEL:03-3296-2720/Emal:info@ourplanet-tv.org
※SHOPからもお求めいただけます
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1025







七曜 高耶


たんぽぽ舎様よりの情報を転載


本当に本当に現地の多くの方々が、
子供達を守る為に動いています。
特に危惧される事は学校での生活や転入等ではないかと思います。

そして幼い赤ちゃんを抱えるお母さん達にとっては与える母乳にも
不安がある筈です。

これからも出来るだけの情報をアップしていきますので、
どうぞ宜しくお願い致します。



放射線による健康被害から子どもたちを守る県教組声明

福島原発の大事故以降、放射線量が極めて高い状態が続いています。私たちは、
放射線による健康被害から子どもたちを守るために、福島県教育委員会及び文部
科学省に対し、安全対策についての指針とマニュアルの提示を強く求めてきまし
た。大事故から一ヶ月が経過した4月19日、ようやく文部科学省は「学校等の校
舎・校庭等の利用判断に係る暫定的考え方」を示しました。学校現場及び保護者
からは、「本当にこの基準で大丈夫なのか」「子どもたちに影響はないのか」と
いった不安の声が多く出されています。
文部科学省は、原子力災害対策本部の示した「ICRP(国際放射線防護委員会)の
示す『非常事態が収束した後の一般公衆における参考レベル』1~20mSv/yを
暫定的な目安」を、一般公衆レベルのまま学校での判断基準としました。ICRPが
示している現行の規制値は1mSv/yです。これをはるかに超え、一般公衆レベルの
上限でとされる20mSv/yは、計画的避難地域を設定する基準量でもあり、放射線
業務従事者の年間平均許容量(ICRP 1990年勧告)に匹敵します。放射線に対す
るリスクが大きい子どもたちにこの基準を適用することは、長年の生活の中での
累積値は相当に大きくなり、子どもたちの命と健康を守ることはできません。
また、子どもたちが校庭等で活動できる制限値を3.8μSv/h未満としていますが、
学校等の敷地内の放射線量は一定ではなく、側溝や雨樋の下、塵や木の葉などが
集まる吹きだまり、水たまりなどの窪地などは比較的高く、校庭など地面は空間
放射線量より高くなっています。子どもたちは、学習で土をいじり、校庭を走り
回ります。舞い上がった砂ぼこりを吸い込むことは避けられません。また、転ん
で皮膚をすりむけば、そこに放射性物質が付着します。空間線量が3.8μSv/h未
満であっても、実際は空間線量より高い放射線を浴びることとなります。さらに

内部被ばくの危険性もあります。
文部科学省の示した暫定基準は、子どもたちが学校生活をする上では極めて危険
な基準といわざるを得ません。文部科学省は、今回の基準を直ちに撤回し、子ど
もの健康を第一にした安全策を示すべきです。また、福島県災害対策本部及び福
島県教育委員会は、子ども及び保護者が安心できるように、全ての学校施設及び
通学路において放射線量の高いところを明確にした放射線量マップを作成し、立
ち入り禁止区域を設けるなど万全の対策を講ずることを強く要求します。さらに

子どもたちの受ける線量を減らすための具体的な対策を示し、土壌の入れ替え等
の措置を早急に講ずることを要求します。
私たちは、子どもたちを放射線による健康被害から守るため、一刻も早い原発事
故の収束と安全確認を強く求めると共に、現在の通常値を大きく超える中での子
どもたちの生活について、「直ちに健康に影響がない」というのではなく、絶対
に健康に影響がないといいきれる安全策を早急に示し実施することを強く要求す
るものです。
2011年4月20日
福島県教職員組合
中央執行委員長 竹中 柳一


★2.―福島県内の子どもたちを救おう―広瀬隆講演

広瀬隆4/30講演テーマの要点を、30日より2日早くそっと教えます。

4月中旬現在、避難指示区域はどんどん広がり、ついに広大な飯舘村などを含め
て、東京都の総面積の7割前後に拡大しつつある。放射線量がわずかに下がって
いるように見えた時でも、下がっているのではない。とてつもない累積量が増加
している。
○福島市・中手聖一さんからのメール。
今日は、飯舘村の雑草から数百万ベクレルという数値が出ました。私の妹家族の
村です。妹たちは村を追われ群馬に避難しています。今夜になって、郡山市を中
心に放射線量が急上昇しました。今度は国道288号線ルートを通ったのかもしれ
ません。数日後に水道水の汚染が報道されるでしょう。その前に、皆に伝えたい
のです。(中略)
4月9日のメール──私はあきらめません。まだまだ子供たちの命を救えるのです
から。(中略)
4月19日のメール──このところ福島市内の屋内の放射線量が上がっています。
(中略)
 福島県内の放射線調査によれば、調査対象の小中学校の実に75.9%が、国が定
めてきた一般公衆の被曝防止のため立ち入りを制限する0.6μSv/h(5.2mSv/y)
以上の「放射線管理区域」に相当する放射線量である。加えて、20.4%が職業人
の放射線業務従事者が被曝限度を超え得るさらに厳しい管理が求められる「個別
被曝管理」が必要なレベルにある。つまり福島県の学童は、原発内での労働と同
じ環境に置かれている。
福島県内の児童は、一刻も早く、授業を中止して学童疎開をしなければならない

ところが文部科学大臣の高木義明は、4月15日に、「目標は20ミリシーベルトで、
学校を頻繁に移動させることはできない」と、平然と児童被曝を野放しにし、放
射線の影響が深刻な子供たちに、基準の20倍もの被曝を許す殺人者だ。




4/30(土)広瀬 隆講演会

日 時:4月30日(土)17:30開場 17:50開演~21:10
場 所:東京・豊島公会堂ホール
(JR・西武・東武・地下鉄池袋駅東口各5分)
受 付:当日会場にて。先着800名
共 催:たんぽぽ舎、週刊金曜日
問い合わせ:『週刊金曜日』業務部03-3221-8521(平日9:30~17:30)










七曜 高耶

小さな子供の姿をした外宇宙からきた生命体が視える。

それは友好的な存在とは言えない者達。

暗い眼で人間達を観察しているようだった。



彼らは来訪者。
目的は判らない。





七曜 高耶






 世界の主な活火山99の場所と名称の地図をリンクさせています。


夕日が空に視える。夕方だろうか・・・・?
空には飛行機が飛んでいる。

そんな刻、大きな大地の揺れを感じた。

見上げると空から焼け付く石が降り注ぐ。


火山岩なのか?何なのだろう。


よく視ると海に近い低い土地に私は居る。
そしてここは海外の様だ。

次々に降る焼けた石をただ静かに見つめる老人の姿を。
彼は慌てる様子を見せない。

どうもこの事が起きる事を始めから知っていた様だ。


「彼」は何かを知っている・・・・そう私は感じたのだ。

 そして「彼」は権力と金を支配する人物。


また何かが闇に紛れ、天変地異を仕組むのか?


* 渡航には十分にお気を付け下さい。宜しくお願い致します。

 







七曜 高耶


 ブログランキングに参加しています。宜しければクリックをお願い致します。


 ブログランキングに参加しています。宜しければこちらも    
  クリックをして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村


最近、子供達の能力が上がってきている(笑
良い事なのだろうが、説明に困ってしまう。

例えばコレ・・・・「何で俺は先の事が全部判るの?」とか
一番下の子にいたっては「白い粒粒がいっぱい遊んでる。皆生きて飛んでるよ」
とか・・・・。
何の生物(?)かは判らないが家にも外にも沸いているらしい


どちらにしても説明出来ない私。

とにかくもう少し大人になるまで待とうかな・・・・・。

でも未来の夢は早い内に対処しておかないと、その内抱えられなくなるだろうからなぁ。
私も子供の時、怖くて一人で寝るのが怖かったしね。
今でも精神的に堪えるし・・・・・。


う~ん。どうしよう。









今日はシュメール人と日本人の関係を書いていこうと思います。
シュメール人と言えば謎多き民族ですが、
私はこのシュメール人と日本人は深く関係していると思っています。
勿論、これから書くものはシュメール人に興味すらなかった私が書物や
ネットで調べた結果のものです。
何故、この様なものを調べようかと思いましたのは、
かなり前に視た夢の内容と酷似しているからです。
この「ゼカリア・シッチン」氏のお話は結構面白いものでした。



シュメール神話を一躍有名にしたのは、ゼカリア・シッチンの「宇宙人アヌンナキ」説
だけではなかった様です。
 
それ以前にも、一大センセーションを巻き起こしている。
それは、「ギルガメシュ叙事詩」が発掘されたとき。
ギルガメシュというのは、シュメール神話で大活躍する、世界最初の英雄のことで、
この叙事詩の中に、かの有名な「賢人ウトナピシュティム」のエピソードが登場する。

「人は、いつか死ぬ。当分の間、自分の番ではないとは言うものの・・・」
と考え込んでしまった、無敵の英雄・ギルガメシュ。
悩んだあげく、「不死の人」という評判の賢人ウトナピシュティムを訪ね、
教えを乞うことにした。遠路はるばる訪れた英雄に、賢人は「大洪水」の思い出を語る。


>神々が大洪水を起こすことを企むが、エア神(註:人類創造者のエンキ神と同一の存在)は、
大洪水がやってくる機密を葦屋に向かって、壁に向かって漏洩した。
ことの次第を悟ったウトナピシュティムは、船をつくって家族・親族や動物などを乗り込ませた。

>嵐がやってきて、大洪水が起こり、あまりの凄まじさに神々さえも恐れおののいた。
七日目にようやく大洪水が引いた。
船はニムシュの山に漂着する。
最初はハト、次にはツバメを放つが戻ってきた。最後にカラスを放つが、戻ってこなかった。

>ウトナピシュティムは神々に犠牲をささげた。
犠牲の匂いによって、エンリル神は大洪水を逃れた人間がいたことを知って立腹するも、
エア神のとりなしが功を奏した。
エンリル神は、ウトナピシュティムとその妻を神々の如くし、はるか遠くの河口に住むよう命じた。
  

この話の箇所は今回起きた大地震や他国で起きていた大地震による
津波を彷彿とさせます。
そして私が視た夢とも符号する点が多く存在しています。



何から何まで、旧約聖書でおなじみの「ノアの箱船」のストーリーとほぼ同じ様です。
粘土板に刻み込まれたシュメール神話は、旧約聖書よりも、はるかに古い。
こちらがオリジナル・ストーリーなのは明らかで、
欧米人の聖書観に大きな変更を迫ることになった。

旧約聖書の場合は、唯一神ヤハウェが、人類を創造してみたり、
その人類を大洪水で滅ぼそうとしてみたり、
その一方ではノアに箱船を作らせて生き残らせてみたり・・・と、
矛盾する行動をとって、解けないナゾを残している。

しかし、オリジナル・ストーリーであるシュメール神話を見れば、その疑問は氷解する。
いわく、人類を創造したのは、エンキ神だ。
でも、最高神エンリルは、騒がしい人類を快く思わず、大洪水を起こして滅ぼそうとした。
エンキ神は、「神々の会議」で決定された大洪水に、表立っては異論を唱えなかったが、
陰で賢人ウトナピシュティムに箱船を作らせ、ひっそりと生き残らせた。
エンリル神はそれを知って激怒したが、時すでに遅し・・・。

これを見れば、旧約聖書における神様の矛盾した行動は、「エンリルとエンキ」という、
2柱の神様の対立した言動を、むりやり「唯一神ヤハウェ」にまとめたことから生じた
ものであるということが理解できる。

この「大洪水」のストーリーは、シッチン氏に言わせれば、
「氷河期が終わって、南極の氷が溶けたときの話」ということになる。
人類はほとんど絶滅したが、一部の人類が生き残って、新しい時代を作った。
それが、現代のわれわれにつながっている。
このとき、「人類を創成した宇宙人」たちは、
大洪水でメチャメチャになった地球を見捨てて、彼らの母星・ニビルへと帰っていった・・・。

その真偽は、誰にも分からない。
もっとも、シュメールが、わざわざ「南極の氷」が溶けるまでもなく、
もともと洪水が多い地域であった事は確かだと言える。
 
ゼカリア・シッチンの「宇宙人アヌンナキ」説に、突っ込みどころが満載なのは事実だ。
だが、だからといって否定したり、無視したりできるものではない。
実際のところ、世界的に多くのチャネラーやスピリチュアリスト達から、
この説は、(条件つきながら)支持されている。
ダリル・アンカ氏がチャネリングする「バシャール」も、
シッチン説をおおむね肯定している。
ただし、バシャールによれば、「惑星ニビル」は、天然の惑星ではなく、
人工物なのだ・・・ということだ。
あの坂本政道氏も、高次の知的存在から、「シッチンの説は、当たらずと言えども遠からずだ」
と告げられたという。
   
確かに、なんらかの存在が、人類に遺伝子操作して進化を促進したという可能性は、
大いにありうる。それも、人類を彼らの奴隷として、コキ使うために。

なんといっても、人類最古の文明の発祥地が残した、世界最初の神話である。
それ故に、なんらかの意味で、人類誕生の秘密を伝えている可能性は否定できない。
それこそ、かつて「プリズム・オブ・リラ」の編著者が述べたように、
「これを事実と受け取るのも、なんらかの象徴的なストーリーと見るのも、読者の自由である」
ということだろう。
  
船井幸雄氏は、「この遺伝子操作により、地球人類はエゴが強くなり、エゴの文明が始まった」
と、言っている。
もっとも、どちらにしても、現代のわれわれにとっては、いまさらどうしようもないことでは
あるのだが、
だからこそ、しょうがないとあきらめ受け取るのか、
それとも変わる様にいきていくのかが問われていると私は思っている。


どちらにせよ私もこの「大洪水」の夢を視た。
そしてこの事に「他の生命体」、ここで例えると所謂エンリルが関与している
といったものも視たのだ。
今この地球にその神々が人間の姿を模しその計画をまた実行しようとしている
のなら、それは恐ろしい事だと感じている。



陰謀論で言うところのイルミナティやフリーメイソンといった類の集団かもしれない。
とにかく夢で視た「サードウェーブ」がそれを指しているのかもしれないと、
勝手に思っています。


【流れ着くシュメールの人々】に続く。


  
(引用部分は、中公新書『シュメル神話の世界』より)


* 長い長い拙い文章を最後まで読んで頂きまして、有り難う御座います。
これからもどうぞ宜しくお願い致します。



七曜 高耶

共感して頂けましたらクリックを宜しくお願い致します。



ブログランキングに参加しています。クリックをして
頂けると有り難いです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

【東日本大地震】


* 被災された方にとっては悪夢の様な記憶ですので、ご覧にならない方が
良いかもしれません。
本当に申し訳ないのですが、敢えてこのyoutubeを載せました事をお許し下さい。


こんばんは、七曜高耶です。ほんの少し時間が空きましたので、
更新しました。
実はここ二日、あの福島原発に関係した東○様と○京電力様。・・・そして
日本○子力様からのアクセスが続いております。
しかもアクセス数が半端では有りません。

その上、何故だか米軍(ミリタリー)様方迄・・・・・。
こんな弱小ブログを訪問する時間がありますのなら、被災地の方々の為に尽力を尽くして
頂きたいと思います。宜しくお願い致します。


さて、今日のブログの内容は陰謀論者(?)独立党リチャード・コシミズさんについてです。
彼を支持するとかそういったものでは無く、ただ何気に目に付いたものです。

勿論、全てのお話を鵜呑みにはしませんが、事実がそこに散りばめられている様な気がして
ならないのです。

上に貼り付けてあるyoutubeはみられたでしょうか?

確かに今回のこの地震、何か納得出来ない様な事が非常に多く在ると感じられている方も
いらっしゃるのでは無いでしょうか?



まず、福島原発ですが今年夏程迄に水蒸気爆発が起きる可能性があると言われて
います。これは小出氏のお話ですが、もしこの様な事が起こるとするならば



e0171614_11272524.jpg
【広島型原爆の写真】



1000発分(100トン)を水蒸気爆発させることになる計算になるそうです。

そんな中で右往左往している場合では無いと私は思っています。

ただ、この仕掛け人がもし、アメリカ合衆国であり3.11と言うテロだったと言う
のであれば・・・・・・・・。


同時刻三箇所で起きたこの地震、阪神と福島で起きた大震災両方におかしな符号もみせています。

10キロ・・・この間隔は一体何を意味するのでしょうか?









七曜 高耶




こんばんは、七曜高耶です。

「たんぽぽ舎」様よりメールが届きました。
「子供達を放射能から守るための集会」が行われたようです。

以下、経過が書かれていますのでどうぞご覧下さい。
その他貴重な記録写真もありますので、ブログ及びHPにお使い下さい。

ただ、前にも書きましたが転載元「たんぽぽ舎」様のお名前を入れて
下さると助かります。
どうぞ、宜しくお願い致します。




【転載開始】


「子供たちを放射能から守るための集会」(準備会)
 放射能の基本や自分たちのおかれた状況がわかる紙媒体がほしい

 4月25日夜、福島市で開かれた「子供たちを放射能から守るための集会」
(準備会)に、行ってきました。「原発震災復興会議」(準備会)」は、これまでい
ち早く福島の子供たちを被ばくから守ろうと、校庭を中心とする放射能測定を行
ってきた首都圏、現地の団体らの呼びかけにより、「現地の親たちの声とつなが
りたい」という思いを実現した集会でした。4月25日は準備会にもかかわらず、
100人を超える超満員。年配の方ももちろん、乳幼児の父母といった、若い方
の参加が多く目立ったのが印象的でした。
 熱気に包まれた自己紹介(意見・質問)は、予定の2時間を大幅に超えて、東北
新幹線の停電事故でもはや終了かと思われた21頃に会場にたどり着いた筆者の
予想を裏切らず、終わる気配を見せていませんでした。(会合は、18時半から、
22時まで続きました。)福島市の積算放射線数値をきちんと出してほしい、とい
った具体的な要望に続き、印象的だった次の声をご紹介します。
 
 「周りのお母さんたちは、インターネットを使わない人もすごく多い。でも、
情報はほしい。口に出すことを憚っている。でも、悩んでいる。是非、署名とセ
ットにした、放射能の基礎知識、現在の自分たちの置かれた状況がわかるような

紙媒体の情報がほしい。署名用紙とセットして、市内の幼稚園、保育園、学校、
公民館で頒布したい」
 「空中線量の最も高かった3月15・16日は、殻になった市内中の物資を求め
て、小さい子の手を引いて、一番市内を歩き回っていた日だった。無念でたまら
ない」
 全体として、「やっと自分の思い、話したかったこと、聞きたかったことをこ
こで言えた」という声が大勢を占めたようです。
 こうした声を受け、今後主催者は手を取り合って、
 
・署名(校庭の除洗と、各学校への測定器の配置要求)とセットの紙媒体運動 
・学童疎開(避難先)プロジェクト
・一人でも多くのママさんも参加できるための緩やかなパレード
・県の事故アドバイザーに、市民の立場に立った人を入れろ運動

などを進めていきます。
 本会議(次回現地集会)は、5月1日です。また、本会議から今後の運動につい
ては、NHKはじめ各インターネット中継が予定されておりますので、随時情報を
お届けします。
皆さん、広めてください。            (たんぽぽ舎:槌田春美)


★3.写真を撮っている市民です。運動に役立ててください

・たんぽぽ舎 ご担当者様
突然のメールにて失礼いたします。
2011/4/24『原発止めよう!東京ネットワーク』集会&デモ行進に参加いたしま
した東京都世田谷区のTと申します。
 私は1歳4ヶ月の息子を持つ父親で、この度の大震災に伴う福島第一原発の事故
で、反原発主義を意識するようになりました。将来原発を捨て去り、クリーンエ
ネルギーに転換してゆく世界を実現するため、また福島を始めとする子供達や若
者の未来のために、自分にできる具体的な行動を起こしたいと思い、デモ活動に
初めて参加しました。
 私はマスコミ関係ではないのですが一応写真を撮る仕事をしていますので、そ
ういう人間なりに出来ることとして、テレビや新聞が積極的に報じない反原発運
動の生の姿を記録写真にして、一人でも多くの方に運動の熱量を伝え、広めてゆ
きたいと思いました。
 今回の一連の震災と事故で、これまでにないほど反原発の機運の高まりを感じ
ています。現にこれまでノンポリで日和見していただけの私が積極的にデモ活動
に参加するようになったのですから。以前から熱心に活動されてこられた方達の
思いを、特定のセクトや団体に属さない私のような大多数の人たちに共感してい
ただき、どれだけ巻き込んでゆけるかが今後の勝負だと感じています。
 もし私の写真が、たんぽぽ舎を始めとする反原発運動に携わっておられる方達
のお役に立てるならと思い、このメールを書かせて頂きました。拙い写真で恐縮
ですが、ご覧いただき、もし何かに使えそうな写真がありましたらご自由にコピ
ーしていただき、紙媒体やwebなどで使っていただければと思っています。

2011/4/24 原発とめよう!東京ネットワーク 記録写真
http://gallery.me.com/bt_arts#100099                         (東京都Tさん男性より)


★5.4月30日(土) 広瀬隆講演会の案内

たんぽぽ舎+週刊金曜日の共催 広瀬隆講演会
『子どもを守れ!いま福島原発で起こっていること』

日 時:2011年4月30日(土)17時50分開演~21時10分(17時30分開場)
場 所:東京・豊島公会堂(池袋駅東口5分)
参加費:1000円(うち200円はみんなで使える放射線測定器購入費に充てます)
講演内容:広瀬 隆『子どもを守れ!いま福島原発で起っていること』
     大東 断『電力浪費を見直そう」』
 伊田浩之「原発震災を取材して」
山崎久隆+鈴木千津子「食卓にしのびよる放射能汚染」
受  付: 当日会場にて。先着順800名
問合せ :『週刊金曜日』03-3221-8521(平日9時30分~17時30分)
URL http://www.kinyobi.co.jp/event/event_detail.php?no=1957&page=1






【転載終了】






七曜 高耶




最近では2012年も近いという事もあってか
アセンション、アセンションとスピ系の方々は口を揃えて必ず仰っている。
ではアセンションとは何なのでしょう?

「魂」の「進化」による「次元上昇」?
この「次元上昇」と言う言葉に疑問は無いのでしょうか?

次元を上昇すると言う事は「肉体」をもたない事です。
「肉体」をもたないと言う事はすなわち「人」としての「死」になります。

今回、とても悲劇的な天災・・・・そして人災でもある福島原発による爆発。
そしてそれに巻き込まれてしまった多くの人々や罪もない子供達。
その方々に対して、果たしてこれは「アセンション」であると面と向かって言える
のでしょうか?

これは「人工アセンション」であって真の「アセンション」では無い・・・・など
もし言う方がいらっしゃるのであれば私はきっとその方の神経を疑うでしょう。

私は思うのです。「アセンション」といった言葉を創った人間は果たしてどの様な
人物なのか?
初めてその言葉を世に出したのは一体誰なのか・・・・?
知る方はきっといないでしょう。
それもそのはず、スピリチュアルな教えの中にこの言葉は存在していなかった
のですから・・・・・・・。

この言葉を考えたのは、この言葉が使われ始めるところにまで遡ってみることです。
するとおぼろげに見えてくるのは「一人の少女」の姿です。
この「少女」は私と同じく「小説(空想世界によるお話)」を書く事が大好きだった
ようです。女子高生だったか女子大生だったのか忘れましたが、
この内容はカルトやスピ界にとって人々を洗脳しやすい夢物語であったが為、
使われ始め、今では当然の様に世に出回り「アセンション」という言葉が合言葉の様
に変化してしまったのです。
ですから、この「アセンション」という言葉に違和感を覚える方が多いのです。

陰謀系で行きますと例えばですが、諜報が得意なCIAであったりします。
「アセンション」を信じている方にはこの内容にきっと腹立たしさを感じるはずです。
その腹立たしさの度合いによって「洗脳」の度合いも解る筈です。

ただ、ここで一番理解しなければならない事は、全てが嘘では無いという事。
嘘を信じ込ませるにはある程度の「真実」に「嘘」を忍び込ませる事が必要なのです。

そう、よく言われる米軍による機密情報の開示。
アメリカや日本等の国家や国防総省がよく使う手です。
では何が「真実」で何が「嘘」なのか?
「真実」はUFOや宇宙人が存在している事。超能力といった特殊能力をもつ子供達や
大人達を集めての予知や透視を行うリモートビューイングの様なサイキックソルジャー。
相手の先の先の手を読む為に利用する道具の一つとしての存在。

そして「嘘」はアセンションという「理想の存在に人間が進化出来る」という事で、
本来の真実から目線を逸らさせる事をしているようです。
本来の真実・・・・・これは一体何なのかを考えてみて下さい。
答えは確実に貴方の精神の中枢に存在しています。

そしてこの事から「アセンション」という単語一つで、人間の「我欲」を引き出し洗脳
しやすくしていると言っても過言ではないかもしれません。
そういった「存在」になりたい、そういった「存在」になれる。
その事ばかりが頭の中を駆け巡り、本当に必要な事が視界から消えてしまうのです。

本当に大切な事は「ウォークイン」でも「ワンダラー」でも無く、
この世を護る為の特別な存在達でも無く、どれだけ「隣人(自分以外の人間)」を
愛する事が出来るのかといった事だと私は考えています。

肉体をもつ自分に何が出来るのか・・・・・?
これはとても大切な事なのではないのでしょうか?

肉体が無いと出来ない事。きっと沢山あるのではないでしょうか?
現実を楽しむ。
楽しいこと、悲しいこと、寂しいこと、愛したいこと・・・・もっともっと
沢山の事を感じてそして人間としての真実の進化をしていこうと思いませんか?








* 拙い文章を最後まで読んで頂きまして有り難う御座いました。
次の記事は日本とシュメール文明について書いていけたらと思っております。
有り難う御座いました。





七曜 高耶




こんにちは、七曜高耶です。


井口和基氏のブログでこの様な記事を見つけました。


噂に過ぎないとした上でこう書かれていました。



引用

  実際、米軍はトマホーク核ミサイルで福島原発6機を一気に吹っ飛ばす作戦を
日本政府に提案したが菅直人から断られたというまことしやかな噂も流れていたからである。



この言葉がまた私の脳の片隅の記憶を呼び覚ましました。


2009年6月13日に視た【放射能の雲】


で述べていた政府が対策として爆風を使い消し飛ばそうと考えている。です。




これは、ちょっと恐ろしい感じです。

夢で視た時には「その案が出てきてはいたが、使用しなかった。」
もし、ここで使用しようとしていたなら日本全土の危機を私は視ていたかもしれません。
ありえない事です。


これからですが、水蒸気爆発も起きる可能性もあります。
福島原発付近の方々様はどうぞお気を付け下さいませ。


宜しくお願いいたします。







七曜 高耶




にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

まだ修行中の為効果があるかどうかは保証出来ないのですが、

子供様の為、遠隔ヒーリングをボランティアでさせて頂きたいと
思っております。

先着1名様のみになります。

エネルギー交換をしたいと思いますので、
参加の方は対価として後程コメントをして下さいませ。(非公開でOKです)


とりあえずは今日9時迄募集致します。
子供様のお名前(フルネームと住所・年齢・性別・症状があればお書き下さい・
フリーメールアドレスを添えて下さい。こちらからご連絡致します。日時は
その時に決めさせて下さい)を
宜しくお願いいたします。

1名様入り次第終了とさせて頂きます。









七曜 高耶





にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村


4月24日に視た夢。


GDPの減少と全土に広がった放射能に汚染された食物の摂取の夢。

他、もう一つ重要な夢を視たと思うのだが、思い出せずにいる。

食物の摂取については他国よりの輸入・輸出の減少が引き鉄となる可能性が大。

GDPにおいてはその為のものと思われる。









七曜 高耶



* ブログランキングに参加しています。宜しければクリックをお願いいたします。



 こちらも宜しくお願いいたします。感謝!!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
おはようございます、七曜高耶です。


ブロともである黄金の金玉さんのところでも「APPLEやIhone 個人の位置情報を送信」が記事に
なっていたのですが、これは何と言いますか不気味です。

しかもです、陰謀系のサイトから出た真実かどうか判らない様な話ではなく、
現実に報道されたニュースなのです。


Mapped_convert_20110423060112.jpg


しかもこの様な感じで可視化され、どの様な移動状況なのかも全て把握
されていたようです。
他通話記録やメール内容等も危ういと思います。

勿論犯罪抑止対策には使えるかもしれませんが、これはもうマイクロチップを
首に埋めているのと同じで、ただ構造を知らないだけに判りにくいチップと
言った感じですね。

監視されているといっても過言ではないでしょう。
その内全て把握される時代がくるかもしれないと思うとゾッとします。


まだこの事を知らない方は今すぐ止めたほうが良いかもしれません。



APPLEとI honeです。
皆様も知らず知らず、監視されているかもしれません・・・・・。



お気を付けて下さいませ。







七曜 高耶





いつも有り難う御座います。

拍手コメント欄についてですが、非公開の投稿をされた場合
お返事をお出しする事が出来ません。

もし、お返事をご希望の方はブログ内のコメント欄に書き込んで頂ければ
内容をふせた上でお返事が出来ると思います。



どうぞ宜しくお願いいたします。







七曜 高耶




おはようございます。七曜高耶です。

【たんぽぽ舎】様より情報がきましたので、
転載致します。


出来る限りの情報を皆様と共有していきたいとは思っておりますが、
もしかすると原発に対してのネット検閲なるものが起こる可能性もありますので、お早めにご覧下さいませ。

* そこまでしないとは思うのですが、一応のお話です。



それでは転載を開始します。




 「想定外」は許さない・前半-山崎久隆

地震発生2011年3月11日午後2時46分、その約1時間後に原発震災発生
                  (初出 脱原発東電株主運動206号)

 「想定外」この言葉が東電から出たのは原発震災が起きた翌日の3月12日だっ
た。想定していた津波の高さはわずか5.7メートル、襲ってきた津波は少なく
ても13メートルに達し、原子炉建屋でも地上から4~5メートルの高さにまで
達した。
 このため原発の冷却に必要な海水ポンプ、非常用ディーゼル発電機が起動不能
となり、冷却能力を失った。地震の影響で外部送電鉄塔も倒壊していたため、全
交流電源喪失いわゆる「ステーション・ブラックアウト」という事態になった。
 米国NRCは災害で東電と同じ沸騰水型軽水炉の炉心溶融を引き起こす原因は

約50%がステーション・ブラックアウトであると解析する文書「NUREG-
1150(ニューレグ1150号)」を1990年に既に出していた。この中の事故シナリオ
は気味が悪いほど今回の原発震災に似ている。
 しかしニューレグ1150さえ予想しなかったのは、そのような原発震災が4基も
並んで起きることだった。1基の原発でさえ起こるとしても百万炉年に数度(一
基が百万年でも100基×1万年でも百万炉年)という確率であったはずが、並ん
で4基が原発震災で破壊されている。
 東電はもちろん知っていた。津波対策が5メートル程度だったことを。それに
10メートルを大きく超える津波が襲いかかれば、ひとたまりも無いことを。
株主総会でも何度も取り上げられ、保安院や東電などとの度重なる話し合いでも
テーマになってきた。ただ単に「そのような津波を想定していません」というだ
けのことで、それ以上の津波が来ればステーション・ブラックアウトから炉心崩
壊に至ることは十分知っていた。つまりは「想定された」ことなのだ。

東電の原発震災初動対応

 このような事態になれば、唯一必要なのは「冷やすこと」であり、これに失敗
すれば必然的に「閉じ込める」ことは出来なくなることも十分「知っていた」。
 ところが異様なことが起きる。地震で道がずたずたなはずなのに、電源車を5
1台送ったという。電源を復旧するならば倒壊した送電線を修理し系統電源の復
旧を急げば良いのであって、地震で通れもしない道を走らせているとはどういう
ことか。よしんば電源車が有効だというのならばフェリーで運ぶのが常識だろう

急がば回れの常道が何故か放棄されて、無茶な方法ばかりがここからは強行され
る。
 そのもう一つの無茶が海水投入だ。政府が強行させたという話もあるが、水が
無いならばせめて近くの川などから持ってくるべきで、突然海水を炉内へという
のは意味が分からない。その後明らかになったことは、真水は構内にいくらでも
あったということ。ただし低レベル廃液であったが。
 低レベル廃液と言ってもレベルは炉内にある冷却材とさほどかわらない。海水
よりはよっぽどましだ。

現状は

 海水を入れると、当然塩が溜まる。塩は約800度で溶け出すため、燃料の表
面温度が高いと塩が冷却の妨げとなる。さらに、現在は燃料の一部はさや管のジ
ルカロイ(ジルコニウム合金)が溶けてしまい、炉の下の「下部プレナム」と呼
ばれるところに崩れて溜まっている可能性がある。その表面をがれきや塩の結晶
が覆い尽くすと、冷却できないまま蒸し焼き状態となる。原子炉圧力容器は鋼鉄
製だが、下には制御棒駆動機構の案内管や中性子計測装置のケーブルを通すイン
コアモニタハウジングと呼ばれる管が100本以上突きだしている。この管はス
テンレス製で厚さも5~10ミリ程度しかない。溶接線やステンレスの管が溶け
て脱落したくさんの穴が開いた状態になっている可能性がある。さらに再循環ポ
ンプにつながる配管が出口で2カ所、入り口で10カ所のノズルを介して取り付
けられているが、この配管も損傷している可能性がある。再循環系の配管の大き
な損傷があったとしたら、その原因は何か。地震による揺れで破損した可能性は
まだあると思う。しかし今となってはそれを確かめる術もほとんど無いかもしれ
ない。(後半は、次号となります)




以上、転載終了となります。




色々と大変な状況ではありますが、
自分の身を守るのはこう言った情報とご自身の直感がものを言うと思います。
どうか被災地の方々様には、生がある限り生き抜いて頂きたいと心から思っております。


有り難う御座いました。







七曜 高耶




エネルギー問題で原発に代わる材料はないかと色々なブログで最近よくみかけます。
火力発電・水力発電・風力発電。
しかし、どれも日本国民の贅沢なエネルギー消費を賄えるものでは有りません。

原発に代わるエネルギーはどこから摂るのが良いのでしょうか?

七曜にも判りません。

自宅で自転車をこいで電力を供給するにも時間と労力がかかります。

火力発電には原油がかかり、水力発電にはダムがいります。風力発電には風が
必要とされます。
本当に難しい問題です。
どれをとっても全て賄える事は出来ないでしょうし、やはり何かしらのリスク
がついてまわりますが、原発のように遺伝子に傷を残す事にはならないですから
これらが一番良いのかもしれません。

が、・・・・・です。
火力の場合他国から原油がもし手に入らなくなった場合、電力がもたなくなる
可能性も否めませんし、水力では水害も起きる可能性もあります。

何か良い案があれば良いのですが、思い当たりません。

もうこうなったら映画「アルマゲドン」(最近できた映画の方です)の様に
LHCは如何でしょう?
日本にも
ATLAS ジャパンがありますから、フランス政府に頭を下げて
お願いするのも良いかもしれません。
勿論、テロが起きない事と激しい地震が起こらない事を前提にしてですが・・・・・
もし、起きれば「アルマゲドン」の内容そのままになってしまう恐れがあるような
気もします。

やっぱり無理ですね。

本当に何か代わるものがあったら良いのにと、日々七曜は考えています。










七曜 高耶
4月15日の地震のヴィジョンについての補足をします。


もし・・・・もしこの地震が起きる可能性がある場合には直下型と言われる地震
の可能性が有りますので、十分にお気を付け下さい。

建てつけ等の確認も必要かもしれません。宜しくお願い致します。






七曜 高耶




たんぽぽ舎様より原発情報が入りました。



もう少しの間、原発情報をあげていきます。
被災地に住まない人間にとって、原発(放射能)の問題や電気の問題は
時間の流れと共に忘れやすい事と思います。
ですが、原発が近くにある限りやはり無視出来ない問題であると私は思っております。
我が国日本は地震大国ですので、何時如何なる時に我々も当事者になるか判りません。
私にとっては専門外の分野ですが、情報が無いよりは少なくても有る方が良いと思って
おります。

どうぞ宜しくお願い致します。



【転載開始】

★1.旧ソ連最悪の原発事故 チェルノブイリの避難基準は5ミリシーベルト 
日本の福島は20ミリシーベルト

 1986年に起きたチェルノブイリ事故時のソ連の避難基準には2段階ありました。
一つは公衆被曝の1mSv/年を超えると「移住権利」が発生します。住民は移住す
るか否かを自分で選択します。もう一つ5mSv/年を超える場合、「移住義務」に
なります。
 公衆被曝の法的基準を超えた場合に避難する権利が発生するのは法的に適性で
しょう。日本の場合は避難により発生する損害は東京電力に補償義務があるはず
です。 
 日本政府の避難基準は20mSv/年です。ソ連よりも4倍も甘い基準となります。
住民の被曝被害が心配です。ソ連の基準で避難をするなら、福島市や郡山市も対
象となるでしょう。外国の新聞でもこの事実は報道されていますが、日本のマス
コミは沈黙を守っています。
 また、ソ連では0.5mSv/年を超える場合「放射線管理強化」となります。福島
全域のみならず、茨城北部なども管理強化すべきでしょう。(原田裕史)


★2.なんだよ、電力いくらでもあるじゃないか! 東電5200万kwまで上積み

 発表のたびに、東京電力の最大供給電力の数値が上積みされている。4月15日

東電は7月末の電力供給見通しを5200万kwへ上方修正した。発表によると、供給
能力は3100万kw(3月12日)、3750万kw(23日)、3800万kw(29日)、3900万kw(4月
4日)、3950万kw(6日)と、順調に上昇してきた。昨日のピーク時の供給量は
4000万kwだった。
 そして今回、火力発電所の復旧や定期検査で止まっていた設備の再稼働に加え

千葉県内のガスタービン機器の新設、揚水発電の活用が可能になったことなどに
より、5200万kwの確保が現実になったと公表。東電の想定する夏の最大電力需要
は5500万kw。この調子だと、大企業などが節電すれば、一般家庭は計画停電なし
で夏を乗り切れそう。
 もともと国際エネルギー機関(IEA)は、「日本は、原子力発電不足分を補う石
油火力発電の余剰がある」との見解を示していた。そのニュースはロイターで世
界に報じられていた。
                    (日刊ゲンダイ4月18日より抜粋)


★3.浜岡原発と心中はゴメンだ!浜岡原発無条件で即時停止を

 私たちは、最も危険な浜岡原発をせめて東海地震が過ぎ去るまで、停機するこ
とを求め国・県・中部電力に要求してきました。また原発裁判デモにおいても、
東海地震を甘く見るな、原発震災は日本全体を深刻な危機に陥れると主張し続け
てきました。その通りのことが福島原発で起こってしまったのです。しかしこの
間、国も中電も東海地震に余裕を持って耐えられると主張してきました。これを
無視し、1・2号機の廃炉は決めたものの、他の3基は、東北地方太平洋沖地震
M9.0を上回るかもしれない東海地震の襲来を承知しながら運転をし続けています

まさしく狂気の沙汰としか言いようがありません。

【もう騙されません】
中部電力は、12メートルのフェンスを作って津波を防ぐなどと言って説明してま
わっているようですが、こんな姑息な手段で巨大東海地震を防ぐことなどできま
せん。地震という自然の力に対抗しようとしてもムダです。元々浜岡原発は安政
東海地震(M8.4)を想定して地震対策を行ってきたものです。今更フェンスを作っ
てみても原発本体がM9.0の地震には対応した地震対策を取っていないからです。

【浜岡原発を全部止めても停電は起きません】
 昨年12月から1月にかけて、浜岡原発は全部止まっていました。しかし停電と
はなりませんでした。電気が足りなくなると予想できるのは、真夏の8月、高校
野球が行われる時だけです。ならばその時だけ、みんなで少し電気を節約すれば
解決します。原発を不安を抱えたまま、危険をおかしてまで稼働させる理由は一
つもありません。

【原発に「想定外」は許されません】
 原発に限っては「想定外」と言って逃げ切ることはできません。原発事故は普
通の事故とは違います。それが福島原発事故で証明されました。
(※編集部注:4月17日「浜岡原発を考える静岡ネットワーク」と東京からのバ
スツアー参加者計60人余で、御前崎市で配布したビラより転載)


★4.城南信用金庫―原発に頼らないで安心できる社会を―

 東京電力福島第一原子力発電所の事故は、我が国の未来に重大な影響を与えて
います。今回の事故を通じて、原子力エネルギーは私たちに明るい未来を与えて
くれるものではなく、一歩間違えば取り返しのつかない危険性を持っていること

さらに残念ながらそれを管理する政府機関も企業体も、万全の体制をとっていな
いなかったことが明確になりつつあります。
 こうした中で、私たちは原子力エネルギーに依存することはあまりにも危険性
が大き過ぎるということを学びました。私たちが地域金融機関として、今できる
ことはささやかではありますが、省電力、省エネルギー、そして代替エネルギー
の開発利用に少しでも貢献することではないかと考えます。
 そのため、今後私たちは以下のような省電力と省エネルギーのための様々な取
り組みに努めるとともに、金融を通じて地域の皆さまの省電力、省エネルギーの
ための設備投資を積極的に支援、推進して参ります。

 ・徹底した節電運動の実施
 ・冷暖房の設定温度の見直し
 ・省電力型設備の導入
 ・断熱工事の施工
  (他省略)

※城南信用金庫は、東京都内に基盤を持つ金融機関(銀行)です。これは注目すべ
き動きです。





【転載終了】


今回の転載は以上になります。

さて、2.を読んで見られて如何に思われたでしょうか?
世界が報じている事と日本国内で報じている事がかなり違って見えます。
電力の供給が行かないと言っていたと記憶しておりますが、
実際はそうでは無かったと言う事になります。
では、一体計画停電をさせてまでした電力はどこにまわっていたのでしょうか?
これも不思議なお話です。

この夏どうなるのかと思われましたが、これを見る限りでは関東は乗り切る
事が出来ると思われます。
しかしながら被災地では住居自体が無い方もいらっしゃいますので早い復興が必要
だと感じています。
お国のお仕事におつきの方々には、被災地の早い復興を心からお願いしたい思いです。







七曜 高耶




マリアマグダレン様からの情報です。


http://www.forbiddenknowledgetv.com/videos/war/fukushima-is-horrifically-worsethan-you-have-been-told.html


本当を言いますと、今回のこの件の私が視た夢の内容を共有はしない方が
よいのではないかと言った思いなのですが、原発の恐ろしさとこれからの
エネルギー問題を考えると必要な事なのかもといった思いで上記アドレスを載せます。

精神的にかなりの衝撃があると思われます。

今、被災地におられる方は見ない方が良いかもしれません。

恐れを助長させる映像かもしれませんのでよく考えた上で見られて下さい。

しかし、これを見た上で子供達に対する行動も出来るかもしれません。
全ては私達大人のこれからの行動にかかっています。
どうぞ宜しくお願い致します。




追記:私は夢の中まさにこのリアルな映像を視せられました。
気分が悪くなり吐き気ももよおしました。ショックが強すぎたのだと思います。
どうかこの映像を見られる方は心してご覧になる事を勧めます。








七曜 高耶

太陽フレアと地震

2008年4月16日の予知夢 太陽フレアと地震M6~7の可能性の記事を3年前
に出していたのですが、
今回太陽フレアの活動が活発になっていると言う事を宇宙天気ニュースが出しているようです。

この件に関してもですが、フレアによる地磁気の乱れによる地震に注意した方が良いと思われ
ます。

もし、この事象が起きると仮定した場合、
NASA(詳しくないので何故NASAが夢で出てきたのか判りませんが)の反応は後手
になる可能性も有る様です。



前回、2009年の予知夢をオススメしたのですが、
出来ましたら皆様にはカテゴリ2008年の方も読んで頂けると助かります。


結局ですが、時間の流れから考えると2008年も2009年も今の流れに沿う様な形になるのかも
しれません。


どうぞ、宜しくお願い致します。








七曜 高耶




こんばんは、七曜高耶です。

いつも読んで頂きまして有り難う御座います。


今日、YAHOOニュースを読んでいて見つけたのですが、
4月14日の記事で、地震専門家の方が出した地震予測と言うものが有りました。

上の箇所をクリックして読んで頂けると判ると思うのですが、
この記事の次の日に七曜は地震のヴィジョンも視ていますので、かなり動揺しています。


出来るだけの防災準備が必要となると思います。
子供様がいらっしゃる御家は避難場所とカンパンの様な少量でお腹がよくなる様な食料
も確保した方が良いと思われます。

大変だとは思いますが「最悪の事態を想定しての準備」をしておくのも必要な事かも
知れません。

「備えあれば憂いなし」

読者様のコメントの言葉です。本当にその通りだと思いました。


こなければこないに越した事は有りませんし、
来たとしても対応出来ると思います。


地震専門家様の予測と私のヴィジョンがどうか間違いでありますように
お祈りしております。








七曜 高耶




UFOと迎撃

ロシア非常事態省(EMERCOM)がプーチン首相に先週会って提出した衝撃的な『最高機密』レポートによると、
ロシア・ノブゴロド地方で、地球の低層の軌道に乗る『ターゲット』からモスクワを守る為に、
第2連隊のS-400トライアンフ航空機迎撃ミサイル・システムに応戦するようメドヴェージェフ大統領が
命令したと言われている。

ロシア上空に現れたUFO



こういったUFOに対する迎撃はロシアのみならず他国でも行われてる。
勿論、我が国日本も戦闘力は無いがUFOに対し攻撃し、排除する方法を模索している。

このブログに何度か登場させた元防衛オタク(ご自身でも言っている)様だ。
ご本人様から直に聞いた話ですので本当の話だと思っている。

今の日本は良い意味で解放された土地だと言えるが、
アメリカ軍の基地が今以上増えるならばUFOも攻撃する可能性も有るだろう。

巷ではUFOや宇宙人に良いイメージをもたれている方もいらっしゃるが、
私はスティーブン・ホーキング博士を支持する。


何故なら、彼らは人間とよく似た存在だからだ。
容姿では無く、考え方が・・・・だ。


勿論、彼らにも二通り有る。

「平和」か「破壊」か。
見分けるのは難しいだろう。
だとするならば「接触」しないのが無難である。



この地球にやってこれる程のテクノロジーに敵はないだろう。











七曜 高耶




地震のヴィジョン

こんにちは、七曜高耶です。

今日は朝から不安になる様なヴィジョンを視てしまいました。

久しぶりのヴィジョンです。


そしてそれが実際に起きるかどうなのかも判りません。

ですが、このブログの記事としてアップさせて下さい。



私が視たヴィジョンは、国内か国外かの判断は出来ませんでしたが、

今の状況なら国内で起きても不思議は無いかもしれません。



視た感じでのマグニチュードはM8~9の可能性が有ります。

関東か東北。

時間帯は夜かもしれません。ハッキリした時間帯は夢とは違うので判りません。



遠い未来では無く近い段階で起きる可能性は有ります。


3月27日に視た夢の事も有りますので警戒を宜しくお願い致します。








七曜 高耶






* 音楽を聴きながら心を落ち着かせ読んで下さい。



我々はとてつもない間違いを犯してしまった。

何世代にも渡り・・・・遺伝子の傷を子供達に残してしまう。

どうすれば良いのか、

また何をしていくべきか・・・・・。


悲しい未来を子供達に渡してしまった。

今の私に出来る事は、

ただ夢が間違いであって欲しいと祈る事だけ。


そして、拾ってきた情報を伝えることしか出来ない。

4月11日に視た夢の内容は、下の写真で理解して頂きたい。

汚染

次の世代、そして次の世代、奇形児が誕生するかもしれない。

ただ、私の夢は可能性の一つに過ぎず絶対では無い。
未来は刻一刻と変化するものだ。

そう思って過ごして欲しい。



ウクライナではリンゴペクチンを継続的に摂取する事で
有効な効果と実績をだしているので、子供達に出来るだけリンゴを与えてあげて
頂きたい。
出来るだけの事を私達大人がしていきましょう。



ありがとうございました。









七曜 高耶



たんぽぽ舎様より原発情報が入りました。

【転載開始】





★1.『原子力安全委員会は半月以上前に知っていた!
     ―3月23日に史上最悪レベル7と判断していた―』

 原子力安全委員会が、周辺環境の放射線量調査のデータなどから逆算して、原
発からの放出量を推定する手法で試算したところによると、東日本大震災発生日
の3月11日から4月5日までに大気中に放出された放射性のヨウ素131とセシ
ウム137の総量が、3月23日の時点で約10万テラ・ベクレル(テラは1兆倍)
以上になり、「レベル7」の基準である数万ベクレルを超えた。(読売新聞4月
13日朝刊より)


★2.『大量放出を重大視 放射性物質、今も毎時1テラ・ベクレル
     ―際立つ深刻さ―』

 国際原子力機関(IAEA)の運用方針では、「レベル7」を「対策拡大が必要
な放射性物質の大量放出。一つ以上の国で広範囲の健康と環境への影響を伴う」
と位置づけて、「レベル7」は「5」や「6」に比べて際立った深刻さを示して
いる。
 原子力安全保安院は、今回の放出量は同じ「7」の旧ソ連チェルノブイリ原発
事故の1割前後というが、同事故の値は発生から沈静化までの約10日間の総量。
一方原子力安全委員会によると、福島第一原発では今も毎時1テラ・ベクレル程
度の大気への放出が続いているとされる。今後数か月以上この状態が続けば、放
出量は数千テラ・ベクレルに達し、大事故がもう1つ起きたのと同じ計算になる

(読売新聞4月13日朝刊より)


★3.『放射能放出量はチェルノブイリに匹敵するか、超えるような事故になる
     ―東電・松本純一原子力立地本部長代理―』

 東電の松本純一・原子力立地本部長代理は、4月12日の記者会見で「事故の様
相が違うとはいえ、放出量という観点からすると、チェルノブイリに匹敵するか

超えるような事故になると、その深刻さを認めた。


★4.『原発事故の陰の「A級戦犯」原子力安全・保安院長 寺坂信昭』

・ 月刊雑誌『選択』に、原子力安全・保安院長の寺坂氏の内実が掲載されてい
る。保安院の現状に詳しい記者の記述と思われる。全体の文の中から、核心と思
われる部分を紹介します。「全体の文章の長さ」はこの文の約3倍強です。

「寺坂がトップに就いた2009年以降、保安院は資源エネルギー庁と見紛うほど、
原子力推進に手を貸してきた。福島第一原発も、寺坂による「誤診」がなければ

少なくとも被害を今より押さえられていた可能性がある。
 それは耐震安全性の問題だ。福島第一原発(3号機)は昨年、プルトニウムを使
った発電「プルサーマル」を実施したが、それ以前に福島県は福島第一原発の耐
震安全性を検証するよう求めていた。だが保安院は「プルサーマルと耐震は無関
係」とし、それまでの中間報告をおさらいするだけで耐震安全性の議論を終わら
せた。保安院の中には技官を中心に、この判断は「ありえない」と抵抗する動き
もあったが、当時の民主党政権からの圧力を丸呑みにした寺坂が強引にこの方針
を押し切ったのだ。当時、丁寧に津波被害をシミュレーションしていれば、冷却
機能喪失という絶体絶命の危機を避けられた可能性もゼロではない。
 事故対応に限らずとも、最近の保安院は新規プラントの安全審査をスケジュー
ル通りに進めることさえできずに立地自治体に激怒されるなど、寺坂がトップ就
任後の保安院は組織の体をなしていない。今回の原発事故は「天災」として片付
けることなどできないのだ。(敬称略)」(月刊誌『選択』2011年4月号より)

【転載終了】




上記★1.に書かれていました『半月以上前に知っていた』と言う内容ですが、
読売新聞によって記事になっているのですから事実なのでしょうが、
これに対してどの様に反応をしてよいのか判りません。
それ程呆れています。

ロシア・フランス等の国では、今回日本が上げた『レベル7』に対し『過剰評価だ』
としているようですが、過剰評価も何も実際苦しい思いをしているのは現地の方々
ですし、原発推進大国の方々にとって好ましく無いにしても、今回の様な発言は
して頂きたくなかったです。

とにかく今の私に出来る事は、原発近くにお住まいの方々の為に送られてきた
情報を上げる事だと思っております。

これから当分の間は記事としてあげて行きたいと思っておりますのでどうぞ宜しく
お願い致します。









七曜 高耶





「たんぽぽ舎」様より原発情報です。



★4.福島原発で再臨界の疑いが濃厚に 
  解説:小出裕章氏(京都大学原子炉実験所助教)

 下記のサイトで、小出さんのコメントが出ていますので、お知らせします。

(要約)原子力安全・保安院は、8日、福島第一原発一号機の原子炉格納容器内
の放射線濃度が、毎時100シーベルトに上昇したことを明らかにした。これは前
日に比べて、3倍以上も高い放射線濃度にあたり、同炉内の温度と圧力も上昇し
ているという。
京都大学原子炉実験所の小出裕章助教は、放射線濃度の急上昇に加え、原子炉の
温度や圧力の急上昇していること、更に塩素が中性子に反応して生まれるクロル
38という塩素が原子炉で発見されたことなどから、炉内で再臨界がおきている可
能性が高いと指摘する。中性子は核分裂が起きたときに発生する。小出氏は、水
蒸気爆発が発生し、圧力容器や格納容器が吹き飛び、今とは桁違いの放射性物質
が流失する最悪のシナリオも今後警戒していくべきだと述べ、その場合、風向き
次第では東京も避難対象となる可能性にも言及している。

ビデオニュース
ドットコムhttp://www.videonews.com/news-commentary/0001_3/001814.php



原発情報はこれで4回目になります。
事態はレベル7迄進んでいってしまいました。チェルノブイリと同等です。
上記にも書かれていますが、風向きによっては関東も避難対象地域になりそうです。
いつ避難命令が出されても直ぐに移動出来る様にして下さい。
勿論、そうならない事を祈っております。
まさに神のみぞ知るといった状況ですが、神だけに頼るのでは無く私達自身も行動
しなければならないと私は思っております。

子供達の為にも宜しくお願い致します。








七曜 高耶





今日は地震とかの夢では無く、

幼い子供達の未来の夢でした。


放射能を蓄積してしまった子供達の未来は・・・・、
言葉では言い表せない様なものでした・・・。


何も知らない子供達。
本当にごめんなさいね。


貴方達の未来が良いもので有りますよう・・・・そしてそうなりますように
心から祈っています。
貴方達はこの地球の未来。
そして光として輝き続けますように・・・。




今日は夢の内容を控えます。
私自身衝撃を受け、気分が悪く頭痛もしています。
感情がなければこんな思いはしなくても良いのでしょうが、
そうもいかない感じで辛いばかりです。





それでは。






七曜 高耶

訂正しました。



4月7日に上げた記事ですが、


只今、グーグルで確認したところ、
アメリカの西側にある海を大西洋だと思い込み大西洋と書き込んで
いましたが、
正しくは太平洋だという事に気が付きました。
ですので、4月7日の「大西洋」は「太平洋」の間違いです。
この様な事はしょっちゅうなので、もし地図や地域でおかしいぞと思われる様な
箇所に気付かれた方はお教え下さいませ。宜しくお願いいたします。

申し訳有りませんでした。








七曜 高耶




4月7日に挙げた4月6日の夢で視たアメリカ合衆国工業地帯?爆発?の夢は
もしかすると4月9日にあげられた朝日新聞記事、米原発施設で小規模爆発=作業員25人が避難
の事を指していたのかもしれない・・・・。

こじつけに思える様な事を書いていると、
私自身も少なからず思っているのだが、あまりにも夢と類似する様な現象が
周囲で起こっている様に思える。

起こり過ぎているとも思える。

気味が悪い位に・・・・。




私はこの地球に起きる未来も夢で視て来た。
出来ればそうなって欲しくない未来を・・・・。



どうか考え過ぎで終わってくれますように・・・・・。








七曜 高耶


 BLOG TOP  »  NEXT PAGE


無料アクセス解析