2011/10/31

10月30日に視た夢

こんばんは、七曜高耶です。


沢山のコメントが入っていて、本当に嬉しかったです。
皆様のお心遣いとお優しいお言葉・・・・本当に本当に
心が暖まる思いです。

本当に有難う御座います。

人間の素晴らしさ・・・・今それを感じています。

また、皆様とご一緒に霊性を高めて行けれればと考えています。
この様な時代だからこそ、隣人を思いやる美しい精神を、
七曜はこのブログにおいて皆様から学ばせて頂きました。

そしてこれからも学ばせて頂きます。

どうぞ、宜しくお願いいたします。




では、今日夢で視た内容を書いていこうと思います。
今日の夢は、未来の夢・・・・では無く、
何かのヒントの様にも感じました。


一つは「ひも理論」
そして二つ目は「物理学」
三つ目は「宇宙」

でした。


この一つ目の「ひも理論」ですが、
七曜は初めて聞く言葉です。
で、いつもの通りに検索。

すると出てきたのはコチラでした。


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B6%85%E5%BC%A6%E7%90%86%E8%AB%96 

七曜はその内容に驚きました。

その「ひも理論」に「物理学」が関係している様です。

では「宇宙」は何なのでしょうか・・・・・・。

七曜、そこまではまだ調べていませんので判りません。



が、この夢で出てきました登場人物達の国籍は「中国」。
どうもその研究が盛んにされているようです。


ただ、その理論が解明されると気まずい事が起きてしまう
可能性がある様です。
また、続きの内容を夢で視ましたら、こちらに書いていこうと
思います。
どうぞ、宜しくお願いいたします。







追伸:沢山のお気遣いのコメント本当に有難う御座いました。

お一人お一人お返事出来ませんで申し訳有りませんでした。
今日からのコメントにはきちんとお返事を出そうと思っています。
どうぞ、宜しくお願いいたします。









七曜 高耶




スポンサーサイト
2011/10/28

大変ご迷惑をお掛け致しました。


こんばんは、七曜高耶です。

長い間更新が滞りました。

読者の方様の中には七曜の事をご心配を下さる方がいらっしゃり、
コメントを残して下さっていた事に大変驚きました。

七曜の身をご心配して下さる方がいるのだと言う事に・・・・。


七曜は本当に幸せ者です。
本当に有難う御座います。




七曜が長い間更新出来ずにいましたのには理由が有りました。


七曜、実は今もですが心(ハート)に大きな穴がポッカリと
空いている様な状態です。例えるなら虚無でしょうか・・・・。

今は少しずつでは有りますが、人間的感情も戻ってきています。
食事もする事が出来る様になりました。

今日まで、本当に食事と言った感じの事さえ出来ず、
この短期間で3キロ痩せてしまいました。
私の知人が今日家に来て言った言葉が

「眼球が窪んでる・・・・・・」でした。

肉体は食事を欲しがっているのですが、
精神がそれを拒みます。
口にモノを入れても砂の様に味がしません。
そして凄く不味いのです。

しかし、それも今日迄なのでは・・・・と七曜は思っています。
今しがた食べてきましたが、味がしました。
死なずに済みそうです。



とにかくは、これからもブログを続けていけそうな感じがします。


皆様には本当にご心配、そしてご迷惑をお掛け致しました。
これからもどうぞ、宜しくお付き合い下さいませ。







七曜 高耶




2011/10/17

第3波(サードウェーブ)

2011-10-17T140202Z_01_NOOTR_RTRMDNP_2_JAPAN-236539-1-pic0.jpg

世界各地で起きているこの水害は、
まぎれもなく、サードウェーブです。
このサードウェーブが起きた刻、後が無いと思って下さい。
この地球が滅亡するであるとかそう言った意味では有りません。

変革が始まった合図だと考えて下さい。




2010年9月に書きました記事


セカンドウェーブ (第2波・大地の歪み)
サードウェーブ (第3波・水の災害、大洪水他水に関連する)

が同時進行しているようです。

これは異常事態で、セカンドウェーブ終了後にサードウェーブの
予定の筈だったのですが、
時間軸が破損している可能性が有ります。

このサードウェーブは正念場になるかもしれません。
詳しい事は書かない様にします。
これは人類にとって非常に重要な事ですが、
先が判らない方が、未来を視る者にとって「彼ら」に先回りされる
危険性が低くなります。

第2波も第3波も急激な時間の流れにより、
想像以上に早まっていますが、堪えるしか有りません。


「終わりの始まり」です。
古きモノ(思考・感情)を脱ぎ捨てる刻がきたようです。
これに伴い「宇宙の法則」も視えてくるかもしれません。 



『星の子供達よ、来訪の終了迄残すところ僅かになりました。
古きモノから新しきモノへの移行を行って下さい。』








七曜 高耶




2011/10/16

友人の過去世は一体何だったのか?Vol.2

こんにちは、七曜高耶です。

今日は昨日の続きになります。


昨日のお話の終わりは、自称霊能者の女の子の言葉

『貴女の過去世は戦国時代のば・・・・・』でした。

そして、今日はこれの続き。
結局、私の友人の過去世は何だったのかです。

「ば」で終わりですから「ば」のつく単語です(笑
女性ですから「婆」って言うのも有りですが、
実は・・・・







続きを読む

2011/10/15

自分の過去世は所詮過去。今世に役立つ事は少ない

おはようございます、七曜高耶です。

結構、ご自分の過去世がお知りになりたい方・・・・いらっしゃいますよね

今日はこの過去世について話を書いていこうと思います。
あっ、シリーズでゆっくり進みます。今日はVol.1と言う事で・・・・。


まず始めは七曜がまだ若かりし頃、面白かったお話をしていきますね


わたくし七曜は自分の過去世にはあまり興味が無かった人生ですが、
他人の過去世にはかなり興味が有りました。

その人生の中で多分最も七曜が一番女らしかった高校生の時、
「必ず一人はいる可能性のある自称霊能者」の同級の女の子の話を聞き友人
をそのクラスへと連れて行きました


で、視て頂きましたよ、友人を(笑


結果は


霊感少女(?) 『貴方は戦国時代の・・・・・』


ここまではまだ良かったです。問題はこの先、


霊感少女(?) 『戦国時代の・・・・・・』

七曜と友人 「戦国時代の?????」

もう、既に「戦国時代」と言った点で友人もテンション高まり過ぎています。
どの様な有名人が出てくるのか二人でドキドキ
戦国時代は日本においての激動の時代ですし、
歴史好きにはたまらない時代だと思います。


そんな訳で、私達二人はその霊感少女を凝視します。
霊感少女は何故か俯いたまま目線を合わせません。
もしかして、とんでも無い過去だったのか・・・・と友人はかなり
不安気な面持ちです。


そして彼女はゆっくりとその唇を動かし、その驚愕の過去世を友人に
伝えたのです。


霊感少女(?) 『貴女の過去世は戦国時代のば・・・・・・・・・』





と、言う事で続きは明日の朝書きますね。
気になって下さる方は明日続きをどうぞ(笑

連載小説みたいで楽しくないですか?







七曜 高耶




★ このお話しは事実に基づいたお話しです。決して作り話では有りません。
2011/10/15

10月14日に視た夢。中国で・・・・?

10月14日に視た夢。


今日の夢はきちんとした話に纏まっていたのだが、
敢えてバラバラに変え、キーワードとして載せようと
思う。

何故そうしようと思うのか、自分でもよく解らない。
だが、そうする事で他の何かも見えてくるのかもしれない。


大隕石展

中国(?)

中国マフィアによる何かの争い。それともテロ(?)

業者を装い、何かを持ち出そうとする

銃撃

時間帯7時~8時頃

中の展示品は殆どが偽物



以上になる。


ちなみにもう一つ視えたのは・・・・いや、聴こえたのは隕石落下(?)
の話。
何故、この様に共通して「隕石」なのかが判らないのだが、
これにもまた何か意味が有るのかもしれない。

まあ、ミサイルが落ちてくる・・・・よりは隕石が落ちてくるの方が
七曜的には諦めが付きやすくて良いのだが・・・・・。








七曜 高耶




2011/10/14

ヴィジョンでは無いのですが・・・・・・。

こんにちは、七曜高耶です。


まず、お断りとしていつものヴィジョンでは無いとお伝えしておきます。

なので、判断出来ない事なのですが、
前回スマトラ地震の時と同じく「変な胸騒ぎ」を感じたとだけ、
皆様にお伝えしようと思います。

前回のスマトラ地震の時は「胸騒ぎ」と同時に「ヴィジョン」も
有りましたから、直ぐに地震がくると言う事は解ったのですが、
今回はこの「胸騒ぎ」が何処からくるものなのかが解りません。

【時間の経過も不明。いつ何が起こるかも不明。天災の可能性は有り】
【殆どの情報が有りません】

その様な状況ですから、何かの間違いである可能性も有りますのに、
私自身の中に「何かに対する不安」が払拭出来ていないのが現状です。
ですから、どうしたら良いものかと悩んだ結果ここに書いています。


勿論、私の考え過ぎと言うものも可能性として大きく有ります。
国内・国外の判断もつかないので、
あやふやなこの記事に対して反感を持たれる方もおられると思います。
が、どうぞ広いお心でお許し下さるととても有り難いです。

とりあえずですが、警戒を宜しくお願いいたします。







七曜 高耶




2011/10/13

明るい未来を後世に残すために



こんにちは、七曜高耶です。
今日は「ふるやの森」さんからトラックバックさせて頂きました。
何故、このタイミングかと言いますと、
もう後が無い状況だからです。
勿論、チャネリングをしたとか、そう言ったものでは有りません。
只の、夢予知です。
最近はかなりの酷評も頂いておりますが、
出来る事ならば「意識変革」を伴い、未来に変化をもたらせたいのが
本音です。
「第三次世界大戦」だけは避けたいと言う思いからです。
大きな理由の一つとしては、米軍からのアクセスもあるからです。

国の為と戦ってきた兵士達の目覚めが起きていると言うのであれば
尚更だと感じています。
教えられた時間は後数年しかありません。
ライトワーカーとしての覚醒を皆様には早急に、
お願いしたいと思っております。

私は自分の職務に何度も誇りを持とうとしてきたが、ただ感じたのは罪悪感だけだった。レイシズム(人種差別主義)は占領支配の現実を覆い尽くすことができない。彼らも人々­であり、私たちは同じ人類なのである。
"And I tried hard to be proud of my service, but, all I could feel was shame. The racism could not longer mask the reality of the occupation. These were people, these are human beings.

戦争に参加して以来、私は老人を見かけるたびに罪悪感に悩まされてきた。私たちが器具で運んでイラクの警官に撤去を求めた足の不自由な老人とよく似ているからだ。
I've since been plagued with guilt any time I see an elderly man. Like the one who couldn't walk and we rolled onto a stretcher and told the Iraqi police to take him away.

子供を連れた母親を見ても胸が傷んだ。私たちが無理やり家から連れ出そうとして、「フセイン大統領より悪い」と泣き叫んだ母親と同じだからだ。
I feel guilt any time I see a mother with her children, like the one who cried hysterically and screamed that we are worse than Saddam as we forced her from her home.

幼い少女を見ると罪悪感を感じた。私が腕をつかんで通りを引きずった少女と同じだからだ。
I feel guilt any time I see a young girl, like the one I grabbed by the arm and dragged into the street.

私たちはテロリストと戦うように命じられた。でも、本当のテロリストは私であり、本当のテロリズムは他国の占領支配のことだったのである。
We were told we were fighting terrorists... the real terrorist was me and the real terrorism is this occupation.

レイシズム(人種差別主義)は、他国の破壊と占領支配を正当化する有効な手段として長い間、軍部で用いられてきた。さらにそれは、他国民を殺害し他者を拷問にかけることを­正当化するために用いられてきた。レイシズムはアメリカ政府が最重要視してきた強力な兵器だった。それは、ライフル・戦車・爆弾や戦艦を上回る重要な兵器だったのである。­ミサイル砲弾・地中貫通爆弾やトマホーク巡航ミサイル以上に破壊的な・・
Racism in the military has long been used as a tool to justify the destruction and occupation of another country. It has long been used to justify the killing, subjection and torture of another people. Racism is the vital weapon employed by this government. It is more important than a rifle, a tank, a bomber or a battleship. It is more destructive than an artillery shell, or a bunker buster, or a tomahawk cruise missile.

たとえ、このような兵器を政府が保有していても、それを使う意思のある国民なしでは害を及ぼすことはないはずである。
While all those weapons are created and owned by this government, they are harmless without people willing to use them."





最後迄読んで頂きまして有り難う御座いました。


七曜 高耶



2011/10/13

老化制御プログラム=テロメア

おはようございます、七曜高耶です。

今日はテロメアについて書いていこうと思います。

まずは、七曜の愛読書「ムー」から一部引用させて頂こうと思います。


老化制御プログラムテロメアの発見  

アポトーシスによる細胞の集団自殺が、本当に老化の原因で
あるとするならば、私達は老化をコントロールする為の鍵を
手に入れた事になる。
何故なら、アポトーシスはあらかじめ、遺伝子に書き込まれ
たプログラムだ。

ならばそのプログラムに手を加えることで、
アポトーシスの頻度を調節し、老化の速度をコントロールす
ることも可能なはずだ。

が、ことはそう単純では無かった。
問題はもう少し複雑な様である。

と、いうのも、遺伝子に書き込まれた老化を制御するプログラ
ムは、アポトーシスに関するものだけではなかった。
また別の、秘密のプログラムが隠されていた。

厳重に封印されていたそのプログラムが発見され、
少しずつ解明されるようになったのは、
ごく最近のことである。

そのプログラムとは―テロメアである。
テロメアとは、染色体の末端に位置する、非常に特殊な塩基配列
のことを指す。
その塩基配列とは「TTAGGG」だ。
テロメアの内部では、この塩基配列が延々と繰り返されている。

TTAGGG―。

繰り返されるこの暗号は、一体何を意味しているのか・・・。

【以下、説明が続く・・・・・】



さて、ここで七曜のお話しになります。
まず、この細胞がどう言ったものなのかがお分かりになったと
思います。
ある意味人間は寿命を制御されていると言う事です。
レプタリアンはこの寿命を制御出来るので不死の存在と言われ
ていますが、
彼らの遺伝子があるならば、人間も同じ事がある程度可能な筈
なのです。
前回、記事でも書いたのですが、子供の難聴が完治したと書いた
と思います。
子供は耳の骨が正常に働かず、手術でも成功率が半々と言うもの
でした。結局、治っても少し聴こえる程度にしかならないと言う
ものでしたので、あるヒーリングを使用してみました。
これは、そのヒーリングの応用でして、遺伝子情報を組み替える
と言うものです。
正しく組み替えるのに3ヶ月かかりましたが、
今では正常に機能しています。


長くなりそうなので、追記に書きますね。




続きを読む

2011/10/12

良き隣人『中国』

前原氏「中国は良き隣人」封じ込めでなく関与を

読売新聞 10月11日(火)10時52分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111011-00000174-yom-pol

 

【ソウル=東武雄】民主党の前原政調会長は11日午前、ソウルで開かれた「世界知識フォーラム」で講演し、軍事力増強を続ける中国に懸念を示す一方、国際社会が強硬的な「中国封じ込め」に向かうべきではないとの考えも表明した。

 前原氏は中国の軍事力について、「国防費は名目上、過去5年間で2倍以上になった。核兵器や弾道ミサイル戦力、サイバー戦能力などの近代化や海洋戦略を着々と進めている」と懸念を表明。その上で、「『コンテイン(封じ込め)』するのではなく、良き隣人として『エンゲージ(関与)』するべきだ。様々な分野の建設的な協力関係の強化が重要だ」と訴えた。中国を国際社会の枠組みに入れることで、その軍事的脅威を減らすべきだとの考えを示したものだ。



10月10日に書いた10月9日に視た夢の記事
『中国の台頭』が、リンクしてくる様な予感もする。

http://orangeapple01.blog62.fc2.com/blog-entry-882.html

中国は果たしてアメリカに代わる軍事大国になるのだろうか・・・・?

全ては神のみぞ知るなのだろう・・・・。






七曜 高耶





2011/10/12

フリーメーソン・イルミナティ情報(ニューヨーク発)

米フリーメーソン・イルミナティ新執行部にディビッド・ロックフェラーの仲間が潜り込み、再帰画策

http://blog.goo.ne.jp/itagaki-eiken【板垣英憲氏ブログ】から引用

2011年10月11日 23時04分47秒 | 政治

★こんばんは、七曜高耶です。
いつも読んで頂きまして有り難う御座います。
板垣氏のブログより、再びフリーメイソン・イルミナティに関する
情報が載せて有りましたので、ここでご紹介致しようと思います。

◆フリーメーソン・イルミナティ情報(ニューヨーク発)によると、外部から見ている限り、フリーメーソン・イルミナティは、1枚岩に見えるけれど、実態は、まったく違うという。元祖は、秘密結社イルミナティ発祥地であるバイエルンで、最大のスポンサーであったロスチャイルド財閥は、いまなお、巨大なロスチャイルド・イルミナティの最大の実力者であることには、変わりはない。しかし、同じロスチャイルドと言っても、英国財閥で嫡流のジェイコブ・ロスチャイルド(4代目男爵)、つまり本家に歯向ってきている一族もいる。それが、英国ロスチャイルド分家のイヴァリン・ロスチャイルド(NMロスチャイルド銀行元チェアマン)と仏国パリ家当主のダヴッド・ロスチャイルド(ロンドン・NMロスチャイルド銀行社長)である。本家のジェイコブ・ロスチャイルドに公然と叛旗を翻して、「反ジェイコブ」色を鮮明にして、むしろ、米国最大財閥のディビッド・ロックフェラーに側面から味方してきた。
◆これをイルミナティという視点で見れば、本家と分家は、それぞれが、イルミナティ・グループ(言うなれば「派閥」)を形成しているので、決して1枚岩ではない。
 これは、ロックフェラー財閥でも同様である。ディビッド・ロックフェラーとジョン・デビッドソン・ ロックフェラー4世も、それぞれがフリーメーソン・イルミナティ内でグループ(派閥)を築いて、会い争ってきた。こりほかに、マフィアや暴力団系が「ブラック・フリーメーソン・イルミナティ」を形成しているという。
 従って、フリーメーソン・イルミナティ内で、秩序を乱す者があれば、当然のことながら、手厳しい制裁を受けることになる。
 それが、ディビッド・ロックフェラーとジョン・ェイコブ・ジョン・デビッドソン・ロックフェラー4世であった。日本の天皇家が中国台湾の「李家」に預けていた「金塊」(16京円相当)を東日本大地震救済と米国経済救済に提供しようとしたのを、これ幸いに、ディビッド・ロックフェラーとジョン・デビッドソン・ロックフェラー4世が、「悪の戦争経済」=「第3次世界大戦」の戦費に使い、大儲けしようと策動した。
 これを嫌い、異議を唱えて、「第3次世界大戦阻止」=天皇家の金塊がロックフェラー渡るのを阻止する行動に出たのが、ジェイコブ・ロスチャイルドであった。スイス政府と連携を取り「57か国会議」を開き、ディビッド・ロックフェラーとジョン・デビッドソン・ロックフェラー4世を銀行監視機関が摘発、厳しく追及した。この結果、ディビッド・ロックフェラーはインドのシェルターに逃げ込み、ジョン・デビッドソン・ロックフェラー4世の身柄は、拘束されているという。
◆米国におけるフリーメーソン・イルミナティは、ロックフェラーの失脚に伴い、執行部の組み換えが行われた。かなりの若返りが進んだという。だが、新執行部の人事を分析するとディビッド・ロックフェラーとジョン・デビッドソン・ロックフェラー4世に親しくかかわっていた人物が、役員に含まれているという。このため、次のようなことが、早くも囁かれて始めている。
 「この人事は、一種の目くらましだ。フリーメーソン・イルミナティは、財産を持っていない者は、たとえメンバーであっても殺してしまう。財産を持っていれば、それを没収することで、命だけは助けることにしている。ディビッド・ロックフェラーとジョン・デビッドソン・ロックフェラー4世は、財産を提供することで命だけは、奪わない。だからディビッド・ロックフェラーとジョン・デビッドソン・ロックフェラー4世は、財産を投げ出して、2~3年、静かにして後に、復権できると考えている。この意向を受けて、親しい仲間たちが、新執行部に入ったとも言える。復権のチャンスを与えられたディビッド・ロックフェラーとジョン・デビッドソン・ロックフェラー4世が、再び、第3次世界大戦を画策しないとも限らない」
 これが本当ならば、人類全体の心配事が、消えてなくなったとは言えず、危険は依然として続くことになる。




とりあえず、目先に有る情報しか手に入りませんので、
それらの手に入った情報と照らし合わせながら検証を
していこうと思います。

最後迄読んで頂きまして有り難う御座いました。
感謝!!








七曜 高耶




2011/10/11

2011年10月10日に視た夢。

今日、二つ目の夢は、

空から青白い光が落ちてくる夢。

それは稲妻の様に轟音を伴い、
闇夜に出ていた分厚い雲を一瞬の内に蒼白い閃光が空を染め上げる。

私は今にも落ちてきそうなその光に、身を縮ませ身体を丸める。
だが、それは一向に落ちてくる気配は無い。

見上げる私の脳裏にある映像が流れ込んでくる。

それはあの仙台の光。

同じ色の閃光。

これが何を意味するのか判断出来ないが、
あまり良い雰囲気はしてこない。



仙台の光は変電所のショートによるものだと言われているが、
果たしてこれは・・・・どう言う事なのだろうか。

謎は深まるばかりだ・・・・・・。



その謎が、再び起きようとしているのだろうか?
そうならない様、祈るしか私には出来ない・・・・・。







七曜 高耶




2011/10/11

10月10日に視た夢。


2011年10月10日に視た夢は、

またしてもフリーメイソンに関係する夢の様だった。
その理由は何度も何度もその名が聴こえてきたからだ。

ただ、どうも謎解きを求められている様にも伺える。

もしかすると読者様の中に、その答えの解る方がいるかもしれない
と思い、この記事のコメント欄だけを一時的に開放しようと思う。

では、その内容を此処に書く。
 

『彼は50の会社を閉じ、1つの本社を止める事にした。
だが、彼にとってその事はさほど大した問題では無く、痛む事は無い。

しかし、労働者はそれによって痛みを引き継ぎ、貧困に喘ぐだろう』 

 

度々起きる夢の謎解きは、七曜にとってかなり遠慮したいものだ。

一般の夢解釈と違い、相手が夢と言う名の実体をもたない存在。
そして、ただの記憶と時間。

普通に全部、ストレートで教えてくれれば良いのにと・・・・思う時が
ある。

もし、先程の内容で何か気付く点がある様ならば、
どうか七曜に教えて頂きたい。

どうぞ、宜しくお願いいたします。








七曜 高耶




2011/10/10

10月9日に視た夢。中国の台頭

おはようございます、七曜高耶です。

いつも読んで頂きまして有り難う御座います。

今日の記事は予知夢になります。
未来は不確定要素の多いものですが、
夢日記としてこのブログに書いて行こうと思います。



2011年10月9日に視た夢は、

中国の夢。

中国は国内(日本国内)、もしくは世界的に台頭してくるといった
夢だった。

特に日本国内においては中国人による勢力が増す可能性が有る。
我々日本人はその勢力関係により、自国でありながら肩身の狭い
思いをするかもしれない。


と、いった夢の内容であった。

これは地域的と言うものでは無く、政治的に・・・と言った意味で
有る。


以上が、今日視た夢の内容である。



七曜は何度も言い続けているのだが、
未来は確定しているものでは無く、一人一人の行動や思考が変化
すればそれに伴い「バタフライエフェクト」の様にその行動が
先の未来に大きく影響し変化するものだと思っている。

私が視た未来の欠片が、今の日本にどの様な結果をもたらす事に
なるのかは判らないが、
暗い未来より明るい未来になってくれればと・・・・・・
日々思っている。







七曜 高耶




2011/10/07

地球外生命存在に関する情報公開をオバマ政権に求める 署名について

こんにちは、七曜高耶です。



今日は、地球外生命存在に関する情報公開をオバマ政権に求める
署名のページをご紹介しようと思います。

【情報ソース ケムログさん】です。
この署名にはユーザー登録が必要ですが、
捨てメアドでも偽名でも大丈夫ですし、
海外からの投票も行えますので「知的生命体肯定派」の方々、
署名をしてみませんか?

公平を期するため重複投票のような不正な投票だけは
止めて下さいね。

この署名は、10月22日までに5,000の投票が必要との事ですが、
既に7,000票以上が集まっている様です。


we petition the obama administration to:
formally acknowledge an extraterrestrial presence engaging the human race - Disclosure.

署名して下さる方は、こちらのURLをクリック。指示に従い署名を完了して下さい。

https://wwws.whitehouse.gov/petitions/%21/petition/formally-acknowledge-extraterrestrial-presence-engaging-human-race-disclosure/wfYDlmlG

人類と関わっている地球外生命の存在を正式に認める発表を、私達はオバマ政権に要請します。

公開要請 - パラダイム・リサーチ・グループ(Paradigm Research Group)

「私達は、人類と関わりを持つ地球外生命の存在を正式に認め、
この現象に関連している全ての省庁、
及び軍部が所有する全文書を早急に一般へ開示するよう米国大統領に
強く要請するため、ここに署名を行います」。

何百という軍及び政府機関の目撃者達の証言によって、
この地球外生命の存在が確認されています。
世論調査によると、50%以上のアメリカ人が地球外生命の存在を
信じており、さらに80%以上がこの現象に関して政府が真実を
公表していないと考えていることが示されています。
人々にはこれを知る権利があります。人々は真実に向き合えるのです。





これは七曜なりの考え方なのですが、
知的生命体からのチャネリングメッセージ等も
重要なもので有ると考えてはいますが、
これはどう言うか、依存度が高くなる代物だと考えています。

ですから、やはりメッセージを待つだけでは無く、
自らが行動する事も大切なのではないでしょうか?

メッセージに期待し夢を膨らませはするが、
そのイベントが行わなければ落胆し怒る。
と言ったパターンが多くみられます。

もし、本当にイベントに対し心待ちにするならば
自らが行動してみるのも良いかもしれません。

この考え方は如何でしょうか?


とにかく署名の終了日は10月22日迄です。

真実をお知りになりたいと思われる方は
オバマ政権に対して情報公開を求める署名を試みて下さいね。




有り難う御座いました。







七曜 高耶




2011/10/06

消える事の無いヴィジョン


未だそのヴィジョンは・・・・・私の目前で視え続ける。


陽炎の様に揺ら揺らと・・・・しかし時には体感を伴う様な眩暈。

その場所が果たして何処なのか。

ただ唯一判るのは「日本」の可能性が高い事。

どれ程の震度だろうか・・・・。いや、地震では無いかもしれない。
ハッキリしない。
もし地震だと仮定したとしてM7位(?)


炎があちこちに視える。
崩れたビルや、人間。そして燃えている車。


嫌なヴィジョンだ。


もう、1ヶ月は視続けている。
早く消えて欲しい・・・・・・。







七曜 高耶




2011/10/06

ロックフェラーを失脚させたロスチャイルド

おはようございます、七曜高耶です。

本日は嘘か真か判断出来ないお話しを、
板垣英憲氏のブログから引用させて頂いています。
以下は、氏のURLになります。



http://blog.goo.ne.jp/itagaki-eiken


◆小沢一郎元代表「23年の死闘」の結末がいま、2つの現象として、私たちの眼前に現出している。その1つが、「小沢一郎元代表の刑事裁判=暗黒裁判」(東京地裁104号法廷で6日午前10時から初公判)であり、もう1つが、「米国最大財閥のディビッド・ロックフェラーの没落」とこれを背景とする「ウォール街などで発生した各地の大規模デモや暴動」である。
 この2つの現象の元凶は、「強欲資本主義」を主導した「ディビッド・ロックフェラー」による「大博打の大失敗」にあった。このことに早くから気づき、「日本の資産防衛」に懸命になったのが、小沢一郎元代表であった。
 要するに、「ディビッド・ロックフェラーに日本の国民の血と汗の結晶である資産が食い物なされる」と警戒し、ディビッド・ロックフェラーを「最大の敵」と見做して、徹底的に抵抗してきた。これに対してディビッド・ロックフェラーは、黙っていなかった。手下たちに「小沢一郎元代表を叩き潰せ」と命じたのである。
◆ロックフェラー財閥は、米国GDPの60%を担ってきた文字通り、巨大財閥である。そのディビッド・ロックフェラーは、ソロモン・ブラザーズが1980年代に開発した「モーゲージ債」や高度の金融工学と情報機器の発達を生かした「株式の裁定取引」などで、傘下の証券会社メリルリンチを参戦させて、巨利を得てきた。しかし、ソロモン・ブラザーズが2000年代に開発した「モーゲージ債」技術が高度化した「サププライム・ローン」組み込み証券を、自らがオーナーの国際金融機関である「シティグループ」に購入させたのが、運のつきになってしまった。やはり傘下のリーマン・ブラザーズがサブプライム・ローンの破綻により発生したいわゆる「リーマン・ショック」(2008年9月11日)が原因で、倒産寸前に追い込まれたのである。幸い、ゴールドマンサックス社(ジョン・デビッドソン4世がオーナー)のヘンリー・ポールソンCEOが、ブッシュ政権2期目最後の財務長官に引き抜かれていたので、「公的資金の投入」措置を受けて、辛うじて、一瞬、救済された。これにより、米国経済は、再生に向かうと思われたけれど、これは、焼け石に水だった。
 然るにシティグループ以下、傘下の企業の経営は、経営難から再生することはなく、悪化の一途を辿った。その果てに、困ったときの「悪の戦争経済」というように、「第3次世界大戦」に向けて、傾斜し始めたのである。
 そうしたなかで、米国経済は悪くなる一方で、失業率は9・1%と高水準で推移しており、オバマ大統領は、ついに「私は負け犬だ」と弱音を吐き出し始める始末である。このため、ディビッド・ロックフェラーから「世界銀行総裁になれ」と言われて、一時は、政界引退を申し渡されていたヒラリー・クリントンが、2012年秋の大統領選挙に立候補するという噂まで、飛び出してきている。これもディビッド・ロックフェラーが失脚したことから、強力な後ろ盾を失ったがための新たなる動きの1つである。



で、このロックフェラーを失脚させたのが、
ロスチャイルドだと彼は言っている。
以下、また引用させて頂く。



◆小沢一郎元代表は、自身の刑事裁判を6日に控えて、欣喜雀躍している。頭がおかしくなったのかと思えば、さに非ずである。うれしさを抑え切れないのだ。
 何しろ、これまで23年にわたり、戦ってきた相手が、ついに壮絶な終焉を迎えようとしているからである。宿敵である米国最大財閥のディビッド・ロックフェラーが完全に失墜して、英国財閥ジェイコブ・ロスチャイルド(ロスチャイルド嫡流=4代目男爵)ら「57カ国」の監視機関から摘発・追及されて、家族ともども逃亡先のインドのシェルターに隠れているところを発見れて、「命を選ぶか、財産を選ぶか」と二者択一を迫られているという。殺されたい、さもなくば、全財産を差し出すかということだ。この情報を英国情報部(MI6)筋から連絡を受けたのだ。



私にとって、この様な話はどうでも良い話しである。
が、夢の検証として大いに役立つ情報ではある。

勿論、10月1日に視た夢の検証である事は読者の方には
ご理解頂けると・・・・・。

http://orangeapple01.blog62.fc2.com/blog-entry-870.html

と、言う事で、これから先はコメント欄を閉鎖致します。
必要な方やご意見がある方はFC2のメールフォームにてお送り下さい。

こちらの色々な事情で御座いまして、誠に残念では有りますが、
どうぞ、宜しくお願いいたします。




* ちなみに七曜は悪の手先でも何でも無いですので、
その様なコメントはどうぞお止めになって下さいね。HNは敢えて伏せておきますが・・・・。   


只の未来予知専門なだけです。





七曜 高耶




2011/10/05

子供と見た「ハート」の雲のお話し

こんにちは、七曜高耶です。

今日、朝から雨模様で綺麗な空は見えません。

いつもはネガティブな記事が多いので、
昨日朝、ゴミ出しの時に下の子と見たお空のお話を
書こうと思います。

それは朝のゴミ出しから帰る時の事でした。

昨日はとても晴天で雲も殆ど無い程の青空です。
その日に限って面白い形の雲を探す遊びを下の子としました。

では、「スタート」と言い空を見上げると
そこにあったのは「ハート」の形をした雲。

本当に綺麗な形をした美しいハートでした。

そのハートの雲の周りだけ他の雲が遠慮する様に
全く在りません。


清々しい朝にハートの雲。

子供と一緒に「ラブラブの雲だね~~凄いねぇ~~
と会話しながらお家へ。

その間子供はと言うと「何故、雲は白しかないの?」とか
「黄色やピンクの色があったらもっと綺麗なのに」とか、
夢のあるお話が次々とてんこ盛りでした(笑
ある意味質問攻めなのですが(笑


子供って本当に可愛いなぁ


子供に戻ってワクワク出来るって本当に素晴らしいです。

それにしてもあの雲・・・・・。
まるで私達へのメッセージの様でした。

「愛」なのでしょうか
それとも「楽しむ」と言う意味のメッセージでしょうか

本当は只の偶然かもしれませんが、
昨日は朝からとても楽しい気持ちになれました。


子供の時を思い出して過ごしてみるのもたまには良いかもしれませんね










七曜 高耶




2011/10/04

<米国>「金の臭いがする」…ウォール街にゾンビの群れ

こんばんは、七曜高耶です。

皆様、今日のニュースをお読みになりましたでしょうか?

以下は昨日3日の米国のニュースです。
http://dailynews.yahoo.co.jp/photograph/pickup/?1317700072

<米国>「金の臭いがする」…ウォール街にゾンビの群れ


10月1日に視た夢を10月2日にアップしました記事ですが、
かなりリンクしそうな感じもします。

http://orangeapple01.blog62.fc2.com/blog-entry-870.html

しかもです、我がブログ読者のsapporojin様のコメントでの「guilty」も関係
しそうなイメージも有ります。
凄く明るいかもしれません。この夢は・・・・・。

七曜はかなりネガティブですので、ネガティブな解釈しか出来なかったのですが、
期待が出来るかも・・・・。

以下が「GILT」で検索した結果を引用させて頂いています。


【GILT】

ギルトは、日本国債や米国債と同じく年に2回の利払いがあり、3月&9月あるいは6月&12月に利息を受取れるタイプが多いです。細かい話になるので、この部分は実際に投資を考えている方だけ読んで頂ければと思いますが、ギルトには“権利落ち”という制度があります。通常の債券では、利払日当日の債券保有者に利息が支払われますが、ギルトは利払日の7営業日前までの保有者に利息を受取る権利があります。そのため、利払日の5日前にギルトを購入したため、最初の利払日に利息はもらえない、ということもあります。

ギルト10年物利回りは、90年代初頭には10%を超えていました。そんなに利回りが高いなら、わざわざリスクを背負って株式投資などせず、債券投資だけでも資産が増えそうですね。
最近の利回りは5%前後で安定的に推移しています。昔に比べて低下したとは言え、米国債やドイツ国債と比較すると1%ほど高く、為替リスクを無視すれば魅力的ですね。

“為替リスクを無視すれば”と最も重要なポイントをさらっと流そうとしてしまいましたが、それではあまりに無責任なのでコメントしておきましょう。
過去にGBP(英ポンド)は急落する局面が何度かありました。将来的にも統一通貨EURへの参加を巡って不透明な要素は残っています。かと言って、為替ヘッジをすれば、ヘッジコストというものがかかって、高利回りの収益も相殺されて台無しです。事前にどれくらいの英ポンド安(円高)に耐えられるのかを勘案した上で、投資するのが望ましいです。もちろん、英ポンドでずっと保有するつもりの人は、為替リスクは関係なく、債券利回りだけ重視していれば問題ありません。仮に英国がEUR参加表明して、金利がユーロ諸国と収斂するなら、英国債にはプラス要因です。



「GILT」とは国債(?)や「お金」の事だったのですね。
凄く勉強になりました。


変革を期待されている方々には良いニュースかもしれません。

ただ、夢の一部には警告らしき言葉やイメージがやはり入っています。
「洗脳」には気を付けたいものですね。
そして、「食糧危機」や「略奪」はそのキーワードかもしれません。

冷静な目で見守っていきたいと思います。

有り難う御座いました。








七曜 高耶




2011/10/04

日本のHAARP?その姿。

現在、全世界二十数カ所に HAARP の施設が確認できます。




意外とHAARPがある国は米国だけと言うイメージがあるのでは
ないでしょうか?

そうでは無いのです。
沢山存在しています。

HAARP0.jpg

例えば、上の画像。
これはアラスカにあるHAARPですが、
日本では下の様な画像の施設になっています。

131347183343813121520_kyoto-haarp-1.jpg

画像を見ると解る様に線を繋げると星型になります。
東京ドームよりかなり大きい施設だと言われています。
フランスからは「LHC」の施設を。
米国からは「HAARP」でしょうか。

ですから人工地震ももしかすると米国だけでは無いかもしれません。
何故ならその理由の一つに、
福島原発は地震が起きる前に既に放射能が漏れていたと言われているから
です。
これが真実ならば・・・・。

日本と米国の利害が一致しているならば有り得る可能性ですね。

果たして真実は如何に・・・・・。


と、言う所で止めておきますね。
すいません。








七曜 高耶




2011/10/04

汚泥処理に伴う放射線量について

続いての記事は「汚泥処理に伴う放射線量について」
になります。
現地のお母さん方にとっては、やはり子供さんの事が心配で
あると思います。
我々は直ぐにそう言った事実から目線を逸らしがちです。
放射能はこれから先も私達と共に残っていくものです。

忘れてはならない現実なのです。
彼らは時間の経過と共に忘れてくれる事を願っていますが、
決して忘れてはいけません。
歴史を繰り返さない為にも正しい知識を身につけ、
ご家族を護って行って下さい。

かなり長文なのですが、どうぞご覧下さいませ。



★  メルマガ読者からの質問と回答
     汚泥処理に伴う放射線量について

 初めまして。
 横浜市のE.I子と申します。メルマガ希望です。

 五年、三年、二年の小学生と三歳になる子どもの母です。
たんぽぽ舎さんの勉強会などに伺いたいのですが、
思うように動けません。

 うちの子ども達が通う、横浜市立長津田第二小学校は
西約100メートルに町田市の成瀬クリーンセンターがあります。

手持ちのSOEKS-01M ver 1.ALとプリピャチで計測していますが、
明らかに高過ぎる数値が出る日があります。
クリーンセンターの職員の方々はとても協力的で、
力を合わせてなんとかしたいと連絡を取り合っています。
最終的には核の処分場をフクイチ周辺へという考えはお互いあり
ますが、まだ先の話です。

 ドイツの環境研究所で聞いてきてもらった話だと、汚泥を焼却
なんてとんでもない。
汚泥は原子炉用のバグフィルターがついてる施設へ運ぶべきとのこと。

ましてや、そんなところで校庭で授業などありえない、とのこと。
学校長、横浜市教委会、PTA、自治会、横浜市会議員、
町田市会議員へと、注意喚起をお願いしていますが、
3ヶ月たっても何も変わりません。

 クリーンセンターが検査に出している鶴見の同位体研究所の
話だと、高温で焼却した放射性物質は周りとくっつきやすくなる
のでは?とのこと。
逆に細かくなり、マスクでは防げなくなるという話も聞きます。
いずれにせよ、線量のモニタリングをして、高い日はマスクを
呼び掛けられるようにしなくてはなりません。

 町田市、横浜市共に「ここら辺はクリーンだから対策は必要なし」
というスタンスです。
煙突からの排出放射線量の測定の指示が6月に出ましたが、
湿式でフィルターがありません。
敷地内の空間線量は7月半ばより、週に一度木曜日に町田市より
貸し出されたDOSERAE2で計測しています。

 職員の方々は、放射性物質が入った脱水汚泥焼却灰を扱っており、
線量計も持たされずとても心配です。
今、運動会の練習が本格的に始まる前に、なんとかしたいと動いて
います。

 排出煙の測定をして、数値を出し、
だからマスクをして欲しいと話を持って行きたいと考えています。
2μSv/hを超えた日もありますが、こちらは素人です。
常に高い訳ではないので、成瀬クリーンセンター由来なのか、
フクイチ由来なのか、また別の要素なのか判断がつきません。
毎日測定して比較してマスクをさせています。

 全てが初めての事ばかりで多くの情報を必要としています。
焼却炉の仕組みや松葉の事など、勉強しながらやってる状態です。
下水処理施設からの放射性物質飛散の件で、読むべきものが
あれば是非お知らせ下さい。

 どうぞ宜しくお願い致します。


------------------------------------------------------------------------
 E.I子様

 たんぽぽ舎の坂東と申します。

 お問い合わせの件についてですが、私が清掃労働者のため、
回答することになりました。
町田の成瀬クリーンセンターは下水処理場ですが、清掃工場も
抱えている問題は同じなので、私の見解を述べさせていただきます。

 焼却炉の形式・規模がわからなかったので調べていて遅くなりました。

これについては若林ともこ県議の8月4日の視察レポートがあった
のでわかりました。

 成瀬クリーンセンターは町田市と横浜市の境界に近いところに
立地しています。

 そこでで使用されている焼却炉は、流動床炉2基(45T、50T)
バグフィルターではなく水冷のようですが、小型なので一般的な処理
と思います。
尚、町田市のHPによれば、成瀬クリーンセンターの汚泥と汚泥焼却灰
の値は、5月20日測定で汚泥のセシウム合計626ベクレル、
焼却灰のセシウム合計5123ベクレルとなっており、
この後の6月30日の焼却灰は合計916ベクレルと推移しています。

 私は東京23区の清掃工場等(中間処理)にかかわる仕事ですが、
ご承知とは思いますがやはり工場の焼却飛灰に高い濃度で濃縮され
ているのが判明し、関係部署はてんてこ舞いです。
(ちなみに東京23区では今21工場稼働中です。)
下水処理場も同じです。

 公害対策として、基本は生物に害のないようにすることなので、
希釈する(薄くする)か、害になるものを集めて無害化処理する、
のがほとんどです。
今は後者が主流です。

 そのため、排ガスに出ないように集塵装置でできるだけ集めて、
環境に溶け出さないように処理しています。
水に溶け出さない安定した化合物にするとか、
キレート剤(かにの爪という意味)で捕まえて逃げないようにする
とか、高温で溶かしてガラス状にして閉じ込めるとか。
重金属やダイオキシンなどはこの方法で処理してきました。

 しかし今回はこれが裏目に出ています。がんばって集めている
のだから濃くなるのは当然です。
でも、放射性物質から放射線を出さないようにするのはできな
いからです。
防ぐしかありません。

 もともと、家庭から出るごみや、下水に放射性物質が入ること
など想定していません。
あるわけがないものだったからです。
周囲のものを集めてくるものですから、この値はいかに私たちの
周りや雨が汚染されているかの証拠でしかありません。

 なお、飛灰の扱いは、飛散しないように厳重な保管が義務付け
られています。
運搬に関してもです。
そのため、いまの設備はかなり厳重です。
報告の写真を見ると、フレコンパックのような袋に入れて保管
しているようなので、破けなければ飛散しないでしょう。
保管している灰の近くでは、当然ですが線量は高くなっている
ようです。
作業のあり方、安全性も課題になっています。

 ここで少々技術的・専門的な話となりますが、「焼却灰」に
よる汚染と「焼却した際に排出される排ガス」の汚染の問題、
と二つにわけて少々詳しく見て行きましょう。

(1)「焼却灰」の汚染の問題

 都市の場合は、廃棄物(ゴミ)や汚水は基本的に処理施設で
処理します。
大量に出るため、自然の力で自然に戻すというのが無理なのと、
いろいろな化合物やプラスティックのような自然で分解しない
ものが増えているからです。
 廃棄物の焼却(汚泥も基本的には同じ)の主目的は衛生的に
処理し、カサを減らすということです。

  ◎臭いは摂氏600から650度程度で分解しますし、
細菌も死にます。
  ◎かさは約20分の1になります。
  ◎ダイオキシンのような有機物も摂氏850度以上でほぼ
分解します。 

 その残った焼却灰を主灰 (燃えがら)と言います。

 新しい焼却炉は大体摂氏900度位で燃やすので、
揮発しやすいものはほぼガス化して飛灰として排ガス・煙突方面
に流れます。
 このガスを冷やす (熱をとる) ため、大型の焼却炉はボイラを
付けて蒸気を作って発電しています。
 小型のものは水をかけて冷やします。
ちなみに融点の低い重金属はほぼ飛灰となって、ガスと一緒に
流れていきます。セシウム(※1)も同じとみています。

(2)「焼却した際に排出される排ガス」の汚染の問題

 燃やした後のガスをそのまま煙突から出すと、細かい灰
(ばいじん)がそのまま出てしまうので、いろいろな公害対策
設備を通してきれいにして出します。

 現在大型焼却炉はダイオキシン対策のため、いろいろなテクニック
を使います。

1.バグフィルター(ろ過式集じん機)に入る前に急激に温度を
摂氏150度位に下げる(ゆっくり下げるとダイオキシンを
再生成する心配がある)。

2.バグフィルターでちりを落とす(性能は99.5%以上)。
落とした灰を集じん灰(飛灰)と言います。
これは前出の主灰(燃えがら)と一緒にしてはいけないことに
なっています。

3.そのあと塩化水素や硫黄酸化物を取り除くために湿式除去設備
を通します。
  水をかけて温度を下げ、苛性ソーダ(水酸化ナトリウムNaOH)
と反応させ中和させます。
ガス化で残った重金属にはキレート剤を吹き込んで捕まえます。

4.そのあと窒素酸化物を減少させるため、
温度を上げてアンモニアを吹き込んで触媒脱硝装置に通します
(ダイオキシンも分解する)。

5.そのあと勢いをつけて煙突から放出します。

 鉛等、重金属は2.と3.の過程でほとんど取れています。
今回問題となっているセシウムもここで取れています。

 ちなみに23区では毎年バグフィルターの前後でばいじんを
測り能力の確認をしています。
そのため、排ガスにはほとんど混入していないと考えています。

 しかし、現在広い範囲に放射性物質がばらまかれています。
高濃度でなくても集めてくるのですから、そのために下水で
沈殿させた汚泥や焼却灰、清掃工場の燃えがらや飛灰に濃縮
してくるのは当然です。

 もともと日常生活の快適さを守るための都市施設に放射性物質
が入ってくるなど想定していません。
これこそ「想定外」です。
でも原発が事故を起こせばこうなるのは当然の結果です。

 そして、現地近くは高濃度汚染です。
 対策は全く違うものになります。

追記

 この見解を書いている間に、「10万ベクレル以内の焼却灰等
に関しては通常の埋立廃棄を行うといった政府決定がなされた」
旨の報道が飛び込んできました。

 この事についてその問題性について触れておきたいと思います。

 8000ベクレル以上は通常の埋立をしないようにとの暫定の
方針でした。
では、それ以下はいいのかということですが、8000ベクレ以下
は住宅地利用しないことを条件に埋め立てを認める方針を既に
示しています。
ということで自前の処分場があるところは各自治体の処分場へ
今までどうり通り持っていっているところが多いです。
まあ、正式の処分場は埋立後も管理が義務付けられ、
住宅などには利用しないのでこの条件はクリアします。
しかし、今までの例では埋立終了後公園などにしているところが
結構あります。
適当にばらまくと後で確実に問題になります。

 また、コンクリート固化などするとかさが増えて、
(薄めるのだから)結果的に濃度は下がります。
で、8000ベクレル以下になったら今でも埋め立てOKです。
なし崩しにばらまきで薄めることにならないよう後のことを考え
きちんとさせるべきです。

 今、市民が問題にしているのは8000ベクレを超えたからでなく、
あることそのものを心配をしているのだから、
これを基本に考えるべきです。
住宅地に近いところに処分場があるところも多いからです。

 仕方がないから、実態に合わせ基準を変えているのではと勘繰ら
れても仕方ありません。
「8000ベクレルを決めたのは」にはそれなりの説明がついて
いましたた。
では10倍を超える今回の件ではどうなるのでしょうか。
働く人たちの安全も含め多角的に検討していかなければならないと
思います。

 ちなみに、環境省が16都県に対し測定を要請しました。
計469焼却施設のうち、7都県の42施設で基準値を超えている
ことがわかりました。
東京、福島、千葉以外に基準値を超えたのは
栃木(4万8600ベクレル)、
茨城(3万1000ベクレル)、
岩手(3万ベクレル)、
群馬(8940ベクレル)、等。

 報道によれば、「環境省は27日、東京電力福島第1原発事故で
放射性物質に汚染されたがれきやごみの焼却灰のうち、
これまで一時保管するよう求めていた放射性セシウムが
1キロ当たり8000ベクレルを超えるものについて、
10万ベクレル以下の場合は一般の最終処分場での埋め立てを容認
する方針を決めた。
地下水への汚染防止策などを講じることで、安全な処理が可能と判断した。

 
 具体的には、焼却灰をセメントで固めたり、
屋根付きの処分場を利用したりすることで水との接触を防ぎ、
セシウムが流出しないようにする。
埋め立て後は、処分場の排水や周辺の地下水の監視などを行う。

 同省はこれまで、8000ベクレル以下を埋め立て可能とし、
この基準を超えたものは、処分方法が決まるまで一時保管する
方針を示していた。
10万ベクレルを超える灰の扱いは、周囲をコンクリート壁で
覆った産業廃棄物用の『遮断型最終処分場』への埋め立てを
軸に検討する。」と報じています。



長文を最後迄読んで下さいまして有り難う御座いました。
感謝致します。

私達が繰り返される歴史の中で、決して忘れてはならない事が
あると思います。
子供達を護れるのは貴方だけです。
宜しくお願いいたします。




七曜 高耶
2011/10/03

原発輸出 首相が推すワケ 企業が延命圧力?

おはようございます、七曜高耶です。

今回もまた原発情報を載せて行こうと思います。
まず、一つ目は
「何故、原発輸出を首相が推し進めるのか?」です。

二つ目の原発記事はかなり長文ですので、
次の記事として載せていきます。


それではどうぞ、ご覧下さいませ。




★ 原発輸出 首相が推すワケ 企業が延命圧力?
   1基当たり総費用数兆円 膨大な経済波及効果
米に忠誠の証しか 軍事転用危険、ライセンス料貢献
「国内建設再開の意図見える」―槌田敦氏の指摘・批判

 国連演説で原発輸出の継続を表明した野田佳彦首相。
所信表明では「(国内の)原発新設は困難」と話していたが、
思えばこれも海外への売り込みを加速するための伏線だったか。
菅直人政権以来、日本の首相は、原発輸出に頑固に執着する。

これはなぜか。単に外貨獲得の手段なのか。
それとも、米国への”ごますり”なのか―。


 経済産業省資源エネルギー庁によると、
現在進行中の原発輸出計画は、政府が把握しているレベルで四つ。
ベトナムでは日本の企業連合の受注が決まり、リトアニアでも優先交渉権を獲得。

ヨルダンとトルコとの間では折衝が続いている。

いずれも福島第一原発の事故前、菅政権の時代から続く話だが、
野田首相も積極的な姿勢を見せている。
だからこそ民主党は新成長戦略の柱に掲げてきた。
昨年十月には国が主導し、電力九社と東芝、
日立製作所などの原発メーカーが共同出資して海外の原発受注
を目指す株式会社「国際原子力開発」が設立された。
東京電力の副社長を務めた武黒一郎社長の下、
原発事故後も官民一体で売り込みを進めている。(中略)


国会で政府を追及してきた服部良一衆院議員(社民党)は
「国内では新規立地が難しく、原子力産業は斜陽化の運命にある。
だからこそ、海外に技術を残したいという業界からの圧力が大き
いのではないか」とみる。

 「民主党は『原発輸出はデフレや不景気から脱出する起爆剤』
という位置づけで、経済界と一体となって動いてきた」と分析
するのは、「原発の闇を暴く」(集英社新書、共著)などの著書
があるルポライターの明石昇二郎氏。
明石氏は「輸出までできなくなると原子力産業の息の根が止まる。
延命策という色合いが強い」と説明する。(中略)


岐阜女子大南アジア研究センターの福永正明センター長補佐
(南アジア現状分析)は、インド北西部に米国とフランスの企業
が建設を計画し、日本企業が原子炉を納入するといわれる原発の
調査を続けている。
そのうえで原発の軍事利用とテロの脅威を警戒する。
(中略)

福永氏は「だからこそ怖い。福島の事故で、原発は簡単にテロの
対象になることが明らかになった。国内、海外にかかわらず、
世界中どこでも同じように原発の問題を考えていく必要がある」
と主張する。
(中略)

日本では原発メーカーは法律で守られ、今回の事故でも製造者
責任が問われなかったが、孫崎氏は「海外でもすべて免責され
るとは考えにくい。
ひとたび事故が起こると企業が吹っ飛ぶ可能性もある」とも。
「事故が起こらないことが大前提だが、この期に及んでその
安全神話は成り立たない」と批判した。


NPO法人「環境・持続社会」研究センター理事の田辺有輝氏
は「結局、輸出企業だけが利益を得て、ひとたび事故が起こった
場合に現地の市民に大金を負担させることになる」と相手国に
ダメージを与える可能性も示唆する。


元名城大教授の槌田敦氏は別の意味合いも指摘する。
「国連演説は、基本的には米国への忠誠の誓いにほかならない。
米国の原子力戦略に組み込まれているので、これからも米国の
ために原発を造るというごますりメッセージだ」という。
 米国ではスリーマイル事故以来、新規建設は止まっていた。
この間、米企業は日本の原発メーカーを通して技術を維持。
日本側は相当なライセンス料を払って利用している実態がある。
従って、日本からの輸出は米企業の利益拡大に直結する。
 槌田氏は「米国のために原発を新設してきた日本が、
国内で造れなくなった原発を海外に持って行こうとしている。
(略)

国連演説は、国内では反発が必至で言えない”原発推進”の宣言ともとれる。

ほとぼりがさめたら、国内で新規建設を再開したいもくろみが
垣間見える」



(2011.9.27東京新聞より抜粋)



最後迄読んで頂き有り難う御座います。
次の記事は放射能で汚染された汚泥の処理法等が書かれています。
どの様に処理されるのが一番良いかを記事で知る事が出来ると
思います。
どうそ、宜しくお願いいたします。






七曜 高耶

2011/10/03

我がブログも開始してから早3年になります。

早いものです。

「まほろば」にお付き合い下さり本当に感謝しております。
年齢層も10代~50代と本当に幅広く、
とても驚きを隠しきれない上、
情報を発信する上で責任も感じています。

まだまだ、続けていく所存では有りますが、
既に彼らからマークされていますので、
皆様にとってはどうでも良い様な記事を連発するかもしれませんが
深いお心でもって応援して頂ければ有り難い気持ちです。


もし・・・・、
もしですが、無いとは思いますが閉鎖しなければならなくなる様な
事態に陥ってしまった時には、
きちんとお伝えしますのでどうぞ宜しくお願いいたします。








七曜 高耶




2011/10/03

海外ドラマがお好きな方へ

おはようございます、七曜高耶です。

明日はいよいよSPL(スーパーナチュラル)の次のシーン、
レンタル開始です 

タレ目好きさん &スパナチュファンはTUTAYAへGO 

  


男性より、女性が多いブログですので記事にしました(笑
しょうもない記事ですいません 







七曜 高耶



2011/10/02

フリーメイソンは世界を牛耳るのか?2011年10月1日の夢

                【フリーメイソンシンボル】

         

こんにちは、七曜高耶です。

いつも読んで頂きまして有り難う御座います。
今日の夢を書いて行こうと思います。

2011年10月1日に視た夢はフリーメイソンの勢力が今以上に
増すと言った夢。


夢で視た其処は・・・・荒廃したスラムの様な場所だった。
身奇麗な格好をした一人の年配の男がスラムに住むボロボロの人間達に
叫び狂う。

男は赤いレンガ作りの様な壁を激しく叩き、
黄金のフリーメイソンのシンボルマークを描き上げろと命令する。


その男に重なる様にヴィジョンが行き交う。


一つ目は、

 洗脳

そして、

 GIL(?)もしかすると(T)の可能性も。もしくはGILT(?)意味は不明。

 ゾンビの様に気力も意思も失った様な人達が
虚ろな瞳で男の言うがままに動いている。

 食糧不足により、飢餓が起き

 戦争が起きている。

 最後の映像は略奪



だった。


我々、一般人には組織の勢力関係は判らないだろう・・・。
だが、しかし彼らの力はこれから増していく可能性が出てきている。

彼らが世界を牛耳るのだ。


我々はマリオネットの様にただ、操られるだけの存在なのかもしれない・・・・。










七曜 高耶




2011/10/01

訪問者数よりクローラーの方が多いという、悲しいブログ


今日一番の驚きは・・・・・

1 googleクローラー
(*.googlebot.com) 320


でした。
どうどうの1位って可笑しい
ですよね 
人間の訪問者様よりクローラーが多いなんて・・・・悲し過ぎる 

15:00には既に訪問者数と同等のカウントが出され、
驚愕&絶句 

絶対、多過ぎる様な・・・感じが。
普段は150~180カウント程なのですがね。
皆様のブログはどの様な感じでしょうか 

宜しければお教え下さいませ。




七曜 高耶



2011/10/01

玉蔵さんの所で「HEROES」ネタ。懐かしい~!!

こんにちは、今日は玉蔵さんのブログで「HEROES」に
絡めたお話しが有り、

七曜が昔していたバーチャル作家を思い出しました 
ユニバーサルとの契約で始まったストーリー・ツリーはとても
良い思い出です 

所々沢山の作家さん達のアイデアも出ている感じで、
日本的な流れを創り上げていた様です。
主人公のヒロ君も良かったですね。





で、これがランキング上位2名に与えられた唯一の商品(笑
(あっ、ちなみに私は1位でした 笑)

市販じゃ買えない「レアTシャツ」らしいのですが、
どの友達に聞いても
「ただのそこら辺で売ってるTシャツにしか見えな~~い
と、言われそのままタンスの肥やしになっていました(笑


オークションでも売れない予感もしますので、またそのままタンスの
肥やしにしておこうと思います 

本編ではかなりの確率でバーチャル作家さん達のアイデアが使われて
いるのでは・・・・と思っています。

でもやはり一番好きなのは下のyoutubeですね。


はい、皆様。
私が考えた能力者(勿論沢山あるのですが・・・・)の一人は何処に
隠れているでしょう
と、言うかどういう能力でしょうか。当ててみて下さい 








七曜 高耶




続きを読む