■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium


□最新記事
□最近のコメント















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]Posted by七曜高耶 | スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)|[記事編集]

しばらくの間ブログを非公開に致します。


申し訳有りませんが、明日よりしばらくの間このブログを一時非公開(休止)とさせて頂きます。

新ブログの方はこのまま継続公開をしていく予定となっておりますのでどうぞ、宜しく御願い致します。






七曜 高耶
スポンサーサイト
[ 2013/07/11 13:40 ]Posted by七曜高耶 | 個人的なお話 | TB(0) | CM(3)[記事編集]

七夕の本当の由来を知っていますか?

こんにちは、七曜高耶です。本日二本目の記事になります。

今月日曜日は7月7日、七夕の日になりますが、この七夕、織姫と彦星のロマンチックなお話が主流の今日なのですが、七夕の本当の由来はかなり恐ろしいお話だったりします。

【七夕のすべて】http://tanabata777.com/mamechisiki/shoku.htmlを詳しく語って下さっているサイトを見つけましたので、以下に転載していますが、実際は私達のイメージとはかけ離れた厄払いの行事だったようです。

かなりマメ知識になりますが、知っていて損する事はないと思います。

七夕の日に食べる「行事食」

 そうめんは、夏になるとスーパーや店先に並ぶ定番食ですが、実は「七夕」の時期に食べる「行事食」の一つなんです。その起源は古く、元は平安時代に七夕の節句で小麦粉と米の粉を練って縄の形にした菓子を食べる風習から来ています。


 菓子は和名を「むぎなわ」と言い、中国から伝来した食べ物です。中国では、これを「索餅(さくべい)」と呼びます。なぜ、この菓子を七夕に食べるのか、菓子が「そうめん」になったのか。それは、ある中国の故事から生まれた風習なのです。


 その昔、古代中国の帝の子供が七月七日に亡くなり、その後に一本足の鬼となって熱病を流行らせ、これに困った人々は子供の好物だった「索餅」を供えて祟りを鎮めました。それから、この故事に因んで中国では七夕に「索餅」を食べる風習が生まれ、平安時代に日本へ伝わりました。伝来した当初は、日本でも中国と同じ材料で作った「むぎなわ」を七月七日に食べる習慣がありました。しかし、この「むぎなわ」の元になった「索餅」は「索麺(さくめん)」とも呼ばれ、それが時代を経て「そうめん」に変化したのです。


 食べる物が変化したからと言って、日本人は完全に習慣を忘れてしまったわけではありません。「そうめん」は米の粉は入っていませんが、小麦粉と食塩水で作られます。そして、今でも七月七日に食べる「そうめん」を、鬼の故事に因んで「鬼の腸(はらわた)」と呼ぶのです。


「鬼のはらわた」と言うかなり気持ちの悪い表現なのですが、厄払いを兼ねて「そうめん」を食べるのも良いかもしれません。
因みにですが、そうめんでは無く、実際に索餅を食べたいと思われる方の為に作り方を書いておきますね。

索餅(さくべい)作り方

■材料 (2~3人分)


米粉100g

小麦粉(薄力粉)100g

塩小さじ2

水100ml前後

砂糖適量



■作り方

1.米粉・小麦粉・塩に水を少しずつ入れてこねる。


2.ひたすらこねて丸める。少し寝かすのも良い。(30分程度)


3.20gくらいに分ける。


4.長細く伸ばし、真ん中を持ってコヨリのようにねじる。(しめ縄をイメージしてね)


5.20gに分けた時に、好きなものを混ぜて練って整形しておく。


6.多めの油を敷いたフライパンで両面こんがりと焼く。


7.両面キツネ色になったら皿にあけ、上から砂糖をかけまわして完成。



感じ的には、卵と牛乳を使わないシンプルなドーナツの様な感覚です。

簡単にそうめんでも良いのですが、やはり1年に一回の七夕行事ですし、そうめんとは別におやつ感覚で作って食べるのも良いと思いますね  






七曜 高耶




昔ながらのお菓子を食べてみませんか!!



[ 2013/07/05 11:40 ]Posted by七曜高耶 | 個人的なお話 | TB(0) | CM(8)[記事編集]

アメリカの東海岸沿いに大地震、大津波を起こそうとしています!!??

おはようございます、七曜高耶です。
本日は、まほろば読者様の桃加からの情報で、記事を書く事にしました。

以下は【日本や世界や宇宙の動向】様より転載させて頂きました。
7月3日付けのものの様です。
ビデオの和訳も有りましたので、併せて載せています。どうぞ、ご覧下さいませ。


2013年07月04日14:53

【転載元:日本や世界や宇宙の動向】様。
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51889861.html

アメリカの東海岸沿いに大地震、大津波を起こそうとしています。


現在、アメリカ国内には相当の数の外国軍が配備されています。しかも、かなり多くの国の軍隊です。
米軍と軍事演習をしていたのはロシア軍だけではなかったのです。その殆どが東海岸沿いに配備されています。西海岸には中国軍が配備されています。米政府はこれらの外国軍を同時期に呼んで、一体何をしようとしているのでしょうか。戒厳令で米国民を捕まえるのに、これほどの大規模な外国軍は必要ありません。
ということで、元米軍エキスパートが伝える内容とは。。。アメリカの東海岸に東日本大震災と同じような人工地震と大津波を仕掛けようとしているそうです。今回は。。。複数の外国軍が絡んでいます。日本の大震災の時はアメリカとイスラエルの仕業と聞いています。一体、誰がこのような複数の国の軍隊を統制しているのでしょうか。信じられない状況です。
もし、本当に米政府は外国軍を巻き込んで、アメリカの東海岸沿いで大地震や大津波を起こそうとしているなら、それはイルミナティがNWOの計画を焦ってやろうとしているとしか言えません。本当に彼等は悪魔に乗っ取られたキチ害達です。
とりあえず、東海岸沿いに住む方々は注意が必要かもしれません。もし何事もなければ、それはそれで、良かったことになります。
http://beforeitsnews.com/alternative/2013/07/possible-false-flag-coast-guard-district-7-off-shore-methane-2701340.html
(ビデオ)
7月3日付け:


(ビデオ)
『元米軍のエキスパートのポッターさんが提供する情報です。
ポッターさん独自の調査によると、6月21日から26日にかけてアメリカ国内で軍事演習を行っていた外国軍(国連軍、NATO軍、ロシア軍、ウクライナ軍、ポーランド軍、ドイツ軍、イタリア軍、メキシコ軍、中国軍(西海岸にいる)、その他)は、これまでの訓練地を去り、現在は、偽旗攻撃を演出する地域に軍装備品と共に移動したそうです。6月26日あたりに偽旗攻撃があると予測した人もいますが、その時は、彼等は準備中でした。同時に米沿岸警備隊は区域7から警備体制を解いています。東海岸の区域7は、フロリダ、サウスカロライナ、ジョージアの海岸を含みます。
これまで、大勢の外国軍が山の中で演習を行っていました。彼等は米軍と似たようなユニフォームを着ています。住民は彼等に近づくことを禁じられています。近づかない方が身のためです。彼等は危険な存在ですから。彼等はあまり慣れていない事をしているようです。ぎこちなく斧を持っていたりします。彼等は複数の言語で訓練を受けています。
10日くらい前に、ロシアとアメリカ間でFEMA協定が結ばれたようです。
大量の外国軍が既にアメリカに配備されているのです。
また、別の情報筋(科学分野に詳しく政府の内部情報を得た人物)によると、外国軍が2、3か月前から東海岸(区域7)で大規模訓練を行い始めてから、沿岸警備隊の活動は緊急時以外は殆ど休止状態です。また、その間に2人のFBIエージェントがヘリコプターの訓練中に墜落事故で死亡しています。どうやら、この2人はボストンの爆破事件についての真相を知っていたようです。
さて、2013年3月に起きた日本の大震災と福島原発事故に関して、地震や津波は、海底の割れ目に核爆弾を仕掛けて爆発させて大地震と津波を発生させたと言われています。福島原発からの放射能汚染も問題になっています。
政府の下で働いていた科学者からの情報によると、日本の大地震、津波、福島原発事故は人工的に起こされた可能性が大きいそうです。アメリカの東海岸にもいくつもの原発や原子力施設があります。そしてポートシティでも軍事演習が行われていました。
日本に大震災を発生させたように、大西洋の海底の割れ目に核爆弾を仕掛けて爆発させると、アメリカ東部に大地震を起こすことができ、東海岸沿いに巨大津波が襲い壊滅的ダメージを与えることができます。しかし、このような地震は、あくまでも自然発生のように見せかけます。
さらに東海岸沿いに存在する原発や原子力施設を破損し、特に東海岸沿いは放射能で汚染されます。
東海岸の沿岸警備隊は現在活動中止をしています。外国軍の殆どが東海岸に集中しています。中国軍などの一部の外国軍はカリフォルニアに配備されています。
つまり、大量の外国軍が東海岸に配備されたと言うことは、その地域に自然災害に見せかけた人工災害を起こす計画があるということです。
現在は、既にそのエリアに人工災害を起こす準備が整っています。本当に大西洋の海底で人工的に地震を起こしたなら、アメリカの東海岸沿いは徹底的に破壊されます。しかしそれが、噂されているように、7月4日に起きるかは分かりません。ボストンの爆破事件もありました。これまでの状況から、アメリカで人工地震を起こす可能性は大きいのです。現在、ワシントンDCの政府関係者はみなどこかに行ってしまっています。
東海岸沿いに住んでいる人々は早くそこから逃げてください。
福島で起きた人工災害はアメリカでも起こされる可能性があります。彼等は気象兵器を使って行うでしょう。』

人工災害を起こすことで、米政府は戒厳令を敷くのに完璧な状況を創ることができます。また、グローバリスト・カバル(イルミナティ)が隠れて大規模金融犯罪を行い、米ドルを崩壊させ、アメリカに彼等のNWOを樹立させるのに完璧なシナリオとも言えるでしょう。




2012年3月22日に視た夢を私は思い出した。
もし、この情報が、信頼に足るものならば、この時視た夢の意味が見えてくる様な気もするからだ。
勿論、単なる夢で終わりたいところなのだが、やはり可能性としてあるのならば、この記事で上げていきたいと私は思っている。
まあ、アメリカが危ないと言うニュースは毎度の事ではあるが、少しの間静観していたいと思う。
http://orangeapple01.blog62.fc2.com/blog-entry-1055.html









七曜 高耶



応援クリックを宜しく御願い致します。有難う御座います!!



[ 2013/07/05 08:01 ]Posted by七曜高耶 | 第三次世界大戦 | TB(0) | CM(0)[記事編集]

西・東日本、東北地方で激しい雨のおそれ  土砂災害にもご注意下さい。


2013年7月2日に視た土砂災害の夢 

http://orangeapple01.blog62.fc2.com/blog-entry-1558.html

の可能性が非常に高いです。子供様をお持ちの方は絶対に河川付近(ドブ川付近にも)近寄らせない様にして下さい。
特に危険なのは、雨が小降りになってきた時です。
夢の中では、小学校6年生位の男の子が危険なドブ川付近におり、落ちそうになっているところを私は視ました。
皆様も、どうぞ子供様に注意を宜しく御願い致します。
併せて、土砂の可能性の有る場所にお住まいの方もどうぞご注意下さい。


西・東日本、東北地方で激しい雨のおそれ

ウェザーマップ 7月4日(木)5時11分配信


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130704-00010000-wmap-soci

梅雨前線


西・東日本、東北地方で激しい雨のおそれ

4日午前5時5分現在の雨雲の様子。引き続き激しい雨に警戒。

 西日本、東日本、東北地方では、5日にかけて大気の状態が非常に不安定となり、雷を伴った非常に激しい雨の降る所がある。
 気象庁では、引き続き土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水やはん濫に警戒するとともに、落雷や竜巻などの激しい突風に注意が必要だとして、発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど安全確保に努めるよう呼びかけている。

 気象庁によると、梅雨前線は東北地方から日本海に停滞し、前線に向かって南から暖かく湿った空気が流れ込み、西日本から東北地方にかけては、5日にかけて大気の状態が非常に不安定になるという。
 西日本、東日本、東北地方では、断続的に雷を伴った激しい雨が降り、4日は西日本と北陸地方で1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降る所がある。
 九州北部ではすでに記録的な雨となっており、3日には1時間の降水量が、福岡県北九州市八幡西区で73.0ミリ、大分県由布市湯布院町で67.0ミリと、いずれも観測史上1位の値を更新した。

 5日6時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多い所で、九州北部地方(山口県を含む)、近畿地方で150ミリ、九州南部、中国地方120ミリ、北陸地方、東北地方100ミリ、東海地方80ミリの見込み。
.
最終更新:7月4日(木)5時40分













七曜 高耶



応援クリックを宜しく御願い致します。有難う御座います!!



[ 2013/07/04 08:36 ]Posted by七曜高耶 | 個人的なお話 | TB(0) | CM(31)[記事編集]

<大飯原発>運転継続を了承…9月まで 原子力規制委 教訓を生かせない日本

2013年6月22日に視た夢の事も有り、
http://orangeapple01.blog62.fc2.com/blog-entry-1549.html

このタイミングで大飯原発の運転継続は、あまりにも恐ろしい。
希望的観測で、夢は現実には起こらないと思いたいが、福島県の時の様に、「想定外」の事も起こりうる可能性も彼らには頭の中に叩き込んで頂きたい。

「活断層」に対する結論を先送りにしたいのは良く判る。
何故なら、大金が絡むから・・・・。

だが、しかし、本当にその大金を心から望むのならば、まずは「想定内」にした動きをするべきであると七曜は思う。
そして、もし「夢」がこの事を事前に警告していての事ならば、尚更危険である事に変わりは無いだろう・・。


<大飯原発>運転継続を了承…9月まで 原子力規制委

毎日新聞 7月3日(水)11時53分配信


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130703-00000030-mai-pol

大飯原発


<大飯原発>運転継続を了承…9月まで 原子力規制委

関西電力大飯原発(左奥から1号機、2号機、3号機、4号機)


 全国で唯一稼働中の関西電力大飯原発3、4号機(福井県)について、原子力規制委員会は3日の定例会で、定期検査に入る9月までの運転継続を了承した。原発の新しい規制基準(8日施行)に照らして「直ちに安全上重大な問題が生じるものではない」と判断した。一方で「安全のレベルに上限はなく、安全に対する意識は合格点に達していない」と関電にくぎを刺した。

【「決定的にこれが欠けているという印象を持たず」】大飯原発、現地調査終了 規制委、重大な問題ない

 ◇「活断層」結論先送り

 規制委は今年4月、更田豊志(ふけた・とよし)委員を筆頭とする検討チームを発足。最大規模の地震、津波、竜巻、火山噴火に対する施設の安全性など、新規制基準の項目ごとに現状を評価した。

 焦点になったのは、事故時に前線基地となる「緊急時対策所(免震事務棟)」。関電は免震事務棟が完成する2015年まで、3、4号機の会議室を仮設として使う計画を示していた。だが、検討チームは「3、4号機で事故が起きたときに機能しなくなる恐れがある」と問題視。そこで関電は、1、2号機の停止を前提に両号機内の会議室を使う計画に変更し、規制委も了承した。

 起こりうる地震の規模や施設の揺れを把握するための地下の立体構造の把握や、自動消火設備の設置は未実施だが、規制委は「いずれも直ちに安全上、重大な問題が生じるものではない」とし、新基準施行後に完了すればよいと許容した。

 さらに、敷地内を通る断層「F-6破砕帯」については、活断層かどうかについては決着していないとして結論を先送りした。

 関電は今回の了承を踏まえ、3、4号機は新規制基準に適合していると受け止めている。また、F-6破砕帯も活断層ではないと主張。3カ月程度とされる定期検査を終えた12月に運転させたい考えで、近く再稼働を申請する方針。だが、規制委はF-6破砕帯の調査結果がまとまることを前提としており、その後の再稼働は不透明だ。【岡田英】

 ◇解説…電力需要増にらみ現実路線

 原子力規制委員会は関西電力大飯原発3、4号機(福井県)の稼働延長を認めたが、敷地内に活断層があるかどうかの結論を先送りした。「安全上、重大な問題がない」という今回の判断は暫定評価に過ぎず、夏の電力需給をにらんだ現実路線を選択した格好だ。

 両号機の基準への適否を調べる規制委の検証作業は、新規制基準の施行前とあって法律に基づく手続きではない。昨夏の暫定ルールで審査された大飯原発が稼働し続けることに対する国民の不安に応える目的で実施された。

 規制委が結論を先送りした敷地内での活断層の有無は、原発の安全性を考える上で極めて重要な要素だ。8日に施行される新規制基準では、活断層の真上に重要施設を設置することを禁止している。大飯原発では3、4号機に冷却用海水を送る重要施設「非常用取水路」を横切る断層「F-6破砕帯」が、活断層かどうかが問われている。

 だが、活断層か否かは専門家の意見が分かれ、結論にいたっていない。検証作業は新規制基準が施行される前までに終えようと、できる範囲で「安全上重大な問題があるか」を確認することを重視。網羅的な審査は、新規制基準の施行後に行うという考えで進められた。

 その意味で、論点を絞った作業になったのはやむを得ないが、活断層問題が決着しない段階で「安全上重大な問題はない」と言っても説得力に欠ける。【岡田英】



日本はこれから先の未来も、数多の教訓を生かす事無く時間と共に過ぎていくのだろうか・・・・。








七曜 高耶





[ 2013/07/03 13:05 ]Posted by七曜高耶 | 原発事故 | TB(0) | CM(46)[記事編集]

2013年7月2日に視た夢。

2013年7月2日に視た夢。土砂災害の夢。

土砂災害警戒区域はご注意下さい。


国名:日本








七曜 高耶



[ 2013/07/02 10:33 ]Posted by七曜高耶 | 2013年予知夢 | TB(0) | CM(0)[記事編集]

小説の次はイラストコンテストとは・・・。

シンクロニシティと言うものは、多々存在している。

ただ、それを「意味の無い、単なる偶然」か、それとも「意味のある、偶然の一致」と受け取るかに大きな違いがあるものと私は考えている。
例えば、その日3度同じ内容の言葉を言われたとする。これは明らかに何かしらの「メッセージ」なのだ。
だが、これを唯単に偶然だと決め付けるのと、「メッセージ」だと理解し行動をとるのとでは、大きな差が生まれる。


つい先日、長男君が私に良いプレゼントがあると言うので、私はとても嬉しかった。
プレゼントは何だろう?と、心弾ませていたのだが、徐にカバンの中から取り出したものは、「イラスト作品募集」の紙・・・・。しかも「猫」ちゃんのイラストのみ。

う~~~ん。


この前フィクション小説作品を出したばかりなのに、また作品募集の紙。


これは一体何なのだろうか?
まさに何かの「メッセージ」である事は確かなのだが、2度目のシンクロニシティ。

長男君は「お母さん絵を描くの得意でしょ?これに出してみたら?」とは言うものの、七曜、絵を描かなくなってから既に二十年経過している。
当時は確かに「同人誌」といわれるものを描いて売ってはいたが、これはかなりブランク有り過ぎてかなりキツイ様にも思える。

だが、この様なシンクロには必ず何かしらの「メッセージ」が其処に在る。
これを無視してしまうのは非常にもったいない事である。


締め切りが今月中旬という、物凄い短いものなのだが、長男君の気持ちも汲んでこれに応募してみようと思っている。
ただ、難題が一つあるのだが、七曜は色付けが非常に苦手分野なので、これは勉強をしなければならない感じだ。


この歳になっても勉強勉強。だんだんと萎縮してきている脳を鍛え直す機会なのかもしれないと思う今日この頃でした。








七曜 高耶


応援クリックを宜しく御願い致します。有難う御座います!!



[ 2013/07/02 07:59 ]Posted by七曜高耶 | 不思議なお話し | TB(0) | CM(11)[記事編集]

2013年7月1日に視た夢。ヴォルケーノ

こんにちは、七曜高耶です。


本日は久し振りの夢日記となります。

2013年7月1日に視た夢は「ヴォルケーノ」です。

ふ、と頭を過ぎりましたのは「イルミナティ・カード」です。
もしかして、「イルミナティ・カード」の中に「ヴォルケーノ」と言う名のカードがあるのではと思い、探してみましたら・・・・ありました。「ヴォルケーノ」と言うネーミングそのままのカードが。

それが、こちらです。

ヴォルケーノ

七曜はこの「イルミナティ・カード」について、詳しい訳では無いですので、色々なサイトを検索を試みました。そしてですが、判ったのはこのカードは陰謀論者達の間では、この「火山噴火の山」が指しているのは、あの日本の「富士山」ではないか?と言われている様なのです。

ですが、七曜の夢と照らし合わせると、少しばかり違う様ですので、この「イルミナティ・カード」との関連性は無いという結果が導かれました。

では、七曜が視た「ヴォルケーノ」の場所は・・・と言いますとですね、確率的には富士山よりかなり低いかもしれない「ハワイ」でした。
この「ハワイ」についても七曜よく知りませんから、またしても検索してみました。

とりあえず、陸地にあるのは「マウナ・ロア(活火山)」と、「キラウエア(活火山)」の二つのようです。後は「海底火山」でしょうか?とにかく「IN」と言う言葉も聴こえてきましたので、御心当たりの有ります方は是非お知らせ下さい。


宜しく御願い致します。




日時:不明
天候:煙の為視えず。不明のまま。

被害状況:不明


大丈夫であるとは思いますが、渡航予定の方、若しくはそちらにお住まいの方はどうぞご注意下さいませ。









七曜 高耶



応援クリックを宜しく御願い致します。有難う御座います。


[ 2013/07/01 17:38 ]Posted by七曜高耶 | 2013年予知夢 | TB(0) | CM(0)[記事編集]