■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium


□最新記事
□最近のコメント















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]Posted by七曜高耶 | スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)|[記事編集]

打ち上げ失敗の米ロケット、自爆させていた!

打ち上げを失敗したと思われていた無人ロケット「アンタレス」が、実は自爆させていたらしい。

以下がCNNの記事になるのだが、真実はどうなのだろうか?

穿った見方をすれば、打ち上げを「失敗」したと世界に知られるよりは「自爆」させたと言った方が体面を保てるからではなかろうか?
ここのところ運気下降気味の米国は、これ以上の失態は増やしたくない筈。

だが、この「自爆」が事実とするならばそれはそれで恐ろしい気もする。
今回は無人ロケットの自爆だが、有人ロケットにも同じ様に遠隔の「自爆スイッチ」があったならばどうなるのか・・・・・・?



打ち上げ失敗の米ロケット、自爆させていた
2014.10.31 Fri posted at 10:58 JST


http://www.cnn.co.jp/usa/35055953.html?tag=top;topStories



開発元で運航を担当していた会社がロケットを自爆させていたと明らかにした

アンタレス 米ロケット、爆発の瞬間







爆発ロケットの残骸に触らぬよう呼びかけ

(CNN) 米航空宇宙局(NASA)との契約で打ち上げられた無人ロケット「アンタレス」が爆発した事故で、同ロケットを運航する米民間企業オービタル・サイエンシズ社は30日、打ち上げ時に問題が生じたために同機を自爆させていたことを明らかにした。

オービタル広報幹部のバーロン・ベネスキ氏は電子メールで、アンタレスのフライト終了システムを作動させていたことを確認した。

これについてNASAの元宇宙飛行士でスペースX社顧問のマーク・ケリー氏は、オービタル社の判断は正しかったと述べ、「軌道に到達できないと分かった時点で、人が住む地域への墜落を防ぐため破壊システムを作動させた」と解説している。

アンタレスは28日夜、バージニア州から打ち上げられた直後に爆発した。同機は国際宇宙ステーション(ISS)に届けるはずだった2トンあまりの物資や実験機材を積んでいた。


それにしても一番気になるのは「爆発ロケットの残骸に触らぬよう呼びかけ」ていること。


http://www.cnn.co.jp/video/13552.html

何か変な物積み込んでいたりして・・・・。





七曜 高耶



クリック頂き有難う御座います。






応援有難う御座います!


宇宙科学 ブログランキングへ

スポンサーサイト
[ 2014/10/31 19:42 ]Posted by七曜高耶 | 陰謀 | TB(0) | CM(0)[記事編集]

茨城沖に警戒!! 今月31日迄にM6以上の地震の恐れ

昨日の記事なのですが、今月31日迄にM6以上の地震が茨城沖に起きる恐れがあると言う事です。

昨日はこれといって大きな地震は有りませんでしたので、今現在18時から明日一日は茨城を中心とした隣県は要警戒で御願い致します。

予測される地震の規模はM6以上です。
ツイート&転載をして頂ける方は是非宜しく御願い致します。
七曜自身も本日は地震雲を見ていますので、この警告はやはり気になります。
予測が果たされる事が無い事を祈っています。


茨城沖に警戒 M6以上の地震の恐れ 予測的中の電通大名誉教授が警告

2014年10月29日 17時12分
ZAKZAK(夕刊フジ)

http://news.livedoor.com/article/detail/9411828/


地震解析ラボ:http://earthquakenet.com/blog/researcher/hayakawa




 東日本大震災から3年半が過ぎたが、大地震への恐怖はいまだに収まっていない。9月中旬には、茨城県南部を震源とするマグニチュード(M)5・6、最大震度5弱が発生し、重傷者を含む複数のけが人が出た。実は、この地震を予測し、的中させた研究者がいる。地殻からの電磁波の異常を解析して兆候を捉え、発生の5日前に場所と規模をほぼ特定していたのだ。研究者は、今月31日までに「茨城沖でM6以上の新たな地震が起きる恐れがある」と警告、注意を呼びかけている。

 栃木、群馬、埼玉3県など、関東の広範囲で震度5弱を観測した9月16日の地震。オフィス街の東京都千代田区でも震度4を記録した。

 震源が茨城県南部の内陸だったことから、東大地震研が「4年以内に50%以下の確率で発生する」(2012年公表)としたM7級の首都直下地震を思い起こさせた。

 この地震をピタリと予測したのが、『地震は予知できる!』(KKベストセラーズ)の著者で電気通信大学名誉教授(電波理工学)の早川正士氏(70)だ。

 「地震発生直前の9月11日、『9月15日から19日までの間に関東内陸部でM5・5程度、最大震度5強』という地震の発生予測を出した。ほぼ完璧に発生時期や規模、場所を特定できた」(早川氏)

 同氏は、地震の前に地殻から発生するとされる電磁波の異常を測定し、地震の発生場所や規模、時期を予測する研究を続けている。

 宇宙開発事業団(現・宇宙航空研究開発機構)に在籍していた1995年、兵庫県の淡路島北部を震源として発生した阪神・淡路大震災(M7・3)を契機に研究をスタート。2010年から電通大、千葉大、中部大との産学連携事業「地震解析ラボ」(東京都港区)で携帯電話やスマートフォン、パソコンの会員向けに予測情報を配信するサービス(月額200円~)を行っている。

 情報は週2回更新され、先の茨城県南部を震源とする地震予測も約2万人の会員に配信した。

 「地震学での予知研究は、10~100年単位での中長期予測が中心となり実用性に乏しい」(地震学者)が、早川氏の研究では、数日から1週間先の短期予測を可能としていることから、防災計画に役立てやすい側面がある。

 なぜ短期予測は可能なのか。

 「地震の数日から1週間前には、地下にある地殻が破壊され、そこから電気が発生する。これによって電磁波が生じ、大気上空にある電離層に異常が生じる。この異常を測定することで、地震の場所や規模を特定する」(早川氏)

 異常を測定するために利用するのは、電波時計や潜水艦の通信用電波で、早川氏は「全国15カ所に受信局を設置し、得られたデータの解析にあたっている」と説明する。

 気になるのは、次に起こりうる地震のエリアと規模だ。



 早川氏は「解析結果で、茨城県沖の海底を震源とするM6以上の地震が今月31日までの間に発生する可能性が出ている。内陸型ではないため、それほどの揺れにはならないかもしれないが、津波には警戒が必要だ」と指摘する。



 茨城県沖は、太平洋プレートと陸のプレートの境界に位置し、これまでもM6以上の大型地震を繰り返してきた。

 東北の三陸沖を震源とし、M9・0を記録した東日本大震災では、最大震度7が襲った直後、その余震とみられるM7・6、同6強の揺れを観測しただけに同じような連鎖が起きないともかぎらない。

 長野、岐阜県にまたがる御嶽山(おんたけさん)が噴火するなど、地震との関連が指摘される火山活動も活発化の様相を呈している。早川氏の研究は火山活動の監視にも役立つという。

 「火山噴火の前には地下のマグマだまりからマグマが上昇し、それに伴って地電流が発生する。火山の両端に観測器を設置してその電流を計測すれば、火山活動の予知に使えるはずだ。場所は特定されているのだから、より確実な予知が可能になる」(早川氏)

 先の大震災以降、不穏な動きを続ける日本列島。電磁波などあらゆる科学的手法を総動員して、被害を最小限にとどめたい。








七曜 高耶



クリック頂き有難う御座います。





応援有難う御座います。


地震 ブログランキングへ

[ 2014/10/30 17:08 ]Posted by七曜高耶 | 地震 | TB(0) | CM(1)[記事編集]

2014年10月30日に視た夢。 「震源」

2014年10月30日に視た夢。


2014年10月30日に視た夢は、「震源」。
詳しく知る為に検索した結果、夢で視た場所に「周防灘断層群」が有る事を知った。
以下、その夢で視た箇所(地図での示され方)を載せる。



ピンクの丸部分:周防灘断層群

地震発生確率は30年以内での確率で、2%~4%程度になっている。
確率的に低い様である為、今日視たこの夢に意味は無いのかもしれないが、とりあえずアップしておく事にする。
以下、詳細を載せる。


○将来の地震発生の可能性 
≪周防灘断層群主部≫
 地震の規模  : M7.6程度
 地震発生確率: 30年以内に、2%~4%  (地震発生確率値の留意点)
 地震後経過率: 1.3-1.9  (地震後経過率とは?)
 平均活動間隔: 概ね5800年-7500年
 最新活動時期: 約11000年前-10000年前

夢では震源となる「周防灘断層群」によって、その振動は波紋の様に広がり、伊予灘及び大分に伝わる可能性有り。
特に伊予灘に影響が出る可能性も有る。

日付・時間・規模や季節も判らなければ全く意味のないものなのだが、日本は地震大国であるからいつでも避難出来る様にして頂きたい。








七曜 高耶




クリック頂き有難う御座います。




応援宜しく御願い致します。有難う御座います。


地震 ブログランキングへ

[ 2014/10/30 14:49 ]Posted by七曜高耶 | 2014年予知夢 | TB(0) | CM(1)[記事編集]

英国で実施された世論調査!!「あなたは神と宇宙人、どちらを信じますか?」


世論調査では、多くの英国人は神よりも宇宙人を信じていることを明らかにした
投稿者: ジェイソン·マクレラン 2014年10月27日



宇宙人


UFOと宇宙人についての投票がかなり一般的であり、近年人気が高まっているように見える。

ほとんどすべてのこれらのポーリングは、ほとんどの人が地球外生命の存在を信じていることを明らかにしている。
これはUFOが/エイリアンを扱う最新の世論調査でも同様です。しかし、この世論調査ではまた、より多くの英国人は神を信じるより宇宙人の存在を信じていることが明らかになりました。


リプリーが行ったこの調査では、それを信じるかどうか!ロンドンでは、ポーリングされた1500の成人のうち、4分の1しか、神を信じて言ったのに対し、半数以上が宇宙人を信じていると言う結果を出しました。

ポーリング500人の子供たちの64%はエイリアンを信じ、三十三%は神を信じていた。
そして、驚くべきことに、これらの子供たち(エイリアンを信じているグループ)の二十六%は実際にエイリアンが地球上でここにいないだけでなく、人間として偽装されていることを信じています。

宇宙人1
(クレジット:オープンマインド)


以上、世論調査の結果になります。

まあ、英国人が「神」よりも「宇宙人」を信じる気持ちも判るような判らないような。
陰謀論者の言うところのベスはレプティリアンだそうですから、

ベス1

そのお膝元で「宇宙人を信じない」と言うのは、彼らのプライドを激しく傷付ける行為にも成りかねないかも(笑

しかし、一番驚いたのは64%のエイリアンを信じる子供達の26%は「人間として偽装されていることを信じている」と言う事でしょうか?
大人達より子供達の方が本質を見抜いているのかもしれませんね。











七曜 高耶



クリック頂き有難う御座います。





応援有難う御座います!


宇宙科学 ブログランキングへ


[ 2014/10/29 17:20 ]Posted by七曜高耶 | UFO | TB(0) | CM(0)[記事編集]

「逃げなければ生存率はほぼゼロ」「山を向いて逃げればチャンスはある」 南海トラフ大地震

 神戸大学大学院の巽好幸教授らのグループは、日本列島で過去12万年間に起きた火山噴火の規模と頻度を統計的に解析した結果、今後100年の間に日本の生活をマヒさせるような巨大噴火が起こる確率は1%,である、との結論に達したらしい。


学者達は報告書の中で「巨大カルデラ噴火は、日本ではいつでも起こりうる。最悪の場合、噴火により1億2千万人の生活と活動がマヒしてしまう。この数は、日本全体の人口にほぼ等しい」と指摘している。

また報告書の中では「巨大地震も、日本に非常に大きな損害をもたらすだろう。しかし今後30年の間に起こる確率が70%と言われている南海地震の場合でも、犠牲者は30万と見られている。これに対し、巨大噴火が起きた場合、日本自体が消滅してしまう可能性があると言っても過言ではない」と述べられている。


要するに100年後内に日本は地図上から消滅してしまう可能性が高いと言う事だ。

いくら南海トラフ大地震が起きた際に生き残れたとしても、日本が消滅しては意味が無い。
それが100年内に起こるとすればもっても次世代迄・・・と統計では出ているが、「所詮統計だから・・」と思うしかない。

どちらにしてもそう思う事しかどうしようもない。

避けられない事象なのだから・・・・。

そして、学者がどう言おうが、既に上からのお達しは来ていましたからこの事象の結末は判っていますしね。
更に言えばFC2メールで判った事ですが、他の方も同様にお知らせが届いている様なのです。

ですからその方々がどの様に行動するかによって未来が変わると言う事になりそうです。



「逃げなければ生存率はほぼゼロ」「山を向いて逃げればチャンスはある」 住民戸惑いも 「避難困難地域」異例の公表

http://www.sankei.com/west/news/141028/wst1410280032-n1.html




 南海トラフを震源とする最大地震で、和歌山県は28日、わずか数分で津波が到達する地域などを「避難困難地域」として設定し、踏み込んだ内容の被害想定を発表した。県は「不安を感じる人もいるだろうが、逃げなければ生存率はほぼゼロになる」とするが、高台避難が困難な高齢者が多い地域もあり、現場に突きつけられた課題は重い。

 「悲観的になってもしゃあない。やっぱり取り組んでいかんと」

 津波避難困難地域となった和歌山県串本町姫地区の竹田敏明区長(62)はこう語った。昨年、住民の手で避難路を整備。草木を刈ってブロックを埋め込んだ階段を作り、手すりも設置して海抜26メートルまで逃げられるようになった。

 海に面した集落の住民115世帯のうち、約半数が高齢者だ。県の発表では、津波は最短10分で到達するとされ、最高で約10メートルの高さまで押し寄せる。あきらめを口にする住民も少なくない。

 竹田さんは「山を向いて逃げればチャンスはある」と話す一方、「実際に寝たきりの人をおぶって逃げるのは難しい。自分の命は自分で守るしか…」と表情を曇らせる。県が対策の一つとして挙げた高台移転については「自己資金がいるとなると厳しい。現実的ではない」と話した。

 仁坂吉伸知事は28日、「南海トラフについては、このままでは耐えられないところもあるので、積極的に対策を考えていきたい」と話したが、県の担当者は「単純に避難困難地域を解消しようとすると、街のほとんどが避難タワーになる。それでは街の機能が果たせなくなる」と指摘し、現状、有効な手立ては見当たらない。

 串本町では現在、消防本部や町立病院などを高台に移転し、今後、町役場や幼稚園、小学校なども移すことにしているが、あくまで40~50年先の町づくりを見据えたもの。県の発表を受けて町総務課防災防犯グループの浜地弘貴副課長は「まずは(現状のビルを活用した)避難ビルを増やし、避難困難地域解消に取り組む」とする。

 群馬大大学院の片田敏孝教授(災害社会工学)は「逃げ切れない人たちの存在をあいまいにすることは、危険な状態に目をつぶることを意味する。積極的に対処するためにも、設定したことは評価できる」と指摘した。



南海トラフ






七曜 高耶



クリック頂き有難う御座います。





応援有難う御座います。


地震 ブログランキングへ

[ 2014/10/29 10:21 ]Posted by七曜高耶 | 地震 | TB(0) | CM(0)[記事編集]

NASAの無人ロケット「アンタレス」が打ち上げ直後に爆発炎上!!



NASAの無人ロケットが打ち上げ直後に爆発し炎上
テレビ朝日系(ANN) 10月29日(水)8時0分配信



 NASA(米航空宇宙局)が打ち上げた新型の「アンタレス」ロケットが、打ち上げ直後に爆発し、炎上しました。けが人はまだ確認されていません。日本時間の29日午前7時ごろ、バージニア州で国際宇宙ステーションに物資を運ぶためのロケットが打ち上げ直後に爆発しました。原因はまだ分かっていません。ロケットは無人機でした。.




米物資補給機シグナス補給船運用3号機(Orb-3)「アンタレス」の打ち上げを失敗しましたが、




宇宙での物資は足りるのでしょうか?
そちらが心配です。

動画でも判る様に、約6ヶ月間の滞在期間だそうですから、次号期の製作期間が気になります。

爆発箇所は第一段エンジンからとのことです。








七曜 高耶



クリック頂き有難う御座います。




応援有難う御座います。感謝!


宇宙科学 ブログランキングへ

[ 2014/10/29 09:50 ]Posted by七曜高耶 | 事件 | TB(0) | CM(1)[記事編集]

エボラ熱、水際対策強化=流入阻止困難と厚労省


エボラ熱、水際対策強化=流入阻止困難も―厚労省

時事通信 10月28日(火)9時36分配信


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141028-00000030-jij-soci



 結果的にエボラ出血熱のウイルスは検出されなかったが、今回発熱を訴えた男性は、羽田空港の検疫所で自らリベリアへの滞在歴を申告したことから、早期に検査実施などの対応が取れた。ただ、厚生労働省は水際での阻止を最優先に対策を講じているが、すべての流入を阻止するのは困難なのが実情だ。
 厚労省によると、各検疫所では8月以降、流行国からの乗り継ぎ便に注意し、サーモグラフィーで入国者の体温を測定。ギニア、リベリア、シエラレオネ、コンゴに滞在していた場合には申告するよう呼び掛けている。
 38度以上の発熱などの症状があり、潜伏期間の21日以内に患者の体液などへの接触歴があれば、検疫法に基づき隔離措置が可能。接触歴がなくても、コンゴを除く3カ国の滞在者には21日間、体温や健康状態を毎日2回報告するよう義務付けている。
 さらに今月24日からは、法務省入国管理局と協力し、入国審査の際に全員の滞在歴を確認。9カ国語のボードを提示し、3カ国の滞在者には検疫所に申告したかどうかを尋ねている。


 しかし、入国者は全国の空港で年約2800万人に上り、全員の滞在歴を細かくチェックするのは困難だ。自覚症状がない感染者は、検疫で時間が取られるのを嫌がり、入国審査で虚偽の回答をする可能性もある  

塩崎恭久厚労相は会見で、「国内に入り込むのを防止するのが第一。できる限り対策を講じ、リスクを減らしたい」と強調していた。 



米国では、25日にギニアから到着した5歳の男児が、エボラ出血熱に感染している疑いで、ニューヨーク市内の病院で隔離され、観察を受けている事を複数の国内メディアが27日報じています。

ABCニュースは市保健当局者の発言として、男児には39度の発熱症状があるが、これまでエボラ熱の検査は受けておらず、検疫中でもなかったと伝えました。




男児は嘔吐(おうと)し、ブロンクスの自宅から救急搬送されたそうですが、日本でもこの危険性は有るのかも知れません。
高熱と言いましても39度程度で、嘔吐ならば風邪から来る症状にしか思えませんし、日本は大丈夫だと言う意識から「エボラ」の検査を行わない方もいる筈です。勿論、七曜もその一人かもしれません。

ですから流行り始めれば瞬く間に感染の広がりをみせ、感染列島日本へと変貌する可能性も無いとは言い切れないところが有りそうです。

更に上記事に書かれている様に、「接触歴が無くても」と言う書き方は、裏を返せば「カナダ公衆衛生局」が公表したエアロゾル化したエボラの可能性を示唆しているとも受け取れます。
そうだとしても政府が公表する訳も無く、ある程度の情報やマスコミの情報を鵜呑みにする人間に対して非常に好都合であり、扱いやすいからでしょう。

今はまだ、日本国内での感染の夢は視ていませんが、視た時には記事に書くつもりですので、その時はどうぞ宜しく御願い致します。







七曜 高耶



クリック頂き有難う御座います。





応援有難う御座います。


学問・科学 ブログランキングへ

[ 2014/10/28 11:14 ]Posted by七曜高耶 | 新型ウイルス | TB(0) | CM(0)[記事編集]

米国の嘘。 エアロゾル化していた?エボラ出血熱。カナダ公衆衛生局が発表


「エボラ出血熱パニックに米国防総省が関与!?」が疑われる内容の論文を、プリンストン大学のウィリアム・エングダール政治学博士が書いている。
それは「エボラ出血熱-儲かるヒステリー騒ぎ続く」の中で指摘されているもので、博士は、現代の地政学に関する一連のシリーズの著作を発表している。

プリンストン大学の政治学博士だからこそ適当な理由で指摘しているはずは無い。
それなりの情報を元に論文を書いているだろう。


更にカナダの公衆衛生局は、そのウェブサイト上で次のように述べている。

カナダ1


「それはまだ決定的に証明されてはいないが、研究室では、小粒子エアロゾルを介して感染が霊長類において実証されている。およびヒト間の浮遊拡散が強く疑われている。伝送のこの経路の重要性は明らかではないが、不衛生な状態の場合は、ウイルスの拡散を助けることが判っている。」

と。

判りやすく説明すると、以下記事内でも書かれている様に、米国はエボラウイルスが流行する以前の2010年に、米国防総省とエボラ・ウイルス研究について総額1億4千万ドルの契約を結び、そしてつい最近新薬を開発した企業『テクミラ』の株を引き上げるため、人為的に仕組まれ、エスカレートさせたものだったのだ。


だからこそ、真の目的を出来るだけ知られない様にする為に、米紙ワシントン・ポストを使い、目を逸らせる為に、「ロシア」を持ち出し意識をそこに向けさせたのだろう・・・・。

だが、多くの人々はそれに騙される程愚かでは無く、裏の意図を瞬時に理解出来るほどの賢さを持ち始めている。
嘘をつけない時代になってきているのだ。


エボラ出血熱パニックに米国防総省が関与!?

http://japanese.ruvr.ru/news/2014_10_27/ebora-beikoku/


エボラ10 © Photo: AP/Sunday Alamba


エボラ出血熱をめぐるヒステリックは大騒ぎは、「世界を救う薬」を売るため、米国防総省の依頼で作成された、よくあるWHO(世界保健機構)のプロジェクトである可能性がある。


こうした推測は、プリンストン大学のウィリアム・エングダール政治学博士の論文「エボラ出血熱-儲かるヒステリー騒ぎ続く」の中で指摘されているもので、博士は、現代の地政学に関する一連のシリーズの著作を発表している。



エングダール博士は「エボラ・ウイルス感染の状況は、WHOが喧伝しようとしているほど危機的なものでは決してない。パニックは、2010年に米国防総省とエボラ・ウイルス研究について総額1億4千万ドルの契約を結び、つい最近新薬を開発した企業『テクミラ』の株を引き上げるため、人為的に仕組まれ、エスカレートさせたものだ」と述べ、次のように強調した―

「新薬はテストをパスしなかったにもかかわらず、マスコミ報道によれば、エボラ出血熱に感染した2人の米国人に投与したところ全快したとの事だ。エボラの場合、人類は、欧米が特許をとった兵器や薬の実験台になっている



http://ru.journal-neo.org/





七曜 高耶



クリック頂き有難う御座います。





応援有難う御座います。感謝!


オカルト ブログランキングへ

[ 2014/10/27 19:57 ]Posted by七曜高耶 | 新型ウイルス | TB(0) | CM(4)[記事編集]

地震予知の「串田氏」M7~8の地震が来年2月中旬に近畿で発生とテレビで発表!信じるか信じないかはあなた次第

昨日、子供が視た夢を記事に載せたが、まさか今朝この様な番組で地震の予知を放送していたとは・・・・・。

テレビを殆ど観ない家ですから初めて知りましたが、このタイミング。止めて欲しい・・・・。

子供の夢では七曜が住んでいる場所が揺れるといった情報で、震源が何処になるのか全く判っていない。
まあ、それは子供だから詳しく聞きたくてもよく判っていないのが現状だ。


しかし、近畿や関西付近が震源となるなら我が県だって揺れる可能性はかなり高い。
しかも、逃げようとする程大きな地震に感じられたのならば、つまりそれは震源がそれ程離れていないと言うことか??


だが、波動の法則で考えると、距離が離れているところの方が被害が大きい筈。



それにしてもまた、このタイミングで放送しなくてもなぁ・・・とか思ってしまう。


とにかくこの事象が起きない事を祈るが、子供の夢の件も有る為、心の準備はしておきたい。


地震予知の「串田氏」M7~8の地震が来年2月中旬に近畿で発生とテレビで発表
2014.10.26 20:47 秒刊サンデー




地震予知




秒刊サンデーでも何度も紹介してきました地震予知の研究家「串田嘉男」さん(串田氏)がテレビの放送で、来年の2月中旬にマグニチュード7~8の地震が近畿に発生すると発表しました。この余地はかれこれ2008年ごろからチラホラ話題になっており、昨年は9月に巨大地震が来ると新聞などでも大きく取り上げられておりました。本当にくるのでしょうか。



―発生は来年2月中旬!


串田氏はフジテレビの番組「ニュースな晩餐会 」でこれまでの研究結果を発表。FM電波の強弱を研究・調査することにより、地震の発生時期を特定。極大期を迎えた後縮小する時期が発生するだろうという研究で、東日本大震災の発生時期を特定したとされている。

しかしどれが極大期なのか、またそれが収束するのかはまだ具体的にわかっていない。

そして現在調査中のものはM7~8クラスの地震近畿地方で発生すると発表。発生時期は2月中旬とのこと(放送時に極大期が収束した場合に限る)もちろん番組内ではあくまで「研究」というレベルにとどめたく静観したいというスタンスだが、これまで幾度と無く発生時期が延びていた。

テレビ出演するということは、発生の可能性が高まったのだろうか。


「PHP新書 地震予報」
http://www.jishin-yohou.com/index.html


―今までの経緯

串田氏の今までの経緯を紹介したい。

2013/08/31 夕刊フジが「9月6日近畿にM8級大地震」を報じる
2013/09/04 9月6日地震予知は全否定!
2013/09/06 第6ステージに突入10月頭に地震
2013/10/01 10月頭の予測は「誤解」!発生は中旬予定
2013/10/10 11月中旬に延期の可能性
2013/10/17 11月17日予定もしくは「第7ステージ」への突入
2013/11/18 外れたことを正式に謝罪。第7ステージへ移行を示唆
2013/12/09 「1月初旬」もしくは第8ステージ突入
2014/01/28 3月5日~11日
2014/10/21 2015年2月中旬にM7~8(テレビで報道)


重大なお知らせ 9月6日、近畿地方でM8の地震が起きるかもしれません。 起きる確率はほぼ100%。 みんなで地震の不発を祈りましょう。 今自分が出来る最善策を考えましょう。 広めて下さい。 pic.twitter.com/Cr1rd9EfcT
— 雑学の扉 (@zatugakumaee) 2013, 9月 3

2013年の8月に夕刊フジが報じたころから徐々に串田氏の研究は話題となってきた。
ということでこれら地震予知を信じるか信じないかは皆様しだいだ。


(ライター:Take)






七曜 高耶




クリック頂き有難う御座います。





応援有難う御座います。


地震 ブログランキングへ

[ 2014/10/27 14:01 ]Posted by七曜高耶 | 地震 | TB(0) | CM(0)[記事編集]

サッカー南アフリカ代表主将が銃撃受け死亡

我が子がサッカー少年である為、この様な記事は特に反応してしまう七曜。

昨日も高学年のサッカー大会にGKとして低学年ではあるが、お呼ばれし出場していただけに非常に悲しい訃報である。

センゾ・メイワ氏のご冥福を心より祈りたい。


サッカー南アフリカ代表主将が銃撃受け死亡
AFP=時事 10月27日(月)9時1分配信


サッカー南アフリカ代表主将が銃撃受け死亡


メイワ
サッカーCAFチャンピオンズリーグ2013決勝、アル・アハリ対オーランド・パイレーツ第2戦。アル・アハリのサポーターからレーザーを照射されるオーランド・パイレーツのセンゾ・メイワ(2013年11月10日撮影)。



【AFP=時事】サッカー南アフリカ代表で主将を務めるGKのセンゾ・メイワ(Senzo Meyiwa)選手が26日、ヨハネスブルク(Johannesburg)近郊で銃撃されて死亡した。警察広報がAFPに伝えた。




 メイワ選手が所属する南アフリカ・プレミアサッカーリーグのオーランド・パイレーツ(Orlando Pirates)は、その死を「国にとっての損失」としている。

 警察によると、27歳のメイワ選手はヨハネスブルクから南へ30キロに位置するヴォスルーラス(Vosloorus)の住宅で銃撃され、病院で死亡を宣告されたという。

 未確認の報道によると、メイワ選手が友人宅を訪れていると男が1人入ってきて携帯電話を要求し、発砲したという。

 同国で人気を誇るクラブチームのパイレーツも、同選手が殺害されたことを発表し、「@Orlando_Piratesのファミリーは、ナンバーワンGKで主将のセンゾ・メイワの早すぎる死という訃報に接しました」とツイッター(Twitter)に投稿した。クラブの会長は、「これは、オーランド・パイレーツと国、センゾの家族、とりわけ子供にとって悲しい損失だ」と付け加えている。

 メイワ選手は25日にクラブでの試合に出場し、2015アフリカネイションズカップ(2015 The Africa Cup of Nations)予選では南アフリカ代表として好調ぶりをみせていた。


【翻訳編集】 AFPBB News



サッカー少年達にとって彼等は夢であり、ヒーローであるのに、それを潰してしまうのは大人だったりする。



将来、果たしてその夢を持ち続ける事が出来るか、それとも変わってしまうのか判らないが、今は日本代表のGKを夢見る子供を応援したい。




七曜 高耶



クリック頂き有難う御座います。





応援有難う御座います。


生活・文化 ブログランキングへ

[ 2014/10/27 10:15 ]Posted by七曜高耶 | 個人的なお話 | TB(0) | CM(0)[記事編集]

ロシアがエボラウイルス使用の生物兵器開発断念?


ロシアがエボラウイルス使用の生物兵器開発、断念か 米紙報道



 米紙ワシントン・ポスト電子版は24日、旧ソ連とその後のロシアがエボラ出血熱のウイルスを生物兵器として利用できないかなどについて35年間にわたって研究していたと報じた。

 米研究者らの話を基にしている。最終的に生物兵器には不向きだと判断、研究は終了したという。

 研究中に針が防護用の手袋を突き刺すなどの事故で1996年と2004年に、それぞれ1人がエボラ熱に感染し死亡したこともあったとされる。(共同)


ここから先は【WIKI】より一部転載:

CDCは1946年に創設され、アメリカ国内・国外を問わず、人々の健康と、安全の保護を主導する立場にある連邦機関。健康に関する信頼できる情報の提供と、健康の増進が主目的である。結核など脅威となる疾病には国内外を問わず駆けつけ、調査・対策を講じる上で主導的な役割を果たしている。極端に致死率の高いバイオハザードレベル4(BL-4)に対応できるのは、レベル4実験室(P4、BSL-4、PC4、MCLなどとも呼ばれる)だけで、CDCにあるものがそのひとつである。エボラウイルスなど、危険なウイルスへの対策については、世界中がCDCに依存している。また、危険なウイルスの保存もしており、撲滅が確認された天然痘ウイルスを保存しているのは、公式に保管されているのはここCDCとロシア国立ウイルス学・バイオテクノロジー研究センターだけである。
と、言う様に米紙報道で書かれている「ロシア」だけが保管している訳では無い。

しかも致死率の高いバイオレベル4を公式に保管しているのはCDCとて同じことなのだ。
嘘の多い世界警察米国が報道すること自体間違っている。

因縁をつけては一般人諸共爆撃している米国が何を言っているのか・・・・・・。

どうにかして世界を味方につけたいと考えているのだろうが、これはかえって逆効果ではないだろうか?

何をそんなに焦っているのか??
焦る理由は何なのか??


今、この様な報道をするには何かしらの意図があるのだろう。

自国にエボラが蔓延した際につくる「仮想の敵」にしたいのだろうか?

WTC・イラク・ウクライナ・サウジ・・・・挙げれば切が無い位に出てくる嘘の数々。
そして、北日本大震災も同じくだ。

いつまでこれを続ける気なのだろうか?


因みに余談ではあるが、国連が公式発表をした10月1日から60日間のエボラとの戦いはどうなったのだろうか?
これを過ぎると人類はエボラに完全に敗北をすると言っていたが、残すところ僅か1ヶ月と3日と迫って来ている。

その後の情報を知りたいところだ・・・・。








七曜 高耶




クリック頂き有難う御座います。





応援宜しく御願い致します。有難う御座います!


科学 ブログランキングへ

[ 2014/10/27 06:43 ]Posted by七曜高耶 | 陰謀 | TB(0) | CM(0)[記事編集]

子供が視た地震の夢。 一応、中国・四国地方注意

今日、子供が怖い「地震」の夢を視たと言った。

時期は丁度今頃の服を着ており、時間帯は朝だったらしい。

一応だが、中国・四国地方は注意していきたいと思う。

夢での揺れは結構大きかったという・・・・・・。






七曜 高耶




クリック頂き有難う御座います。





応援有難う御座います。


地震 ブログランキングへ


[ 2014/10/26 18:37 ]Posted by七曜高耶 | 2014年予知夢 | TB(0) | CM(0)[記事編集]

第三次世界大戦は避けられないのか? そして日本はどちらの味方につくのか?

私が再び使命を帯、この地球に誕生し、物心ついた頃には既に上からの情報を送られてきていた。

ブログにはその事を何度も繰り返し書いているが、それは物凄い恐怖との戦いでもあったと言える。
あの頃は今の私と違い、異常に高いサイキック能力を有し、自然の力も利用出来る程であり、勿論眠ることが無くてもヴィジョンと声も聴こえていた。

今は眠らなければ殆どが視えない役立たずなのだが・・・・。

とにかく、子供時代に上から与えられた情報とヴィジョンが視たものは2015年の「第三次世界大戦」の勃発とその可能性だ。
あの頃から考えると、時間の流れも人類の考え方も少なからず変わっているのではと考えてはいるものの、危険性は残っているかもしれない。
何故なら、以下の記事内にもその時期の可能性が書かれているからだ。

我々は彼らの情報元である「アカシックレコード」の通りに動く必要は無いのだ。
「アカシックレコード」は唯の情報であり、変える事の出来るものだと知って欲しい。

今、ここで多くの方々が知ることで、その未来がまた変わる事を祈って・・・・・・。


ロシア大統領顧問の見方「本当に第三次世界大戦は避けられないか?」

http://japanese.ruvr.ru/news/2014_10_26/279201829/


世界大戦 © Photo: RIA Novosti/Sergey Guneev


ロシア大統領地域経済統合問題顧問を務める政治家で、経済学者のセルゲイ・グラズィエフ氏は「米国が世界支配の望みをあきらめるまで、第三次世界大戦が勃発するリスクは保たれる」と指摘し、次のような考えを示した―


ウクライナを破滅的な世界大戦の発火点にしようとしながら、米国は、シリアやイラクでの軍事紛争を支援し続け、中近東の情勢を不安定化させ、中央アジアではタリバンやイスラム戦闘員らの侵略を準備し、ロシア及びその他のユーラシア国家では民主化の名を借りた『カラー革命』を画策し、さらには米政府のコントロール外に出てしまったラテンアメリカ国家においてはクーデターを組織しようとしている。

  米国は、グローバルな経済的政治的動きの客観的規則性を、世界戦争に向け促している。それらを理解すれば、今後10年の軍事政治的動きを予想する事ができる。

  経済的政治的ダイナミズムの分析から分かるのは、米国やその衛星国が参加したロシアに対する大規模な地域的軍事紛争が起きる最も可能性の高い時期は、2015年から2018年である。

この時期、先進国や中国の技術的再軍備が始まる。一方米国と他の西側諸国は、2018年までに不景気から抜け出し、新たな技術的飛躍を遂げる。まさにそうした時期、技術的進歩が、国際関係の構造に変化をもたらすだろう。」





Nakanune.ru






七曜 高耶




クリック頂き有難う御座います。





応援宜しく御願い致します。有難う御座います。


宇宙科学 ブログランキングへ

[ 2014/10/26 06:34 ]Posted by七曜高耶 | 第三次世界大戦 | TB(0) | CM(5)[記事編集]

巨大な黒点群が地球の方向を向いている!!?大規模な太陽嵐が発生する危険性も!

おはようございます、七曜高耶です。

本日は「太陽フレア」についての記事になります。

「IN DEEP」様のサイトでは既に取り上げられている話題なのですが、「ナショナルジオグラフィック」では昨日ニュースになっていました。
日本語版ですからそのまま転載出来るので有り難い限りです。


http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20141024002



さて、今回の太陽フレアですが、2012年頃のNASAの予測では太陽活動は異常なまでに不活性になっており、氷河期突入になる可能性があるとまで言われていましたが、今回2014年には太陽の活動が活発であり、エド・デイムズ少佐が視た未来の可能性へと入っているようです。

下記事で、七曜の過去記事を転載し、載せておりますが、

http://orangeapple01.blog62.fc2.com/blog-entry-1510.html

デイムズ少佐のRV(リモートビューイング)では、安全な場所は僅かであり、キルショットから安全にいられる都市のひとつは、ニュージーランドのクライストチャーチだと言われています。

http://orangeapple01.blog62.fc2.com/blog-entry-1339.html

当初、デイムズ少佐はRVにより2013年頃の可能性を示唆していましたが、その後2013年以降になるとの予測をだしていました。
それが今回にならない事を祈りたい思いですが、ナショジオにも書かれているように、太陽は現在、ここ何年も観察されたことのないような規模の巨大な黒点群が地球の方向を向いており、大規模な太陽嵐が発生するかもしれないという事態が生じている様です。


まあ、そうは言っても大体が予測で終わる事が殆どですから、今回もそれで終わるかもしれませんが、何が一番恐ろしいかと言いますとやはり、「今度も大丈夫」といった軽い気持ちでいるという事かも知れません。

「備えあれば憂いなし」です。

その様な気持ちをいつも持っていることこそ、実は大切なのかもしれません。


地球を脅かす太陽の巨大黒点


Andrew Fazekas
for National Geographic News

October 24, 2014


 太陽は現在、ここ何年も観察されたことのないような規模の巨大な黒点群が地球の方向を向いており、大規模な太陽嵐が発生するかもしれないという事態が生じている。


地球を脅かす太陽の巨大黒点





 NASAの太陽研究者たちは、10月17日に太陽の東端の表面に活動領域(AR)2192と呼ばれる巨大な黒点群が出現したのを確認。それがやがて途方もない大きさになることは、その時点でわかっていた。太陽の自転に伴い、黒点群はここ数日で次第に姿を現し、今では木星ほどの大きさ(直径約14万キロ)になっている。

 今回の黒点は、2008年1月に始まった現在の太陽周期で観察されたなかで最大のものだ。

 目を保護するためのフィルターを装着して太陽を見れば、肉眼でも観察できる大きさだ。望遠レンズを使って、表面に黒い染みのある太陽が沈む様子も撮影されている。

 NASAの太陽観測衛星ソーラー・ダイナミクス・オブザーバトリー(SDO)では、巨大黒点の動きを継続的に追跡。これまでにCクラス(小規模)の太陽フレアを27回、Mクラス(中規模)を8回、Xクラス(最大規模)を2回観測している。

 現在までのところ大規模な太陽嵐は起きていないものの、今後Xクラスのフレアが発生すれば、コロナガスと呼ばれる荷電粒子の巨大な雲が地球に向かって噴出される可能性があるという。

 そうなれば、磁気嵐が発生し、通信システムや送電網に問題が生じることにもなりかねない。その一方で、運がよければ、この上なく美ししいオーロラが見られるかもしれない。

 では、今週、巨大な太陽嵐が地球を襲う確率はどのくらいなのか?

 はっきりとした確率はわからない。宇宙の天気予報はまだ始まったばかりだ。しかし大規模な太陽フレアが地球の方向を向いており、世界中の目がこの恐ろしいモンスターの動きに注がれていることだけは確かだ。




Images courtesy of NASA/SDO




キルショット、ニビル星


・ところでマヤカレンダーと、私がかねてから警告している「キルショット」と呼ばれる巨大太陽フレアの放出だが、これと12月21日の終わるとされているマヤカレンダーとは、ほとんど関係がない。リモートビューイングでは、2013年頃にキルショットがあると出てくる。


・興味深いことに、私が主催するリモートビューイングの研修生でプロになった人々が、「ニビル星」とおぼしき大きな惑星が地球に接近するのをリモートビューイングしている。私も彼らと同意見だ。どうも、「ニビル星」のような巨大な惑星が地球に接近しつつあるのかもしれない。


・キルショットが放出されると、世界の各地の水源は枯れてしまうので、水と食料の確保がとても困難になる。これがきっかで水と食料を巡る国内外の闘争が激化する。
一瞬での干上がりは無いとは思うのだが、確かに未来の映像では砂漠化になっているのを視た。
これについては2年程前の過去記事に書いてある。


・一方、キルショットの被害があまり及ばない地域が世界にいくつかある。そのひとつは、ニュージーランドのクライストチャーチ市だ。ここは地震多発地域なので、住民は自然災害の準備がすでにできている。うまく対処し、多くの人々が生き残るようだ。


・いずれにせよ、キルショットに準備し、この被害を最小限に止めるための時間はすでになくなった。キルショットによる崩壊は時間の問題となってしまった。
キルショットと言う表現方法での夢は視ていないのだが、巨大太陽フレアが地球に及ぼす多大なる影響の夢を視た。
その時に視た年は2019年~2020年頃であった。但し、これが実際に起きると人類にとってかなりまずい状況になる。
エド・デイムス氏の警告では2013年以降の世界となっている様だ。








七曜 高耶




クリック頂き有難う御座います。





応援有難う御座います!


宇宙科学 ブログランキングへ

[ 2014/10/25 09:57 ]Posted by七曜高耶 | 惑星情報 | TB(0) | CM(1)[記事編集]

WHO、エボラ蔓延国への渡航は禁ずる必要なし

この度世界保健機構(WHO)は、エボラ出血熱の感染が確認された諸国への渡航禁止および取引禁止令をしく必要はないとの考えを示している。WHOの非常委員会はこうした帰結を出しました。

同委員会は22日に会議を開き、翌日その結果を公表した様です。

七曜的解釈では、お金の為ならば渡航も取引も問題無いと言う事を伝えている様にも思えるのですが、皆様はどの様に受け取れますでしょうか?

もしかするとですが、既に「特効薬」らしきものが出来上がっている為、感染しても直ぐに完治出来ると高をくくっているとか?
日々進化を続けるウイルスに適うとでも?


まあ、ウイルスが人為的なものであると言うのならば話は別ですけれどね。
人を選んで感染させれば良いだけですから、選ばれた方はきっと生き残れますでしょうね。

それにしてもかなり相矛盾したWHOの発表ですよね。

一方では「世界の健康維持に未だに脅威を与えている事実を認めている」のに、もう一方では「出血熱の感染が確認された諸国への渡航禁止および取引禁止令をしく必要はない」とはこれ如何に?

とりあえず、蔓延しないと言う事で安心してよいのでしょうか?


WHO、エボラ蔓延国への渡航は禁ずる必要なし

http://japanese.ruvr.ru/news/2014_10_24/279112318/


エボラ9 © Photo: REUTERS



世界保健機構(WHO)はエボラ出血熱の感染が確認された諸国への渡航禁止および取引禁止令をしく必要はないとの考えを示している。WHOの非常委員会はこうした帰結を出した。同委員会は22日に会議を開き、翌日その結果を公表した。


WHOでは8月9月の非常委員会会議でも同様の帰結に達しており、今回も前回、前々回の結果を変えていない。
エボラ出血熱によって昨年12月から今までの期間で4877人が死亡、ほぼ1万人が感染した。WHOはこのウイルスについて世界の健康維持に未だに脅威を与えている事実は認めている。


因みにどうも今回のこの発表はCDCの推薦が有るようです。

21日の記事にも書きましたが、WHOはCDCに頼り過ぎている様にも思えます。

http://orangeapple01.blog62.fc2.com/blog-entry-2303.html

渡航禁止は逆効果だとCDCが提言したそうな・・・・・。






七曜 高耶



クリック頂き有難う御座います。





応援有難う御座います!


生活・文化 ブログランキングへ

[ 2014/10/24 13:15 ]Posted by七曜高耶 | 新型ウイルス | TB(0) | CM(2)[記事編集]

<エボラ熱>NYの医師、陽性反応 検査前に地下鉄乗車。広がりを見せる米国

こんにちは、七曜高耶です。

本日もどこかずれた夢の内容なのですが、これに関して書いて行こうと思います。


2104年10月23日に視た夢は「生物兵器テロ」でした。

文中にも書いていますが、「エボラ」がキーワードです。

http://orangeapple01.blog62.fc2.com/blog-entry-2308.html

七曜的には「生物兵器テロ(エボラ)」に視えましたが、そうでない場合はこの医師に関係している可能性も否めませんが、この医師の肌の色や名前を知れたら、これから先の未来にテロの道具としてエボラが使われるのかどうかが判るかもしれません。


もし、どなたか顔の判るサイトが有りましたら是非お教え下さい。

とりあえず、可能性として「西アフリカのギニアから帰国した男性医師」が陽に焼けていた場合、この夢を視た可能性がある事も申し上げておきます。


どちらにせよ、彼が何かを飲み、そして飲み残したものをゴミ箱に捨てていた場合、そこから感染が広まる可能性も高くあります。

NYにお住まいの方は出来るだけ物に触らないことと、テロに会う可能性があることを知っておいて頂ければと思います。



<エボラ熱>NYの医師、陽性反応 検査前に地下鉄乗車
毎日新聞 10月24日(金)11時30分配信


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141024-00000020-mai-int




 【ニューヨーク草野和彦】米ニューヨーク市当局は23日、西アフリカのギニアから帰国した男性医師(33)が、エボラ出血熱で陽性反応を示したと発表した。男性はマンハッタン地区の病院で隔離され、治療を受けている。


 男性医師は国際医療支援団体「国境なき医師団」の一員として、感染国の一つのギニアで医療活動に従事した後、今月14日にニューヨークに戻った。23日朝に高熱が出たため、症状を同医師団に報告して入院。検査の結果、陽性反応が出た。医師と接触した友人ら4人を隔離したという。


 ニューヨーク・タイムズ紙(電子版)は、男性医師が22日夜、マンハッタンから東側のブルックリン地区のボウリング場まで地下鉄で移動し、タクシーでマンハッタン北部の自宅アパートに戻ったと伝えている。


 23日、医師の自宅は閉鎖され、アパート前では数人の警察官が警戒にあたっている。

 米国内でエボラ出血熱の感染が確認されたケースとしては、南部テキサス州ダラスで、リベリア人の男性が死亡。男性の治療にあたった2人の女性看護師が2次感染した。





七曜 高耶



クリック頂き有難う御座います。





応援有難う御座います!!


科学 ブログランキングへ

[ 2014/10/24 12:51 ]Posted by七曜高耶 | 新型ウイルス | TB(0) | CM(1)[記事編集]

2014年10月23日に視た夢。 「生物兵器テロ」

2014年10月23日に視た夢。


2014年10月23日に視た夢は、「生物兵器テロ」

エボラを人為的にばら撒こうと計画をしている人物がいる。
白衣を着た少し浅黒い色をしたその男は、小さな容器に入れられた液体をゆっくりと持ち上げ眺める。

液体は血液の色では無く、少し濁った水の色をしている様だった。


出来上がったその液体を、男は昼下がりの街中のカフェ近くのゴミ箱に捨ててその場から立ち去る。
それらの実験が果たして成功したのかしないのかは不明。


この時期にその様な生物兵器の登場は避けたい思いだ。
場所は海外。








七曜 高耶



クリック頂き有難う御座います。





応援有難う御座います。


宇宙科学 ブログランキングへ

[ 2014/10/23 19:47 ]Posted by七曜高耶 | 2014年予知夢 | TB(0) | CM(0)[記事編集]

ドル離れを公言していた仏石油大手のCEOが訪問先のロシアで飛行機事故に会い死亡、疑惑の目も!?

2014年10月20日深夜、本日から3日前のお話しになりますが、フランスの石油大手「トタル」の最高責任者がモスクワの空港で事故に巻き込まれて死亡した様です。
死亡したのは最高経営責任者のドマルジェリ氏を含むフランス人4人で、離陸しようとしていた小型ジェット機が滑走路上で除雪車と衝突したのが原因らしく、事故当時は天候が非常に悪く、除雪車の運転手は酩酊状態(めいてい)だったと発表されています。

ロシア政府は管制官が滑走路の指示を誤った可能性があるとして、事故の詳細な原因を調査中ですが、ネット上では「アメリカによるドル離れ防止のための暗殺」と指摘する声もある様です・・・・・。


さて、2014年10月3日に七曜が視た夢が、「飛行機ジャック」の夢でした。

http://orangeapple01.blog62.fc2.com/blog-entry-2264.html

この時、視た場所は「ロシア」で「飛行機」でしたが「ジャック」の可能性が有りました。
日付は今年年末~2015年にかけての可能性の話しでしたが、もしこの3日に視た夢が今回のこの事故ならばこれで終わりの筈ですが、「ジャック」の可能性が無い限り、また「ロシア国内」で何かが起きる可能性が高く思います。

しかもまだ「BRS」の謎も解けていませんし・・・・・。


それにしてもこの事件も何か怪しい感じですよね。


ダイアナ妃の事故の時もそうでしたが、運転手の酩酊状態(めいてい)状態です。
この手口・・・と言いますか、この言い回し、何か隠したい事がある時に使う言い訳に思えるのは私だけでしょうか?
何か裏がありそうな飛行機事故に思えます。



モスクワの空港で事故 石油大手CEOら死亡



http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141021/k10015570871000.html


ロシアの首都モスクワの空港で、離陸しようとしていた小型ジェット機が滑走路上で除雪車と衝突し、乗っていたフランスの石油大手「トタル」のCEO=最高経営責任者らフランス人4人が死亡しました。

モスクワのブヌコボ空港で20日深夜、離陸しようとしていた小型のビジネスジェットが滑走路上で除雪車と衝突しました。
この衝突で乗客乗員合わせて4人のフランス人全員が死亡し、フランスの石油大手「トタル」は、うち1人がCEO=最高経営責任者のドマルジェリ氏だったと発表しました。






ドル離れを公言していた仏石油大手のCEOが訪問先のロシアで飛行機事故にあって死亡、疑惑の目も
【櫻井ジャーナル】 


http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201410210000/


この事故を聞き、7月にド・マルジェリ会長が語ったことを思い出した人もいるに違いない。フランスの金融機関、BNPパリバの問題を受け、石油取引をドルで決済する必要はなく、ユーロの役割を高めれば良いと主張していたのだ。この問題でBNPはアメリカに対して89億ドルを支払うことで合意しているが、この「制裁」はフランスがロシアへ接近したことに対するものだ。




七曜 高耶



クリック頂き有難う御座います。





応援宜しく御願い致します。有難う御座います!


宇宙科学 ブログランキングへ
[ 2014/10/23 18:23 ]Posted by七曜高耶 | 陰謀 | TB(0) | CM(0)[記事編集]

2014年10月23日に視た夢。 「地震」と「M9.2」

2014年10月23日に視た夢。


2014年10月23日に視た夢は「地震」

場所(国名)の特定は出来ず。
時間帯、時期も特定出来ていない。


地震の規模は「M9.2」。
激しい規模の地震が起きる可能性が有る。


どこでそれが起きるか判らないが、いつそれが起きても対処出来る様に心構えが必要かもしれない。



また、これに関しての夢を視た時はアップする事とする。








七曜 高耶



クリック頂き有難う御座います。




応援有難う御座います。


地震 ブログランキングへ

[ 2014/10/23 13:38 ]Posted by七曜高耶 | 2014年予知夢 | TB(0) | CM(2)[記事編集]

本当にあった怖い話し (該当者無し 編)

先週、本当にあったゾッとしたお話を書きます。





まあ、ゾッとしたと・・・・・言うのはもしかすると言い過ぎかもしれませんが、不気味だったのは確かです。


1時間もあるサッカーの解説者のセリフを一言一句間違えずに覚えている息子も不気味と言えば不気味なのですが、今回はその不気味さを通り越していたかもしれません。

霊が出現する方がまだマシだったかもと思う位でしょうか。
私の家族の驚きようには笑えましたが・・・・・・。



さて、事の発端はと言いますと、修学旅行から帰った娘を迎えに行って帰宅後にそれは起こりました。

そこには無かった筈のものがこんもりと小さな山の様にあったのです。


廊下の暗がりの中歩いていると、一部分だけ真っ黒なものが見えます。
多分、子供の脱ぎ捨てた服だろうと始めは気にも留めなかったのですが、電気を点けたとたん子供がギャッと叫びました。


その場にいなかった私はゴキブリでも出たのかと冷や冷やしながらその場に向かうと・・・・・。

何とそこにあったのは、

髪

「髪の毛」 の山だったのです。

しかも、子供の祖母が飾っていた少女の絵の額縁の下にです・・・・・。

何故かその下・・・・


何も其処に落ちなくても良いのにわざわざ選んだかの様に髪の毛の山が出来ているのです。


昼には無かった場所に何故か夜になって出てきた髪の毛。


これは直ぐに捨ててしまおうと思っていたのですが、あまりにもその日は眠くて次の日の朝に捨てようと心に決めて眠りについたのですが、そのまま忘れ、その度に捨てようとするのですが、また忘れ、結局2~3日はそのまま放置(笑

そして、やっとのことで手掴みでゴミ箱にポイッと。


結局、誰の髪の毛にも該当しなかった髪の毛ですが、不気味でした。

これが空き巣の仕業だったとかでしたら更に不気味なのですが、もしかすると、生きている人間の可能性は低いかもしれません。(よく出現する家なので・・・・笑)

いやいや本当に不気味な出来事でした。







七曜 高耶




クリック頂き有難う御座います。





応援有難う御座います!!



オカルト ブログランキングへ

[ 2014/10/22 12:29 ]Posted by七曜高耶 | 個人的なお話 | TB(0) | CM(7)[記事編集]

地球の磁極はもうすぐ入れ替わる!?磁極転換と人類の行く末

おはようございます、七曜高耶です。






本日は「VOR」の磁極逆転の記事を載せています。
ロシア科学アカデミー地磁気学イオン層電波拡散研究所の副所長で 、物理数学修士のヴァレーリー・ペトロフ氏は、 磁極転換の時期の接近を示す兆候は既に有り、 地球が磁極の転換を準備し始めていると発言しています。



七曜も2013年4月6日の記事に「磁極逆転(ポールシフト)」について書いているのですが、


http://orangeapple01.blog62.fc2.com/blog-entry-1468.html

このポールシフトが起こるとし、尚且つ夢が現実になると仮定した場合、それらが起こる時期はかなり近いと言う事になるかもしれません。

しかし、これが起きるとすればそれなりに切っ掛けが必要です。
その切っ掛けとは「大地震」です。

大きければ大きいほど地球の磁場に影響が出てきます。

それが日本から始まるのか、それともイエローストーンの爆発で始まるのかは判りません。

しかし、それこそ今地球の地下ではその準備が確かに始まっています。



一気に転換すれば「スノーピアサー」の様に変化し、ゆっくりと変わればそれなりに対応出来るでしょうが、環境の変化は驚くべきものになるでしょう。

そうならない事を祈りたい思いです。


地球の磁極はもうすぐ入れ替わる


http://japanese.ruvr.ru/news/2014_10_21/278993205/


磁極 © Photo: Flickr.com/ Malinda Rathnayake/cc-by


地球の磁極は現代人の一生の間に変わる可能性がある。科学者の国 際グループがこうした声明を表し、センセーションを呼んでいる。


この帰結がなされた基盤にはローマの東、 アペニン山脈の中心部にある干上がった湖の底の研究がある。 科学者らが湖底で発見したものは、 古代の磁極が現在のものと異なることを示す証拠だった。 研究グループの科学者のひとり、カリフォルニア大学のポール・ レン教授によると、磁極の転換は迅速に起きており、100年に満たなかった。

古代磁力学者らは、磁極の転換はほぼ定期的に100万年に3~8回の頻度で起きている。このため、現在、 磁極の変化のない時期がすでに80万年に達していることに学者ら は警鐘を鳴らしている。

ロシア科学アカデミー地磁気学イオン層電波拡散研究所の副所長で 、物理数学修士のヴァレーリー・ペトロフ氏は、 磁極転換の時期の接近を示す兆候はすでにある。

たとえば過去400年で地球の磁場の圧力が減少したこと。 このほかに磁力ラインの配置が変化していることも、 地球が磁極の転換を準備し始めた証拠になる。

そうなると、どうなるのだろうか? おそらくカタストロフィーが起こる。 磁場は宇宙からの人体に有害な放射性物質が地球に届かぬよう、 保護する役割を果たしている。 仮に地球が長期に渡って磁場という楯を失った場合、 地球は放射線で覆われてしまう危険性も除外できない。

そのほか、磁極交換によって通信システムの崩壊が招かれるため、 インターネット、人工衛星、ナビゲーション、 電子システムの多くが壊れてしまいかねない。

これに対し、 ペトロフ氏は現在の知識レベルでは磁極交換が行われた事実の比較 ができるだけだとの見方を示す。「 たとえば地球の赤道のまわりに人工的な磁場を作り、 巨大な超電線をつくり、それに電気を流すことはできる。」




Mirtesen.ru




七曜 高耶




クリック頂き有難う御座います。





応援有難う御座います!



宇宙科学 ブログランキングへ

[ 2014/10/22 05:41 ]Posted by七曜高耶 | 惑星情報 | TB(0) | CM(8)[記事編集]

オバマ大統領の突然の登場に萎えるブラウン氏の支持者達とイルミナティカード


米民主党員の集会でオバマ大統領の演説中に人々が会場から立ち去る

http://japanese.ruvr.ru/news/2014_10_20/beikoku-obamadaitouryou/



オバマ8 © Photo: AP/Pablo Martinez Monsivais


米国のオバマ大統領は、民主党のメリーランド州の知事候補アンソニー·ブラウン氏を支持する集会に突然現れたが、オバマ大統領が演説していた時、大勢の人が会場から立ち去ったという。ロイター通信が伝えた。


オバマ大統領は演説の中で、「皆さんは投票しなければなりません」、「私たちには未来があるのです」と繰り返していたが、人々はオバマ大統領の演説の最中に会場から立ち去り、なかには質問をして、演説を邪魔する人も現れたという。

ロイター通信によると、世論調査の結果、ブラウン氏は大差でリードしているため、オバマ大統領の支持は全く必要ないという。なお、オバマ大統領の支持率は、低下しているとみられる。

オバマ大統領は、再選を目指すイリノイ州のパット·クイン知事を支持する集会にも応援に訪れる予定。





カード

まさに「Backlash」。

もう本当にこのカードは凄すぎる・・・・・。
カードのイメージ通りの事が次々と起こっている。

ぬかるんだ道の跳ね返りの泥は、自分に全て返ってくると言う事なのか、それともそう仕向けられているのか。
摩訶不思議なカードです。

カード1


現在このカードの通り、

Center for Disease Control 疾病管理センター (CDC)計画を同時進行中??


エボラウイルスなど、危険なウイルスへの対策については世界中がCDCに依存している。
また、危険なウイルスの保存もしており、撲滅が確認された天然痘ウイルスを保存しているのは、ここCDCとロシア国立ウイルス学・バイオテクノロジー研究センターだけである。

※ CDCとは1946年に創設され、アメリカ国内・国外を問わず、人々の健康と、安全の保護を主導する立場にある連邦機関。健康に関する信頼できる情報の提供と、健康の増進が主目的である。


出来過ぎていると言えば出来過ぎているかもしれない。






七曜 高耶



クリック頂き有難う御座います。





応援クリック有難う御座います!!



科学 ブログランキングへ
[ 2014/10/21 14:16 ]Posted by七曜高耶 | 陰謀 | TB(0) | CM(2)[記事編集]

沖縄であわやエボラ騒ぎ! 西アフリカ帰りの発熱患者

医療に従事する方々は既にこの話題は回ってきているかもしれませんが、敢えて記事にさせて頂いています。






この記事を読んで思った方々もいらっしゃると思いますが、「日本にもエボラ上陸の危険性がある」と言う事です。

日本人の民族性と言いますと、いつも何か「他人事的」な雰囲気を醸し出していますが、これからは「明日はわが身」の考え方を常に持っておく方が良いかもしれません。
勿論、日本に「エボラウイルス」は上陸しないかもしれません。
しかし、何事でもですが、「想定」する事は大切なことです。

もし、自分が「エボラウイルス」に侵されている事が判ったとき、貴方はどう行動しますか?


「想定」すると言う事は毎日の「感謝」にも繋がります。


いつ何が起こるか判りにくい現代だからこそ、「命」に「感謝」出来るのです。
これはまさしくチャンスではないでしょうか。

愛すべき方々との繋がりを大切にして下さいね。
エボラに限らず、いつ何が起きても後悔の無いように心がけていきませんか?


沖縄であわやエボラ騒ぎ...西アフリカ帰りの発熱患者

http://kenko100.jp/articles/141020003165/



 米国内での感染が相次いで発生するなど、日本も"対岸の火事"ではなくなってきたエボラウイルス病(エボラ出血熱を含む)。こうした中、西アフリカのリベリアから帰国した男性が発熱し、沖縄県内の病院を受診したことについて、国立感染症研究所は10月16日に速報で発表した。男性が受診したのは感染症の専門病院ではなく一般的な病院で、スタッフは防護服を身に着けていなかったことなどから、報告者は男性がエボラウイルス病ならば感染拡大の危険性があったと指摘している。




帰国後10日目に発熱

 報告によると、高血圧にかかったことのある60歳男性は、出張で約10カ月間、リベリアに滞在していた。帰国時に体調の問題は見られなかったものの、検疫所で発熱した場合は病院に行くよう助言されていたという。

 帰国後10日目に発熱があったため、男性は沖縄県内にあるかかりつけの診療所を受診。抗生物質を処方されたものの、13日目には状態が悪化したため、同県内の中頭(なかがみ)病院を訪れた。発熱と息切れがあったが、嘔吐(おうと)や下痢、腹痛などはなかったとされている。

 当直医が聞いたところ、男性はリベリアに渡航したことを明らかにし、その時点で感染症が疑われたため個室に移動した。しかし、この間、医療スタッフは防護服などを身に着けていなかったという。その後に行われた問診や検査の結果、熱帯熱マラリアに感染していることが分かり、受診から約7時間で拠点病院に転送された。



「感染拡大の恐れがあった」

 報告した中頭病院感染症内科・総合内科の大城雄亮医師と新里敬部長は、男性の意識がはっきりしていて問診ができたことが、素早い診断・転院につながったと評価。一方で、


1.来院時に西アフリカへの渡航者と認識されず、受け付けの事務員や看護師、当直医が防護服なしで患者と接触した

2.受診時にスタッフがエボラウイルス病を疑っていなかったため、検査用の血液の取り扱いが通常と変わらなかったため、これによって感染拡大の恐れがあった

3.問診で熱帯熱マラリアの可能性が高いことが分かったものの、確定診断までは防護服を着て診療を行うべきだった




―などの課題を挙げた。



 さらに大城医師らは、海外渡航が身近な現在、海外帰りの患者が一般的な病院を受診する可能性があると指摘。エボラウイルス病のような重い感染症にかかっている人が訪れることも考えられるため、日頃からの準備が大切だとしている。






七曜 高耶



クリック頂き有難う御座います。





応援有難う御座います!!



宇宙科学 ブログランキングへ

[ 2014/10/21 06:08 ]Posted by七曜高耶 | 新型ウイルス | TB(0) | CM(4)[記事編集]

アストラルの影響で政治家たちは攻撃的になっている?

南アフリカ誌「SA Scientific Journal」に面白い記事が書かれており、それがロシアのネットユーザー達の関心を集めているようだ。


それにしてもかなり判りやすい表現に思える。
以下の文を読む限り、どの国を指して書いているかが窺える。

しかし研究成果は秘密にされている。恐ろしい真相が暴きだされてしまうからである。その真相とは、大物政治家・ビジネスマンの大半のアウラには「暗黒」エネルギー体が存在しており、そのパーセンテージは収監者のそれよりも高い、というものである。イラクやアフガニスタンなどの外国に爆弾を投じる命令を濫発する多くの政治家たちの、その攻撃性は、おそらくこのことによって説明される。



確かに今、この「暗黒」エネルギーは満ち溢れている。
しかも、地上に「悪魔」と称する存在が無数に降りてきているのだ。



「塵も積もれば山となる」


1体は然程の力を持たない存在でも多くなればそれに比例して力も増す。
この地球で、今何かが起きようとしているのだろうか?


アストラルの影響で政治家たちは攻撃的になっている?

http://japanese.ruvr.ru/news/2014_10_20/278930481/


nasa2.jpg © Photo: NASA/GSFC/SDO


ロシアのネットユーザーの関心が南アフリカ誌「SA Scientific Journal」に掲載された、エネルギー体「アストラル」の政治家たちへの影響を論じた記事に集まっている。



それによれば、キルリアンの伴侶たちの方法で「場」を写真撮影することによって、アストラル内部に棲息するエネルギー体が人間のアウラに及ぼす影響が検知された。エネルギー体には「清浄型」と「暗黒型」がある。「暗黒」の方は人間を取り巻く生物場、すなわちアウラに侵入しようとするのである。この方面における研究には長い蓄積がある。しかし研究成果は秘密にされている。恐ろしい真相が暴きだされてしまうからである。その真相とは、大物政治家・ビジネスマンの大半のアウラには「暗黒」エネルギー体が存在しており、そのパーセンテージは収監者のそれよりも高い、というものである。イラクやアフガニスタンなどの外国に爆弾を投じる命令を濫発する多くの政治家たちの、その攻撃性は、おそらくこのことによって説明される。




SA Scientific Journal、Encyclopedia of safety






七曜 高耶




クリック頂き有難う御座います。




応援有難う御座います。



宇宙科学 ブログランキングへ

[ 2014/10/20 19:46 ]Posted by七曜高耶 | スターシードへの覚醒 | TB(0) | CM(0)[記事編集]

蔓延するエボラ出血熱、死者500万人との予測も! 準備のない日本へ上陸したときには、一気に感染が拡大する危険性!! 

桃加様の情報で、本日記事を書いています。



この情報のソースは元々以下の「NWOレポート」からきている様で、

NWOレポート 様

http://nworeport.me/2014/10/18/cdc-whistleblower-exposes-ebola-vaccinations-containing-rfid-chips/


それを「Before It's News」様が、


Before It's News 様

http://beforeitsnews.com/prophecy/2014/10/cdc-whistleblower-exposes-ebola-vaccinations-containing-rfid-chips-2464846.html


そして「日本や世界や宇宙の動向」様が翻訳して載せて下さっている様です。
概要を以下に転載しましたので、どうぞご覧下さいませ。


日本や世界や宇宙の動向 様

http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51941555.html

(概要)
10月17日付け:
CDC米疾病対策予防センターの内部告発者が米政府が行おうとしている極悪非道な計画を暴露しました。
米政府は、迫りくるエボラ・パンデミックを利用してアメリカの人々にエボラ・ワクチンの接種を強要し、ICチップ(無線ICタグカード)をインプラントしようとしています。
CDCの内部告発者、ブレント・ホプキンスさん(CDCの元請負職員)によると、マイクロ無線ICタグを混入させたエボラ・ワクチンをアメリカの人々に注射する準備をしているとのことです。
12月1日までにCDCは20万世帯を対象にワクチンを接種させようとしています。
さらに他の米国民も近くのドラッグストアでエボラ・ワクチンを購入することができるようになります。
ワクチンに混入させたマイクロ無線ICタグにより、ワクチンを接種した国民と接種していない国民の見分けが付きやすくなります。ワクチン接種を拒む米国民は、就職活動、外出、医療サービスを受けることが非常に難しくなります。そればかりか刑務所に送られることになる可能性もあります。
米政府はアメリカに住む全ての人々(子供や女性にも)に無線ICタグをインプラントしたいのです。
米政府はエボラ・パンデミックの恐怖を煽り、ワクチンを接種させようとしています。その結果、アメリカの人々はエボラの恐怖とワクチンの恐怖のどちらかの選択を迫られることになります。
CDCは米政府と連携してこのような方法を実行することで戒厳令を敷こうとしています。アレックス・ジョーンズ氏はエボラウイルスは意図的にアメリカ国内でまき散らされたと恐怖を煽ることで米政府が全国民を統制しやすくさせるのです。米政府の最終ゴールは、特定税率等級以下の人々を奴隷化することです。そのためにエボラが利用されています。



さて、真偽の程は判りませんが、意図的と言う点では同意出来ます。
どう考えてもエボラの感染速度も気になります。

過去もエボラが猛威を揮っていた時期がありましたが、今回の様に凄まじい勢いは有りませんでした。
現段階で懸念されている事は、「エボラに対する治療薬が完成するまでウイルス感染が拡大していく」と言う事です。




 エボラ出血熱(以下エボラ)の感染が広がり、誇張とも思える衝撃的な予測がドイツの著名なウイルス学者ジョナス・シュミット・チャナシット氏によって9月の時点でドイツメディアに発言したのは、


シエラレオネとリベリアでは全国民に感染が広がり、死者は500万人に達するだろう

と言う言葉でした。

これはあながち的外れな発言では無かったと言う事です。

やはり、著名なウイルス学者ジョナス・シュミット・チャナシット氏です。
しかし、誰もが思い始めだしている「エボラ出血熱」の感染経路の不可思議さ。

誰かが何かを目論見意図的にウイルスをばら撒くのは一体何故なのか???


以下、七曜の予知夢も載せておこうと思う。



2012年3月23日に視た夢。「アキアカネ」

http://orangeapple01.blog62.fc2.com/blog-entry-1056.html




2012年5月13日に視た夢。「666」

http://orangeapple01.blog62.fc2.com/blog-entry-1107.html



2015年末迄かなりの時間が存在する。

人口削減は果たして成功するのか?それとも失敗するのか??


果たして、我々人類は「ICチップ」を受け入れるしかないのだろうか??





七曜 高耶


クリック頂き有難う御座います。






応援有難う御座います!!



学問・科学 ブログランキングへ

[ 2014/10/20 17:45 ]Posted by七曜高耶 | 新型ウイルス | TB(0) | CM(2)[記事編集]

昨日18日、奄美諸島でM5.1の地震が発生

2014年10月17日に視た夢で、「フィリピン」の夢を視ていたのが、以下になりますが、


http://orangeapple01.blog62.fc2.com/blog-entry-2296.html



昨日18日、奄美諸島でM5.1の地震が発生した様です。


http://japanese.ruvr.ru/news/2014_10_18/278851257/


確かにフィリピン海プレートであるし、フィリピンにも近いのですが、どうも最近夢で視た場所に微妙なずれが生じている感じがしています。

もしかすると、七曜自身の空間・時間の認識能力が落ちているのかもしれません。


とにかくもう少し、様子をみてみます。





七曜 高耶



クリック頂き有難う御座います。





応援有難う御座います。



宇宙科学 ブログランキングへ
[ 2014/10/19 07:33 ]Posted by七曜高耶 | 地震 | TB(0) | CM(0)[記事編集]

憧れの「クックパッド」で初レシピしてみました!!

                

本日、クックパッドデビューを致しましたっっ!!
初レシピと言いましても、こちらのブログで書いている事を書いただけでして、何の面白味も有りませんが、栃餅の作り方の簡単レシピを載せていますので、興味のある方は是非ご覧下さい!!

子供さんと楽しく作れる簡単レシピになっております!!



身体に健康!美味しい栃の実の調理法♪

http://cookpad.com/recipe/2843455


簡単!!栃餅の作り方♪♪

http://cookpad.com/recipe/2843548



※ 因みにトップの栃餅の画像は9歳の子供作です




七曜 高耶



クリック頂き有難う御座います!!





応援宜しく御願い致します、有難う御座います!!



生活・文化 ブログランキングへ

[ 2014/10/18 16:18 ]Posted by七曜高耶 | 未分類 | TB(0) | CM(3)[記事編集]

プーチン大統領、フルタイムで毒見係を雇う!!?

またまた「MU(ムー)のブログ」様が面白い記事を書いていたので転載しております。

ウラジミール・プーチン大統領が、お雇いになったフルタイムの『毒見役』とは一体どの様な方々なのでしょうか??
そして、プーチン氏の血液型は何型なのでしょうか???

何故ってやはり、テーブルに必須な塩、コショウ、ソース、ボトルウォーターからナプキンに至るまで、彼は自分専用のキットを毎回持参するとかがあまりにも度を越えて凄すぎる。

これはKGB時代の名残なのかもしれませんがね。


ところで、2014年7月30日に書いた夢日記は、「プーチン」氏に関する夢だったのですが、

http://orangeapple01.blog62.fc2.com/blog-entry-2138.html

この時プーチン氏に関してあまり良い夢とは言い難いものを視ていましたが、まあ、ここまで完璧にしているのですから安全ですね、きっと。

で、一番危険なのが「毒見役」だったりして。

それにしても食事を摂る瞬間も気を抜けないとは本当にお気の毒です。
ところで入浴中はどうなのだろうか・・・・・・・。気になるなぁ・・・。


プーチン大統領、フルタイムで毒見係を雇う

プーチン2


このたびウラジミール・プーチン大統領は、自分の食事が毒されていないことを確実とするために、字の通り『毒見役』をフルタイムで雇いました。

就任してから現在に至るまで、常に何かしらの話題の渦中にいたと言っても過言ではない、嵐を呼ぶ男・プーチン氏。

今現在でも、つい先日起きたマレーシアの航空機墜落事故をめぐってヨーロッパ各国からひっきりなしに、それも痛烈に非難されている彼。もしあなたが彼の立場だったら・・?

なんて、想像するのも困難を極めますが、起こり得る不安材料、それも差し迫ったリスクの中に《弾丸》《ポロニウム入りサンドイッチ》という考えが浮かぶのも、またそれを案じてプロの毒見係をわざわざフルタイムで雇うのも、あながち大げさってわけでもなさそうです。

ちなみにこの『毒見係』というのも、世界的リーダーの、それもトップの食事を担当するプロ中のプロシェフ集団からなるメンバーの一人だそうで、この集団が開く会議で共有される議題もなんと


【女王(イギリス)は甲殻類に近づくことさえできない】


【オバマ大統領はビートの根っこを我慢することができない】


【フィリップ皇子は昼食にはワインよりビールを好む】


など、まさに食に関するトップシークレットが満載。また彼らのようなトップを相手に食事を提供したり重大なテイスティングをする仕事というのは、古くはローマ皇帝の時代から存在し、雇ったことのある他の歴史的著名人にもエジプトのファラオ、アドルフ・ヒトラー、サダムフセインなど、敵の多い彼らには必要な重役だったともいえるのです。

なお、先週決定したとされるこの取り決めによって、おそらくプーチン氏と食事を同席する誰に対しても同じ規則が当てはまるであろうこの大陸一、いや、世界一安全ともいえる食事。

ちなみに、テーブルに必須な塩、コショウ、ソース、ボトルウォーターからナプキンに至るまで、彼は自分専用のキットを毎回持参するのだとか。それはただ、自分の身を守るためだけに!

・・オソロシア!





七曜 高耶



クリック頂き有難う御座います!




応援有難う御座います!!



オカルト ブログランキングへ

[ 2014/10/18 16:00 ]Posted by七曜高耶 | 陰謀 | TB(0) | CM(0)[記事編集]

クルーズ船で米病院職員を隔離 エボラ検体に接触の恐れ

米国のエボラ感染も、もしかすると止まらないかもしれませんね。

最終手段としては収束するまで米国からの入出国を規制するのが一番の方法かもしれませんね。
現時点では隔離された米病院職員は検体を扱った可能性のある日から19日が経過しているが、今の所、症状は出ていない様子。


だが、一方で、同病院で2次感染した看護師の1人、アンバー・ビンソンさんが診断前に米フロンティア航空便でダラスとオハイオ州クリーブランドを往復していた経緯を巡り、同航空は接触の可能性が考えられる800人に、米疾病対策センター(CDC)への連絡を呼び掛けている。
対象者の中には行き帰りの便に乗り合わせたり、帰りの機体が使用中止となるまでの5回のフライトに搭乗したりした乗客が含まれている。ただ、乗客らが感染した可能性は非常に低いとみられる。


何が一番心配かと言いますと、逃げも隠れも出来ない密室空間の中にリスクを負いながら海外旅行をする事でしょう。

勿論、日本から海外へは大丈夫だと思います。

今のところまだ日本での感染の夢を視ていません。

しかし、海外への旅行はハイリスクでしか有りません。
七曜的にはあまりオススメしたく無い感じです。


特に米国は「生ける屍」がこれから多くなってくる可能性が高いと思います。
それでも旅行に行きたい場合は、出来るだけ「気温の高い国」、「湿度の高い国」、「乾燥している国」は避けるのが良いでしょう。



クルーズ船で米病院職員を隔離 エボラ検体に接触の恐れ

CNN.co.jp 10月18日(土)10時46分配信


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141018-35055341-cnn-int


(CNN) 米テキサス州ダラスの病院でエボラ出血熱患者の検体に接触した可能性のある女性職員が、カリブ海クルーズ船に乗って旅行していることが分かった。職員は船上で隔離された。

同病院では今月8日、米国滞在中に発症したリベリア人患者が死亡した。この患者の治療にかかわったスタッフ76人が経過観察の対象となっている。これまでに看護師2人の感染が確認された。


米国務省が17日に発表したところによると、クルーズ船上の職員は検査部門の責任者。同日の時点で、検体を扱った可能性のある日から19日が経過したが、症状は出ていない。エボラ熱に感染してから発症するまでの潜伏期間は最長で21日間とされる。


国務省報道官によれば、当初はこの職員をカリブ海に面した中米ベリーズに上陸させ、空路米国へ運ぶ計画だったが、ベリーズ政府が感染拡大への懸念からこれを拒否した。ケリー米国務長官がバロー・ベリーズ首相に直接依頼したもの
の断られたという。クルーズ船は職員を乗せたまま、帰着予定地のテキサス州ガルベストンへ向かっている。


ケリー長官は「現状に適切に対処しなければ、エボラ熱はエイズやポリオと同様、人類全体が何十年も闘い続ける災禍となるだろう」と述べた。

一方、同病院で2次感染した看護師の1人、アンバー・ビンソンさんが診断前に米フロンティア航空便でダラスとオハイオ州クリーブランドを往復していた経緯を巡り、同航空は接触の可能性が考えられる800人に、米疾病対策センター(CDC)への連絡を呼び掛けている。対象者の中には行き帰りの便に乗り合わせたり、帰りの機体が使用中止となるまでの5回のフライトに搭乗したりした乗客が含まれている。ただ、乗客らが感染した可能性は非常に低いとみられる。

2次感染した1人目の看護師、ニーナ・ファムさんの治療にかかわった別の看護師は16日、CNNとのインタビューで、病院から与えられた防護服では首の部分が覆われていなかったと明かした。病院側に「どうして口や鼻に近い部分が露出しているのか」と尋ねたが返事はなく、新しい防護服を発注済みだとだけ告げられたという。看護師はさらに、同病院の職員はリベリア人患者が9月に入院するまで、エボラ熱についての訓練を義務付けられていなかったとも語った。

CDCの報道官は17日、医療現場からの懸念に対応するため、防護服などの着脱に関する指針をまもなく更新すると発表した。




七曜 高耶



クリック頂き有難う御座います。





応援有難う御座います!!



宇宙科学 ブログランキングへ

[ 2014/10/18 15:23 ]Posted by七曜高耶 | 新型ウイルス | TB(0) | CM(1)[記事編集]

2014年10月17日に視た夢。 「フィリピン」における「地震」と「海面の上昇」と沿岸部の「沈下」。

2014年10月17日に視た夢。

2014年10月17日に視た夢は「フィリピン」における「地震」と「海面の上昇」と沿岸部の「沈下」。

時間帯:昼間~

季節:不明(半袖ではあったが元々が暖かい国である為、半袖でも季節は不明)
[ 2014/10/17 21:18 ]Posted by七曜高耶 | 2014年予知夢 | TB(0) | CM(0)[記事編集]