■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
    まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium


    □最新記事
    □最近のコメント















    本日、午後20時は惑星直列の時間。活性化のチャンス!!




    おはようございます、七曜高耶です。
    本日はマヤ暦「世界終わる日」(21日~23日)と言う事で、各国で騒動になっていますね。


     マヤ文明の暦に、2012年の12月21日で終わるものがあったことから(実際はマヤ暦にはまだ数多くの暦が現存しているそうです)、この日に「世界が終わる」という噂が駆け巡り、各地で騒動となっています。例えば、フランスではある小さい村に人が殺到。モスクワでは地下に人が呼び寄せられ、中国ではこの話を触れ回った宗教団体のメンバーおよそ1000人が拘束されています。これに関して言いますと1999年にも体験しておりますので予想通りの展開と言えるでしょう。


    但し、フランスのビュガラッシュで噂とビジネスが加速した理由は、この山の山頂でUFOが目撃されると言った現象が起きているからだと言われています。


    以下は記者・噂を信じる人・ジョン・ピエール・ドゥロール村長・ロシアのシェルターの責任者・日本の教授とシャーマンの方々のお話です。



    記者:「マヤ暦地球最後の日を、唯一免れると、一部の人で信じられている場所に来ました。この山の上にいれば、その日助かると噂されています」

     その根拠というのが、この映像です。山の上空を横切っていく”何” かの影。この山では、UFOを目撃する人が多いのだといいます。




    うわさを信じる人:「山の下にあるものが、明らかになるかもしれない」

     一部マニアの間では、「世界が滅亡する時、宇宙船が山を割って現れ、そこにいた人たちを助ける」と信じられているといいます。山の上には人影が・・・。
    (七曜的には、自分達だけ助かればそれで良いのかみたいな感も有りますが(笑)


     人々が殺到し、宿泊施設は全て満室。本来、この時期は営業していないレストランも大繁盛。外にテントまで増設していました。

    こうした事態を受け、村と警察が異例の入山禁止に踏み切りました。



    ジョン・ピエール・ドゥロール村長:「世界の終わりの話を作ったのは、あなたたち(マスコミ)で私じゃない。24日には、サンタクロースを待ちます」


    一方、ロシアのちょっと変わったビジネスもある。


    記者:「第二次世界大戦後の冷戦時代にできた巨大な地下壕です。地下56メートル、21日もここにいれば大丈夫だと、大きく宣伝しています」



    シェルターの責任者:6年前から、博物館として運営されているこの地下シェルターは、「何が起きても大丈夫」という触れ込みで、21日の”終末の日”をここで過ごせるチケットを売り出しました。料金はおよそ8万円。300人が収容できるといいますが・・・

     「地球全部が爆発すると、『ごめんなさい』と言うしか」


     

    マヤ文明に詳しい茨城大学の青山教授は、「暦は終わらず、およそ5126年周期のマヤ暦が、一巡しただけ」と指摘。また、もっと長いマヤ暦があるといいます。



    茨城大学・マヤ文明学 青山和夫 教授:「一番これまで見つかっている長い周期は、10の31乗という天文学的な数字。“兆”の上に“京”という値があるが、2京×兆倍という数字」

     10の31乗とは、1000穣。京より、3桁上です。およそ2京8285兆年をさらに1兆倍した年数で一巡するといいます。

    マヤ暦からすれば、宇宙誕生はたった137億年前。マヤ暦の方がはるかに長いのです。

     「ひとつの周期が一巡しても、世界が終わらないことは明らか」




     記者:「新年を祝うために、この遺跡の前には、数万人の人が集うとみられています」
    地元の人たちは、新しい年を迎えるお祝いの儀式をしていました。”終末の日”などとは、感じていません。


     

    シャーマン:「新しい時代は、『夜明け』、『新たな宇宙の春』、『人類の幕開け』をもたらす。そこで、我々が失ってきた能力を回復することになる」
     


    全体的にはどの国もビジネス関係が多い様に感じます。終末ビジネスって恐ろしい・・・・。

    考えようによっては、この様なイベントは善い意味でも悪い意味でも、人類にとっての繰り返しの勉強で有りますし、人間の本来の性格や根底に在る今現在の抑圧された感情を解放を促したり(極端な方は殺人や盗みに走ってリしていますね)、それらを浮き彫りに出来る瞬間だと思っています。
    ご近所の方の本性も丸判りかも(笑


    とにかくは、本日21日は惑星直列の日と言われていまして、午後20時頃に宇宙からのエネルギーにより、地球が干渉されるのではないかと言われていますが、これを期にこのエネルギーを受け取り、DNAに組み込んでいきましょう。
    新たな直観力と、能力向上に利用して下さい。
    そして貴方自身が貴方のDNAの鍵を解放するのです。

    その瞬間の少し前にはお水を身体の中に入れ、エネルギーを通り易くするのも良いかもしれません。
    禊を済ませるておくのもまた良いかもしれませんね。



    それでは皆様、また午後20時、お会いしましょう!!










    七曜 高耶


    応援クリックを宜しくお願い致します。有り難う御座います!!



    ちなみにやはり地震には注意・警戒をしていて下さいね。

    宜しくお願い致します。







    七曜 高耶
    関連記事
    スポンサーサイト
    [ 2012/12/21 10:02 ]Posted by七曜高耶 | スターシードへの覚醒 | TB(0) | CM(9)[記事編集]

    アセンション及び惑星直列の感想

     七曜高耶 様
     はじめて、コメントを登録致します。私は、かつて「浅川嘉富」さんのHPの書き込みで、七曜さんと共に「セルン」について投稿した際、管理者の主旨の元、投稿そのものを削除された者です。

     アセンションについて、コメントさせて下さい。アセンションはキリスト教で「昇天」の意味、そしてキリスト教は一神教で、他の神々や宗教を否定しています。そもそもキリスト教とマヤ暦を混同する事自体、最初から無理がありました。ですが、これに気付かない人達は、まんまと罠に引っかかり、「アセンション延期説」「アセンション否定説」を打ち出し始めていますね。
     ですが、聖書には全てこれらの事も記しています。

     ペテロの手紙第二 3章「主の来臨を待ち望む者の生き方」
    「まず第一に、次のことを知っておきなさい。

               終わりの日に、

    あざける者どもがやって来てあざけり、自分たちの欲望に従って生活し、次のように言うでしょう。
    (ペテロの手紙第二3章3節)

        『キリストの来臨の約束はどこにあるのか。

    先祖たちが眠った時からこのかた、何事も創造の初めからのままではないか。』
    (ペテロの手紙第二3章4節)

     テサロニケ人への手紙第一 5章「主の来臨を待つ備え」
    人々が

             『安全だ。安全だ。』

    と言っているそのようなときに、突如として滅びが彼らに襲いかかります。」
      (テサロニケ人への手紙第一5章3節)

    「アセンション2012年説」は始めからなく、これについて「憤り」や「無事に過ぎた」と考える集団とその意志の集合体こそが、

               「終わりのはじめ」

    の開始を意味します。
     続いて惑星直列ですが、
    「1999年8月19日、地球を中心にして、縦軸に太陽、水星、金星、天王星、海王星が並び、横軸に火星、木星、土星、冥王星が並んだ、巨大十字架=グランドクロス」
    という天体現象が起きた事はご存じでしょうか?(勿論、何も起こりませんでした)
     この時も、ノストラダムス信奉者から「惑星直列」と似たような話が飛び交いました。今回は果たして、どうでしょうか?

     
    [ 2012/12/22 11:06 ] [ 編集 ]

    僕もマヤのカレンダーが新しい歴を迎えるというだけの話だとは思っているのですが、
    本当は今年のは間違いで、2015年がその年だったなんて話も出てきましたね。

    http://wpb.shueisha.co.jp/2012/12/22/16096/

    2015年といえば七曜さんの核の夢と重なるのは奇妙な一致です。
    [ 2012/12/22 13:33 ] [ 編集 ]

    Re: n様へ

    おはようございます、n様。

    いつもコメントを有り難う御座います!!
    イベントは盛り上がりましたか?

    我が家はまあまあで、昨日の超常現象バトルの方が、大いに盛り上がっていました(笑

    2015年説が出ていることを初めて知りましたが、まだアセンションビジネスを続けるつもりなのでしょうね。
    こちらの年の方がアセンションよりもっと深刻ですのに・・・・・。

    なんとまあ・・・ですね。


    情報を有り難う御座いました。

    また、機会が有りましたら、記事にしたいと思います。
    2015年迄あと僅かですから・・・・。






    七曜 高耶
    [ 2012/12/23 06:27 ] [ 編集 ]

    Re: 佐々木様へ

    おはようございます、はじめまして佐々木様。


    七曜高耶と申します。


    お返事が大変遅くなりまして申し訳有りませんでした。

    セルンについてもあれでしたよね、毎回思うのですが、直に見ても居ないのに、通説を当たり前の顔をして言われるのが本当に困りました。

    私自身は生の現場迄行きましたのでまだ判りますが、最近は本当に多い事。
    で、他の方が書かれているコメントを読みまして、最も真実に近いお話しを書かれても削除されたりしますし、残念でなりません。真実と言うものは受け入れられないのでしょうね。



    さて、アセンションについてですね。


    コメントを引用しながらお話しさせてくださいね。


    >アセンションについて、コメントさせて下さい。アセンションはキリスト教で「昇天」の意味、そしてキリスト教は一神教で、他の神々や宗教を否定しています。そもそもキリスト教とマヤ暦を混同する事自体、最初から無理がありました。ですが、これに気付かない人達は、まんまと罠に引っかかり、「アセンション延期説」「アセンション否定説」を打ち出し始めていますね。



    はい~。佐々木様と七曜の予想通りだと言えるでしょう。
    彼らはこれを餌にビジネスをしたいだけなのです。決して魂を救う為だとか地球を救う為だとかではないのですよ。
    このプロジェクトの本体は彼らですのに・・・。まんまと引っかかっています。チャネリングもですね(笑


    上手い手を考えたものです。今では真実の様に巷に溢れていますからね。
    最初にアセンションを唱えた方は既にサイトを閉鎖しているとか。私は当初より有り得ないと書いてきましたが、この様なご時世ですから救われたいと思うのは当然でしょうし(私もこの社会に疲れていますし)、仕方ないといえば仕方ない様な感じでした。

    佐々木様の冷静なものの見方はかなり有り難いです。

    また、是非コメントをお寄せ頂けると助かります!!

    宜しくお願い致します!!
    有り難うございました。






    七曜 高耶
    [ 2012/12/23 06:51 ] [ 編集 ]

    やはり「宗教絡み」で視すぎると…

    どうも“アセンション”の真実の意味を見失いますなぁ。
    もっと“高所”(霊や魂をも超えた俯瞰的に視線で)、時には宇宙さえ超えて…
    PSIの領域が体験出来る位だとすんなり入ってくる感じは以前から受けてます。
    [ 2012/12/23 08:28 ] [ 編集 ]

    私はノストラダムス研究者(信奉者とはちょっと違いますが・・・)ですが、1990年頃から、ノストラダムスは人類滅亡を予言していない事を知っていました。

    多くのいわゆる「ノストラダムス屋」が、無知のため解釈を間違ったり、あるいはカネのために予言を捻じ曲げたり、こじつけたりしたのです。

    何よりノストラダムス自身が、「私の予言は(西暦)3797年まで役立つ」と予言集の中で述べているのですから、これを知っていれば、1999年に限らずそれまでの間の「人類滅亡」は有り得ない予言と言えます。



    [ 2012/12/23 10:34 ] [ 編集 ]

    へぇ~

    アセンションブームについては知ってましたが
    地震・津波・原発事故が起きてからは
    そんなもん吹っ飛びましたわ・・(笑)

    救える命は救わんと・・と思って
    そっち側ばっかり見てましたから。(笑)


    ところで、七曜さま
    「浅川嘉富」さんのHPでご活躍されていたとは・・
    何かよく分からないけれど、ビックリしました。
    [ 2012/12/23 13:03 ] [ 編集 ]

    コメント一覧の感想

     七曜様
     お返事ありがとうございます。他の投稿者の方達の内容も拝読しました。中々のお仲間をお持ちのようですね。
     私は訳あって最近、ブログを1年ぶりに再開しました。今回のテーマは、「聖書」から現代の位置を把握しようと研究する事です。お暇な時にでも、参考にして頂ければ幸いです。
    surreal2000927の世界観(http://blogs.yahoo.co.jp/fragile200111
     
    [ 2012/12/24 01:35 ] [ 編集 ]

    Re: 佐々木 様へ

    こんばんは、佐々木様。


    コメントを有り難う御座います!!


    >他の投稿者の方達の内容も拝読しました。中々のお仲間をお持ちのようですね。


    有り難う御座います!!もう本当に素晴らしい方々ばかりでして、七曜素晴らしく勉強をさせて頂いています。皆様博識ですから七曜にとって有り難い存在です。

    皆様それぞれの得意分野も十分に生かして下さいますから感謝感謝の毎日を送っております!!


    佐々木様は1年ぶりのブログ再開なのですか??
    とても興味有ります!!知らせて下さいまして有り難う御座います!!

    是非是非訪問致します!!楽しみです!!


    > surreal2000927の世界観(http://blogs.yahoo.co.jp/fragile200111









    七曜 高耶

     
    [ 2012/12/25 20:51 ] [ 編集 ]

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://orangeapple01.blog62.fc2.com/tb.php/1381-975f34e1