■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium


□最新記事
□最近のコメント















木花咲耶姫(コノハナサクヤビメ)神社

昨日は友人と共に、直ぐ近くに在る神社へとお参りをしてきました。
この初めに出しています写真は、「木花咲耶姫(コノハナサクヤビメ)」の神社です。
この日もかなり風が吹き、天候も悪い状況でしたが有り難い事に雨が降る事も無く参拝をする事が出来ました。

さて、やはり「木花咲耶姫(コノハナサクヤビメ)」を参拝したのですから、姉君の祠にもご挨拶に行かなければ・・・と言う事で、姉君である「イワナガビメ」の祠へと向かいました。    

130412_112527.jpg

130412_112604.jpg

130412_113637.jpg

「木花咲耶姫(コノハナサクヤビメ)」の姉君であるイワナガビメ別名を「木花知流比売(コノハナチルビメ)」と仰られるそうなのですが、イワナガビメと言うその名の通りに、祠の在る場所は山の上。
非常に簡素な造りでは有りましたが、七曜的にはこちらの方がとても好きです。
2礼2拍手1礼を行い、地球規模での幸福を祈願し帰ろうとしたその時、不思議な事に曇っていた空から青空と太陽が顔を出し、狐の嫁入りの様な細かな雫が頬に落ちてきました。
それはまるで、ここに参拝に来た事を喜んでいる様な・・・・その様な感じの出来事でした。

七曜も来て良かったと思えた一瞬です。

130412_115511.jpg

最後に向かった場所は、大きな木の陰に小さく建てられている「スサノオ」の祠です。
この祠、お隣の木の方が堂々として立っていまして、余計小さく見えてしまいますが、祠の中にはコノハナサクヤビメ、コノハナチルビメと同じく一枚の鏡が中に奉られていました。

130412_120101.jpg130412_120125.jpg

暫く、行っていなかった神社巡りですが、友人の協力を元に、新たな地域の歴史と神々に出会えて本当に嬉しかったです。
次に行くときには手作りのお饅頭でも持っていきお供えをして帰るのも良いなぁ~と思っています。
お近くの方は是非身近な神々の祠へとご参拝されてみると良いかもしれませんよ。


詳しい場所はコチラになります。

http://www.okayama-jinjacho.or.jp/cgi-bin/jsearch.cgi?mode=detail&jcode=06018

かなりの確率で願いを実現化して下さると言われる、かなり有名なコノハナサクヤビメ神社です。
主には美の増進・安産・災難除け・機織り・縁結びの女神ですから七曜も必死だったりして。
女性の皆様にとっては嬉しい神社の様ですよ。
もしかすると七曜、そこにまた参拝しているかもしれません。ご縁が有りましたら是非お会いしましょう。
有難う御座いました。








七曜 高耶


応援クリックを宜しくお願い致します。有難う御座いました。



関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/04/13 11:28 ]Posted by七曜高耶 | 個人的なお話 | TB(0) | CM(3)[記事編集]

富士山

実は富士山をご神体とする富士浅間神社に祀られている神は木花咲耶姫なんですよ。
本宮は頂上にあります。
[ 2013/04/13 13:32 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2013/04/13 14:00 ] [ 編集 ]

ご無沙汰をしておりました。

私が調べた限りでは、コノハナサクヤヒメは、倭国最後の天皇である斉明女帝と同一人物の可能性が高いです。

決して2600年以上前の、神話の登場人物ではなさそうです。

詳しくは長くなりますので、気が向いたらブログに投稿します(笑)
[ 2013/04/15 15:55 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://orangeapple01.blog62.fc2.com/tb.php/1474-552b0eb8