2009/07/24

皆様へ


ご報告があります。


これは今年入って頃からのお話です。

仲間内の予知能力者、そしてその他の方々もなのですが、全て今の状況におかしなものを

感じています。

それは何か・・・・・・。



それは、予知しても予知が起こらない・現実にならない事。

簡単に言えば早いテンポで未来が次々に変化していて予知した情報が古いものに変化して

いると言う事です。


何かがおかしい・・・・・。そう思われている予知能力者が多い筈です。





特に今年に入ってからの未来予知は半々の確率まで落ち込んでいますので、ここからは皆様

の感が大切になってくると思われます。




未来が変化しています。

気を付けて毎日をお過ごし下さい。

それともう一つ、対人関係が難しくなります。感情のセーブが皆効きにくいと思います。

ごたごたが絶えないかもしれません。何か、感情のセーブが効かないような波動を感じます。




皆様の直感のみで動かれるのが一番無難だと思われますので宜しくお願い致します。









七曜 高耶
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

こんにちは。私も最近夢をみなくなりました。周りにもいらだっている人が増えたような。気を付けます。

今晩は。
もう自分自身を信じて歩む時が到来したのかも知れないですね。
それはいろんな意味での事ですけど。
最後の一厘は一人一人に委ねられてます。

めぐりの読み方の変化?

イシスさん こんにちわ
 お久しぶりです。
手前勝手な講釈をさせていただければ、ある部分では下記のようなものもあるでしょうか??

 夢予知は人類の集合意識による現実化プロセスの、少し先を確率的に見通す意識作用ともいえるでしょうか。人類集合意識を、内面のどこかでよく知っている存在達は、「無意識ながらも夢という形で」それを察知することが出来るのでしょう。
 その集合意識自体が何か「質的」変化をしたならば、今までのような察知:夢予知のあり方が、多少ともしづらくなるとも考えられます。
 予知する対象自体が新たなフェーズになれば、それを察知する側も新たなフェーズに対応する意識変化が必要かもしれません。
 また未来予知は、「危険」の察知、「転ばぬ先の杖」の要素だけで見るものではなくなっているともいえるかも知れません。
 自然現象と人類集合意識は、「めぐり」を通してシンクロしているのが分かるかもしれません。

いま、心に最大限の愛と光を・・・なんちゃって。i-1