文字サイズを変更できます。

文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする

プロフィール

七曜高耶

Author:七曜高耶
ご訪問有難うございます。


 本ブログは、予知夢的内容の的中を保証
するものではありません。
この点を十分に留意し、記事をお読みくだ
さい。


また、
投稿欄は読者間の情報交換の場としての
機能を維持するために設けたもので、
本ブログの管理人が内容としてふさわしく
ないと考える投稿は、予告なく削除いたし
ます。
また、投稿する方自らが自粛していただけ
れば幸いです。




★ ドリームセラピスト講座を修了。
★ シータヒーリング講座を修了。  
★ 日本超心理学会【学会員】
  主に予知に関する能力を研究中。  


 皆様のお役に立てる事を願っております。

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

ブログランキング

最近のコメント

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

amazon

日本ブログ村ランキング

逆回転時計

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

2013年4月21日は倉敷市林地区内におきまして、郷内歴史保存会の講演会を行いました。
歴史に興味のある七曜は、そちらへボランティアでお手伝いに行ってきました。

受付をさせて頂きましたので、講演会の内容を聞くことは出来なかったのですが、頂きました資料を時間がありました時に読ませて頂きました。

その中でも一番に心惹かれましたのは、あるお地蔵様のお話でした。
ですが、そのお話をしますその前に、以下の倉敷市林に在ります、日本第一熊野神社社の由来をお読みになって下さい。


熊野神社の由緒

西暦六三四年、役行者(役小角)は茅原(ちはら)の里、奈良県南葛城郡葛城村に生まれ、当時の仏教とは違い、直接、民衆を救い、自分も修行をしていくという宗教観を持っていました。紀州、熊野大峯の山々で修行を重ね、修験道の開祖となりました。

ところが、役行者が民衆を惑わすという罪で伊豆大島に流され、高弟たちは紀州熊野の十二社権現の御神宝を奉じて瀬戸内海に逃れ、四国九州に浄域を求めた後、児島の柘榴浜に上陸し、熊野道といわれている山道を通り、大宝元年(701)三月三日、福岡の里と呼ばれていたこの地に鎮座祭典をし、それが、現在の春のお祭り(五月十八・十九日)です。

天平十二年(740)、聖武天皇は児島一円を本宮の御神領として寄進しました。現在地に社殿を建立したのが始まりです。
孝謙天皇紀(749-758)には、紀州熊野権現に対して日本第一の称が与えられ、当社もその号を称することになりました。



御読みになって下さいましたか?

上でも分かりますように、この林と言われる場所は修験道者の場所でも在ります。
そして、その修験道の里で発見された遺物に、七曜はとても興味を惹かれました。

それは何か??

その名前は「十字顔の地蔵」。


この日本第一熊野神社のお祭りには、前回の記事にも書きましたように、ヤタガラスの紋が入っています。
ヤタガラスと言いますと、白龍会や緑龍会ですよね?白龍会や緑龍会=フリーメイソンイルミナティ。
121015_105731_20130426110610.jpg

何故それらが、この「十字顔の地蔵」のお話に出てくるのか、不思議だと思います。
非常に突拍子の無いお話に思えるでしょうが、とりあえずお付き合い下さいね。


この「十字顔の地蔵」にはある歴史的解釈が有ります。
それをここでお話しましょう。

十字顔の地蔵

頭が平らに切れ、直線で目・鼻・口をデザインした地蔵が、ラントウ、燈篭、宝篋印塔(ほうきょういんとう)などに刻まれている。
「干」形の十字を隠す工夫らしい。そこで、「丁頭仏」と言う名が生まれた。
また、両手をかざすポーズは、ローマ法王が祝福を与える姿に見える。
そこで、「デウス(天主)地蔵」の名がある。



タロット
※文中の「干」形の十字とはこのタロットの法王が持っている錫杖の様な形のこと。


坂本龍馬の影武者の殺害方法が両目と額から顎にかけての十文字。

熊野神社の由来。

「デウス地蔵」と言う名。

そして修験道達。
山伏山伏の格好をしたイスラエル人

現在のユダヤでも、祈りの時には『旧約聖書』の言葉を収めた 「ヒラクティリー」と呼ばれる小さな小箱を額部分に付けるそうです。
七曜もこの事に関してはお勉強をしていますので、これに関して山伏が頭につける兜巾(ときん)と使用方法が酷似していると思っています。
ユダヤの楽器

更に、山伏が吹くほら貝に関してもユダヤ人の祭りに使われる「ショーファー」というものと酷似しています。
この様な事から、天狗と呼ばれた鼻の高い人々は渡来してきたユダヤ人であったのではないかと七曜は考えております。





地域に発達した完璧な測量が張り巡らされている「才(采)」

もしかするとこの地域はイスラエル(ユダヤ)とも関係のある場所かもしれませんね。
七曜の妄想は膨らむばかりです(笑

日ユ同祖論は成り立つかな??










七曜 高耶


応援クリックを宜しく御願い致します。有難う御座います!!


関連記事
スポンサーサイト

コメント

相撲の起源も、実は古代イスラエルと言われています。

聖書によると、『ヤコブが天使と格闘(相撲)をした』とあり、これに勝ったヤコブは、以後「イスラエル」と名乗っています。

何よりもそのヤコブは、別名を「シュモー(=相撲)」と言いました。

また現在の相撲の立ち合いの掛け声である、『ハッケヨイ、ノコッタ』は、ヘブライ語で『投げよ、やっつけよ』との意味です。

一部訂正です。

「投げよ、やっつけよ」が「ハッケヨイ」でした。

ちなみに「ノコッタ」も「残った」ではなく、ヘブライ語で「投げたぞ」「やったぞ」との意味だそうです。

Re: yoshi様へ

こんにちは、yoshi様。

お久し振りです。お元気されていますか?
コメントを有難う御座いました!!


やはり、この様な歴史に関してyoshi様は博識ですよね。
有難う御座います!!

こう言った言葉の語源であるとかは、非常に重要かつ、真実の歴史の為に知らなければならない事の一つだと思っております。
ですから、今回のyoshi様のコメントはとても大切であり有り難い事だと考えています。

これからもどうぞ色々とお教え下さいませ。宜しく御願い致します。
有難う御座いました!!






七曜 高耶

ヤタガラスと高句麗の『三足烏』の関連についても以前コメントしましたが、この高句麗の開祖の名は『朱蒙』です。

何と、ヤコブの別名である『シュモー』と同じ名乗りなのです。

何か関連があるかも知れません。

ヤタガラス

お探しの情報が出てきませんね。
もともと、情報が少ないし出てこないのかもしれません。

戸籍がなく、名前もないとか聞きます。
ただ能力が凄くて、普通にテレパシーで会話するそうです。

彼らは、天皇家をお守りする役目があるようです。

ネットでは限界があるみたいに感じますね。

一度、ご挨拶に行かれたら情報が入ってくるかもしれません。
が、ネットで流せるかどうかは判断できません。

普通の人が接触できるかというと・・。(汗)
でも、それなりの人ならばOKなのでは?

七曜さまが望まれるのであれば、導かれることもあるかもしれませんよ。

天皇家 と イルミナティ「李家」 と 米国

天皇家がイルミナティ「李家」に預けていた財宝(金塊)が
東日本大震災の復旧復興に努める日本と経済ピンチの米国を救う


【イルミナティと李一族より】

華僑最大の財閥に香港を拠点とする李財閥が在る。
スプリングマイヤーによる「ロスチャイルド悪魔の13血流」
のひとつに数えられている一族に、李家があるが
この一族は中国のみならずアジア全域の華僑を支配すると言われる。



【中国による森林買収や水資源の奪取について】

ここ7~8年続いている北海道などを中心とする森林買収や水資源の奪取は
中国の財閥である李(リー)家によるもの。



【外国資本による森林買収、昨年はニセコ町など8件--中国(香港)や台湾・豪州】
2013年4月16日

居住地が海外にある外国法人または外国人と思われる個人による森林買収は
8件で森林面積は16ヘクタールだったことがわかった。

場所は、北海道ニセコ町、同倶知安町、栃木県那須塩原市、神奈川県箱根町、同真鶴町で
最も広かったのは倶知安町の10.04ヘクタール。

取得者の住所地は、中国(香港)、台湾、オーストラリア、英領ヴァージン諸島、米国となっている。

http://www.excite.co.jp/News/column_g/20130416/Cobs_il_201304_8---1.html



すいません。
イモづる式に 出てきてしまいました。(汗)

最近は天皇という存在がよくわからなくなってきました。

この国は一体なんなのか


ヘブライ語で読む「君が代」
http://www.historyjp.com/article.asp?kiji=171

個人的考察

『倉敷』に当て字をしてみると、「クラ=(高)句麗」「シ=之」「キ=城」で、「高句麗の城」と言う意味に通じます。

役行者の当時は高句麗の末期ですので、倉敷は高句麗の出先機関があったか、滅亡後の亡命先ではなかったのでしょうか。

また、役行者の姓である「役=エン」をキーワードとすると、役行者と同じ時代に、高句麗末期の大臣であった「淵蓋蘇文=エンガイソブン」がいます。

この「淵蓋蘇文」は高句麗王を殺して権勢を振るった実力者で、我が国の記紀には「伊梨蓋蘇文=イリカスミ」として記録され、「蘇我入鹿」のモデルになったと思われる人物です。


つまり「倉敷=句麗之城」に「役=エン=淵」の姓を持つ人に縁があり、「タガラス
=三足烏」を紋章とする「熊野=クマノまコマノ=高麗の」神社がある事になるのです。

日本人

日本は、とっても不思議な国ですね。

歴史をさかのぼると、いろんなことが分かります。

しかし、今残っている文献は、勝利者たちが自分たちの
都合の良いように書き換えたものです。


私たちの血・DNAが、その不思議を解き明かしてくれるかと思います。

中国・韓国・北朝鮮・・そして日本。
とてもよく似て、似ていない。(笑)

調べてみたら分かることです。

日本人は、宇宙人の血が入っていると聞いたことがあります。
本当でしょうか。(笑)

日本人の血が、他国の人たちの病気を治すと聞いたことがあります。
赤十字の血・・あれは、どこに運ばれているのでしょう?

血は、コード。
研究機関につかまって、血を搾り取られないように注意してください。

他の人より多く血を採られていたら、注意してください。
モルモットにされますよ。


あぁ・・だから、何度も原爆を受けるのか?(汗)

出た!?

八咫烏に導かれしサツカーに據る神國日本の磐戸開き
http://www.asyura2.com/11/bd60/msg/303.html

サッカーの話の後からです。

三つ巴の争いと明治維新


現在の日本は、1000年以上も前に日本を統一した“大和朝廷”の流れを汲んでいますが
この大和朝廷による統治を受け入れず、その支配を逃れて山野に隠れた「海人(出雲)の国」
の人々が中心である“サンガ”は、現在までも大和朝廷(現在の日本)に敵対し、隙があれば
常に国家転覆を画策していました。


そして、大和朝廷に敵対する者たちから天皇家守る裏の存在として組織されたのが“闇の八咫烏”
と呼ばれる人々の存在であり、両者は歴史の主要な舞台で1000年を超える争いを続けています。


また、大和朝廷に敢えて逆らう事をせずに、人知れず大和朝廷に融け込み、気配を絶っていったのが
いわゆるユダヤの外来系の“フリーメーソン”の人々であり、彼らの源流は近代ではなく、1000年以上も
前の“倭国”の“秦氏”で、明治維新の裏舞台には、この3つの組織による権力闘争があったようです。

http://tenkataihei.xxxblog.jp/archives/51872038.html

権力闘争?
あまりにも犠牲者が多すぎます。

このことについて、私ごときが口にする事ではないと思いますが
こんな話を聞いて、あまりいい気分ではありません。

私は、一般市民と自然の方が好きだ。

名もなき花が、この地球で一生懸命生きている。
それが尊いと思うが・・。

あるがままを受け入れ、生きている。
それでいい。

超能力なんてなくていい
素直に、お天道様を拝み生きている姿は尊い。

それだけで、素晴らしい事だと思う。


これは、私の感じ方、意見であって、別に同意を求めていません。
私の考え方にジャッジを入れなくて結構。
スルーしてください。

なんか・・反省。


まだまだ、読みが浅いみたいです。
精進せねば・・。(汗)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://orangeapple01.blog62.fc2.com/tb.php/1490-936b44ea

 BLOG TOP 


無料アクセス解析