■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium


□最新記事
□最近のコメント















あなたの身近にもその謎は転がっている 「B」&「J」

世界には多くの秘密と謎が未だ放置されたままでいる。

フリーメイソンに関してもそうだ。
表に出ているものは、一般でもよく知られているものだが、まだまだ隠されたものも此処には存在する。

多くのタロットリーダーももしかするとその真意を知らず、使用している可能性もある、ウェイト版タロット。

占いにもよく使用されているこのタロットの本当の出所は何処なのか?と言う事。
そして、発行者は誰なのか?が重要になってくる。


今現在、その内容の派手さと、謎の廃版が原因で陰謀論者に一番に注目されているのは「イルミナティカード」であるが、それより遡れば、ある秘密結社が創り出した「秘密の書」が間近にあった。


その「秘密の書」とは、ウェイト版タロット。

身近に存在しながらも、「占いの道具」であると言った巷の位置付けと、自分自身に掛けた刷り込みによって、このウェイト版タロットカードが実は非常に重要であり、「智慧」を持つもの以外には解らない暗号を伝えていたかも知れないと言う事を「占い」を営んでいる多くの人間は知らないでいる可能性があるのではないだろうか?
このタロットカードは、当時アーサー・エドワード・ウエイトが所属していた魔術結社「黄金の夜明け団(ゴールデン・ドーン)」の内部文書や「Tの書」などを元に作られており、絵はコールマン・スミスが担当していた。

さて、ここで出てきた「Tの書」。この書を書いたのがあの、「アレイスター・クローリー」。

そう、前に夢に出てこられた方ですね。

それはさて置いて、下の画像をご覧下さいませ。

このカードは「女教皇」のカードです。このカードの(ウェイト版タロットカードの)番号は「2」であり、二つの属性を顕すカードでもあります。


ウェイト版タロット 女教皇


ウェイト版タロットの黒い柱にある「B」は「ボアズ (Boaz)」で闇を、白い柱にある「J」は「ヤヒン (Jachin)」で光を意味する。それぞれエルサレム神殿にあったとされる同名の柱に由来するイメージです。マルセイユ版では、描かれる書物が観る者の側に開かれ、その知識を授けようとしている構図なのに対し、ウェイト版ではベールで半分隠れている。これは「宇宙の真理というものは、人間には容易に理解できない」事を意味します。


この「B」と「J」は以下写真(goo WIKIより)の柱を見て頂くと解ります様に、向かって左側に「J」、そして右側が「B」になっています。
ウェイト版タロットでの柱の文字が逆であるのは多分ですが、「人」から見た「神の神殿」では無く、「神」から視た目線である「人の姿(女教皇)」と考えられます。
そして、この「女教皇」の絵柄はまた面白く、伝説上の人物であると言われている女教皇ヨハンナをモチーフとすると言われています。
カトリック教会では女性が司祭以上の職に就くことを認めていないため、カトリックの世界では現実には有り得ないものとして扱われる「女教皇」は、しばしば「反ローマ教皇」の象徴とされます。

それらはまさに「フリーメイソン」の象徴であり、「善」と「悪」、「太陽」と「月」、「天」と「地」が指し示す「二元性」の世界を「女教皇」で顕していると七曜は考えているのですが皆様は如何でしょうか?


800PX-+1_convert_20130524204414.jpg

とにもかくにもタロットカードの中には多くの秘密が隠され、そしてこれらのカードの中にはシンボリックな絵が刻まれている。
そのタロットは「予言の書」の一部であり、22枚の大アルカナとして存在しているのだ。
この暗号の様な予言を解読していくのも楽しいかもしれないと、七曜は思っている。


と、言う事でお暇な方は以下の暗号文を解読してみて下さいね。
これはかなり前に流行した暗号文です。
因みに、これは『ピッグペン暗号』(Pigpen cipher)です。


暗号






七曜 高耶





応援クリックを有難う御座います!!感謝!!


《 答え 》

暗号キー


I must study politics and war that my sons may have liberty to study mathematics and philosophy


私の息子たちが数学や哲学を学ぶ自由が得られるよう、私は政治や戦争について学ばねばならない
ジョン・アダムズ

関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/05/25 18:50 ]Posted by七曜高耶 | 直感力 | TB(0) | CM(3)[記事編集]

BとJなんですが、なぜかイギリスと日本が頭の中に出てきました。
闇が世界を侵略して植民地にしていた大英帝国Great BritainのBで、
光が日の丸=太陽のJapanのJみたいな感じです。

すみません。
全然合ってませんね(^^;;
[ 2013/05/26 00:26 ] [ 編集 ]

アレイスター・クロウリー

英独の“占星術戦争”

http://inri.client.jp/hexagon/floorB1F_hss/b1fha802.html
[ 2013/05/26 11:49 ] [ 編集 ]

Re: n様へ

おはようございます、n様。

コメントを有難う御座います!!

いえ、色々な解釈は必要だと思います。
ネットで出ている様な事だけが正しいとは限りませんし、一番答えに近いのは自分の直感だと考えています。
ですから、ふと、思った事はとても重要だと思います。それが真実に近い事はよく有りますので・・・。

私的には、n様の頭に浮かんできた言葉、そして教えて下さったのには意味があると思っています。


有難う御座いました!!感謝です!
もし、また何か浮かんでくる様な事があった時や、こう思うと言うような事が有りましたら是非またお教え下さいね。宜しく御願い致します!!





七曜 高耶
[ 2013/05/27 09:26 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://orangeapple01.blog62.fc2.com/tb.php/1524-0278b69a