■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium


□最新記事
□最近のコメント















日本時間6月1日午前6時頃、地球から約580万キロ離れた空間を通過

日本時間6月1日午前6時頃、地球から約580万キロ離れた空間を小惑星「1998QE2」が通過する模様。
それにしてもこの小惑星の波動の感じが、かなりつらい。


直径2.7キロ、巨大小惑星が6月1日朝、最接近 NASA、サンプル採取計画
2013.5.31 10:25 [宇宙]


http://sankei.jp.msn.com/science/news/130531/scn13053110260000-n1.htm


NASA提供1998qe2
【NASAのレーダーがとらえた、地球に接近中の小惑星「1998QE2」(半円形に光る部分)の連続画像(左上から右下へ)。右下の小さな点は衛星(NASA提供・共同)】



 米航空宇宙局(NASA)は30日、直径約2.7キロの巨大な小惑星「1998QE2」が米東部時間31日午後5時(日本時間6月1日午前6時)ごろに、地球から約580万キロ離れた空間を通過すると発表した。

 通過軌道は地球から月までの距離の15倍と遠いため、地球に衝突して被害が出る心配はない。レーダーによる観測では、小惑星は地球と木星の間の太陽周回軌道を回っており、でこぼこした形状で衛星を伴っているらしい。

 NASAは2016年に別の小惑星のサンプルを持ち帰る探査機を打ち上げる計画。将来はロボット探査機で小惑星をキャッチして移動させるSF映画のような構想も打ち出している。(共同)









七曜 高耶




応援クリックを宜しく御願い致します。有難う御座います、感謝!!



関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/05/31 15:18 ]Posted by七曜高耶 | 惑星情報 | TB(0) | CM(3)[記事編集]

この小惑星が地球に落ちてくる事はないみたいですが、
小惑星の引力に引き寄せられて、軌道を変えた隕石が地球に落てこないか心配ですね。
[ 2013/05/31 20:00 ] [ 編集 ]

コートニー・ブラウン博士という方が、
今日世界規模の大災害が起きると、遠隔透視で見ているそうです。
http://96.xmbs.jp/seinenbu-48278-d_res.php?n=173414&view=1&page=d2&guid=on
[ 2013/06/01 08:57 ] [ 編集 ]

Re: n様へ

こんにちは、n様。


コメントを有難う御座います!!

どうもNASAはこぼれた隕石をキャッチして採取しようとしている様ですね。
キャッチしたら、地球に持って還る訳ですから、とにかく破損して漏れ出ないように注意して頂きたいですね。

宇宙ウイルスは「人類」にとっての脅威ですから。







七曜 高耶
[ 2013/06/01 15:54 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://orangeapple01.blog62.fc2.com/tb.php/1532-9330ab92