■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
    まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium


    □最新記事
    □最近のコメント















    <大飯原発>運転継続を了承…9月まで 原子力規制委 教訓を生かせない日本

    2013年6月22日に視た夢の事も有り、
    http://orangeapple01.blog62.fc2.com/blog-entry-1549.html

    このタイミングで大飯原発の運転継続は、あまりにも恐ろしい。
    希望的観測で、夢は現実には起こらないと思いたいが、福島県の時の様に、「想定外」の事も起こりうる可能性も彼らには頭の中に叩き込んで頂きたい。

    「活断層」に対する結論を先送りにしたいのは良く判る。
    何故なら、大金が絡むから・・・・。

    だが、しかし、本当にその大金を心から望むのならば、まずは「想定内」にした動きをするべきであると七曜は思う。
    そして、もし「夢」がこの事を事前に警告していての事ならば、尚更危険である事に変わりは無いだろう・・。


    <大飯原発>運転継続を了承…9月まで 原子力規制委

    毎日新聞 7月3日(水)11時53分配信


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130703-00000030-mai-pol

    大飯原発


    <大飯原発>運転継続を了承…9月まで 原子力規制委

    関西電力大飯原発(左奥から1号機、2号機、3号機、4号機)


     全国で唯一稼働中の関西電力大飯原発3、4号機(福井県)について、原子力規制委員会は3日の定例会で、定期検査に入る9月までの運転継続を了承した。原発の新しい規制基準(8日施行)に照らして「直ちに安全上重大な問題が生じるものではない」と判断した。一方で「安全のレベルに上限はなく、安全に対する意識は合格点に達していない」と関電にくぎを刺した。

    【「決定的にこれが欠けているという印象を持たず」】大飯原発、現地調査終了 規制委、重大な問題ない

     ◇「活断層」結論先送り

     規制委は今年4月、更田豊志(ふけた・とよし)委員を筆頭とする検討チームを発足。最大規模の地震、津波、竜巻、火山噴火に対する施設の安全性など、新規制基準の項目ごとに現状を評価した。

     焦点になったのは、事故時に前線基地となる「緊急時対策所(免震事務棟)」。関電は免震事務棟が完成する2015年まで、3、4号機の会議室を仮設として使う計画を示していた。だが、検討チームは「3、4号機で事故が起きたときに機能しなくなる恐れがある」と問題視。そこで関電は、1、2号機の停止を前提に両号機内の会議室を使う計画に変更し、規制委も了承した。

     起こりうる地震の規模や施設の揺れを把握するための地下の立体構造の把握や、自動消火設備の設置は未実施だが、規制委は「いずれも直ちに安全上、重大な問題が生じるものではない」とし、新基準施行後に完了すればよいと許容した。

     さらに、敷地内を通る断層「F-6破砕帯」については、活断層かどうかについては決着していないとして結論を先送りした。

     関電は今回の了承を踏まえ、3、4号機は新規制基準に適合していると受け止めている。また、F-6破砕帯も活断層ではないと主張。3カ月程度とされる定期検査を終えた12月に運転させたい考えで、近く再稼働を申請する方針。だが、規制委はF-6破砕帯の調査結果がまとまることを前提としており、その後の再稼働は不透明だ。【岡田英】

     ◇解説…電力需要増にらみ現実路線

     原子力規制委員会は関西電力大飯原発3、4号機(福井県)の稼働延長を認めたが、敷地内に活断層があるかどうかの結論を先送りした。「安全上、重大な問題がない」という今回の判断は暫定評価に過ぎず、夏の電力需給をにらんだ現実路線を選択した格好だ。

     両号機の基準への適否を調べる規制委の検証作業は、新規制基準の施行前とあって法律に基づく手続きではない。昨夏の暫定ルールで審査された大飯原発が稼働し続けることに対する国民の不安に応える目的で実施された。

     規制委が結論を先送りした敷地内での活断層の有無は、原発の安全性を考える上で極めて重要な要素だ。8日に施行される新規制基準では、活断層の真上に重要施設を設置することを禁止している。大飯原発では3、4号機に冷却用海水を送る重要施設「非常用取水路」を横切る断層「F-6破砕帯」が、活断層かどうかが問われている。

     だが、活断層か否かは専門家の意見が分かれ、結論にいたっていない。検証作業は新規制基準が施行される前までに終えようと、できる範囲で「安全上重大な問題があるか」を確認することを重視。網羅的な審査は、新規制基準の施行後に行うという考えで進められた。

     その意味で、論点を絞った作業になったのはやむを得ないが、活断層問題が決着しない段階で「安全上重大な問題はない」と言っても説得力に欠ける。【岡田英】



    日本はこれから先の未来も、数多の教訓を生かす事無く時間と共に過ぎていくのだろうか・・・・。








    七曜 高耶





    関連記事
    スポンサーサイト
    [ 2013/07/03 13:05 ]Posted by七曜高耶 | 原発事故 | TB(0) | CM(46)[記事編集]

    諦めよう

     奴等はもう変われないよ。
     人を変えようとするな。
     と良く言われるだろ。
     どんなに電気使用者が騒いでも何の効果も無いよ。
     自らの体が放射能で朽ち果てるまで解らんだろうさ。
    [ 2013/07/03 15:00 ] [ 編集 ]

    もう手遅れの状況になるまで行くしかないのでしょうか。
    やるせないですね。
    [ 2013/07/03 18:13 ] [ 編集 ]

    Re: 傍観の者様へ

    はい。本当に仰る通りです。

    人を変えよう等とは思ってはいけませんね。
    やはり、自らが変わらねば。

    そして、後世の子供達にはきちんとした知識を伝えてあげるべきなのかもしれません。
    次の未来は今の子供達が創り上げるのですから・・・・・。








    七曜 高耶
    [ 2013/07/03 18:57 ] [ 編集 ]

    Re: n様へ

    こんばんは、n様。


    コメントを有難う御座います。

    今回のこの大飯原発の件は、関西圏の方々にとっては非常に気になる内容であると思います。
    関西電力が仕切っているからとかでは無く、北陸とはされていますが、関西圏からはすぐお隣ですから、地震が来た際にはかなり危険区域になるでしょう。
    とにかく地震が来ない事を祈ります。これからもずっと。

    我々の住む、日本が沈むまでは・・・・。







    七曜 高耶


    [ 2013/07/03 19:02 ] [ 編集 ]

    ~大飯原発・運転継続容認にみる原発ムラの腐敗体質~

    本日(7/3)
    国内にて唯一稼動している大飯原発3・4号機について、その運転継続が原子力規制委により
    あっさりと容認されたが、これはまさに予定調和の”出来レース”であり、今さら言うまでもなく
    原子力規制委を含めた”原発利権ムラ”の腐敗体質を如実に表す話である。

    http://blog.goo.ne.jp/tarutaru22/e/0c34abb105d0d06b9516ed564c360828



    [ 2013/07/04 21:24 ] [ 編集 ]

    関西電力によるアメリカへの劣化ウランの無償譲渡に関する質問主意書

    平成十三年六月十四日提出
    質問第九七号

    提出者  北川れん子

    関西電力は四月二五日、市民団体との交渉の場で、劣化ウランの「所有権」を、濃縮役務を委託している
    【アメリカ合衆国・ウラン濃縮会社(以下、USEC社)】に「無償で移転」しているという事実を明らかにした。

    また無償譲渡の理由については、「いらないもの」だからとしている。



    原子力委員会長期利用計画策定会議第二分科会報告(平成一二年六月五日)は、「ウラン濃縮に伴い
    発生する劣化ウラン」を、「将来の高速増殖炉等」で「利用」する核燃料物質と位置づけている。

    劣化ウランは、「核原料物質、核燃料物質及び原子炉の規制に関する法律」(原子炉等規制法)に
    規定される【核燃料物質】であり、資源の有効利用を謳う【政府の原子力政策】においては
    将来的利用に備えて「適切に貯蔵していく」べき燃料資源のはずである。


    劣化ウランを「いらないもの」とし、【アメリカへ無償譲渡する】という関西電力の行為は
    原子力基本法に謳う政府の原子力政策と明らかに【矛盾】するものである。

    また本件行為は、劣化ウラン弾の原料物質の提供であり、当時の三木武夫総理が一九七六年二月二七日に
    衆院予算委員会で述べた武器輸出三原則にも反し、かつ憲法九条で掲げる平和原則にも抵触している。

    外交と原子力に関する政府の基本政策に背馳する行為であり、【政府の監督責任】が問われるべき
    重大問題であると考える。


    よって以下、関西電力によるアメリカへの劣化ウランの無償譲渡について質問する。

    http://www.shugiin.go.jp/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/a151097.htm

    とっても怪しいね。
    [ 2013/07/05 13:45 ] [ 編集 ]

    日本各地に77000本も保管されている大量のウラン!

    その裏には原発利権とアメリカの影!
    日本製劣化ウランが戦場で使われている?


    http://saigaijyouhou.com/blog-entry-475.html

    [ 2013/07/05 13:50 ] [ 編集 ]

    再稼働申請、東電社長が地元に説明 柏崎市長は懸念表明

    7月5日(金)

    柏崎刈羽原発(新潟県柏崎市、刈羽村)の再稼働審査を政府に申請する
    と決めた東京電力の広瀬直己社長が、5日午前、柏崎市の会田洋市長、
    刈羽村の品田宏夫村長をそれぞれ訪ね、理解を求めた。

    会田市長は「積み上げてきた信頼関係を損ないかねない」と懸念を表明した。
    広瀬社長は午後、新潟県の泉田裕彦知事とも面談する。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130705-00000021-asahi-ind



    再稼働をさせようとする動きは、第3次世界大戦が近いから?

    別に日本で原発事故が起きようと関係ない!
    戦争屋は、戦争でお金儲けしないとね。

    別に、日本人が死んでもかまわないのよ。

    放射能で苦しもうが、知ったことじゃない。
    被害を隠して隠して、原発を動かす・・そしてまた事故る。

    このサイクルから出られない?


    原発って日本政府とアメリカ、そしてヨーロッパ諸国が関係してるんでしょ?
    あれれ? 金融崩壊も同じメンバーか?

    顔なじみか・・。


    日本政府は、原発と一緒に心中するいもりなんだね。

    アーメン・・いや、南無阿弥陀仏か?
    [ 2013/07/05 14:07 ] [ 編集 ]

    4電力、8日に5原発の再稼働申請 原子力規制委が公表

    7月5日(金)

    原子力規制委員会は5日、北海道、関西、四国、九州の電力会社4社の計5原発について
    新規制基準が施行される8日に再稼働に向けた安全審査が申請されると明らかにした。

    東京電力は、柏崎刈羽(新潟)の早期申請を目指すが、地元の批判を受けて初日の届け出を見送った。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130705-00000032-asahi-soci
    [ 2013/07/05 23:37 ] [ 編集 ]

    柏崎刈羽原発(新潟県柏崎市、刈羽村)の再稼働問題


    泉田知事、東電社長に不快感〜原発再稼働めぐり
    http://www.youtube.com/watch?v=jIe_m2t2orw#at=166


    東京電力柏崎刈羽原発の再稼働申請をめぐり、7月5日午後4時、東京電力の廣瀬直己社­長が
    新潟県庁を訪れ、泉田裕彦知事と30分にわたって面談した。

    広瀬社長は柏崎刈羽原­発6、7号機の再稼働へ向けた安全審査の申請について説明。

    7月8日の新基準施行後な­るべく早くに申請したいと理解を求めたが
    泉田知事は「地元の事前了解を受けずに、再­稼働申請をするのか」
    「命より経営を優先するのか」と厳しく反論。

    また、今回の面談は­「社長の就任挨拶」との名目だったとして
    知事は「東京電力は嘘をつく会社なのか」「­なぜそんなに急ぐのか」と激しくと追及した。
     

    広瀬社長は「(申請と)同時にしたい」として、地元への理解と技術的な審査は
    同時並行­でできるとの認識を示したが、泉田知事は不快感をあらわにし、原発の新規制基準で
    義務­付けられたフィルター付きベント設備の設置の事前了解願いも受け取らなかった。

    東電は­審査受け付け初日の8日の申請も視野に入れていたが
    広瀬社長は会談後、記者団に「難­しい」と述べた。

    http://saigaijyouhou.com/blog-entry-482.html 
    [ 2013/07/06 16:19 ] [ 編集 ]

    原子力安全委員会「100ミリシーベルトの外部被曝で1億人中55万人が癌で死ぬ」

    川内前衆議院議員が文書を入手し、暴露!

    http://www.kaze-to-hikari.com/2013/06/17/%E6%94%BE%E5%B0%84%E7%B7%9A%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B%E3%81%8C%E3%82%93%E3%81%AE%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%82%AF.pdf


    1万人で55人ということは、1億人だと55万人です!
    しかも、これは外部被曝と癌患者に限定した予測値なので、『白血病』や『心筋梗塞』
    『循環器系異常』など放射能関係の病状を含めたら膨大な数となることでしょう。

    私は福島原発事故による放射能汚染被害者の総数は1000万人を遥かに超えると予想していますが
    政府の中にも同じような考えをしていた方がいたということになります。

    http://saigaijyouhou.com/blog-entry-487.html
    [ 2013/07/08 01:05 ] [ 編集 ]

    ≪被曝対策≫

    【ビタミン療法】【スピルリナ】【リンゴペクチン】など があるようです。


    ◎ビタミン療法

    【ビタミンCが放射能被曝を和らげる】そんな驚きの調査結果が点滴療法研究会から発表されました。

    点滴療法研究会によると、【高濃度ビタミンC】の点滴療法と【抗酸化サプリメント】を
    福島原発作業員に行った結果、被曝によるダメージの減少を確認出来たとのことです。



    ◎スピルリナ

    「スピルリナ」とは、最古の植物ともいわれる緑色の藻のことです。
    世界最古の植物と言われるだけあって、スピルリナには他の植物とは桁違いに多くの栄養が含まれているのです!

    あまりにも含まれている栄養素が多すぎるので主要なものだけを紹介すると
    【タンパク質】【ビタミン】【ミネラル】【食物繊維】【クロロフィル】などが、スピルリナには含まれています。

    また、抗酸化作用が注目されている【β-カロテン】【ゼアキサンチン】なども多く含まれている上に
    他の食品と比較して消化吸収効率も優秀なのです!

    http://fukusayou.life-nice.com/cat0003/1000000068.html


    ◎リンゴペクチン

    「ペクチン」とは柑橘類やりんごなどに多く含まれている多糖類で
    リンゴから抽出したペクチンのことを「リンゴペクチン」と呼びます。

    チェルノブイリ事故で活躍したヤブロコフ・ネステレンコ博士によると
    このリンゴペクチンを放射能被曝した子どもたちに与え続けた結果
    子供から検出される放射能の量が大幅に減ったことを発見したとのことです。



    【スピルリナ】や【ビタミン療法】は、放射能を直接排出するわけではありません。
    あくまでも、放射能によってダメージを受けた細胞などの回復を促すものなので
    放射能被ばく量自体は減らしたほうが良いでしょう。

    http://saigaijyouhou.com/blog-entry-90.html
    [ 2013/07/08 13:21 ] [ 編集 ]

    福島第1原発の吉田元所長が死去
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130709-00000047-mai-soci

    現場で必死にされてきた方なのでとても残念です。

    政府と東電はいつまで国民に真実を隠し続けるのでしょうか。

    今この瞬間も、見えない脅威が多くの人を蝕んでいきます。
    [ 2013/07/09 17:12 ] [ 編集 ]

    n さま

    <福島第1原発の吉田元所長が死去

    残念です。
    いつまで、現実逃避をしているのでしょう。

    そろそろ、目が覚めても良いと思うのですが・・。(汗)


    日本は、ただ今『原発事故なかったこと物語』を実行中。
    [ 2013/07/09 17:21 ] [ 編集 ]

    70mSvでも五年以内だから…

    胃がんと被爆は関係無いのだそうです。(東電の言い分?)
    一年ではなくもっと短い間にそれだけの被曝量でもOKなら…
    社長さんにはこれから一生福一で除染をして頂きたいなァ。
    [ 2013/07/09 18:50 ] [ 編集 ]

    政府は嘘を吐きますが、カーエアコンのフィルターは嘘を吐きません 

    http://www.youtube.com/watch?v=cdQpvgOICp0

    驚くべきグラフ
    http://beautifullife2.blog.so-net.ne.jp/2012-05-29
    [ 2013/08/15 22:23 ] [ 編集 ]

    小泉純一郎の「原発ゼロ」

    08月26日
    今月中旬、脱原発のドイツと原発推進のフィンランドを視察した小泉純一郎元首相(71)の感想


    三菱重工業、東芝、日立製作所の原発担当幹部とゼネコン幹部、計5人が同行した。
    道中、ある社の幹部が小泉にささやいた。
    「あなたは影響力がある。考えを変えて我々の味方になってくれませんか」


    小泉
    「いま、オレが現役に戻って、態度未定の国会議員を説得するとしてね
    『原発は必要』という線でまとめる自信はない。

    今回いろいろ見て、『原発ゼロ』という方向なら説得できると思ったな。
    ますますその自信が深まったよ」

    http://mainichi.jp/journalism/listening/news/20130826org00m010002000c.html

    小泉純一郎が、まともな意見を言ったので驚いた!!
    [ 2013/08/27 20:38 ] [ 編集 ]

    小泉純一郎元総理の「原発ゼロ」発言

    張本人がよく言うぜ、まったく!

    この小泉の言葉を額面通りに受け取って
    喜んでいる内は駄目です。
    彼は、原発の【安全装置を撤去した】張本人です。

    小泉元総理が、2003年に、原発の安全装置の削除を
    次々と決めなければ、福島第一原発は、あそこまで酷い事に
    は決してならなかったと多くの方が指摘しています。
    この件に関しては、いずれ、徹底訴追されて然るべきです。
    この問題から、逃げるなどということは、絶対に許されない。

    原発マフィアの一員でもある大新聞の毎日が、
    記事にするという事は、驚くべき極めて異例の出来事でも
    ありますし、恐らく、何か深い理由があるに違いありません。
    この事実を、皆さん、是非、記憶に止めておきましょう。
    絶対に、何かありますよ・・・これは。

    http://ameblo.jp/64152966/entry-11600707822.html

    ほっほぉ~、何があるんだろう?

    たぶんね、世界中の人々が、【日本の政治家】を問い詰めるんだよ。

    でないと、世界中の人々が納得しないでしょ?
    公開裁判です。

    教科書に名前が載りますね。
    公開裁判ですわ。

    これに【東電】も出ます。

    【アメリカ】と【イスラエル】は、どうなんだろう?

    彼らは、地球に住む権利を得られるのだろうか?
    きっと、宇宙船に乗って逃げるんだわ・・。(汗)

    妄想が乏しい・・(笑)
    [ 2013/08/28 01:32 ] [ 編集 ]

    安全装置を撤去したのは【小泉純一郎】

    【原口前総務相】福島第一原発の安全装置は小泉政権が撤去していた

    http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=8e-Z2gn2F5A
    [ 2013/08/28 01:39 ] [ 編集 ]

    安全装置

    ・「非常用復水器」(非常用炉心冷却装置ECCS)、
    ・「蒸気タービン駆動の非常用炉心冷却装置」(隔離時冷却系)、
    ・「蒸気凝縮系機能冷却システム」

    の3つの装置のことです。


    福島第一原発では、3つの安全装置のうち、

    1号機は「非常用復水器」のみが取り付けられており、

    他の2つの安全装置は設置されていませんでした。


    2~6号機については、当初は3つとも装備されていましたが、

    勝俣恒久が東電社長に就任して間もない2003年に、

    小泉内閣の決定によって「蒸気凝縮系機能」が、

    わざわざ10億円をかけて外されたのです。




    それだけでなく、
    【浜岡1号】、
    【東海第二】、
    【女川発電所】

    でも、同様に【残留熱除去系の蒸気凝縮系の機能】が取り外されているのです。


    わざわざ取り外す必要などまったくないのに、
    10億円以上もかけて撤去している不可解。

    自民党は、民主党時代の追及に対して、
    ちょっとでも説明しようという気配さえありません。

    http://blogs.yahoo.co.jp/ishikawaryou1/9877238.html
    [ 2013/08/28 01:47 ] [ 編集 ]

    小泉純一郎が潰した 【多度津工学試験所】

    香川県多度津に310億円かけて造った大型振動台「多度津工学試験所」の撤去問題


    【多度津工学試験所】
    当時で310億円の巨費をかけて1982年に完成した【世界最大の大型振動台】で

    日本の原子炉で実際に使われている原子炉圧力容器などの原発用機器を発振台の上に載せて

    地震と同じ震動を人工的に起こして【耐震性テストする研究施設】。



    実機と同じものを、わざわざ造って試験していたのですから、これほど確かなこともないはずなのですが

    これも、小泉純一郎が「必要ない」と言い出して、結局解体させられ、同試験所の建物・敷地ごと

    たった2億7700万円で今治造船に引き渡された。


    http://blogs.yahoo.co.jp/ishikawaryou1/9877238.html

    なんか、めっちゃブラックやん。
    芋づる式でなんかヤバそうな事が出てきそう・・。(汗)
    [ 2013/08/28 01:56 ] [ 編集 ]

    どこが「想定外」? 確信犯やんか~

    京都大学で原子力工学を学んだ吉井英勝氏は
    以前から、圧力容器中の炉心隔壁が中性子を浴びて脆化することを懸念しており
    多度津工学試験所解体の話が取り沙汰されるようになってから国会内で
    この問題について取り上げ、質問状を提出。


    当時の総理大臣であった小泉純一郎は、吉井英勝氏の質問に対して
    「非常事態においても、原子炉を冷却できる対策が講じられている」との官僚の作文で返したのです。


    しかし、3.11の東日本大震災の地震によって、


    それが結果として嘘であったことが証明されたわけです。
    「非常事態においては、原子炉を冷却できる対策が講じられていなかった」が事実なのです。


    これを多度津工学試験所解体を強行した政治家、電力会社、官僚は、「想定外」の一言で片付けてしまったのです。



    小泉内閣によって多度津工学試験所の解体が決定されたのは【2003年10月】。

    同じく、福島第一原発、浜岡1号、東海第二、女川発電所における
    残留熱除去系の蒸気凝縮系の機能を削除する工事を行なわれていたのが
    【2003年】。


    このように、2003年に矢継ぎ早に決められた
    日本の原子炉の【安全対策】の削除。

    http://blogs.yahoo.co.jp/ishikawaryou1/9877238.html

    安全神話は、小泉内閣によって2003年から作られたのか・・。
    罪は消えないよなぁ~。
    日本には、もう住めないよ・・この人。
    [ 2013/08/28 02:05 ] [ 編集 ]

    東電福島第一原発危機の遠因は小泉・竹中政権時代に仕込まれた?

    1.小泉・竹中政権、2005年に日本の誇る原発耐震研究所を廃止していた

    2.ブッシュ戦争屋ネオコン政権は原発世界一の東電攻略を意図していた

    3.米戦争屋ネオコンは、日本の原発技術のモンスター化に脅威をもっていた

    4.小泉・竹中政権の亡国的犯罪性は原発耐震研究所の廃止にとどまらない!

    http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/23500555.html
    [ 2013/08/28 02:14 ] [ 編集 ]

    原発事故向けの特殊小型ロボットMARS-iの廃棄を命令

    小泉・竹中政権


    小泉らが潰した三菱重工のロボはこれである。
    http://www.itmedia.co.jp/news/0304/09/nj00_rescue_2.html?print


    三菱重工業が開発した遠隔・点検ロボット「MARS-i」

    国は「原子力災害用のロボット開発プロジェクト」を立ち上げ
    三菱重工業もそれに参画し【MARS-A】、【MARS-T】の2台のロボットを開発した。

    これは、重さが400キロもあるような非常に大きなもので、簡単に運べるものではない。
    もっとシンプルにして小型にならないのかというリクエストも多かった。

    そこで、開発されたのが【MARS-i】だ。
    これは、機能は絞ったけれど、幅40×長さ160×高さ55センチで80キロと小型軽量になった
    と同時に、原子力災害以外の災害にも使えるよう汎用性も持たせたものである。
    (三菱重工神戸造船所は、もちろん阪神・淡路大震災を経験している)


    http://blog.livedoor.jp/peaceasia/archives/51957814.html
    [ 2013/08/28 02:21 ] [ 編集 ]

    負の遺産 【小泉政権】

    郵政民営化とは、郵便局・地銀の預金の、アメリカによる略奪計画である
    by オルタより

    http://ameblo.jp/64152966/entry-10805228930.html


    そして今は、日本郵政・アフラックが提携している
    http://biz-journal.jp/2013/08/post_2645.html

    これは、原発事故で【がん患者が増える】と見越しての動きだと思う。



    【小泉・竹中政権】からの始まった売国政策の続きが、【安倍・竹中政権】・・て事になります。

    小泉・竹中政権政権の【種】を、【収穫する】のが、安倍・竹中政権。

    どちらも【竹中平蔵】が入っていて、凄くわかりやすい。


    お金・財産・健康・命  全部取られて騙されていた事が分かるのかなぁ~?
    死んでからじゃ、遅いと思うけど・・。

    最後は、『お国のため』に戦争か?

    でも正しくは『お国のため』じゃなくて、誰かの『お金のため』に・・だよ。
    誰か知らない人が儲けるために、戦争で死んでください・・だよ。

    そこ、間違わないように。 早めに言っておきます。
    [ 2013/08/28 02:59 ] [ 編集 ]

    小泉悪一郎が言い出した「原発ゼロ!」

    これは「原発ゼロを目指す廃炉ビジネス」を狙ったアドバルーンだ。


    アレは、「もう、原発建設では儲からないから、廃炉で儲けましょ!」 ってこと。
    原発ゼロ!=廃炉=脱原発ってのは、すでに世界の既定のコースです。



    【米東部の原発1基を廃炉に シェール革命で採算悪化】
    2013.8.28
    http://sankei.jp.msn.com/world/news/130828/amr13082812180003-n1.htm


    【米加州のサンオノフレ原発、廃炉へ 昨年水漏れ事故】
    2013.6.7
    http://sankei.jp.msn.com/world/news/130608/amr13060800010000-n1.htm


    情報元は
    http://grnba.com/iiyama/

    コピーができなかったので、コンパクトにしてみました。
    [ 2013/08/29 21:08 ] [ 編集 ]

    泉田新潟県知事8/28 外国特派員協会QA

    http://www.youtube.com/watch?v=7J2VvfVC_X0#t=1247

    国会議員を入れたらおかしくなるので
    しっかりした知事にこういうのをして欲しいですね。
    [ 2013/08/30 10:54 ] [ 編集 ]

    産経新聞の[主張] と 泉田新潟県知事

    問題の産経新聞の【主張】

    【柏崎刈羽の申請 知事は責任もって認めよ】
    2013.8.21

    柏崎刈羽原子力発電所の安全審査申請で
    【東京電力】と【地元・新潟県】の対立が膠着(こうちゃく)状態に陥っている。

    原子力規制委員会に6、7号機の安全審査を申請するとした東電に対し
    泉田裕彦県知事は「申請には県の事前了解が必要」と早期申請への反対姿勢をなお変えていない。

    VS

    泉田新潟県知事(記者会見)柏崎刈羽原発の再稼働について
    2013/08/21
    http://www.youtube.com/watch?v=vTgFLPY0CLg#t=77


    情報元(文字起こし、あり)
    http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-3218.html
    [ 2013/08/30 12:28 ] [ 編集 ]

    「もんじゅ発電所」に名称変更も 文科省審議官が見直し言及

    2013年8月31日

    河瀬一治市長が「もんじゅは単なる発電所でなく、研究開発の拠点として受け入れたことを再認識し
    エネルギー政策の中でのもんじゅの位置づけを早急に明確にしてほしい」とあらためて求めた。

    http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/nuclearpower/45208.html

    高速増殖ナトリウム爆発炉もんじゅ
    問題高速増殖炉もんじゅ
    巨大時限爆弾
    神への冒涜
    税金の無駄遣い
    日本の自爆スイッチ
    馬鹿官僚の象徴
    財政赤字なのに続く無駄遣い

    ・・とまだまだ続きます。(汗)

    http://okarutojishinyogen.blog.fc2.com/blog-entry-4146.html

    イメージチェンジをしたいのか?
    それは、無理だろう。
    [ 2013/09/01 19:43 ] [ 編集 ]

    定期検査中の大飯原発で蒸気漏れ 3号機のタービンから

    9月5日(木)

    関西電力は5日、定期検査中の大飯原発3号機(加圧水型軽水炉、出力118万キロワット)で
    タービン建屋3階の低圧タービンと軸受け部のすき間から、高温の蒸気が噴出したと発表した。

    現場には作業員が約20人おり、周辺から離れるよう指示が出された。けが人はなかった。
    放射性物質は含んでおらす、環境や設備への影響はないという。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130905-00010002-fukui-l18
    [ 2013/09/05 20:29 ] [ 編集 ]

    大事故寸前】福島第一原発で瓦礫撤去用の大型クレーンが損傷し、クレーンの上部が倒れる!

    原因は接合部分の亀裂!


    9月5日の9時15分頃に3号機原子炉建屋上部でガレキ撤去作業をしていた
    600トンの大型クレーンの接続部分が損傷し、クレーンの上部が倒れた状態になりました。

    幸いにも原子炉建屋などの重要施設には傷は無いようですが、一歩間違えば、大事故になっていた可能性が高いです。
    東電によると主マストとの接合部分に亀裂が発生していたとのことで、詳しい原因は現在調査中となっています。


    http://saigaijyouhou.com/blog-entry-822.html
    [ 2013/09/05 22:16 ] [ 編集 ]

    間違いに誘導するマスコミ報道と、御粗末な手品に引っかかる政治ブログ

    日本国内の新聞などの全てのマスコミ記事は正確ではありません。
    わざと読者を間違いの迷宮に誘い込んでいるのです。

    http://blog.goo.ne.jp/syokunin-2008/e/53174b5c8fbe6352e251b41786dbfaf2
    [ 2013/09/05 23:47 ] [ 編集 ]

    「竜巻リスク」


    東電
    「竜巻に特化した荷重設定はしていない。
    それぞれの設備については建築基準法に基づいて設計し、安全性に支障がないことを確認している」
    (広報担当者)

    “ハリボテ”の福島第1原発に【建築基準法】? バカじゃないの?
    (↑これは私。)

    http://blog.goo.ne.jp/tarutaru22/e/4bc646090bbccaec961cea8e9524dcff
    [ 2013/09/06 00:21 ] [ 編集 ]

    世界の原発は429基、約3億9000万キロワット-狂気の地球


    狂っているのは日本だけではありません。世界中です。
    これらを止めるにはどうしたらいいか。簡単です。

    新規建設を止めさえすればいい


    http://ameblo.jp/ghostripon/entry-11604330994.html
    [ 2013/09/06 21:36 ] [ 編集 ]

    福島 3号機プール保管核燃料棒一束しか確認出来ず!

    核燃料が即発臨界爆発で破壊飛散と揮発したためでは!?

    http://blog.livedoor.jp/tacodayo/archives/6788592.html#more

    内容が凄すぎて、言葉をピックアップできませんでした。
    [ 2013/09/06 21:45 ] [ 編集 ]

    フランス、海底原発を開発=16年の稼働開始目指す

    2011/01/21

    仏造船大手DCNSは20日、原子炉を積載した筒状施設を海に沈めて発電し
    沿岸に電力を供給する「海底原子力発電所」の開発計画を明らかにした。

    通常の原発より大幅にコストを抑制できるのが特徴で
    2013年の早い時期に試作機の建造に着手
    16~17年ごろの本格稼働開始を目指している。

    http://blog.goo.ne.jp/thinklive/e/0c7fa4ddfa7d4b03857854aa9539bb61

    これ、どうなったのかな?
    気になっていたんだけど、知っている人いる?
    [ 2013/09/15 17:16 ] [ 編集 ]

    福島第一元作業員の「遺言」詳報 東電、信用できない 

    2013/9/13

    福島第一原発事故が起きたとき、1号機内部にいて
    今年8月にがんで亡くなった元作業員の木下聡さん(65)の証言は次の通り。

    ‐事故当時の様子は

    あの日は午後から、1号機で定期検査のための足場を組む作業をしていた。
    1階には私と同僚の2人。4階に元請けと協力会社の4、5人がいた。

    最初の揺れはそれほどでもなかった。だが2回目はすごかった。床にはいつくばった。


    配管は昔のアンカーボルトを使っているから、揺すられると隙間ができる。
    ああ、危ないと思ったら案の定、無数の配管やケーブルのトレーが天井からばさばさ落ちてきた。
    落ちてくるなんてもんじゃない。当たらなかったのが不思議。


    4階にいた人たちは水が大量にゴーと襲ってきたと言っていた。
    それが使用済み燃料プールからなのか、非常用復水器が壊れたからなのか、そのときは分からなかった。


    皆で集合して、1号機から脱出した。地震が起きてどれぐらいだったかな。
    必死だったからはっきりしないけど、10分ぐらいじゃないかな。



    途中の様子も恐ろしかった。タンクはぼこぼこ倒れてるし、潮が引いていて、これは津波が来ると思った。

    沖のテトラポットがむきだしになっていた。
    敷地内にある元請けの事務所に戻り、装備品を返して、まとまった班から解散になった。


    正門を出た。いつもなら浜側の道を通るが、陥没していたから、山側の道を行った。
    あのまま浜の道を通っていたら、津波にやられとった。

    東電は「全電源喪失と地震の揺れは無関係」と言っているが、そんなのあり得ない。
    謙虚に検証する姿勢がないと、安全神話が復活する。

    http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201309/0006334811.shtml


    [ 2013/09/15 20:00 ] [ 編集 ]

    1年2カ月ぶり「原発ゼロ」=再稼働の時期見えず―関電大飯4号機が停止

    9月15日(日)

    関西電力は15日夜、国内の原発で唯一稼働していた大飯原発4号機
    (福井県おおい町、出力118万キロワット)の運転を定期検査のため停止した。

    1年2カ月ぶりに全国の計50基の原発が全て止まり、稼働中の原発がゼロとなった。

    原子力規制委員会は、関電を含む電力4社の申請を受けて原発の安全審査を進めているが
    審査が終わるめどは立っておらず、再稼働の具体的な時期は見通せていない。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130915-00000089-jij-bus_all
    [ 2013/09/16 09:14 ] [ 編集 ]

    <もんじゅ>台風18号の土砂崩れで孤立 データ送信も停止

    9月16日(月)

    台風18号の影響で、福井県敦賀市の高速増殖原型炉もんじゅに通じる道路で土砂崩れが発生し
    もんじゅが16日未明から孤立している。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130916-00000021-mai-sctch
    [ 2013/09/16 14:57 ] [ 編集 ]

    もんじゅの伝送システム復旧 土砂崩れでケーブル破断

    2013年9月18日

    日本原子力研究開発機構の高速増殖原型炉もんじゅ(福井県)で
    原子炉内のデータを国に送るシステムが停止した問題で、原子力規制庁は17日夜、伝送が復旧したと発表した。

    台風18号にともなう土砂崩れで、通信用の光ケーブルが切断されたことが原因だった。

    http://www.asahi.com/national/update/0918/TKY201309170518.html
    [ 2013/09/18 23:20 ] [ 編集 ]

    <もんじゅ>冷却剤漏えい検出器が約2時間停止

    9月18日(水)

    日本原子力研究開発機構は18日、高速増殖原型炉もんじゅ(福井県敦賀市、停止中)で
    冷却剤の液体ナトリウムの漏えい検出器1台が約2時間停止したと発表した。

    使用済み核燃料を保管する「炉外燃料貯蔵槽」の検出器で、安全確保のため定められた
    「運転上の制限」の逸脱にあたるため、原子力規制委員会に報告した。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130918-00000062-mai-soci
    [ 2013/09/18 23:22 ] [ 編集 ]

    もんじゅに匹敵するほど危険な核施設は世界の何処にも存在しない


    福井県の高速増殖炉もんじゅが昨年の夏以来のトラブルが
    いよいよ手に負えなくなってきて、暴走しそうです。

    昨年夏、燃料を入れる作業で、燃料棒を格納部に落っことしてしまい破損して
    燃料棒が引っかかって出せなくなってしまいました。

    制御棒を突っ込んで何とかとめていたのがが、ここにきて再び反応が始まり
    手が付けられなくなってしまいました。

    今まで内緒にしていたのが、14日に担当課長が自殺して発覚してしまいました。


    もしもんじゅに爆発でもあったら、長崎原爆の100倍のプルトニウム燃料のため、西日本は全滅です。


    もんじゅの300キロ圏内には大阪・名古屋・東京の三大都市圏が入ってしまっているのです。
    もんじゅが大事故を起こした場合、それは日本という国の滅亡を意味しています。

    http://saigaijyouhou.com/blog-entry-894.html
    [ 2013/09/18 23:27 ] [ 編集 ]

    高速増殖炉の研究継続へ 文科省がもんじゅ活用計画案

    9月25日(水)

    文部科学省の作業部会(主査・山名元〈はじむ〉京都大教授)は25日
    日本原子力研究開発機構の高速増殖原型炉もんじゅ(福井県)の研究計画案をまとめた。

    高速増殖炉の技術確立に向けた研究を続け、運転再開から約6年後に継続の可否を判断する。
    核燃料サイクル政策の推進を国として明確に示したことになる。
    研究終了の時期は盛り込まず、研究が先延ばしになる可能性も残る。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130925-00000027-asahi-sci

    日本政府は、どうやら原発と共に心中することを決めたみたいだ。
    誰も責任をとらぬまま、沈んでいく。

    哀れな・・。
    [ 2013/09/25 22:08 ] [ 編集 ]

    福井県京丹後に、米軍基地が!?

    福井原発群のすぐ近くです。

    Xバンドレーダーという、アメリカ本国に向かう弾道ミサイルを追いかけるレーダー基地で
    完成されれば米軍と軍属160人が配置されることになるといいます。

    http://www.change.org/ja/%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%83%B3/%E4%BA%AC%E4%B8%B9%E5%BE%8C-%E4%BA%AC%E9%83%BD-%E7%B1%B3%E8%BB%8D%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%80%E3%83%BC%E5%9F%BA%E5%9C%B0%E8%A8%88%E7%94%BB%E3%82%92%E8%80%83%E3%81%88%E3%81%AA%E3%81%8A%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%BB%E3%81%97%E3%81%84

    http://blog.goo.ne.jp/tomorrow_2011/e/3a5cdf3ef115cbd3317c2e9d8384494d
    [ 2013/10/06 07:58 ] [ 編集 ]

    京丹後は、京都です!!(間違えました)↑

    丹後半島の近くかしら?

    http://maps.loco.yahoo.co.jp/maps?ei=UTF-8&type=scroll&mode=map&lon=135.06099983&lat=35.62416448&p=%E4%BA%AC%E9%83%BD%E5%BA%9C%E4%BA%AC%E4%B8%B9%E5%BE%8C%E5%B8%82&z=12&layer=pa&v=3&ac=26212
    [ 2013/10/06 08:02 ] [ 編集 ]

    【福井発・続報】 「高速増殖炉もんじゅ 延命か」 IAEAと覚書締結 

    2013年10月7日

    世界原子力マフィアの頂点に立つIAEAの天野之弥事務局長がきょう
    福井県を訪れ、西川一誠知事との間で覚書を締結した。

    筆者とIWJの原祐介氏は記者クラブではないが、正面突破で調印式場となった知事室に入れた。


    「福井県における原子力発電や放射線利用施設の専門知識や経験を有する人材を活かし
    世界の原子力の平和的で安全な利用のため必要となる人材を支援、育成する」というのが覚書の趣旨だ。

    事業としては「IAEA主催の研修や国際会議の開催」「IAEAの制度等による研修生・研究者の受け入れ」などがある。


    http://tanakaryusaku.jp/2013/10/0008007

    ひえぇ~!! なんて恐ろしいこと!
    [ 2013/10/08 00:17 ] [ 編集 ]

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://orangeapple01.blog62.fc2.com/tb.php/1559-ab37001b