■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium


□最新記事
□最近のコメント















七夕の本当の由来を知っていますか?

こんにちは、七曜高耶です。本日二本目の記事になります。

今月日曜日は7月7日、七夕の日になりますが、この七夕、織姫と彦星のロマンチックなお話が主流の今日なのですが、七夕の本当の由来はかなり恐ろしいお話だったりします。

【七夕のすべて】http://tanabata777.com/mamechisiki/shoku.htmlを詳しく語って下さっているサイトを見つけましたので、以下に転載していますが、実際は私達のイメージとはかけ離れた厄払いの行事だったようです。

かなりマメ知識になりますが、知っていて損する事はないと思います。

七夕の日に食べる「行事食」

 そうめんは、夏になるとスーパーや店先に並ぶ定番食ですが、実は「七夕」の時期に食べる「行事食」の一つなんです。その起源は古く、元は平安時代に七夕の節句で小麦粉と米の粉を練って縄の形にした菓子を食べる風習から来ています。


 菓子は和名を「むぎなわ」と言い、中国から伝来した食べ物です。中国では、これを「索餅(さくべい)」と呼びます。なぜ、この菓子を七夕に食べるのか、菓子が「そうめん」になったのか。それは、ある中国の故事から生まれた風習なのです。


 その昔、古代中国の帝の子供が七月七日に亡くなり、その後に一本足の鬼となって熱病を流行らせ、これに困った人々は子供の好物だった「索餅」を供えて祟りを鎮めました。それから、この故事に因んで中国では七夕に「索餅」を食べる風習が生まれ、平安時代に日本へ伝わりました。伝来した当初は、日本でも中国と同じ材料で作った「むぎなわ」を七月七日に食べる習慣がありました。しかし、この「むぎなわ」の元になった「索餅」は「索麺(さくめん)」とも呼ばれ、それが時代を経て「そうめん」に変化したのです。


 食べる物が変化したからと言って、日本人は完全に習慣を忘れてしまったわけではありません。「そうめん」は米の粉は入っていませんが、小麦粉と食塩水で作られます。そして、今でも七月七日に食べる「そうめん」を、鬼の故事に因んで「鬼の腸(はらわた)」と呼ぶのです。


「鬼のはらわた」と言うかなり気持ちの悪い表現なのですが、厄払いを兼ねて「そうめん」を食べるのも良いかもしれません。
因みにですが、そうめんでは無く、実際に索餅を食べたいと思われる方の為に作り方を書いておきますね。

索餅(さくべい)作り方

■材料 (2~3人分)


米粉100g

小麦粉(薄力粉)100g

塩小さじ2

水100ml前後

砂糖適量



■作り方

1.米粉・小麦粉・塩に水を少しずつ入れてこねる。


2.ひたすらこねて丸める。少し寝かすのも良い。(30分程度)


3.20gくらいに分ける。


4.長細く伸ばし、真ん中を持ってコヨリのようにねじる。(しめ縄をイメージしてね)


5.20gに分けた時に、好きなものを混ぜて練って整形しておく。


6.多めの油を敷いたフライパンで両面こんがりと焼く。


7.両面キツネ色になったら皿にあけ、上から砂糖をかけまわして完成。



感じ的には、卵と牛乳を使わないシンプルなドーナツの様な感覚です。

簡単にそうめんでも良いのですが、やはり1年に一回の七夕行事ですし、そうめんとは別におやつ感覚で作って食べるのも良いと思いますね  






七曜 高耶




昔ながらのお菓子を食べてみませんか!!



関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/07/05 11:40 ]Posted by七曜高耶 | 個人的なお話 | TB(0) | CM(8)[記事編集]

七夕短冊 「安倍さん、核や命を危険にさらすものは子供に持たせたくありません」

2013年7月7日

原発事故が起きた2011年の7月7日、母親たちが東電に七夕のメッセージを届けた。

手渡した要望書の趣旨は「原発を使わない電気を供給して下さい」というものだった。
東電本店前に並んだ短冊には、さらに切実な言葉が連ねられた。
「安全でおいしい魚、肉、野菜が食べられますように」「子どもたちに明るい未来を残せますように」……

http://tanakaryusaku.jp/2013/07/0007489
[ 2013/07/07 22:26 ] [ 編集 ]

昨日のTBS

 18時30分からの番組は観る価値ありですよ。
 昨日は深層海水を使った蒸気発電の開発に関する内容でした。
 これを使うと半永久的に、無公害で発電が可能だそうです。
 地道にですが、原発とは違うやり方で電気を供給しようと言う動きは活発なようです。
[ 2013/07/08 08:27 ] [ 編集 ]

傍観の者さま

>深層海水を使った蒸気発電の開発に関する内容

これは凄いですね~!!
ちょっと希望が持てました。

原発なんて、早く止めちゃえばいいのにね。
[ 2013/07/08 13:01 ] [ 編集 ]

川瀬雅克です。
今回、コメントさせていただきます。
また見せていただきます。
[ 2013/07/08 20:18 ] [ 編集 ]

天皇皇后両陛下が京都訪問


京都御所は準備態勢に入っているが、実はもうずっと前から入っていたんです。
もうひとつ重要なのは、これは最初から予言されていたということです。
京都の人たちは、天皇は東京に貸してあるだけでいずれ戻ってくる。

その帰還の時のために、公家の冷泉家が京都に残っている。明治初期に
京都の公家たちは東京へ移ったんだけど、冷泉家だけは京都に残った。
彼らは天皇が京都に戻ってきたときの受け皿としてずーっと残っていたわけ
なんだ。

ただ、冷泉家の一部は明治天皇が東京に移る時に名前を変えてついてきている。
冷泉家は歌道の宗匠家として有名だけど、単にそれだけの家系ではない。
それはあくまでも表の顔だし、八咫烏とも関係あるよ。

http://agnes2001.blog.fc2.com/blog-entry-1206.html

最近、京都の話をよく聞くのよね~

あ! 七夕とは、何の関係もありませんでした。(笑)
[ 2013/07/09 00:06 ] [ 編集 ]

誹謗中傷対策 IT弁護士より一言

初めまして誹謗中傷対策を行っておりますIT弁護士と申します。
最近、インターネットでの誹謗中傷や暗いニュースばかりなのでこのようなブログはとても心が落ち着きます。
是非また訪問させて頂きたいと思います。
[ 2013/07/09 11:15 ] [ 編集 ]

誹謗中傷対策 IT弁護士さん

 この様なブログ、サイトは以外と多いのです。
 私も書いています。
 ネット上には解らん人が多いので肩身は狭いですが。
[ 2013/07/09 11:53 ] [ 編集 ]

ネット風評被害監視です。

ネット風評被害監視です。
今回は特に問題は見受けられませんでした。
また立ち寄らせていただきます。
[ 2013/07/11 12:41 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://orangeapple01.blog62.fc2.com/tb.php/1562-30384b55