文字サイズを変更できます。

文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする

プロフィール

七曜高耶

Author:七曜高耶
ご訪問有難うございます。


 本ブログは、予知夢的内容の的中を保証
するものではありません。
この点を十分に留意し、記事をお読みくだ
さい。


また、
投稿欄は読者間の情報交換の場としての
機能を維持するために設けたもので、
本ブログの管理人が内容としてふさわしく
ないと考える投稿は、予告なく削除いたし
ます。
また、投稿する方自らが自粛していただけ
れば幸いです。




★ ドリームセラピスト講座を修了。
★ シータヒーリング講座を修了。  
★ 日本超心理学会【学会員】
  主に予知に関する能力を研究中。  


 皆様のお役に立てる事を願っております。

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

ブログランキング

最近のコメント

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

amazon

日本ブログ村ランキング

逆回転時計

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

太平洋戦争の時の日本旧海軍が15年もの時間を費やして開発していたと言うマグネトロン。

この記事を読んだ時、米軍の新しい非殺傷兵器が頭に浮かんだ。

太平洋戦争と言えば1941年。

その時実は日本からその技術をアメリカが持ち帰り、軽量化と実用性を高め改良した兵器だったのでは・・・と、思っている。
今から考えると72年前には旧日本海軍は実際使用する事は無かったものの、その基礎は既に出来上がっていた事になる。

ニコラ・テスラの研究報告書をアメリカのFBIが持ち帰ったと言う事実もある様だから、日本の秘密兵器を嗅ぎ付けて持ち帰ったとしてもおかしくはない。

アメリカ開発「アクティブ・ディナイアル・システム」の電磁波も、旧海軍「強力電波兵器」も同じマイクロ波かもしれない。
アメリカの非殺傷兵器「ADS」が照射する95ギガヘルツの電磁波は皮膚の表面から0.4ミリ程度までしか到達しない事から、電子レンジの約100倍の威力を持つ「ADS」のビームだとしても、ポップコーンを作ることはできないというが、周波数を調整すれば簡単に出来る筈。


それにしても旧日本海軍がこの様な兵器を作っていたとは・・・・。


 旧海軍「強力電波兵器」 島田の実験所跡、発掘調査へ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130814-00000037-at_s-l22



@S[アットエス] 8月14日(水)14時28分配信

島田の実験所跡島田の実験所跡 2



見晴らしの良い山腹に露出する実験所施設のコンクリート基礎=8月上旬、島田市の牛尾山

 太平洋戦争終戦直前まで劣勢を挽回しようと旧海軍が島田市内で開発していた秘密兵器「強力電波兵器」。市内の牛尾山に唯一残る実験所跡が大井川の河川改修で削られることになり、初の発掘調査が行われる見通しになった。ただ、記録だけの保存にとどまる可能性が高く、地元からは実物の保存を求める声も上がっている。
 実験所は「第二海軍技術廠牛尾実験所」。現在の特種東海製紙敷地内にあった「島田実験所」の疎開先として終戦間際に建設が進んだ。当時の島田市には第一線級の科学者が出入りし、大きなパラボラアンテナで強力な電波を照射して、敵飛行機を故障させる実験をしたり、動物への影響を調べたりしていた。
 島田実験所跡が失われてしまった一方、牛尾実験所跡には施設の基礎や建設途中だったパラボラの土台のコンクリートが生々しく残る。牛尾山は国土交通省が昨年9月に着工した大井川の流れを円滑にする「平成の大改修」で削られる運命にある。来年度中にも実験所跡が開削工事の対象になる見込みだ。
 電波兵器の研究成果は戦後、電子レンジなどに応用され、人々の生活に役立っている。市教委の担当者は「戦争遺跡として非常に重要だと認識している。(写真や図面を残す)記録保存を前提に発掘調査する予定で県と調整している」と話す。
 地元の金谷郷土史研究会の臼井利之さん(66)は「地域の貴重な資源になりうる。一度壊せば元には戻せない。何とか工夫して部分的だけでも保存できないか」と慎重な対応を望んでいる。
 現地視察した東京工業高等専門学校の河村豊教授(科学史)は「戦況挽回兵器開発のため科学者が動員された歴史の証人。科学と戦争の関係を考えるのに象徴的な遺構だ」と指摘する。その上で「現地には我々研究者が驚くほどの跡が丸ごと残っており、実物を保存する価値も十分ある」と話す。

 <メモ> 第二海軍技術廠の主に島田実験所には、後にノーベル物理学賞を受賞する朝永振一郎や湯川秀樹をはじめ、静岡大学長となる渡辺寧ら国内のそうそうたる科学者が出入りした。「マグネトロン(磁電管)」で強力な電波を発生させ、敵飛行機のエンジンや計器を故障させる研究などを行った。戦況挽回兵器として当時の日本がウラン爆弾(原爆)と二本柱で極秘裏に開発を目指したが、敗戦で幻の兵器となった。.
静岡新聞社


因みに以下URLがその時の記事。そして以下の動画が米軍の新しい非殺傷兵器「ADS」

http://orangeapple01.blog62.fc2.com/blog-entry-1043.html










七曜 高耶



応援クリックを宜しく御願い致します。有難う御座います!!



関連記事
スポンサーサイト

コメント

広島

 私が2年間出張した広島は海軍の土地ですが、瀬戸内海の小さな島にも海軍基地はありました。
 中でも兵器開発の為の島もあったのです。
 その中でももっとも悲惨だったのは化学兵器製造の島。
 見学に行きましたがその工場で働いていた人達は病気に悩まされていたそうです。
 そこで造られていた化学兵器は、VXガスとかサリンとかでした。

電磁波兵器

 その最たる物がかのHAARPですよね。
 電磁波って脳にも影響するんですよ。
 脳は電磁波に弱いですから。
 ある周波数を脳に照射すると、幻影を見るそうです。
 幽体は電磁波のかたまりです。
 幽体は電磁波を発して自分の情報を脳に送る。
 だから周波数が合わせられる人は見たり感じたりするのです。

Re: 傍観の者様へ

こんばんは、傍観の者様。


いつも有難う御座います!!


そうですね、HAARPがそれになりますね。
人間の身体の70%は水分で出来ていると言われていますから、電気は勿論の事通りやすいでしょうし、電磁波は波紋の様に肉体を駆け巡る事でしょうね。

こう・・・なんと言いますか、これらの発明を何故良い事に使おうと思わないのか不思議でなりません。

確かに世界人口の増加は地球にとって危機的状態ですが、こういった減らし方は非人道的と言える所業ですね。




七曜 高耶

マイクロ波の危険性 アンタッチャブルな御用学者達

http://www.youtube.com/watch?v=u3kW7GiGuDs

ICAACT 秘密技術の濫用に反対する国際センターは、真の英国紳士で英雄であるバリー・トラウア­ー博士に特別インタビューをさせていただきました。博士は何年も人類のために闘ってい­ます。お会いしてみて、私たちの博士への尊敬と敬愛の念はますます高まりました。

元英諜報部員が語る電磁波(マイクロ波)兵器

http://www.youtube.com/watch?v=hpfblQN2a-E

バリー・トラウアー氏

マイクロ波を使って脳内に音を作り出す兵器

マイクロ波で、経済破綻もできてしまう。

ボタン一つで・・。

電離層(イオン層)にマイクロ波ビームを当てたら
その土地に育つ植物や人間、動物が免疫システムが破壊され
死んでしまいます。

ある種の周波数を送り続けると、【精神疾患】を誘発することもできる。

個人の脳をターゲットにすると、【幻聴】・【幻覚】を起こす事が理論的に可能。

あるターゲットの特定の臓器(心臓とか)だけ破壊することも可能。


一家全員が標的とされた家族の事例
http://www.youtube.com/watch?v=tlj_dOkoNTc

「標的にされた人々が語る」
http://www.youtube.com/watch?v=QOVGvadgD4k


”手遅れになる前に子供をWiFiと携帯の電磁波から守った方がいい”
http://bilininfojp.blogspot.jp/2013/02/wifi.html

「WHOは、2015年にならないと人間への影響は確定しないので
それまでは人々への電磁放射線の影響についてコメントしないと述べました。

彼らはどれくらい多くの人が病気になるかを見ています。
私たちは実験されているのです。」

環境そのものを兵器として利用する

ゴードンJマクドナルド教授

【UNLESS PEASE COMES】の中でそれについて詳しく語っています。


教授が取り上げているのは

気象コントロール技術             
極地の氷冠の状況を不安定にさせたり融解する技術
オゾンを減少させる技術            
人工的に地震を発生させる技術         
海上で波に人為的な手法で変化を加える技術   
そして地球の磁場を利用した人間の脳波操作技術 

などです。
http://ameblo.jp/uruseiblog/entry-10373704976.html

マクドナルド博士の研究による技術を、ただいま実践中ですか?

マクドナルド教授とHAARP


日本人をみて納得させられたこと、フクシマはジェノサイドであったと
http://ameblo.jp/ootadoragonsato/day-20111206.html

電磁波被曝

ロシアは18歳前の子供が電磁波に被曝するのを禁止した。
英国は12歳以下の子供は電磁波被曝ゼロにすべきとした。


<中継基地局からの電磁波規制と高周波の規制値について>
スイス    :4.2マイクロW/cm2(電力密度)または4.0V/m(電場強度)
イタリア   :10マイクロW/cm2(ただし自治体は2.5マイクロW/cm2
ロシア    :2.4マイクロW/cm2または3.0V/m
中国     :6.611W/cm2または5.0V/m
ICNIRPl:450マイクロW/cm2
日本     :1ミリW/cm2(1000マイクロW/cm2)
ザルツブルク :0.1マイクロW/cm2(オーストリア;提案中)
フオローゲン州:0.001マイクロW/cm2(オーストラリア;提案中)


携帯電話の電波による電磁波については、各国が規制を設けている。
注目してほしいのは、日本におけ る基準数値の甘さだ。
見て明らかなように、ひと桁どころか、単位そのものが異なっていることがわかる。
私たちは常に、これだけ強い電磁波にさらされているのだ。


<主な家電の電磁波の強さ>
エアコン    :20ミリガウス
カラーテレビ  :20ミリガウス
電子レンジ   :200ミリガウス
携帯電話    :200ミリガウス
ヘアドライヤー :70ミリガウス
ビデオ     :6ミリガウス
掃除機     :200ミリガウス
ホットカーペット:30ミリガウス
電気こたつ   :100ミリガウス

http://www.jca.apc.org/tcsse/g-siryo/MU0211.html



安心・安全・信頼を探して(電磁波問題)
http://ameblo.jp/for-women-safe/entry-11392396647.html

欧州47か国に、あらゆる周波数の電波が人体のみならず全ての動植物に危険だとして
0.6V/m(0.0954μW/c㎡) 以下、中期的に0.2V/m(0.0106μW/c㎡)以下にするよう勧告が出されました。

日本は、その1万倍の1000μW/c㎡以下という危険性を無視した基準値です。

電磁波にまつわる様々な研究レポート


A.小児白血病が4.69倍

B.小児白血病が2.98倍、脳腫瘍は2.4倍

C.住民のほとんどが頭痛に

D.脳腫瘍発症率が2倍

E.イヤホンの使用が義務化

F.白血病の死亡率が120倍

http://www.denjiha.com/action/howto.html

ノートパソコンの電磁波(電場)対策

http://www.youtube.com/watch?v=2k0uAMx8p-Y

ノートパソコンは一部を除いてアース端子がついていません。
今回はエルマクリーンを使­えばアースを取ることが出来ます。
今回は、エルマクリーンを使ったノートパソコンの電­磁波対策を紹介します。


電子レンジの電磁波(磁場)対策

http://www.youtube.com/watch?v=i8S9fsTXkfE

電子レンジの電磁波対策方法です。

電子レンジの電場対策はアースをとることによって出来ますが
磁場はシールドすること­が出来ず、コンクリートさえ通過します。

では、電子レンジの電磁波(磁場)対策はどうすればよいのでしょう。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://orangeapple01.blog62.fc2.com/tb.php/1571-adbe24cf

 BLOG TOP 


無料アクセス解析