■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
    まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium


    □最新記事
    □最近のコメント















    探査船「ちきゅう」出航。もしかして西日本ピンチ??

    もの凄いタイミングでこの探査船「ちきゅう」が出航する様だ。
    しかも今日の夢と激しくリンクする・・・。


    被害想定を計算するより、いかにして被害拡大を防ぐかを考えて欲しいなと思っているのは私だけなのだろうか?


    巨大地震メカニズム解明へ、探査船「ちきゅう」 南海トラフ調査へ出航
    2013年09月13日 16:54 発信地:清水/静岡

    http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2968087/11341668

    ちきゅう



    静岡県清水港に停泊する海洋研究開発機構(JAMSTEC)の地球深部探査船「ちきゅう(Chikyu)」(2013年9月11日撮影)。(c)AFP/TOSHIFUMI KITAMURA


    【9月13日 AFP】巨大地震のメカニズムを探るため、南海トラフ(Nankai Trough)付近で海底掘削調査を行う予定の海洋研究開発機構(Japan Agency for Marine-Earth Science and Technology、JAMSTEC)の地球深部探査船「ちきゅう(Chikyu)」が13日、静岡県の清水港を出発し、和歌山県紀伊半島沖の調査地点に向かった。

     総額500億円以上をかけて2005年に建造された「ちきゅう」(5万6752総トン)は、2007年から南海トラフの調査を実施している。掘削やぐらの高さは海面から121メートルで、従来の掘削船と比べて3倍深い海底下7000メートルまで掘り抜ける。

     今回は、約4か月の調査で海底下3600メートルまで掘削し、震源域の地層を採取する予定。また来年に予定している調査では、実際に地震が起こるとされる海底下5200メートルまで到達する計画だ。

     JAMSTECの小俣珠乃(Tamano Omata)研究員によれば、巨大なエネルギーが解放されることで断層線沿いにずれが生じ大きな津波を引き起こす震源域に、直接掘削調査が入る例はこれまでにないという。

     調査チームは地震計、歪計、温度計などを備えた地震・津波観測システム(Dense Oceanfloor Network System for Earthquakes and Tsunamis、DONET)を、紀伊半島沖の海底に設置しようとしている。地上の監視モニターに直結させ、地震発生直前の地殻変動の監視を可能にしたい考えだ。

     JAMSTEC地球深部探査センター(Center for Deep Earth Exploration)の倉本 真一(Shinichi Kuramoto)企画調整室次長によれば、過去5年間に南海トラフ付近では、2つの地殻が互いに静かに滑って起こる弱い地震が頻繁に起きていることが、最近の研究で示されている。こうした地震が巨大地震の予兆である可能性もあるという。

     西日本が乗るユーラシアプレートの下にフィリピン海プレートが沈み込んでいる南海トラフ付近は、近い将来、巨大地震の震源となる可能性があると専門家らが警告している。日本政府は昨年、この地域で巨大地震が起きた場合の最大死者数は、2011年3月11日の東日本大震災を大きく上回る32万人との被害想定を発表している。(c)AFP/Harumi OZAWA




    こないで欲しい・・・・「ちきゅう」さん。
    簡単に「人工地震」起こせるものを積んでいるとは・・・・恐ろしい。






    七曜 高耶




    応援クリックを宜しく御願い致します。有難う御座います。


    関連記事
    スポンサーサイト
    [ 2013/09/14 07:53 ]Posted by七曜高耶 | アトランティス関連 | TB(0) | CM(4)[記事編集]

    大久保剛史です。

    大久保剛史です。
    ブログの更新いつもお疲れ様です。
    また、読みにきます。

    大久保剛史
    [ 2013/09/14 10:43 ] [ 編集 ]

    へえ

    大久保剛史
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E4%B9%85%E4%BF%9D%E5%89%9B%E5%BF%97
    東風平隆志
    http://hackmemoforme.blog84.fc2.com/blog-entry-3257.html
    広瀬理基
    http://karamawari3.blog.fc2.com/blog-entry-365.html
    小田嶋貴之
    http://www.med.nagoya-u.ac.jp/medical/6391/6429/shounigekagaku.html
    久保剛史
    https://www.facebook.com/people/%E4%B9%85%E4%BF%9D%E5%89%9B%E5%8F%B2/100002967831047

    いくつかは実在のコピペ、いくつかはいい加減厨房創作ですな。
    [ 2013/09/14 11:18 ] [ 編集 ]

    七曜さま


    このタイミングは、偶然じゃあり得ないと思います。(汗)
    [ 2013/09/14 15:58 ] [ 編集 ]

    Re: 桃加様へ

    こんばんは、桃加様。
    いつも情報を有難う御座います!!

    > このタイミングは、偶然じゃあり得ないと思います。(汗)



    ですよねぇ・・・・v-388
    いやなタイミングですよ、本当に。

    「ちきゅう」に関して何か情報が出てきましたら教えて下さいね。
    宜しく御願い致します。





    七曜 高耶
    [ 2013/09/14 20:43 ] [ 編集 ]

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://orangeapple01.blog62.fc2.com/tb.php/1615-7096bd59