■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium


□最新記事
□最近のコメント















2015年9月3日が終末の日?「マヤの予言」の計算間違いと「イシス神殿」に刻まれた終末予言

やはりこの様な話しが出てくると思っていた。

それは、マヤの予言であった2012年12月21日は計算の間違いで、実際の年は2015年であり、その年の9月3日であると言う。
七曜の愛読書でもある「MU ムー」の今月の見所はこの「マヤの予言」と「古代エジプトの終末予言」のページだ。
イシス神殿

「古代エジプトの終末予言」はかのイシス神殿(フィラエ神殿)に刻まれており、「マヤの予言」に至っては、「うるう年」がある事を忘れていた為、実際に示された年から3年のずれがあったと言うのだ。

なので、正しく計算し直した場合、「イシス神殿」に刻まれていた年と合致する2015年9月3日が正しい時期になるそうだ。

果たしてこの時期が本当に正しいのか、それとも正しくないのかは置いておいて、2012年12月21日に何も起きる事は無かったが、その日に「アセンションは無かったが、私の中で何かが変わりました」と言っていた方々にとって、こう言った情報はかなり痛いのではなかろうか?

何故なら、この情報が正しいと仮定して、2012年12月21日は元々何も起きない時期であったと言う事でもあり、
それらは結局の所、その日を境に「霊性が上がった」とか、「スッキリとしました」とか、それらの「アセンション」を大前提にした言葉と思いを完全に否定するものでもあるからだ。


確かに2015年は地球の転換期であると私も聴いている。

そして、ハルマゲドンを予言した占い師はジーン・ディクソン。
自称タイムトラベラーのジョン・タイターは第三次世界大戦を。
琉球大学の木村政昭名誉教授(地震地質学)は富士山の噴火の可能性を危惧している。


実際に起こるかどうかはその時になってみなければ判らないのだが、七曜にとっても出来る事なら避けて通りたい未来の欠片だ。

今の所、この未来に変更は無い様だが、「地球意識プロジェクト」でも研究されている様に、この地球の意識と人類の感情が同調出来れば、多くの人類に多少なりとも変化を促せるのではないかと思っている。
勿論、この研究結果が正しいものだと仮定しての話しなのだが、やはり暗雲立ち込める未来は望まないから。

2015年迄後2年。

あっと言う間の時間しかない。

今年も残り後僅か。

果たしてどうなる事やら。

もし、そうなれば「オリンピック」どころでは無いなぁ。











七曜 高耶





応援クリックを宜しく御願い致します。有難う御座います。




関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/10/12 20:59 ]Posted by七曜高耶 | 第三次世界大戦 | TB(0) | CM(1)[記事編集]

具体的になってきた次元上昇

父なる神/ゾラが現在の地球の状態とアセンションについて、大変具体的に語っています。

http://d.hatena.ne.jp/k1491n/touch/20131008/1381183641


どうなんでしょう?
実際、私の生息地に不思議系の人たちがいっぱいいます。(笑)
その人たちを目の前にして、本当かウソかのジャッジは難しい。

その人たちは、その人の真実の中で生きている。


何と言っていいのか・・普通のラインが既におかしい。(笑)
普通と異常のラインがわかんない。

ちょっと前だと、絶対口に出せないぐらい変な人たちが
今では、市民権を得ている状態。

だから、これが本当かウソか・・どっちなんだ!?

と言われたら、「困る」のです。


実際、私にも、よくわかんない。
私は、私の真実を今後も歩み続ける。

その先に、何かあるのかもしれないし、ないのかもしれない。

言えることは、今、自分にできることをするだけ。
それだけ。

それが真実。
[ 2013/10/12 22:00 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://orangeapple01.blog62.fc2.com/tb.php/1652-2f6248fa