文字サイズを変更できます。

文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする

プロフィール

七曜高耶

Author:七曜高耶
ご訪問有難うございます。


 本ブログは、予知夢的内容の的中を保証
するものではありません。
この点を十分に留意し、記事をお読みくだ
さい。


また、
投稿欄は読者間の情報交換の場としての
機能を維持するために設けたもので、
本ブログの管理人が内容としてふさわしく
ないと考える投稿は、予告なく削除いたし
ます。
また、投稿する方自らが自粛していただけ
れば幸いです。




★ ドリームセラピスト講座を修了。
★ シータヒーリング講座を修了。  
★ 日本超心理学会【学会員】
  主に予知に関する能力を研究中。  


 皆様のお役に立てる事を願っております。

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

ブログランキング

最近のコメント

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

amazon

日本ブログ村ランキング

逆回転時計

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

こんにちは、七曜高耶です。

本日は桃加様からの情報により、転載をしています。情報有難う御座いました。

この情報が真実だとしたならば七曜的にはかなり衝撃的な内容です。
確かにFEAMの動きがおかしいとかと言う情報がネット内で多かった様にも思えますが、まさかコレが原因だったのでしょうか?
実際のところはどうなのでしょうか・・・・・?

勿論、事実確認はこの日本から出来る訳もなく、しかしエド・デイムズ氏の出した情報では、2013年秋~2014年春にかけて、食糧の備蓄と飲料水、そしていざの時に困る事の無い様に必需品を溜め込む様にと仰っていました。

七曜もこのブログでその事を書いています。

http://orangeapple01.blog62.fc2.com/blog-entry-1634.html

記事後半ですが、2013年秋~2014年春にかけての災害を警告しています。
それが「フレア」です。
この「フレア」の衝撃は凄いらしく、特に食糧に困る事の無い様に言われています。
最低2週間分は必要であると。

ただ、この結果はRVですので、100%ではないものの、時期的にはリンクはしています。

アメリカ在住の方も閲覧されていると思いますので、その事に関しての詳しい情報を下さると非常に助かります。
是非、宜しく御願い致します。

http://d.hatena.ne.jp/k1491n/touch/20131007/1381113096


11月13~14日に大停電?Add Star


◇ご難続きのアメリカで、11月13~14日に大停電が起きる事が想定されているらしく、国土安全保障省(DHS)のジャネット・ナポリターノ長官がサイバーテロ対策として、戒厳令を敷き、警察や外国兵を含めた軍の出動訓練をしていると言っています。

◇先日も触れましたが大停電の原因は、やはり太陽フレアによる磁気嵐のようです。NASAは子の磁気嵐は宇宙規模のスケールで、これが地球を覆い尽くせば、全ての電力網がダウンし、全米で2億4千万人が何らかの影響を受けると言う事で、ガソリン、食糧、水などの買いだめを勧めています。(NASAは未だにダウン中の状態なのだが・・・・こういった情報は動いているのか?)

NASA Alert America Blackout & Grid Shutdown 2013



◇ソーラ・フレアのパルスは大都市の機能を全滅させます。銀行のネットワークはダウン、電車も地下鉄も飛行機も飛べなくなり、ケータイも車も使えなくなります。共和党のベテラン、ニュート・ギングリッジは車もスマートフォンもエレクトロニクスは悲惨な出来事になると言っています。全てのインフラが使えないまま冷蔵庫もテレビもない暗黒の中で不安な夜を過ごさねばならなくなります。


◇NASAが云うように太陽系の惑星に災害を引き起こす可能性があるとすれば、影響を受けるのはアメリカだけではありません。日本を含めインフラを全て電子制御している先進国は全滅です。

◇このブラック・アウト(停電)に乗じて、追い詰められたダーク・カバルが最後の決戦に出てくる事が確実だとみて、FEMAが訓練を始めたそうです。ジャネット・ナポリターノ長官は9,11のようなテロが起こる可能性を示し、更に空気中に猛毒ウイルスを放出するテロに対しては疾病予防管理センター(CDC)も動き出していると言う事です。

FEMA's Simulated Blackout Drill



◇次の「真実を探すブログには次のような記事があります。

元CIA職員のスノーデン氏がアメリカ政府が個人情報を収集していることを暴露したことは有名ですが、スノーデン氏が暴露した情報には太陽活動異変に関する情報も含まれていました。この情報によると、どうやら太陽では大きな異変が近いうちに発生し、遠くない将来に大規模な太陽フレアが地球を襲う可能性が高いようなのです。

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-697.html


◇そのほかにも11月にはアイソン彗星の地球最接近があります。これは史上最も明るい彗星で、満月と同じくらい明るく見えると言う事で、これも何らかの影響があるのではないかと考えられているようです。




◇アイソン彗星についてのブログ

http://ison.astroarts.co.jp/


◇ロシアをはじめ外国の軍隊38万人がアメリカに駐留しているのは、随分前からこの日に備えてDHSが要請していたのでしょう。連邦政府機関の1部閉鎖が続き、NASAなどの天体観測の状況がどうなっているのか判りませんが、日本の気象庁はそのような情報を共有しているのでしょうか。

連邦政府のシャットダウンが何時まで続けられるのか判りませんが、オバマケアを取り下げない限り共和党は次の協議に応じないそうですから、事態は益々硬直し議会は機能不全をおこしています。このままでは17日の国債返済が出来ずデフォルトするしかありません。

◇本当に世情騒然としてきました。しかしスペース・ブラザーズたちのコンタクト情報ではそのようなカタストロフィの話は殆どありません。NESARAがもうすぐ発動する、ディスクロージャーとファーストコンタクトが間もなくだという情報ばかりです。不安や恐怖を広げないような心づかいなのかもしれませんが、天に様々な徴が現れていると言う事は、ヨハネの黙示録に登場する7人の天子がラッパを吹き始めたと云う事ではないでしょうか。日月神示でいう大峠がいよいよ眼近に迫ってきたかのかようです。日本だけ無事という訳には行かないかもしれません。しかし、我々に出来ることは心魂磨きだけです。来るべき時に備え、少しでも魂の波動を上げる事に専念するしかありません。


【転載終了】


さて、上記転載致しました内容の事が実際に起きる可能性がある場合なのですが、それを想定した場合、食糧の確保は当然のこと、その事を家族以外には公言しない事が必要になってくる様です。

特にアメリカの場合、襲われるリスクが非常に高い様ですので、気を付けて下さいませ。
・・・と、ここでも書いていますが、これらの事象が起きてしまうという前提でのお話です。
こう言った事は本当にその日になってみないと判らない事ですから・・・・。
ですが、食糧の備蓄はそれ以前に済ませておかないとならない事ですから、大変だと思います。

「備えあれば憂いなし」。


ことわざに従って行動あるべしかもしれませんね。











七曜 高耶




クリックして頂きまして有難う御座います。



関連記事
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: Green☆様へ

こんばんは、Green☆様。


情報と抄訳を有難う御座います!!
七曜は英語が全くダメダメでして、この様にお教え下さると本当に助かりますv-22
有難う御座います!

しかも関連する記事のURLまで付けて下さるとは・・・・。
もう、心からの感謝をGreen☆様に!致します!!

>> http://www.offthegridnews.com/2013/10/03/nasa-alert-america-blackout-grid-shutdown-2013/


11月13日から14日にかけては、フレアが発生してカナダ・アメリカ・メキシコにおいて、150以上の企業、組織の全てがシャットダウンするのでは無くて、それを想定した訓練が11月13日~14日にかけて行われる・・・・と言う事だったのですね。
成る程~。
起きる・・・のでは無く、想定しての訓練でしかないと言う話でしたか!!

お知らせ下さいまして本当に有難う御座います!!

また、何か気になる点やおかしな点にお気付きになりましたら、是非お知らせ下さいませv-354







七曜 高耶

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://orangeapple01.blog62.fc2.com/tb.php/1653-fa55989e

 BLOG TOP 


無料アクセス解析