■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
    まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium


    □最新記事
    □最近のコメント















    2013年11月11日に視た夢。反射衛星砲SDI(スターウォーズ計画)

    2013年11月11日に視た夢。


    2013年11月11日に視た夢は、「JAXA」「月」「反射レーザー(?)」「アメリカNASAが打ち上げたロケット」が関係しているといった内容だった。

    今回のこの夢の中で出てきた「反射レーザー(?)」を地上から月に向かい照射するといった内容だったのだが、何故「JAXA」や「NASA」が関係するのかが判らない上、SFチックな「反射レーザー(?)」等ある訳ないだろうと思っていたが、調べてみると・・・・それが存在している事を私は初めて知った。


    その名前は「反射衛星砲(SDI)」と言うのだそうだ。


    まるでSF・・・。


    それらを使用する大きな目的は敵のミサイルを撃ち落すことなのだろうが(youtubeではその様に説明していたのでそうであろうと思っているのだが)、夢では何故か「月」。

    もう、私自身の理解を超えた場所になってしまっている。

    有り得ないとしか言い様がないが、今までの夢でも有り得ない様な事が現実起きている事であるし、もしかしたら有るのかもしれないが、やはりまともに受け入れられない様な夢の内容であった。

    以下、反射衛星砲のyoutubeがあったので貼り付けておくことにする。



     「SDI:WIKI参照(アメリカ合衆国の戦略防衛構想(Strategic Defense Initiative)。別名:スター・ウォーズ計画。」
    SDIが実現すれば、核戦略においてアメリカの一方的な優位が成立するため、
    ソ連は、アメリカが核戦争を計画している兆候だと考え、東西の緊張が高まった。

    しかし当時のソ連には、既に対抗して軍拡競争に応じる体力が残されておらず、
    ソ連共産党書記長ユーリ・アンドロポフ、
    あるいは初期のミハイル・ゴルバチョフ政権は
    外交的手段によって事態を打開しようとした。
    アンドロポフはアメリカとレーガンへの非難を強めると共に、
    当時ソ連側が先行していたキラー衛星をはじめとする衛星攻撃兵器の放棄と引き替えに、
    宇宙配備型ABMやスペースシャトルの軍事利用の禁止などを提案。
    ゴルバチョフも1985年のジュネーヴ会談、
    1986年のレイキャヴィク会談での軍縮交渉によりSDIの阻止を試みた。

    結局ソ連は軍拡路線を放棄、
    1987年の中距離核戦力全廃条約を皮切りに軍縮へと大きくシフトする。
    SDIが最終的に冷戦終結、ひいてはそれに続くソ連崩壊をもたらしたとの見方は少なくない


    果たして宇宙戦争の前触れなのか?

    それとも「JAXA」もその一端を担っていると言う事なのだろうか?
    知らぬは研究員のみ??






    七曜 高耶






    クリック頂き有難う御座います!!




    関連記事
    スポンサーサイト
    [ 2013/11/11 13:31 ]Posted by七曜高耶 | 2013年予知夢 | TB(0) | CM(3)[記事編集]

    七曜さま


    最近、ヤバイんじゃないですか~?
    入り過ぎですよ~
    (覗きすぎ??)

    でも、そんな時期に来ているのかな~
    とか思ったりもします。

    はぁ~・・。

    地中と宇宙で何かするから
    大地が動くんですよ。

    地中といっても、宇宙で操作するので
    人工衛星と言っても良いんですけどね。

    時代は、もう宇宙なんですかね?(汗)

    しかし、自滅の勢いが凄い!!
    生き残るのは、どこの組織なんでしょうかね?
    [ 2013/11/11 14:09 ] [ 編集 ]

    これね

     完全にヤマトですよ。
     ヤマトの本放映が昭和49年だからそのアイディアをパクった可能性は充分ある。
     最もヤマトの反射メディア(素材)は光エネルギーなんですが。
     つまり光ビームですね。
     レーザー以下の。
     ヤマトの冥王星の戦闘の回を見ると、その使い方が理解できます。
    [ 2013/11/11 16:30 ] [ 編集 ]

    Re: 傍観くん様へ

    おはようございます、傍観くん様。


    お返事遅くなりまして申し訳有りません。

    私も色々と調べてみましたが、「ヤマト」を知っておられる方は、パクりだとやはり言っていますね。
    アイデアはここからきている可能性も高い感じですね。

    ある意味日本人・・・特に漫画を描く方々の発想は素晴らしいという事にもなりますが、そういった方々は脅威にも成り得るという事も知らなければならないかもしれませんね。
    CIAのスノーデン氏がアニオタと言われていますが、こう言った日本人の発想を収集していたのかもしれません。





    七曜 高耶
    [ 2013/11/13 08:06 ] [ 編集 ]

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://orangeapple01.blog62.fc2.com/tb.php/1697-a7cd6a2f