■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
    まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium


    □最新記事
    □最近のコメント















    「日本や宇宙や世界の動向」様より転載。DHSが大量のテロリストをアメリカ国内に運び入れています。テロの準備?


    「日本や宇宙や世界の動向」様より転載しています。

    http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51912482.html

    大元の情報元は以下サイトの様です。


    情報元:BEFORE IT'S NEWS

    http://beforeitsnews.com/u-s-politics/2013/12/dhs-bringing-in-terrorists-by-busload-x22report-2458124.html


    情報元:X22 report

    http://x22report.com/governments-are-pushing-their-agenda-by-using-terrorism-episode-251/


    以下は「日本や宇宙や世界の動向」様によるビデオ概要です。

    この情報の信憑性(特にBEFORE IT'S NEWS)は判断しかねますが、ブログ読者のさえみまま様(コメントを勝手に拝借しています。すいません)の情報によりますと、入国の審査が尋常ではなかったと情報が12月18日付けのコメントで入ってきました。

    以下がその時のさえみまま様とそのご家族様の体験コメントです。(使わせて頂いています、さえみまま様。申し訳ありません)

    半端なかったです。
    アムステルダムで乗り換えて、NY3大空港の一つ、ニューアークから入国しました。
    なにが半端なかったかというと、アメリカ行きの飛行機に乗る時です。
    子供はマニュアルチェックのみ、大人は全身のスキャンの機械に入った後、マニュアルの全身チェック。
    ポケットの中にキャラメルの箱が入っていたのですが、マニュアルチェックの人には、「このポケットに入っているのは何?」と。
    もちろん、乗客、乗員、みんなコレをするから、ボーディングが始まってから、ドアがしまるまで時間のかかることこの上なし。
    今まで以上の物々しさに、子供5才7才は怖いと泣き出すし、、、。出国の時は無事に出国できますように!、っと。



    と、言う事でして、何も無い所に煙は立たず、やはり現地在住の方々様はご注意下さいませ。
    今年も残すところ僅かな時間となりました。
    それでもロシアでは自爆テロや爆弾テロが次々に起こりました。




    2013年12月17日には私もその可能性の夢を視ました。


    http://orangeapple01.blog62.fc2.com/blog-entry-1747.html


    年末だから年始だからと浮き足立っている所を狙われる可能性だってあります。
    来年は今年より酷い年になるかもしれません。
    そうならない事を祈りたい今年最後の願いです。

    DHSが大量のテロリストをアメリカ国内に運び入れています。テロの準備?



    (ビデオ 概要)


    アメリカの景気は回復していると米政府は伝えていますが、実際にはクリスマスでもモノが売れずに在庫が山盛りに積まれているのです。今、小売業はクリスマス商戦で大量に売れ残った商品のたたき売りを行っています。なぜこのように大量の在庫が残ったかというと。。。高い失業率と高い不完全雇用が原因です。収入がないため彼らはモノを買うことができません。
    米政府が伝えている景気回復、失業率、GDP、インフレについてのデータは全てイリュージョンであり嘘の塊です。米政府は嘘の経済状況を作り上げているのです。しかし多くの人々は政府の報道を信用し、アメリカ経済が回復していると思っているのです。 今後、アメリカ経済は徐々に崩れ落ちていくでしょう。政府はこれまで延長してきた失業手当給付金を12月28日付けで停止します。その結果、政府から給付金を受け取る人がいなくなるわけですから失業率が低下する現象が起こるのです。そこで米政府は失業率が低下したと見せかけ、FRBは金融緩和を縮小することになります。その後、政府は次の偽旗事件を起こそうとしています。
    オバマもバイデンもアメリカの住宅市場が回復していると言い、ユーロ圏の主要国も欧州の景気が回復していると言い。。。しかし実際には、欧米の失業率はかなり高く、経済も崩壊しつつあるのです。
    欧米政府は経済は順調に回復していると彼らに都合の良いプロパガンダを行っているのです。政府が言うように、実際に失業率が下がっているなら、消費がこんなに冷え込むはずがありません。住宅市場も回復しているとのことですが、12月22日に発表された11月時点の住宅購入件数は65%まで減少しています。この数値は1996年のバブル以前の数値と同じです。
    では、今、誰が住宅を購入しているのでしょうか。アメリカ人でないことは確かです。投資会社、ヘッジファンド、外国人らが投資目的で購入しているのです。
    FRBは銀行から毎月40億ドルのも価値のある不動産を全て購入しています。最近、大手銀行傘下の住宅ローン会社では何千人もの従業員をリストラしました。なぜなら、アメリカ人が住宅を購入しようとしないからです。
    小売業、住宅、自働車の売上高の落ち込みを見ても、いかにアメリカの経済が(回復などしておらず)悪化しているのかが分かります。
    政府は製造業が順調に回復していると言っていますが、製品を調達している小売業は大量の在庫を抱えて困っています。2014年は多くの小売業が倒産するでしょう。
    しかし来年早々、再び債務限度いついての議論が交わされます。1月にはFRBは金融緩和を縮小する可能性がありますが、国内で何等かの偽旗事件が起こされることでアメリカの経済が突然崩壊すると訴え、再び金融緩和を再開するでしょう。
    DHS国土安全保障省は、米政府を脅かす人々を追跡して粛清し続けています。そのために、NSAが我々の個人情報を盗んでいるのです。そのために、DHSが大量の戦車、武器そして銃弾を調達しているのです。
    DHSは地元の警察組織を武装させ、共同で反政府市民を逮捕しています。DHSの影響により警察は武装勢力と化してしまったのです。DHSは全職員に統一ユニフォームを身に付けさせることで1つにまとめようとしています。
    政府は全国民に統一のIDカードを発行し、一人ひとりを監視・追跡しやすくしました。さらに各州や郡の境界に検閲所を設け、そこを通過する人はIDカードを見せなければならなくなりました。米国民の個人情報はメキシコやカナダにも提供されています。なぜこのようなことをするかというとオバマ大統領が署名したNDAA2014法を施行するためです。
    NDAAにより、大統領の勝手な判断で、誰もがテロリストに指定されてしまいます。そして裁判も行われずに、証拠も提示することなく、少なくとも1年間は刑務所に投獄されてしまいます。
    NDAAにより、米国民に対する政府の都合の良いプロパガンダが法的に認められることになります。つまり米政府は米国民に対していくらでも嘘がつけることになるのです。彼らは米国民に嘘の情報を与え続け、一切の真実を伝えなくても良いのです。これが独裁政府のやり方です。
    政府は、アメリカの経済を突然崩壊させた後に戒厳令を敷き、アメリカを完全に支配しようとしています。国務省もペンタゴンも主要メディアを操作し、米国民に嘘の情報を流させています。それが法的に認められているのです。
    ミシガン州はNDAAの問題点に気づき、州独自にNDAAを無効にしました。他の複数の州も同様の動きがありますが、アメリカの全州が連邦政府に抵抗しNDAAを無効にする必要があります。NDAAは毎年、署名し直さなければなりません。そのため、NDAA2012、NDAA2013、NDAA2014。。。と毎年修正案が提出、署名されるのです。現政権により米憲法はすでに崩壊しています。彼らは米憲法を完全に無視して行動しています。(NDAAについての詳細は省きます。)
    政府が、米国民に対してテロリストと判断するためにNSAが盗んだ個人情報を全てチェックします。当局は米国民の許可なしに各家庭に侵入し、強制的に捜査することができるようになりました。
    オバマ政権に脅威となる米国民は全員粛清されてしまいます。米国民が革命を起こしオバマ政権を倒さなければならなくなります。
    政府は、ナチスドイツのように、偽旗事件を起こした後に戒厳令を敷き、武装警察が人々を逮捕、統制することになります。
    NDAAとは。。。大統領が独自の判断で、必要に応じて米国民を何人でも逮捕し投獄することができる法律です。
    その結果、政府は米国民を大量に逮捕し、強制収容所に送り、奴隷のように強制労働を強いることができるのです。
    政府は米国民の大量逮捕に向けた準備が整っています。FRBはアメリカ経済が悪化している中で、金融緩和策を縮小しています。彼らは意図的に経済を崩壊させるつもりです。次に全米に戒厳令が敷かれます。
    しかし、ある情報筋によれば、米政府内で何等かのクーデターを企んでいる勢力がいるらしいのです。米軍はいくつかの核爆弾を保有しており、サウスカロライナでその1つを爆発させました。これは米軍によるオバマ政権への脅しです。つまり核爆弾を爆破させることで、オバマ政権が彼らに不都合なことをやれば米軍は黙っていないぞと言っているのです。
    これまでオバマは何百人もの反オバマ派の米軍高官(核爆弾を管理する高官も)を追放しました。
    (今日は、ここまでにしておきます。)





    今年一年大変お世話になりました。来年もどうぞ宜しく御願い致します。

    皆様にとって今日最後の最後の時間迄幸せな日でありますように・・・・






    七曜 高耶





    クリック頂き有難う御座います。


    関連記事
    スポンサーサイト
    [ 2013/12/31 11:33 ]Posted by七曜高耶 | 陰謀 | TB(0) | CM(1)[記事編集]

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    [ 2013/12/31 14:43 ] [ 編集 ]

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://orangeapple01.blog62.fc2.com/tb.php/1765-a5382714