■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
    まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium


    □最新記事
    □最近のコメント















    パラレルワールドは、デジャヴ現象を説明することができる?カク・ミチオ博士理論

    この世の中で一番苦手な「感覚」。


    それは「デジャヴュ」。

    普通に「デジャヴュ」な感覚で、「あ、何かこの場所に覚えがある~」とか「あ、このセリフ前にもこの人に言ったなぁ~」とかの話ならばまだマシ。

    何故、瞬間的に頭と身体が引っ付いて離れてまた引っ付いた感覚に陥るのか・・・

    気分はエレベーターの中の様な状態でかなり悪くなる。


    この現象がついこの間「お馬」に乗りに行った日にも起こったのです。


    本気でフリーズしてしまいました。指導員に話しかけられても答えられない
    声は聴こえていますが、思考と魂が抜けてしまっている様でまともに焦点さえ合わせれない。


    何か最近本当におかしな時間軸になってしまっている感じ。

    頭をブルブルしても治る訳も無く。もう、何度も聴いたこのセリフとこの笑顔とこの時間帯と全ての人達の行動。
    かなりうんざりしてしまいました

    小さい頃からこの様な経験・体験は普通な感じでしたが、いつまで続くのかこのループ。
    絶対何処かで(どこかの次元)バグッでいる様な・・・・その様な感覚。


    そして、いつも感じるもう一人の子供の存在。
    皆様の最近は如何でしょうか?この様な「デジャヴュ」感覚を感じる事が増えてきていませんか?


    さて、以下記事は、「In Deep」様の所で紹介されていましたので、こちらにリンク致しました。
    youtubeは日本語吹き替えになっていますので、読みやすい動画となっています。


    Can Parallel Universes Explain The Déjà Vu Phenomenon?
    Messagetoeagle 2013.01.01


    パラレルワールドは、デジャヴ現象を説明することができる?



    A.jpg

    ▲ デジャヴとパラレルワールドに関係があるという説が存在する。


    デジャヴ(既視感)を経験したことがあるだろうか? デジャヴは、実際には経験していないのに、経験したような感覚を持つような感覚のことだ。デジャヴの語源はフランス語だが、その意味である「すでに見たこと」という意味が英語などの言語にも転用された。

    デジャヴという奇妙なこの感覚は、長い間、超常現象から神経障害までを含む原因として説明されてきた。特に、心理学や脳神経学の研究対象として注目された。

    科学的には、既視感は予知や予言ではなく、記憶異常であると考えられるのが現在の一般的な科学的見解だ。

    近年、より多くの科学者たちがこの現象についての研究をおこなっており、デジャヴに関して、今までになかった新しい理論のいくつかが発表されている。そして、新しい理論の多くは、デジャヴが単なる記憶異常に起因するものではないということを示唆している。

    心理学の面からの新しい理論と同時に、より神秘的な説としては、「生命の旅」の中での過去の記憶と結びついているというスピリチュアルな意見もある。

    しかし、いろいろな説が出る中でも、いまだにデジャヴはミステリーであり、その原因が合理的に説明されたことはない。


    その中で、大変に興味をひく理論のひとつが「デジャヴがパラレルワールド(平行宇宙)の存在と関係している」という可能性に関しての説だ。


    今では多くの人が知るところとなったが、私たちの存在しているこの宇宙は単一ではないという理論が存在する。数多くの宇宙が互いに平行して存在しているという説で、多元性の中での宇宙の存在は「パラレルワールド」と呼ばれている。

    そして、米国の著名な物理学者ミチオ・カク博士によると、デジャヴは「異なる宇宙からの転移、あるいは(波動の)同調と関係あるかもしれない」という。

    カク博士は、量子物理と超弦理論の専門家だ。



    カク

    ▲ 素粒子論と超弦理論の理論物理学ミチオ・カク博士。日系アメリカ人3世。




    ノーベル賞学者であり、パラレルワールドを提唱した理論物理学者のスティーヴ・ワインバーグ博士の説を、カク博士は支持している。私たちの存在しているこの宇宙には同時に無数の宇宙が平行して存在しているという理論だ。

    カク博士はこれを日常にたとえて以下のように説明してくれた。

    「駅からあなたの家に帰るまでに、あなたは非常に数多くの違った種類の、違った周波数の電波に満ち溢れた中を歩いています。その数は無数ともいえるもので、本来ならそこから意図的に何かを選ぶこなどできない。でも、たとえば、あなたが車でラジオをつけると、その中のひとつのラジオ局から音楽が流れる」。

    「そのラジオの電波は他の電波と干渉していないにも関わらず、しかし、他の無数の電場も同じ場所に存在しています。電波の持つエネルギーにもそれほどの差はないのです。選ばれたラジオ局は、ただひとつだけ(あなたが選んで)同調したものです」。

    「同様に、私たちの宇宙も、私たちの一つの身体と一致するように調整されている可能性があるということです。特定の宇宙に対応するように、その宇宙の振動(波動)の中にある原子から私たちの身体は成り立っているのです」。


    パラレルワールドは、それぞれの宇宙は同じ振動数で振動していないが、ひとつの宇宙と他の宇宙が「同調するとき」に、宇宙と宇宙の間で転移が発生すると理論的には考えられているという。

    もちろん、デジャヴがパラレルワールドと関係しているかどうか実際のところはわからないが、カク博士は、「パラレルワールドの中で他の宇宙と同時に振動しているとき」の状態のひとつとして説明することはできるかもしれないと述べる。



    因みに既視感(きしかん)と逆に、見慣れたはずのものが未知のものに感じられることを「未視感(みしかん)」というそうです。「ジャメヴ」、「ジャメブ」、「ジャメヴュ」、「ジャネヴ」(仏: jamais vu)とも呼ばれているのですが、これも私は感じる時が有ります。

    特に自分の身体の一部。「手」と言う場所が気持ち悪くなったりします。

    「指」が短い上に爪も尖っていない。「指」の数が多いとか・・・・。

    ん~~。おかしいですよね、本当。







    七曜 高耶





    クリック頂き有難う御座います!!



    【続き有ります。続きを読むボタンで開きます】 




    最後にこれが日本の研究員説。
    説得力も乏しいが、そこに深みさえも感じられない内容のTV。
    多分今でもこの説を唱える精神・神経センターの研究員様の様な方もいらっしゃるでしょうね。

    私はやはり、カク博士を支持しますね。
    関連記事
    スポンサーサイト
    [ 2014/01/01 18:04 ]Posted by七曜高耶 | 直感力 | TB(0) | CM(2)[記事編集]

    私は別物だと判断しますが。

     デジャヴュとは自分の未来を体験する事ですよ。
     つまり既に定められた未来をあらかじめ体験して来ると言う事。
     あらゆる条件の元、発現している現象とは違う。
     パラレルワールドは条件に因っては無数に可能性がある訳ですから、状況が違います。
     まあ、自分の延長線上の未来もパワラルワールドの一つではあるのですが、他のワールドには別人格の自分が生活している訳で、未来の投影ではないのです。
    [ 2014/01/02 09:31 ] [ 編集 ]

    パワラルワールドとの共通項

    七曜高耶様

    2chなどで載っているパワラルワールド体験談などもよく見れば本物か偽物か見分けがつきます。

    いくつか本物のパワラルワールド体験談の特徴を書いてきます。

    ① 311の地震の規模が我々が体験したものより小さい。

    これは木内鶴彦さんも言ってますが311のマグニチュードが我々の世界だけ特別に大きい。

    どの体験者も311が来ることはわかっていたがパラレルワールドでは実際に来た規模ははるかに小さくてこんな大事になるとは思わなかった、といってます。

    木内さんの臨死体験で見た311も小さかったはずなのに実際に来たものはあのとおりです。

    私が考えるにおそらく人工地震が関係してると思ってます。

    ② 景気が我々の世界ほど悪くなってない。

    他のパワラルワールドからきた人々は何でこんな景気が悪いのかと一様に驚いてます。

    それに何でこんなにみんなお金を持っていないのかと。

    だからといって生活レベルは他のパワラルワールドとさして変わらないんですよね。

    パワラルワールドではバブルが破裂してなくてそのまま継続して景気が良いという状態が続いてるみたいです。

    ③ 音楽芸術のレベルが我々の世界のほうが高い。

    レベルが違うんで我々の世界のほうが大事にされてるみたいです。

    テレパシーの使えた太古に比べて現代の音楽のレベルが高いのはわかる気がするが、パワラルワールドに比べても我々の世界のほうがレベルが高いというのはよくわからない。


    もちろん戦争や原発のないパワラルワールドもありますが、だからといって我々の世界より良いかといえば決してそんなことはなく、一長一短があるようです。

    まあ我々の世界のほうが苦しみが多いから芸術性が高いのかもしれません。

    でも第3次大戦だけは起こってほしくないなあ。
    [ 2014/01/02 14:57 ] [ 編集 ]

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://orangeapple01.blog62.fc2.com/tb.php/1767-23850706