■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
    まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium


    □最新記事
    □最近のコメント















    「ラングレー研究センター」NASAの主任研究員であるデニス・ブッシュネルによるパワーポイントのプレゼン

    かなり長い内容でしたので7分間程度迄書き写して止めています。

    日本語字幕付きですので、続きはyoutubeでご覧になれます。
    ここで登場する彼等とは「イルミナティ」の様です。
    「新世界秩序」に関しても言及しています。興味のある方はどうぞご覧下さい。

    最後の方に「NASA」のpdfファイルをリンクしています。
    オリジナルのコピーの様です。
    オリジナルは既に削除された様ですが、コピーは残っているとか。
    事実は判りませんが、内容は非常に興味深いものでした。
    それではどうぞご覧下さい。

    「NASAの未来計画書①」


    デボラ・ティベラと共にいます。
    私達はここでいくつかのトピックについて討論します。

    インタビューをどうもありがとうございます。

    この機会を感謝しています。


    私達が話したい事のひとつは先程私達が話し合った事についてなのですが
    このNASAの戦争関連文書の重要性です。
    これはNASAのウェブサイト上で発見されました。

    そして大至急出来るだけ多くの人々の前に知ってもらう必要があります。

    この文書の内容の為にです。

    質問者:ではこの文書は誰もが見る事が出来るものなのでしょうか?
        それともこれが実際に彼らのウェブサイトにあって誰かが見つけたのでしょうか?
    その通りです。

    これはNASAのウェブサイト上にあり、この文書は実際にはパワーポイントのプレゼンテーションで
    ラングレー研究センターのNASAの主任研究員であるデニス・ブッシュネルによるものです。

    そしてこれは2001年7月に発表されました。

    911の2ヶ月前ですね。

    そして私の注目をもたらしたのは・・・すぐに危機感を感じたのは最初にこの箇所に来た時ですね。
    ウェブサイト上にこう書いてあります。


    「未来の戦略的問題」


    「2025年頃の未来戦争」


    これが何の事か知ろうと思ってすぐにさっと読んでいくと、4ページで少し唖然としてしまいました。

    こう書いてあります。


    「このプレゼンテーションの全ての事例は既存のデータ/傾向/分析/技術(例えば要請の粉ではないもの)に基づきます。

    そしてパワーポイント文書の全体的前提がロボット、サイボーグそして人間についてなのです。

    それで私はすぐに「未来と現在間の紛争」のところを見たんです。

    そして私は彼らが何を隠しているのだろうかと思ったんです。
    何故ならこれは明らかな隠蔽工作だからです。

    そして私は衝撃を受けたまま文書をざっと読み始めました。

    だから私達は今こうして話をしているんです。


    何故ならほとんどの人々は93ページにあるものを見つけて衝撃を受けるだろうと思うからです。


    質問者:では誰がこのNASAの文書を書いたのでしょうか?
        これはわざとなんでしょうか?
        彼等がこの文書を一般大衆に見てもらいたいのだと思うのですか?



    もう一度言いますが、「イルミナティ」
    この地球上で最も豊かで金持ちな人々は、いつだって自分達がやろうとしている全てをそれとなく感づかせるようにしているのです。

    ですからNASAのウェブサイトにあるという事実は明らかに一般大衆も見れるようにしてあるという事です。

    ですが、彼等はみたのでしょうか?
    明らかに見てはいないでしょう。

    もし彼らがこの文書を見たのならこれについてすぐわかる事でしょう。
    そして私達は知らないのです。

    そしてそれがこの議論の目的なのです。
    人々がこの文書について知るようにする為なのです。

    再びですが「未来と現在間の紛争」。
    実際、彼等が言っているのはこれが実際に発表された2001年7月の現状についてです。
    そして書いてある事なんですが、かなり衝撃的なのです。

    93ページにはこう書いてあります。

    「TVのゴールデンタイム(午後7時から11時)にそのままの姿でアメリカ人を捕獲し拷問する。」


    そしてこれは信じがたい声明なのですが、そして引き続きこう書いてあります。


    「アメリカ本土内でのテロ攻撃。2成分の生物学的製剤を使用した重要なインフラの破壊。」


    彼等は「EMP」を使うつもりです。これは「電磁パルス」です。

    私達の脳等に対して彼等は電磁周波を使うつもりです。

    そして深刻な心理戦争を行う。そして(巻き添えと被害と開発)です。

    そして同じ93ページには「CNN症候群を活用」と書いてあります。

    CNNとはもちろん放送局です。ニュースメデイア放送局ですね。
    プロパガンダマシーンです。
    そしてそれはCIAによって設置されています。


    stopthecrime.netで「心理戦争」という映画を見る事ができます。

    CNNの背景にある全ての情報です。
    非常に興味深い情報です。

    そして引き続き66ページを読んでいくと彼等が言っているのは、「ますます重要な人間の限界/悪い側面。
    人間は多すぎであり、重すぎであり、扱い難く、人間は肉体的にも精神的にも遅すぎる。そして大規模な物流
    列車を要する」


    私達を維持するのにコストがかかり過ぎるという意味です。
    そして人間は急激にマイナス価値へと低下している。

    これを信じる事ができますか?

    あなたはこれを聞いているんです。むしろ衝撃的であるべきです。
    特にNASAのウェブサイトから出ているものなんですよ?

    アメリカ空軍、国防高等研究計画局(DARPA)、CIA、FBI,国防省の南部司令部、
    太平洋司令部、オーストラリア部、そしてその他の機関といった組織が関与しているんです。

    これらは企業組織なんです。


    私達はアメリカ株式会社で私達はもはや憲法の下にはいないんです。

    誰もが読むべき「アイアンマウンテン報告」で宣言されている様にです。

    stopthcrime.netでダウンロードする事ができます。

    文書だけではなく、私が高く推薦するドキュメンタリーを見ることも出来ます。

    どの様に隠密で虚偽で段階的に配置された攻撃が憲法を攻撃し、
    それが現在の私達や企業にどう報いているのかを見る事ができます。

    私達にはもはや合法な政府はないのです。
    私達は企業や銀行によって支配されているのです。

    それらは合法的な政府を装ってはいますが、彼等は違うのです。

    私達は合法的政府をもっていないんです。

    戦争マシーンで米国本土で全ての人々にやろうとしている事を知らせているんです。

    そしてこれはアメリカだけではなく、
    これはほとんどの人々の理解を超えた技術を持って行う世界的な計画的攻撃、暴行なのです。

    誰もが本や弾薬を購入し、銃や弾薬ですね、そしてビーム兵器に気付いていないのです。


    《続きはyoutubeで》「NASAの未来計画書②」


    「NASAの未来計画書③」




    【ダウンロード済みのpdf】これに関しては削除される可能性も有りますのでお早めにご覧下さいませ。

    http://www.stopthecrime.net/docs/nasa-thefutureof-war.pdf









    関連記事
    スポンサーサイト
    [ 2014/01/14 13:45 ]Posted by七曜高耶 | 陰謀 | TB(0) | CM(0)[記事編集]

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://orangeapple01.blog62.fc2.com/tb.php/1786-6c3055d9