文字サイズを変更できます。

文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする

プロフィール

七曜高耶

Author:七曜高耶
ご訪問有難うございます。


 本ブログは、予知夢的内容の的中を保証
するものではありません。
この点を十分に留意し、記事をお読みくだ
さい。


また、
投稿欄は読者間の情報交換の場としての
機能を維持するために設けたもので、
本ブログの管理人が内容としてふさわしく
ないと考える投稿は、予告なく削除いたし
ます。
また、投稿する方自らが自粛していただけ
れば幸いです。




★ ドリームセラピスト講座を修了。
★ シータヒーリング講座を修了。  
★ 日本超心理学会【学会員】
  主に予知に関する能力を研究中。  


 皆様のお役に立てる事を願っております。

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

ブログランキング

最近のコメント

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

amazon

日本ブログ村ランキング

逆回転時計

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック


普通ならば違和感を感じたその「手」に恐怖を感じるだろう・・・。

だが、私はその時・・・・その瞬間のその「手」に、「恐怖」すら感じなかった。

その「手」に悪意を感じなかったからだ。


優しく伸ばされたその「手」を私は掴みたかった。
何故そう思ったのかは判らない。
でも、そこで何となく感じたのは「お母さん」の様な手に感じれたから。


私はそして、手を伸ばす。


手を伸ばしてそれを掴もうとした瞬間、何故か頭の中でその行為を否定する行動をとる様にとの命令が響き渡る。



「ダメだ!!この手を掴んだらきっと家族に会えなくなる!!」



後少しで触れるだろうその距離で私は手を素早く引っ込めたのだ。

すると今まで感じなかった筈の「恐怖」と言う名の空気がその場に蔓延していく。
私の中で何かが変わったのだ。


その「白い手」は私が引っ込めると同時にそこから消え去り安堵したのだが、
その「手」の出現が、その場で終わりを告げた訳では無かった事を私にはまだ知る由もなかった。


恐怖はこれからだったのだ・・・・・。


《明日に 続 く 》
※ 小説風にしています。





七曜 高耶




クリック頂き有難う御座います。



関連記事
スポンサーサイト

コメント

怖い

ダメだぁ、怖すぎる。
こたつがないのが幸いですが…(^_^;

末端

 顔(頭)、手、足。
 幽体目撃で一番例が多い部位です。
 この3つは多く表現され、動く場所ですし、一番血液が多く流れていた場所です。
 だから幽体でもこの部位が目立っているのです。
 内蔵は意識できないので、内蔵が見える幽体なんてのは例がないのです。

Re: 青球様へ

おはようございます、青球様。


こたつを出していないとは・・・・元気な証拠です!!


凄いです。

私はコタツにみかんがないとやっていけない(笑
ヌクヌク大好きです(笑

そしてコタツから出れなくなってしまいますv-393v-356


もう、歳ですわ(笑







七曜 高耶

Re: 傍観くんAti☆様へ

おはようございます、傍観くんAti☆様。


コメントを有難う御座います!!


その末端は私的には遠慮したい部位ですね(笑

顕れるなら全身で・・・みたいな。その方が怖くない(笑






七曜 高耶

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://orangeapple01.blog62.fc2.com/tb.php/1793-12e0ad16

 BLOG TOP 


無料アクセス解析