文字サイズを変更できます。

文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする

プロフィール

七曜高耶

Author:七曜高耶
ご訪問有難うございます。


 本ブログは、予知夢的内容の的中を保証
するものではありません。
この点を十分に留意し、記事をお読みくだ
さい。


また、
投稿欄は読者間の情報交換の場としての
機能を維持するために設けたもので、
本ブログの管理人が内容としてふさわしく
ないと考える投稿は、予告なく削除いたし
ます。
また、投稿する方自らが自粛していただけ
れば幸いです。




★ ドリームセラピスト講座を修了。
★ シータヒーリング講座を修了。  
★ 日本超心理学会【学会員】
  主に予知に関する能力を研究中。  


 皆様のお役に立てる事を願っております。

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

ブログランキング

最近のコメント

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

amazon

日本ブログ村ランキング

逆回転時計

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

「ミニ氷河期の到来と月面で発見された不思議な物体」というタイトルで始まるのは、陰謀系を得意とする「日本や世界や宇宙の動向」様だ。

「月面で発見された不思議な物体」という見出しもかなり捨て難く興味を惹かれるのだが、やはり一番に興味を惹かれたのは「ミニ氷河期」と言う言葉。


以下は「日本や世界や宇宙の動向」様より一部転載をさせて頂いているものなのだが、ここではNASAが今更ながらの「小氷河期」についてを述べている様だ。(NASAが本当に公表したのかどうかの事実関係は不明である為、言ったと仮定して話を進める)

引用記事の下に過去の予知夢を載せているのでそれを読んで下さると有り難いのだが、今回載せている予知夢は2012年とまだ新しいものなのだが、2008年にはその「プチ氷河期」について予知夢と言う名で既に触れている。
長年の読者の方は多分記憶されておられると思うのだが、その「プチ氷河期(予知夢を書くにおいて七曜がそう呼んでいるだけ)」は地球の地軸のズレにも大きく影響し、ひいてはそれによって「暗黒の3日間」と言うものが起きるかもしれないと私は書いていると思う。


この「プチ氷河期」は夢で視る限りは起きる可能性は高い。だが、この「プチ氷河期」よりも更に恐ろしいのは「太陽フレア」の方なのだ。

この「プチ氷河期」を乗り越えた人類に更なる試練を与えるのは「太陽フレア」といった殺人的な灼熱の熱波なのだ。


これにより人類はその数を激減させる可能性がある。
但し、この「プチ氷河期」と「太陽フレア」の間のどこかで「大洪水」もオプションされる。


これが正夢になるのならば、これからの人類にとってはまさに厳しい試練の時代になるだろう。
・・・と言っても新たな新時代の幕開けも同じくやって来る事になるだろうが。

【転載開始】
今後、ミニ氷河期が始まろうとしているのでしょうか。専門家によると、現在、太陽は眠った状態であり、今後、地球の気温が急激に下がる可能性があるとそうです。
2013年は太陽活動極大期に当たるため、黒点や太陽フレアが非常に多く発生するはずでした。しかし、NASAは、何度も、そのような現象は一切見られなかったと発表しています。NASAの科学者らは、今後、マウンダー極小期(太陽活動極小期)に似たミニ氷河期が起こる可能性があると懸念しています。


デーリーメール紙:http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-2541599/Is-mini-ice-age-way-Scientists-warn-Sun-gone-sleep-say-cause-temperatures-plunge.html



オックスフォードシャーのロサーフォード研究所のリチャード・ハリソン氏は、「太陽活動極大期の太陽の活動が弱まっている。30年間太陽を観察してきたが、こんな状態は初めてだ。太陽の活動が弱まったことで、今後、太陽活動極小期のようなミニ氷河期が訪れる可能性がある。そのうち、テームズ川が凍ってしまう日が来るだろう。」と警告しました。
さらに、英宇宙機構も「2011年以来、黒点の数が激減している。そして巨大な太陽フレアも殆ど起きていない。」と伝えています。
昨年2月の太陽の画像を見ると、黒点の数がほんのわずかであることが分かります。太陽の表面に動きがないのです。通常、太陽活動極大期には多くの黒点が現れ、太陽活動も非常に活発になります。このように太陽活動が殆ど見られないことに関して多くの専門家は、単にNASAが間違っているのではないかと当惑しています。
専門家も今後どうなるかは不明だと言っています。その時が来ないと。。。

【転載終了】



http://orangeapple01.blog62.fc2.com/blog-entry-1099.html

どちらにしても、全てにおいて神の御心のままである。

良い事もあれば悪い事もあり、光も陰も表裏一体のものであるからして、もしこの地球に破壊的な事象が起きたとしてもそれは創造に繋がるものとして捉えるのが無難なのかもしれない。


だが、出来ればその様な事が起きない事を祈りたい思いだ。









七曜 高耶





クリック頂き有難う御座います。



関連記事
スポンサーサイト

コメント

起きないでしょ。

 地球は温暖化しているから。 
 相殺するよね。
 そう言う事になっている筈ですよね。
 地球は太陽が弱くなっても、CO2の保護膜に護られている筈だからずっと温暖な気候が続く筈なんだよね?
 そうなんだよね?
 ね?

Re: 傍観くんAti☆様へ

こんにちは、傍観くんAti☆様。


コメントを有難う御座います!!



いつの世の中も信じるものは救われると言います。
それらの事象の情報が本物でも偽物でも、その時までは信じている分心穏やかでいられるので、それはそれで良い事かもしれません。
ですが、真実を追究する者である以上、そうではいられない運命なのかもしれませんね。





七曜 高耶

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://orangeapple01.blog62.fc2.com/tb.php/1794-e1ac5357

 BLOG TOP 


無料アクセス解析