■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium


□最新記事
□最近のコメント















十和田湖で1日で地震800回!!巨大地震の前兆なのか??

桃加様からの情報により、【真実を探すブログ】様から転載しております。情報を有難う御座います!

昨日1月30日付けの【真実を探すブログ】様の記事タイトルは「十和田湖、27日に800回も地震が発生!青森周囲でプレートが動いている?千葉房総沖でも巨大地震の前兆! new!!」。


十和田湖周辺では27日に地震活動が活発となり800回以上もの地震が発生していた様です。
以下は読売新聞からの転載記事になりますが、2014年1月2日に視た夢も関係している筈です。

何度も書きますが、「北米プレート」の影響はかなり大きく、それに伴いハワイの「キラウエア火山」の活発化により、日本は危機的状況にあると思われます。



十和田湖、1日で地震800回

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/aomori/news/20140128-OYT8T01431.htm

 仙台管区気象台は、十和田湖で27日に地震活動が活発となり、800回以上の地震が発生したが、28日には減ったと発表した。同気象台は「付近の地殻変動に変化は見られず、火山性微動も観測されず、火山活動に特段の変化はない。噴火の兆候も見られないが、今後も注意深く監視する」としている。

 同気象台火山監視・情報センターによると、十和田湖は火山噴火でできたカルデラ湖。27日午前10時頃から、十和田湖のうち、中湖(なかのうみ)付近の深さ4~7キロ・メートルを震源とする地震が増え始め、午後5~7時には1時間あたり100回以上を観測した。周辺住民への聞き取り調査では、体に感じる震度1~2相当の揺れがあった。地震の発生は徐々に落ち着き、28日には1時間あたり1~10回ほどに減った。

(2014年1月29日 読売新聞)



☆房総半島沖でプレート境界面のゆっくり滑り(スロースリップ)現象を検出

http://www.gsi.go.jp/WNEW/PRESS-RELEASE/chikakukansi_boso20140102.html


引用: 
発表日時:平成26年1月10日(金) 14時00分
房総半島の電子基準点観測データに、平成26年1月2日頃から、通常とは異なる地殻変動(非定常地殻変動)が検出されました。これまでに検出された非定常地殻変動は大きいところで約1cmです。

この変動は、房総半島沖のフィリピン海プレートと陸側のプレートの境界面※で発生している「ゆっくり滑り(スロースリップ)現象」によるものと推定されます。検出された非定常地殻変動からプレート境界面上の滑りを計算したところ、房総半島沖で最大約6cmの滑りが推定されました。
※この境界面は、平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震を引き起こした太平洋プレートと陸側のプレートとの境界面とは別のものです。


管理人の方様のご推測を以下転載をしております。



「青森県の十和田湖で、27日に800回以上の地震が発生していたことが判明しました。十和田湖は日本の記録に残っている中で史上最大級の噴火をした場所で、その破壊力は富士山の数十倍とも言われています。防災科学技術研究所が発表している揺れのデータを見てみると、確かに十和田湖周囲で多数の揺れを観測していました。

ただ、28日以降は揺れの回数が減少していることから、あくまでも一時的に地殻変動が活発化しただけの可能性が高いです。青森県といえば、東日本大震災を引き起こした太平洋プレートと面している場所でもあり、十和田湖の奥深くにも太平洋プレートの一部が沈み込んでいます。
今回の地殻変動には太平洋プレートの動きが関係していると推測され、今月上旬に千葉の房総沖でスロースリップ地震が観測されたことも合わせて考えると、東日本の太平洋側でプレートが一気にズレ動き出していると言えるでしょう。」



との事ですので、やはり警戒を解くことの無い様、そしていつ起きても落ち着いて行動が出来るように、日々シュミレートをしておいた方が良いと思われます。

そして、七曜も微力ながら発信をしていこうと思っておりますので、これからもどうぞ宜しく御願い致します。






七曜 高耶





クリック頂き有難う御座います。




関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/01/31 13:53 ]Posted by七曜高耶 | 地震 | TB(0) | CM(23)[記事編集]

地震は有益

地震は核融合によって発生しますから、放射能をキャンセルさせる性質があります。
群発地震等は、歓迎すべき現象です。
[ 2014/02/01 23:02 ] [ 編集 ]

へぇ~、興味ある~!!

で調べてみた。

常温核融合は本当だった! その13
http://www5b.biglobe.ne.jp/~sugi_m/page285.htm#< TBSテレビ放映された常温核融合 >

放射能をキャンセルさせる性質?
むずかしい。

火山灰は有効だと聞いたことがありますが・・。
また調べてみます。
[ 2014/02/01 23:21 ] [ 編集 ]

Re: 桃加様、地震は有益様へ

おはようございます、七曜高耶です。


地震は有益様がコメントに書かれていましたから七曜も桃加様と同じく調べてみました。
なるほど・・・・。これは凄い。

更に9分で放射能を中和出来ると言うのもありましたね。

「ブラウンガス」が非常に良いという事ですが、政府がこれを無視するのは何故なのかを考える必要もありますね。


情報を有難う御座いました。





七曜 高耶
[ 2014/02/02 08:22 ] [ 編集 ]

凄いのねぇ~


自分でリンクしたHPの内容が凄くてビックリした。(笑)

時々、調べてみようかなぁ。


揺れたら、原発壊れるでしょ?
放射能漏れて大変な事になる。

でも、揺れたら放射能が中和されちゃう。

これが、エンドレスなんだ。
日本て国は。(汗)


だったら、ずっと小さく揺れていたら良いんだ??
そういうこと??
[ 2014/02/02 10:35 ] [ 編集 ]

ブラウンガス=放射能除去装置

現代人がやっと手に入れたこのテクノロジーを
古代人が既に使っていた可能性が高い!?



ブラウンガス発生装置は既に多く発売されていて溶接、切断などに利用されている。

製品が既に出回っているのである。

こんな素晴らしい能力をもっているのだったら使わない手はないではないか! 

宝は使いたいものだ。

http://ameblo.jp/capitarup0123/entry-11460948970.html

ほぉ~。
[ 2014/02/02 10:39 ] [ 編集 ]

「共鳴原子力電池(Resonant Nuclear battery)」

ポール・M・ブラウン博士

崩壊した原子力発電所から、放射能を除去するばかりか、そこからエネルギーを採取できる
http://quasimoto.exblog.jp/14479131
[ 2014/02/02 10:45 ] [ 編集 ]

故ポール・ブラウン博士の特許の内容

核物質に10MeVのβ線を浴びせるのである。
すると、放射性物質は発光しながら徐々に無害化してゆく。

http://quasimoto.exblog.jp/14820050/
[ 2014/02/02 10:48 ] [ 編集 ]

常温核融合は本当だった! その15


ユル・ブラウンはまた、後の研究で
ブラウン気体が放射性廃棄物を完全に無毒化できることも発見している
http://www5b.biglobe.ne.jp/~sugi_m/page287.htm
[ 2014/02/02 10:53 ] [ 編集 ]

水素ガスとブラウンガス発生装置の開発とガス保存と利用方法の構築


【夢のエネルギー「HHOガス」】


日本ではまだ殆ど知られていない不思議なエネルギー「ブラウンガス」について紹介します。

ブラウンガスとは、HHO GASとも呼ばれ、水素と酸素が2:1の混合ガスで
ブルガリア出身のユール・ブラウンによって発見されたもので夢のエネルギーとも言われ騒がれています。

いずれ日本でも、もっと知られてくると思います。


また、『ブラウンガス』は、
水酸素ガス
ZET(ゼロエミッション・テクノロジー)ガス
CP(クリーンパワー)ガス
E&Eガス
アクアガス
などとも呼ばれていて
『溶接』や『溶断』などの産業界で
実用化されているそうです。

http://酸水素ガス.com/
[ 2014/02/02 11:00 ] [ 編集 ]

酸水素ガス

水から作られる新しい燃料「酸水素ガス」

2009/10/29(木) 23:00 放送されたワールドビジネスサテライトで
「酸水素ガス」という全く新しい燃料が、紹介された。


開発したのは、大田区にあるプラントメーカー日本テクノ。

http://quasimoto.exblog.jp/11718302/
[ 2014/02/02 11:03 ] [ 編集 ]

HHOガス(別名、酸水素ガス、ブラウンガスなど)について


水を燃やすテクノロジー
安全で単純でしかも低価格な水から作り出すガスエネルギー
HHOガス発生器について

http://www.eonet.ne.jp/~smd/HHO_GAS.html
         
[ 2014/02/02 11:08 ] [ 編集 ]

酸水素ガス(HHOガス)の作り方

http://www.youtube.com/watch?v=XpeNa-HENL0

パート1 があるなら、パート2がある?
興味のある方は、探してみて。
[ 2014/02/02 11:11 ] [ 編集 ]

やっぱり美容よねぇ~

行き着くところは・・(笑)

若さを保つ水素水【はなまるマーケット】
http://www.youtube.com/watch?v=YltyrhBz9ew

●動脈硬化や心筋梗塞に効果がある。
●アンチエイジングにも効果がある。
●脳梗塞、パーキンソン病、リウマチ、膠原病、糖尿病、肝炎の治療に効果がある。
●アトピー性皮膚炎、シミ、シワ、たるみに効果がある。

ホントですか!?
きゃぁ~!!
(何するつもりなん?・・私。)
[ 2014/02/02 11:15 ] [ 編集 ]

あかん、遊んでしもた・・。

反省します~(汗)
[ 2014/02/02 11:19 ] [ 編集 ]

十和田湖って

青森やん!!
(今、気が付きました。)

あぁ・・そりゃ大変だ。
[ 2014/02/02 11:54 ] [ 編集 ]

桃加、うざい!
[ 2014/02/02 14:34 ] [ 編集 ]

うふ。

ごめん。
[ 2014/02/02 14:36 ] [ 編集 ]

Re: 桃加様

酸水素ガスについてはあまりここで明かさないこと望みます。

実はこの研究の大元の開発者は木内鶴彦さんです。

この研究がすすむと世の中引っくり返ります。

とくにエネルギー関連の利権を握ってる人々には都合が悪いのです。

桃加様なら調べれば実態がわかるでしょうからできれば表には出さないで下さい。

この研究、思ったよりもすすんでいて酸水素ガスは燃焼温度が650℃から800℃にしかならず、燃焼温度がもっと必要な鉄鋼生産には現状不適で今それに対応すべく研究がすすんでるんです。

なのでここは木内さんを信頼して研究を見守っていて下さい。

あと木内さんの知人であるFUKATI様もブログでこの事に一切触れてないのはそれなりに意味のあることだと思ってます。

なのでコメントには書かないでほしいのですが、ただ桃加様がお調べになるのは自由なのでそれはしてみてください。

以上。
[ 2014/02/02 14:39 ] [ 編集 ]

sapporojin さま


おぉ! そうでしたか!!
それは、失礼なことをしちゃいましたね。

なんか、ダダダーッと一気に出て来たんで
そのまま出してしまいました。

消してもらった方がいいですかね?
私は、別に良いのですが・・。

あとは、七曜さまにお願いしちゃいます。
よろしくお願いします。

私は、美容と健康の記事だけで結構ですわ。(笑)
美容と健康は、女性の永遠のテーマですぅ~
ほほほ・・。

七曜さま、これも消してくださいね~。
[ 2014/02/02 14:48 ] [ 編集 ]

Re: 桃加様(続き)

いや、消さなくて結構です。

ただこれ以上の情報はちょっと。

この研究、実はもっと恐ろしくて外国でも研究をしていた人間が何人かいたがみんな不審死をとげてしまったんですよねえ。

それだけにうかつに研究すると危ない目にあうこともあると思われますが、木内さんは日本の神々が守護についてるので大丈夫でしょう。

この研究が指し示すことは明るい未来ですから楽しみにして見守っていきましょう。
[ 2014/02/02 15:05 ] [ 編集 ]

せやけど・・


次の地震が来たら、出さなあかんのとちゃうの?

どうも、隠したい技術が二つセットみたいやから
人の命を犠牲にしているみたいでイヤだわ。

でも、どうやら、これが原因みたいね。


世に出す時期があると思います。
あまり犠牲を出さずに、うまく事を運んでください。

ほんと、技術者さん達、よろしゅうに・・。

てか、私のところに来るぐらいだから、もう。。じゃないの?

ホントに頼みます。
でないと、拝み倒してしまいます。(笑)


[ 2014/02/02 15:18 ] [ 編集 ]

Re: 匿名様へ

こんにちは、匿名様。

コメントを有難う御座います。

出来れば以下の様な発言は避けて頂きたく思います。


>桃加、うざい!


これでは心から匿名様に感謝出来ないので非常に残念でしょうがないです。

七曜はいつも読みに来て下さる匿名様に感謝の言葉を言いたい!!
ですからどうぞこう言った種類のコメントでは無いものを宜しく御願い致します。




七曜 高耶
[ 2014/02/02 16:57 ] [ 編集 ]

sapporojin さま


めっちゃ興味があるけど、書けないって辛いです。

早くオープンになったら良いのに。
[ 2014/02/02 21:48 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://orangeapple01.blog62.fc2.com/tb.php/1815-31f02e9b