文字サイズを変更できます。

文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする

プロフィール

七曜高耶

Author:七曜高耶
ご訪問有難うございます。


 本ブログは、予知夢的内容の的中を保証
するものではありません。
この点を十分に留意し、記事をお読みくだ
さい。


また、
投稿欄は読者間の情報交換の場としての
機能を維持するために設けたもので、
本ブログの管理人が内容としてふさわしく
ないと考える投稿は、予告なく削除いたし
ます。
また、投稿する方自らが自粛していただけ
れば幸いです。




★ ドリームセラピスト講座を修了。
★ シータヒーリング講座を修了。  
★ 日本超心理学会【学会員】
  主に予知に関する能力を研究中。  


 皆様のお役に立てる事を願っております。

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

ブログランキング

最近のコメント

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

amazon

日本ブログ村ランキング

逆回転時計

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック


2013年12月19日の記事「ホログラムの世界とスターシード達」でも書きました事なのですが、

http://orangeapple01.blog62.fc2.com/blog-entry-1748.html

「アンドロイド」である自分を「アンドロイド」であると認識出来ていない。若しくは出来ない状況下であると言う事は非常に危険な事なのです。


例えば通常の日常生活を送っているとします。

本人はいつも通りの生活をしているつもりが、実は誰か(若しくは何者か?)に操作されているだけだという事に気付いていない・・・という事です。

家庭でも全く同じ事が言えます。
貴方は誰かの為だと思いながらも指示されているだけの事に気付かず動いていませんか?


この様に日々会社や家庭において従属的に動いている人間を洗脳(支配)する事は簡単であると示しています。

我々が今、この文章を読んで、自分の思考で考え感想を述べているとしても、それは他者に刷り込まれた情報であるかもしれないと言う事です。
ですが、勿論その域から脱する事も出来きます。

例え刷り込まれた情報で動いているとしても、頭の中でいつも「何故?」「どうして?」といった疑問をいつも持つ事でそれらは解消されます。

疑問を持たず、全てを鵜呑みにする様になった時点で肉体をもった人類として終わりを向かえ、代わりに「アンドロイド」としての人生が誕生するでしょう。

ですからどうぞ、いつも自分に問いかけて下さい。




「私は私の人生を楽しんで生きている事が出来ているか?」

「私は私自身の思考を他人に預け生きてはいないか?」


と。


考える事、疑問に思う事を止めた時、それは大気を這って貴方の元にやってくるのです。


【AFP】 
http://www.afpbb.com/articles/-/3008784

【2月19日 AFP】サルの思考を、眠っている別のサルに電極で転送し、その腕を操作させる実験に成功したとの研究論文が18日、英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズ(Nature Communications)に発表された。

 実験を行ったのは、まひの治療法開発に取り組む米科学者チーム。鎮静剤で完全に眠らせたアカゲザルの腕を、別のサルの脳の指令により動かし、ジョイスティックを操作して作業を実行させることに成功したという。チームは、脳と脳が制御しようとする筋肉との連絡が完全に断たれている状態の「完全まひ」を再現するためにこの実験を行った。

 論文の共同執筆者、米コーネル大学(Cornell University)電気・計算機工学部のマリアム・シャネチ(Maryam Shanechi)氏は、AFPの取材に「われわれは、実験対象が、まひした腕を純粋に思考だけで制御できることを示した」と語った。この成果は、まひ患者が再び自分の手足を自由に動かすための治療法の確立につながる可能性があるという。

 技術者と神経科学者からなる研究チームは、電極を用いて一方のサルの脳を他方のサルの脊髄に接続し、コンピューターを介して神経信号を解読・中継した。

 チームは「マスター」と呼ばれる最初のサルを、コンピューター画面の前に置かれた特殊ないすに座らせ、頭部を固定。画面には1つのカーソルと、画面上の2か所に現れては消える緑色の丸を表示させた。

 鎮静剤で完全に眠らせた2番目のサル「アバター」は別の場所に置かれ、腕は360度動くジョイスティックにひもで固定された。ジョイスティックは、マスターの前の画面上でカーソルを動かして円形の標的を追うために使われた。

 マスターがカーソルを動かそうと思うと、コンピューターがその脳の信号を解読し、2つの標的のどちらを思い浮かべたかを判別。解読されたデータは、眠っているアバターの脊髄にリアルタイムで中継され、それに応じて腕がジョイスティックを操作する。

 カーソルが標的に命中すれば、ご褒美としてマスターにはジュースが与えられる。

 研究チームによると、「マスター」と「アバター」の役割を交代することもできる2匹のサルは、約84%の確率でカーソルを標的に命中させることができたという。

《続きは上記URLからどうぞ》


この実験から言える事は、私達の様な「小さな国民」でも「マスター」を動かす事が出来ると言う事です。

「マスター」だけが動かせる主導権を握っているのでは無いのです。








七曜 高耶





クリック頂き有難う御座います。



関連記事
スポンサーサイト

コメント

カネ

 カネを稼ぐ為に働く事こそ洗脳従属の手法ですね。
 所属する組織の法則に則って働かないと給料がもらえないし、好き勝手にしているとクビにされる。
 洗脳従属の常套手段ですね。
 カネがなければ生活できない社会を造り上げた事が、人をコントロールしやすくなったのです。
 下らないですね。
 宇宙規模で観たら何とも情けない事か。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://orangeapple01.blog62.fc2.com/tb.php/1843-430150f0

 BLOG TOP 


無料アクセス解析