文字サイズを変更できます。

文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする

プロフィール

七曜高耶

Author:七曜高耶
ご訪問有難うございます。


 本ブログは、予知夢的内容の的中を保証
するものではありません。
この点を十分に留意し、記事をお読みくだ
さい。


また、
投稿欄は読者間の情報交換の場としての
機能を維持するために設けたもので、
本ブログの管理人が内容としてふさわしく
ないと考える投稿は、予告なく削除いたし
ます。
また、投稿する方自らが自粛していただけ
れば幸いです。




★ ドリームセラピスト講座を修了。
★ シータヒーリング講座を修了。  
★ 日本超心理学会【学会員】
  主に予知に関する能力を研究中。  


 皆様のお役に立てる事を願っております。

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

ブログランキング

最近のコメント

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

amazon

日本ブログ村ランキング

逆回転時計

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

皆様は既にご存知かもしれない・・・。

だが、七曜は今日この瞬間迄この様な話があった事さえ梅雨知らず、宇宙スピ系を賑わし、いつの間にか既に鎮火している感じ。


この投稿されたYouTubeの説明によると、2014年3月10日に国際宇宙ステーションから撮影されたものとしている。「ワームホール」を通じて、未知なる無数の艦隊が姿をあらわしたとしているのだが、事実確認は難しい。

これによって「コブラ解放グループ」とか言う組織の言葉は本当であったと、そこに属する・・・若しくは属したい方々によって拡散されていた様だ。(と、言うかこのグループを誰も怪しまないのが不思議なのだが・・)

The Voice Of Russia」には3月16日に投稿されていた。


だが、ここで疑問に思う事が一つある。

「Openminds」と言うUFOを真面目に科学的に検証・研究し、必要とあらばアメリカ政府にも申し立てる団体が、このニュースを取り上げていなかった事だ。

UFO3

世界各地に幅広いコミュニティを持っている彼らの耳に入らない事が果たしてあるのだろうか?

どうも怪しい・・・。


もしこの動画の内容が事実だとしたとしても、我々は人類が持つ「ドローン」と言う兵器の存在を知っている訳で、彼らが(陰の何者か)それらを利用して演出したかもしれない可能性は排除出来ない。

とりあえずは今後の動きを冷静に傍観し、判断していくべきだろう・・・。


国際宇宙ステーションがワームホールから無数に出現するUFO群を撮影か!? NASAの発表間近との予測


ポータル1

国際宇宙ステーションがワームホールから無数に出現するUFO群を撮影か!? NASAの発表間近との予測



広い宇宙には、我々がいまだ知らない何らかの生命体が確実に存在しているだろう。昔からUFOや宇宙人の目撃証言が存在するのだが、それら何時どのような形で、おおやけのものになるかはわからない。

だが、最近YouTubeに公開された映像が、その日が近いかもしれないと伝えているのだ。国際宇宙ステーションで撮影されたとされる、その映像を見ると、何もない空間から無数のUFOらしきものが、姿をあらわしているのである。これは一体何なのだろうか?




・3月10日にISSが撮影か?





この映像は、「ADGUKNEWS」が伝えているものだ。YouTubeの説明によると、2014年3月10日に国際宇宙ステーションから撮影されたものとしている。「ワームホール」を通じて、未知なる無数の艦隊が姿をあらわしたとしているのだが……。



・ワームホールを抜けて飛来?


ワームホールとは、時空間のある点から別のある点に抜ける、抜け道のことを指す。たしかに映像を見ると、何もない場所から突然無数の光る飛行物体がとめどなく出現しているように見える。それが本当にワームホールを抜けて、あらわれているのか不明だ。ちなみにADGUKNEWSはNASAから何からの発表が行われるのではないか、との見方を示している。



・いつUFOがあらわれてもおかしくない


また、宇宙ステーションが撮影したものとされているのだが、実際にどの位置でどの方角に向かってカメラを向けて、撮影できたのかという点についても触れられていない。だがいつ何時、UFOが地球上に出現してもおかしくはないだろう。UFOがあらわれないという保証はどこにもないのだから。はたして、これは本当にUFO艦隊なのだろうか? 真相が気になるところである。


参照元: YouTube
執筆: 佐藤英典








七曜 高耶





クリック頂き有難う御座います。



関連記事
スポンサーサイト

コメント

ハイビジョン皆普及

のこのご時世に、あんな解像度の悪い、不鮮明なカメラを未だに使っているんでしょうか。
 世界のISSでですよ。
 1秒足りとも記録欠落は避けたい場所で、あんな低解像度のカメラを使っている筈はありません。
 逆にそこにある方が変だ。
 フェイクですな。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://orangeapple01.blog62.fc2.com/tb.php/1884-b636c4d5

 BLOG TOP 


無料アクセス解析