■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
    まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium


    □最新記事
    □最近のコメント















    人類の破滅を招いた米イエローストーン火山、眠りから覚める!!

    2013年7月15日の夢記事を、七曜のもう一つのブログである「宇宙(ソラ)の浮き船」に投稿したのが、「アメリカ イエローストーン」の危険性の夢でした。(只今「宇宙(ソラ)の浮き船」は開店休業中なのですが、宇宙より近況&緊急メッセージが入れば公開していきます)


    昨日付けの「The Voice Of Russia」では、「火山活動の再開は2075年頃になると予想されていたが、2003年イエローストーン国立公園では噴火が予定より50年は早まる兆しが確認されている」と書かれており、2003年の時点で既に2025年頃に噴火するのではと言ったの可能性の話しが出ていた様です。

    それから11年後の2014年今、この噴火の予兆はどうなったのでしょうか?

    七曜がその可能性を視たのは上にも書いた様に2013年7月15日。
    そして、夢の内容は以下のものでした。


    地面から直接吹き上げる水蒸気の様なものと灰色の煙、そして飛び散る花崗岩??
    離れた場所でも影響が高く思える。
    可能性としてこの爆発は夜である事が非常に高い。


    年・日時共に不明。
    場所:アメリカ



    内容のヴィジョンは甚大なものでしたので、七曜の夢の法則でいきますと5年程度の時間の猶予は有りそうに思えます。
    ただ、ここ最近の西海岸一帯の地震の影響も有りますので期間が短くなる事はあっても長くなる事は多分ないでしょう。

    【The Voice Of Russia】より転載
    人類の破滅を招いた米イエローストーン火山、眠りから覚める

    26 3月 2014, 16:24

    http://japanese.ruvr.ru/news/2014_03_26/beikoku-kazan


    イエローストーン3
    Photo: EPA


    北米大陸のイエローストーン火山は7万3千年前に大噴火を起こした。この噴火は恐ろしい破壊力を発し、この結果、地球上の人口は1万5千人たらずとなった。


    そのイエローストーンが長い眠りから覚め始めた。当初火山活動の再開は2075年頃になると予想されていたが、2003年イエローストーン国立公園では噴火が予定より50年は早まる兆しが確認されている。
    イエローストーン火山は噴火した場合、最近起きたエトナ火山の噴火の2500倍もの威力を発揮すると予想される。米国西部では噴火によるガスで人間はたった5-7分で窒息死してしまうほか、米国の大部分の領域が火山灰に埋まってしまう恐れがある。

    これにとどまらない。イエローストーンから流れ出た溶岩は世界全体に流れ出し、破壊力の強い津波が発生するほか、大気圏に放出された何百万トンもの火山灰で太陽光線がさえぎられてしまう。この結果、緯度50度までが南極圏と化してしまう。噴火後、数ヶ月で地球上の3分の1の人口が死に絶え、唯一生き残るのはユーラシア大陸の中央部だけとなる。

    ロシアのマスコミ報道から


    とにかく、イエローストーン国立公園の噴火が我々以降の世代でも起こる事なく過ごせる様祈りたいと思います。







    七曜 高耶



    クリック頂き有難う御座います。



    関連記事
    スポンサーサイト
    [ 2014/03/27 14:13 ]Posted by七曜高耶 | 地震 | TB(0) | CM(0)[記事編集]

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://orangeapple01.blog62.fc2.com/tb.php/1901-97394863