文字サイズを変更できます。

文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする

プロフィール

七曜高耶

Author:七曜高耶
ご訪問有難うございます。


 本ブログは、予知夢的内容の的中を保証
するものではありません。
この点を十分に留意し、記事をお読みくだ
さい。


また、
投稿欄は読者間の情報交換の場としての
機能を維持するために設けたもので、
本ブログの管理人が内容としてふさわしく
ないと考える投稿は、予告なく削除いたし
ます。
また、投稿する方自らが自粛していただけ
れば幸いです。




★ ドリームセラピスト講座を修了。
★ シータヒーリング講座を修了。  
★ 日本超心理学会【学会員】
  主に予知に関する能力を研究中。  


 皆様のお役に立てる事を願っております。

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

ブログランキング

最近のコメント

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

amazon

日本ブログ村ランキング

逆回転時計

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

2014年4月2日に視た夢。


2014年4月2日に視た夢は、「連なる赤銅色の月」と「太陽」。


この夢の「月」と「太陽」のイベントが起きる時間は夢の中では19時30分頃。
この事象は「連なる月」の影響と「太陽」の影響がダブルで起きる。

なかでも「太陽」は灼熱に燃え盛る。


だが、それも短時間で中断される。何か予測の付かない出来事が起きた為だった。
しかもこれらは「宇宙の同胞」にとっての大イベントだったのだ。



私がこの夢を視た時に頭を過ぎったのが「ゲルな夢日記」の管理人FUKATI様の記事に書かれていた「イヤルの月」の話しだった。
真実のユダヤの人々にとって、神々を降ろす聖なる大地はイスラエルの地なのだ。

神々が間も無くこの大地に舞い降りる事になるかもしれないと言う事を記憶の片隅に置いていて欲しい。


イスラエル国家再建(1948年)と月食・日食  


 西 暦           ユダヤ暦          現 象   ユダヤの祭
1948年 4月23日 5708年ニサン14日   部分月食  過越の祭前夜

1948年10月18日 5709年ティシュリ15日 半影月食  仮庵の祭初日

1949年 4月13日 5709年ニサン14日   皆既月食  過越の祭前夜

1949年10月 7日 5710年ティシュリ14日 皆既月食  仮庵の祭前夜

1950年 4月 2日 5710年ニサン15日   皆既月食  過越の祭初日

1950年 9月12日 5711年ティシュリ1日  皆既日食  政治暦新年

1950年 9月26日 5711年ティシュリ15日 皆既月食  仮庵の祭初日


         
6日戦争(エルサレム奪還1967年)と月食・日食



  西 暦           ユダヤ暦       現 象    ユダヤの祭
1967年 4月24日 5727年ニサン14日   皆既月食  過越の祭前夜  

1967年10月18日 5728年ティシュリ14日 皆既月食  仮庵の祭前夜

1968年 4月13日 5728年ニサン15日   皆既月食  過越の祭初日

1968年 9月22日 5728年エルル29日   皆既日食  政治暦新年前日

1968年10月 6日 5729年ティシュリ14日 皆既月食  仮庵の祭前夜

1969年 3月18日 5729年アダル28日   金環日食  宗教暦新年前々日

1969年 4月 2日 5729年ニサン14日   半影月食  過越の祭前夜

1969年 9月11日 5729年エルル28日   金環日食  政治暦新年前々日

1969年 9月25日 5730年ティシュリ13日  半影月食  仮庵の祭前々夜


イスラエル建国とエルサレム奪還は、ユダヤ人にとって2000年間待ち望んだ事。
そしてこれらと同様の連続現象が2014年から2015年にも起きるそうだ。



2014年~2015年の月食・日食とユダヤの祭



西暦日付           現象 ユダヤの祭礼

2014年 4月15日 皆既月食  過越の祭り初日(18時15分24秒 赤銅色 東京)赤い月


2014年 10月8日 皆既月食  仮庵の祭り前夜(18時14分5秒 赤銅色)


2015年 3月20日 皆既日食  宗教暦新年前日(2分47秒 ノルウェー海、スヴァールバル諸島)
   

2015年 4月4日  皆既月食  過越の祭り初日(19時8分30秒)


2015年 9月13日 部分日食  政治暦新年前日


2015年 9月28日 皆既月食  仮庵の祭り初日(11時47分)



この世に偶然は存在しない。全ては必然のみ。

イスラエルでは、この上記の日程に合わせて新たなるソロモン神殿をエルサレムに建築しようという計画があるようだ。
その場所はイスラム教徒にとっても聖地であるため、神殿建築(この話が事実であるのなら)を強行する事は、再び戦火の炎を燃え上がらせる事になるだろうと予測が付く。
 
ソロモン



それにしても、私が誕生したこの時代は何とイベント盛り沢山な時代なのだろうか。

次から次へと目まぐるしい程やってくる。








七曜 高耶






クリック頂き有難う御座います。



関連記事
スポンサーサイト

コメント

ヒント

Re: sapporojin様へ

こんばんは、sapporojin様。


コメントを有難う御座います!!


教えて下さいましたURLですが、どの記事を読みましたら良いのでしょうか・・・・。
どの記事も内容が難しくてv-393v-356

すいませんv-356教えて頂けないでしょうか??






七曜 高耶

ヒント(続き)

七曜高耶様

わかりずらいですね。

もう少し範囲を限定します。

http://sendaitenmei.blog108.fc2.com/blog-entry-131.html

中段くらいに木内さんの話が載ってます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://orangeapple01.blog62.fc2.com/tb.php/1912-6ea0afcb

 BLOG TOP 


無料アクセス解析