■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
    まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium


    □最新記事
    □最近のコメント















    ミスター・スノーデンが示唆する米英政府機関の「 UFO での大衆マインドコントロール作戦」

    本日二つ目の記事は「IN DEEP」様から一部転載を致しました記事になります。

    特に興味深いのはやはりエドワード・スノーデン氏のとんでも暴露話しでしょうか。

    スノーデン氏は昨年6月、大国が欲しがるアメリカ合衆国が握る世界の要人達の秘密や裏情報をもって現れた個性的な存在でした。

    中でも一際興味を惹くのは「UFO」についての情報かもしれません。



    それでは「IN DEEP」様(一部転載)の記事をどうぞお読み下さいませ。


    ミスター・スノーデンが示唆する米英政府機関の「 UFO での大衆マインドコントロール作戦」
     2014年03月19日

    転載元:【IN DEEP】様(一部転載)


    で、英国政府通信本部( GCHQ )や米国は UFO を使っての大衆マインドコントロールの試みをおこなっていることを知り、「 UFO の出現は多くなるのかもしれないな」と思っていたこともあります。


    実際、そういうことと関係あるかどうかは別として、カナダでは、ここ数年、 UFO の目撃報告が飛躍的に増えています。

    UFO目撃
    ▲ 2014年3月12日のカナダの報道メディア Global News UFO Sightings in Canada Continue to Increase - March 12, 2014 より。カナダで UFO 目撃が劇的に増えています。


    また、最近、 UFO 目撃報道に関して、いくつか興味深いことも発見しておりまして、一気には無理でも、機会があれば、少しずつご紹介したいと思います。

    ちなみに、上の三角 UFO について、「米軍の軍用機」という意見が出る背景として、最新型のものを含めて、アメリカの爆撃機や偵察機には三角形をしたものが多いからのようです。





    アメリカの三角爆撃機と三角偵察機

    米国の新型軍用機にもいろいろとあるようですが、爆撃機では、三角のものは一般的には、長距離打撃爆撃機( LRS-B )と呼ばれているもののようで、偵察機のほうでは、新型無人ステルス偵察機RQ-180というものがあるようです。

    長距離打撃爆撃機( LRS-B )のひとつ


    ステルス1
    ▲ Future Strike Aircraft より。


    新型無人ステルス偵察機 RQ-180


    ステルス2
    ▲ Aviationist より。


    この新型無人ステルス偵察機 RQ-180 は、CNN の記事によりますと、

    ・長距離飛行、24時間の長時間飛行可能
    ・高度約 17キロメートルを飛行
    ・エリア 51の格納庫にあるとみられる

    というもののようです。

    そこを考えると、上のほうのニュースでの、

    ・家の屋根の数十メートル上空をゆっくりと移動していった

    ということができるのかどうかは疑問です。
    (※七曜の個人的話ですが、「家の屋根の数十メートル上空をゆっくりと移動」の件に関しては肯定します。実際私の頭上をゆっくりと移動していきました。家族全員の目撃でしたが、フォースフィールドを展開していた様で私達以外は真昼間であるにも拘わらず誰も気付く事がありませんでした)


    「大衆マインドコントロール作戦」と聞きますとやはり最初に思い出されるのは「イルミナティカード」かもしれません。
    七曜的にはこのカードが実際に起こる(起こす?)事象の警告を顕しているとは思いませんが、それでも符号する様な出来事が世界では起きています。
    想像が創造しているのかもしれませんが、とにかく「大衆マインドコントロール作戦」でイメージするのは

    エイリアン

    このカードや

    メシア

    です。

    このどちらも「大衆マインドコントロール作戦」には打って付けの内容だと考えます。

    先進国であれば「地球外知的生命体」、そして発展途上の国にとっては「メシア」の存在が重要になってくるかもしれません。
    この両方ともを簡単にカバー出来るのは「マインドコントロール」です。

    日本の首相もその一人。

    この動画は「真実を探すブログ」様のところに置かれていました動画なのですが、まだ見ていない方は是非ご覧になって頂きたく思います。





    「マインドコントロール」された人間がそこから脱するのは非常に難しいでしょうが、唯一コントロールされない様にする方法もあります。
    それは何時なんときも常に「疑問」を感じる事です。

    ただそれだけの方法で「マインドコントロール」から逃れる事が出来るのです。

    「何故?」「どうして?」etc.を止めてしまった時、それは貴方が人間としての終わりを迎える時になってしまうかもしれません。







    七曜 高耶





    クリック頂き有難う御座います。



    関連記事
    スポンサーサイト
    [ 2014/04/24 17:34 ]Posted by七曜高耶 | 陰謀 | TB(0) | CM(0)[記事編集]

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://orangeapple01.blog62.fc2.com/tb.php/1943-dd1762fe