文字サイズを変更できます。

文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする

プロフィール

七曜高耶

Author:七曜高耶
ご訪問有難うございます。


 本ブログは、予知夢的内容の的中を保証
するものではありません。
この点を十分に留意し、記事をお読みくだ
さい。


また、
投稿欄は読者間の情報交換の場としての
機能を維持するために設けたもので、
本ブログの管理人が内容としてふさわしく
ないと考える投稿は、予告なく削除いたし
ます。
また、投稿する方自らが自粛していただけ
れば幸いです。




★ ドリームセラピスト講座を修了。
★ シータヒーリング講座を修了。  
★ 日本超心理学会【学会員】
  主に予知に関する能力を研究中。  


 皆様のお役に立てる事を願っております。

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

ブログランキング

最近のコメント

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

amazon

日本ブログ村ランキング

逆回転時計

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

おはようございます、七曜高耶です。


最近、コメントにお返事が出来ず本当に申し訳有りません。
コメントは全て読ませて頂いております。


今年2014年は世界規模での異変が数多に起きているようで、恐ろしく感じています。

長い間ブログを読んで下さっている読者様は既にご存知であると思いますが、2014年は境界の年です。
下手をすれば来年はかなり酷い結果を生み出すものと思われます。
2013年11月7日に視ました夢記事ですが、

http://orangeapple01.blog62.fc2.com/blog-entry-1690.html

今回転載させて頂きました「IN DEEP」様の記事に非常に酷似したものであった事に驚きを覚えました。

氏の記事は「ウズベキスタン」に関してのニュースでしたが、氏の置かれました「画像」の場所が、夢とかなり近い場所です。

判りやすく並べてみているのですが、上地図が「IN DEEP」様で、下地図が2013年に七曜が置きました画像になります。
それでは「IN DEEP」様の記事を転載開始致します。

ウズベキスタン
uzbek-self-destract.gif

▲ 2014年4月24日の RFE (ラジオ・フリー・ヨーロッパ) Uzbek Broadcasters Set To Self-Destruct より。




リアルに行われる「放送局自己破壊装置」の準備


上のニュースは、見出しだけでは何だかよくわからないかと思われますが、実は、ウクライナ情勢と関係しているもののようです。

最近、親ロシア勢力による東部ウクライナの放送局が奪取されたことなどから、ウズベキスタンの内閣は、

「テレビ局やラジオ局が敵の手に渡った時に爆破し、自己消滅させる装置」

を 5月 14日までに導入することを決定したというものです。

ちなみに、ウズベキスタンの位置が曖昧で調べると下の位置にありました。

ウズベキ1

snap_orangeapple01_2013114132942.jpg


そして、 ウズベキスタン - Wikipedia を読みますと、




19世紀に北からのロシア帝国に征服され、ロシア革命後はソビエト連邦下の共和国となり、その後ソビエト共産党政府の統治下に入り、ウズベク・ソビエト社会主義共和国となった。

その後 1991年のソ連崩壊によってウズベク・ソビエト社会主義共和国はウズベキスタン共和国として独立。




ということで、最近のロシアの台頭への警戒ということなのでしょうかね。

「放送局自爆システム」なんてのは映画かなんかでのフレーズにしか思えないですが、現実の世界でいろいろなことが実行されます。

ウズベキスタン2

ウズベキスタンの放送局は自己破壊の準備を進める

http://www.bbc.com/news/blogs-news-from-elsewhere-27187974


ウズベキスタンの閣僚らは、 4月14日に会合を開催し、「ウズベキスタン全土のテレビ局やラジオ局を爆破するための装置を装備することを決定した。

しかし、これは全部の放送局ではなく、部分的な自爆となる。

すなわち、テレビ局やラジオ局が敵対している側の手に落ちる事態が発生した時にすべての放送を瞬間的に切ることが出来るようにするための「自己消滅装置」を 5月 14日までに配置する。

ウズベキスタンの閣僚らは、最近の親ロシア勢力による東部ウクライナの放送局の奪取事件を知った後に今回の措置を決めたので、これはおそらく、ウズベキスタンでウクライナと同様の出来事が起きた時のための大統領の意志だろう。

それぞれの放送局の通信機器内に爆発物がセットされる。

「自己破壊装置」にアクセスすることができる人の数は非常に少ないものとなる。

また、非常事態時に、最大24時間、ニュースの配信を遅らせることのできる新たな規制も行われる。

ウズベキスタンの国家安全保障サービス( SNB )は、この最後の手段のすべてのステップを監督する使命を帯びている。


【転載終了】 



七曜が夢記事で何度も書いている事ですが、これからは「ロシア」が力を付けて来ます。

今や「アメリカ」よりも「ロシア」なのです。
敗戦国日本はアメリカの属国となってしまいましたが、日本の存続に重きをおくのならばやはり「ロシア」かもしれません。
今後、「日本」は世界の鍵となる可能性が高いと言う事です。

扉が大きければ大きいほど「小さな鍵」は重要です。


これから先の未来は「日本」にあるかもしれませんね。





2015年の事象を避ける為にも今の総理大臣は正しい判断をして頂きたいものです。







七曜 高耶




クリック頂き有難う御座います。




関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://orangeapple01.blog62.fc2.com/tb.php/1951-2dd8c7db

 BLOG TOP 


無料アクセス解析