文字サイズを変更できます。

文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする

プロフィール

七曜高耶

Author:七曜高耶
ご訪問有難うございます。


 本ブログは、予知夢的内容の的中を保証
するものではありません。
この点を十分に留意し、記事をお読みくだ
さい。


また、
投稿欄は読者間の情報交換の場としての
機能を維持するために設けたもので、
本ブログの管理人が内容としてふさわしく
ないと考える投稿は、予告なく削除いたし
ます。
また、投稿する方自らが自粛していただけ
れば幸いです。




★ ドリームセラピスト講座を修了。
★ シータヒーリング講座を修了。  
★ 日本超心理学会【学会員】
  主に予知に関する能力を研究中。  


 皆様のお役に立てる事を願っております。

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

ブログランキング

最近のコメント

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

amazon

日本ブログ村ランキング

逆回転時計

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック



スノーデン映画、ストーン監督が権利=ロシア弁護士の著作

アナトリー

スノーデン1

ロシア・モスクワ郊外の空港で、米中央情報局(CIA)の元職員スノーデン氏との面会に先立ち、報道陣に応対する弁護士のアナトリー・クチェレナ氏=2013年7月(EPA=時事)

 【モスクワAFP=時事】米国家安全保障局(NSA)の情報監視活動を暴露したスノーデン元中央情報局(CIA)職員に関してロシアの弁護士が手掛けた著作について、米映画監督オリバー・ストーン氏が映画化の権利を取得した。著者のアナトリー・クチェレナ弁護士が11日、AFP通信に明らかにした。
 スノーデン氏に関する著作では、英紙ガーディアンのルーク・ハーディング氏の「スノーデンファイル」も、ストーン監督が映画化の権利を得ている。

(2014/06/12-06:04)


米映画監督オリバー・ストーン氏が製作した、現職・元大統領をテーマにした映画は『JFK』『ニクソン』『ブッシュ』の3本。





時事問題を題材にした映画は、その題材に対する社会の認識にも影響を与える事にも成り得るものです。

米軍による国際テロ組織アルカイダの指導者オサマ・ビンラディン容疑者の殺害作戦を描いた2012年の映画「ゼロ・ダーク・サーティ」は(上youtube)、尋問や拷問のシーンが「誤解を招く」としてCIAが懸念を示したものでしたが、そう言った事実が無かったと示すものは有りませんし、画像処理を施した可能性のある写真等も、事実に基づいたものかもしれませんし、生存しているかもしれません。

それらを知る唯一の人間が一般人、若しくは逃亡者となり事実を公表するしか手立ては無いのですから・・・・。
そして、その様な人物が人知れず殺害されてしまえば、真実は闇の中です。

ラディン

情報戦争の中、何が真実で何が嘘なのかを見極めるのは困難になってきています。
しかし、そう言った情報の中から必要なものをすくい上げ、それらを見極める事が出来るのは、貴方自身なのかもしれませんね。


ドイツの情報機関職員を逮捕、米に情報提供した疑い

AFP=時事 7月5日(土)12時25分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140705-00000027-jij-eurp



【AFP=時事】ドイツの複数のメディアは4日、米国に情報提供した疑いのあるドイツの情報機関職員の男(31)が2日に当局に逮捕されていたと報じた。米国家安全保障局(National Security Agency、NSA)の盗聴問題について調査していた独連邦議会(下院)の調査委員会の情報を米側に提供していた疑いが持たれている。

ドイツ検察庁、メルケル首相携帯盗聴で捜査開始

 逮捕されたのはドイツの情報機関「連邦情報局(BND)」の職員。米国が情報収集活動の対象にドイツも加えていたことが明らかになった昨年以降、冷え込んだ両国関係の修復に向けた努力に水が差される恐れもあると報じられている。

 ドイツ連邦検察庁の検事総長は、外国の情報機関に対して情報提供を行った疑いでこの男を逮捕したことを認めたが、男が情報を提供していた国名など、事件の詳細は明らかにしていない。

 ドイツの複数のメディアによれば、逮捕された男は、米当局の監視プログラムを暴露して訴追されているNSAのエドワード・スノーデン(Edward Snowden)元職員の主張に関して調査を行っている独議会の調査委員会について少なくとも1度、情報を提供したことがあるという。

 シュテファン・ザイバート(Steffen Seibert)独首相報道官は、独政府は警察の捜査の結果を待った上で対応すると述べた一方、外国の情報機関のために活動することは「軽く受け止められることではない」と述べた。

 同報道官は、アンゲラ・メルケル(Angela Merkel)首相はこの件について3日に報告を受けたと語ったが、ウクライナ情勢について同日行われたバラク・オバマ(Barack Obama)米大統領との電話会談で、この問題が話し合われたか否かについては明らかにしなかった。

 一方、同国の北ドイツ放送(NDR)は、男は当初、ロシアの情報機関に接触しようとした疑いで逮捕されたが、取り調べの中で米国に情報提供したことを認めたようだと伝えている。またNDRは、捜査関係者らは男が米側に誤った情報を提供した可能性を排除していないという。


【翻訳編集】 AFPBB News



七曜 高耶




クリック頂き有難う御座います。





応援クリックを有難う御座います。



生活・文化 ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://orangeapple01.blog62.fc2.com/tb.php/2081-5117e5fb

 BLOG TOP 


無料アクセス解析