文字サイズを変更できます。

文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする

プロフィール

七曜高耶

Author:七曜高耶
ご訪問有難うございます。


 本ブログは、予知夢的内容の的中を保証
するものではありません。
この点を十分に留意し、記事をお読みくだ
さい。


また、
投稿欄は読者間の情報交換の場としての
機能を維持するために設けたもので、
本ブログの管理人が内容としてふさわしく
ないと考える投稿は、予告なく削除いたし
ます。
また、投稿する方自らが自粛していただけ
れば幸いです。




★ ドリームセラピスト講座を修了。
★ シータヒーリング講座を修了。  
★ 日本超心理学会【学会員】
  主に予知に関する能力を研究中。  


 皆様のお役に立てる事を願っております。

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

ブログランキング

最近のコメント

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

amazon

日本ブログ村ランキング

逆回転時計

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

おはようございます、七曜高耶です。

土曜・日曜とオクラホマ州で二日続けて7回の地震が起きていた模様です。




地震学者によれば、ここ数年、オクラホマ州や、アーカンソー、コロラド、ニューメキシコ、テキサスといった他の石油ガス産出州では、地震の発生件数が数倍に増えており、その原因はシェールガスの採掘にあるのではないかとの意見が出ている様です。

オクラホマについての場所は下wiki画像を見て下さい。

オクラフォマ

記事下部にもシェールガス分布図を貼っていますが、確かにその可能性は大きなものだと思います。
更に、地下は繋がっていますので、産出州であるオクラホマ州や、アーカンソー、コロラド、ニューメキシコ、テキサスが揺れると言う事はワイオミングのイエローストーンがおかしな状況に陥る様な事になる可能性も高いのではと思っています。

お金の為に自らの首を絞めるのは今までの歴史を見ても判りますが、ですが、これは更に人類にとっての生存の可能性をより低くしているとしか言いようが無い感じもします。

地球自身が人類を淘汰するのも間近かもしれません。
それでも止めないのが人類でしょうが、いい加減どこかで気付き、出来るだけ自然を破壊せず共存していく方法を見つけなければ、早々に消滅してしまうかもしれませんね。


14 7月 2014, 10:13
米オクラホマ州で土日に7回の地震

http://japanese.ruvr.ru/news/2014_07_14/beikoku-jishin/


オクラホマ © Фото: Роман Мамонов / VOR (アーカイブ)


米オクラホマ州中央部、オクラホマ-シティ近くで土曜日と日曜日に7回もの地震が観測された。米地質調査所が伝えた。地震の規模はマグニチュード2,6から4,3。


今回の地震による人的物的被害は報告されていない。震源の深さは、約8千メートル程度と比較的浅かった。

地震学者によれば、ここ数年、オクラホマ州や、アーカンソー、コロラド、ニューメキシコ、テキサスといった他の石油ガス産出州では、地震の発生件数が数倍に増えている。オクラホマ州では、今年1月1日から6月19日までに、207もの地震が観測され、これまで地震多発州とされてきたカリフォルニア州を追い抜いた(ちなみに同州の同期間中の地震発生件数は140)。

専門家らは、地震発生数が増えたのは、シェールガスの採掘に伴い廃水や化学物質を高圧で流し込む水圧破砕法と関係があるのではないかと見ている。



イタル-タス


シェールガス1

シェールガス
【画像:wikiより】 


米オクラホマ州の地震急増、原油・天然ガス排水の地下注入が原因 研究
2014年07月04日 18:52 発信地:ワシントンD.C./米国

http://www.afpbb.com/articles/-/3019712


米ノースダコタ(North Dakota)州タイオガ(Tioga)そばの石油採掘施設で、水圧破砕法(フラッキング)用の貯水池のそばで燃える天然ガス(2011年8月23日撮影、資料写真)。(c)AFP/Karen BLEIER
写真写真拡大をみる 写真購入のお問合せはこちら .

【7月4日 AFP】米中西部オクラホマ(Oklahoma)州の地震の急増は原油・天然ガス採掘施設で地下に注入される排水が近年増加したことが原因であるとする研究が、3日の米科学誌サイエンス(Science)に発表された。

オクラホマ州の地震発生回数は今年、米国で地震の多い州として知られるカリフォルニア(California)州を抜いた。マグニチュード(M)3以上の地震の発生回数はカリフォルニア州の71回に対しオクラホマ州は190回に上っている。「1976~2007年の期間と比較すると2008~13年のオクラホマ州の地震活動は40倍に増加している」と報告書は述べた。

 地震急増の原因は、原油やガスを分離する作業による排水や水圧破砕法(フラッキング)による排水を地下に大量注入しているごく少数の注入井。州内の9000か所に上る注入井の大半は影響を及ぼしていないが、月400万バレルの排水を地下に注入する4か所の大規模注入井が問題を起こしているという。

 発生した地震は注入施設から35キロ先まで揺れを起こすことがある。研究報告書によると、オクラホマ州内の排水注入量は2004年から08年にかけて倍増した。研究は、米コーネル大学(Cornell University)のケーティ・ケラネン(Katie Keranen)氏(地球物理学)が主導した。(c)AFP








七曜 高耶



クリック頂き有難う御座います。





応援クリックを有難う御座います!!




自然災害 ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト

コメント

この「地下水の注入」ですが、あの新潟県中越地震の原因もソレだと言われています。

人工地震を発生させるための「陰謀」なのか、人間の無知によって利益を優先させたがための「エゴ」なのかは分かりませんが・・・

最近、新エネルギーとして話題の「シェールガス」の採掘も、地震を誘発するのではないかと危惧しています。

Re: タイトルなし

こんにちは、yoshi様。


コメントを有難う御座います!!



> この「地下水の注入」ですが、あの新潟県中越地震の原因もソレだと言われています。
>
> 人工地震を発生させるための「陰謀」なのか、人間の無知によって利益を優先させたがための「エゴ」なのかは分かりませんが・・・
>
> 最近、新エネルギーとして話題の「シェールガス」の採掘も、地震を誘発するのではないかと危惧しています。


そうですね。シェールガスもですが、日本はメタンハイドレードというものも有りますから、結局どこの国もお金の為に死へ向かう作業をしているのでしょう。
もし、日本が「竹島」や「尖閣」を他国に取られた場合、その国は勿論地下資源を掘り返しまくり、更に日本の地震の回数は倍増し、下手をすればそのまま沈んでしまう可能性は非常に高い筈です。

あ、そう言えば話は変わるのですが、あの黒いピラミッドがノストラダムスの予言詩に出ていたとか・・・。
それが恐怖の大王だとか・・・。
うろ覚えなのですが、興味深い感じです。




七曜 高耶

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://orangeapple01.blog62.fc2.com/tb.php/2097-14e4128c

 BLOG TOP 


無料アクセス解析