■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
    まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium


    □最新記事
    □最近のコメント















    マレーシア旅客機、ウクライナ東部で撃墜された可能性!!?搭乗した295人全員死亡

    マレーシア航空ボーイング777型がウクライナ東部で発見されたと言うニュースが入っていた。
    搭乗していた295人は全員死亡とされているのだが、これはタイミング的にいっても、つい最近のウクライナからロシアへ砲弾を発射したことへの報復行為の様にも思える。




    当然、ウクライナのポロシェンコ大統領は「ウクライナ軍は無関係だ」と述べ、親ロ派の仕業との見方を示唆した。


    だが、、親ロ派は高度3000メートル以上の航空機を撃墜できる対空ミサイルを保有していないと主張している。親ロ派によると、集落に残骸が落下し、住民に負傷者が出ているという事なのだが、果たしてどうなのか??

    ウクライナ

    しかも、この場所。

    大統領
    ※画像は唯のイメージで、この件とは関係ありません。


    陰謀論が出てきそうな予感。

    ウクライナを制覇する為にロシアと裏取引をし、アメリカの新型兵器で撃墜した可能性も極めて高く思える。
    イラクを爆撃した時にも使用していたアレだ。
    勿論、真実は彼らしか知り得ないのだが、タイミング的にどうしてもおかしい上、何故またマレーシア旅客機なのか??

    そこにも何か意図があるのかもしれない・・・・・。


    マレーシア旅客機、撃墜か=搭乗295人全員死亡―ウクライナ東部

    時事通信 7月18日(金)0時16分配信

    残骸


     【キエフ時事】インタファクス通信によると、アムステルダム発クアラルンプール行きのマレーシア航空ボーイング777型旅客機が現地時間17日午後4時20分(日本時間午後10時20分)ごろ、ウクライナ東部ドネツク州内に墜落した。ウクライナのポロシェンコ大統領は同機がミサイルで撃墜された可能性があるとの見方を示した。同機には乗客280人と乗員15人が乗っており、内務省高官は全員が死亡したと確認した。
     キエフ滞在中の岸田文雄外相は、直ちにマレーシア機墜落の事実および邦人安否を確認するよう在外公館に指示した。外務省は在マレーシア大使館などを通じて事故機に日本人が搭乗していたかどうか確認を急いでいる。
     現場は対ロシア国境から約50キロのドネツク州シャフチョルスク。マレーシア航空は公式ツイッターで、同機がウクライナ上空で交信を絶ったことを確認した。墜落現場付近ではウクライナ軍と親ロシア派武装勢力の激しい戦闘が続いており、誤って撃墜された可能性がある。
     ポロシェンコ大統領は「ウクライナ軍は無関係だ」と述べ、親ロ派の仕業との見方を示唆した。一方、親ロ派は高度3000メートル以上の航空機を撃墜できる対空ミサイルを保有していないと主張している。親ロ派によると、集落に残骸が落下し、住民に負傷者が出ているという。
     親ロ派は携帯式防空ミサイルを多数保有し、これまで東部でウクライナ軍機を離着陸や空爆の際に撃墜。今月14日に軍のAN26輸送機が高度6500メートルを飛行中に撃墜された際、ヘレテイ国防相はロシア側領内から強力な対空ミサイルが発射されたと主張していた。

    残骸1



    因みに東ウクライナで自ら独立を宣言しているルガンスク人民共和国報道部は「マレーシア航空機ボーイング777を撃墜したのは、ウクライナ空軍の攻撃機Su(スホーイ)25型機である」と伝えたそうだ。









    七曜 高耶



    クリック頂き有難う御座います。






    応援宜しく御願い致します。有難う御座います!!



    人気ブログランキングへ

    関連記事
    スポンサーサイト
    [ 2014/07/18 09:18 ]Posted by七曜高耶 | 陰謀 | TB(0) | CM(0)[記事編集]

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://orangeapple01.blog62.fc2.com/tb.php/2102-a4ad76e3