文字サイズを変更できます。

文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする

プロフィール

七曜高耶

Author:七曜高耶
ご訪問有難うございます。


 本ブログは、予知夢的内容の的中を保証
するものではありません。
この点を十分に留意し、記事をお読みくだ
さい。


また、
投稿欄は読者間の情報交換の場としての
機能を維持するために設けたもので、
本ブログの管理人が内容としてふさわしく
ないと考える投稿は、予告なく削除いたし
ます。
また、投稿する方自らが自粛していただけ
れば幸いです。




★ ドリームセラピスト講座を修了。
★ シータヒーリング講座を修了。  
★ 日本超心理学会【学会員】
  主に予知に関する能力を研究中。  


 皆様のお役に立てる事を願っております。

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

ブログランキング

最近のコメント

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

amazon

日本ブログ村ランキング

逆回転時計

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

この世は理不尽な世界であるといつも思う。

心優しい人間程、辛い道筋を辿る傾向があるからだ。
今回、西アフリカのシエラレオネで、感染が拡大するエボラ出血熱対策を率いているシェイク・ウマル・カーン医師が病気に感染したことが判明した。

保健省は同医師の現段階での容体を明らかにしていないが、一部インターネットなどで出回った同医師死亡の情報は否定している様だ。

フェイスブックの投稿では「ウマル・カーン医師は生きていて、治療に反応している」と強調している。
致死率90%と言われるエボラ出血熱。

しかし、どうかシェイク・ウマル・カーン医師が助かる様に心から祈りたい。
多くの人々の為に病気と闘ってきた「英雄」の命をこの世界から取り上げないで欲しい。



エボラ1

エボラ熱対策の「英雄」も発症、感染拡大のシエラレオネで

2014年 07月 24日 12:34 JST


医師

 7月23日、西アフリカのシエラレオネで、感染が拡大するエボラ出血熱対策を率いるシェイク・ウマル・カーン医師(写真)が病気に感染したことが分かった。写真は6月、フリータウンで撮影(2014年 ロイター)




[フリータウン 23日 ロイター] - 西アフリカのシエラレオネで、感染が拡大するエボラ出血熱対策を率いる医師が病気に感染したことが分かった。エボラ熱対策をめぐっては、医療関係者の感染も増えている。

ギニア、リベリア、シエラレオネではエボラ熱が流行した2月以降、死者が632人に上っている。リベリアでは23日、家族を亡くした男性が、政府の対策への不満から保健省の建物に放火する事件も起きた。

シエラレオネの大統領府の声明によると、同国でエボラ熱治療に当たっていたウイルス学者、シェイク・ウマル・カーン医師(39)が、治療施設に送られたという。施設の関係筋は、カーン氏が現在治療を受けているとしたが、詳細は明かさなかった。

カーン氏は、同国でこれまで206人の死者を出したエボラ熱対策を主導してきたことから、当局から「国民的ヒーロー」と称えられている。

カーン氏が感染した経路は明らかになっていないが、同僚によると、予防には常に注意を払っており、防護服やマスク、手袋などを着用していたという。

世界保健機関(WHO)のスポークスマンによると、ギニア、リベリア、シエラレオネの3カ国では約100人の医療関係者がエボラ熱に感染し、うち50人が死亡している。




© Thomson Reuters 2014 All rights reserved.


早く回復しますように・・・・・。


七曜 高耶




クリック頂き有難う御座います。





応援クリック、宜しく御願い致します。感謝!!





学問・科学 ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト

コメント

日本では以外と知られていませんが、若き日のノストラダムスは、「ペストの権威」と呼ばれた医師でした。

しかしそんな彼でも、妻子をペストで失っています。

何となく思い出しました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://orangeapple01.blog62.fc2.com/tb.php/2121-5fbca7df

 BLOG TOP 


無料アクセス解析