■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
    まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium


    □最新記事
    □最近のコメント















    「国民的英雄」のシェイク・ウマル・カーン医師が死亡

    この世は本当に理不尽極まりない世界です。

    多くの人々を助け、人の為にと人生を捧げてきた医師であり、シエラレオネで医療チームを率いていたシェイク・ウマル・カーン医師が感染により死亡しました。

    心からのご冥福をお祈り致します。

    心安らかなる不死の世界はきっと「魂」を癒してくれる筈。



    それにしても、実にこの世は、憎まれれば憎まれるほどにその種の人間は世に憚る世界であり、人を思いやり世を生きる人間にとって心休まらぬ世界だとつくづく感じてしまう。
    そして、それがこの世界で最も強い力であると言うのは理不尽でならない。

    しかし、ものは考えようで、この「地獄」の様な世界から「光の下」へと早い段階で帰還出来ると考えるならば、その人物にとっては非常に善き事なのかもしれない。
    この世界は常に苦悩を伴う世界であるが故に、人間にとっては「我欲」が存在する分「地獄」でしかないのではないかと思うところもある。
    素晴らしいものではあるのだが、同時に苦しくもあると・・・そう思ってしまう。


    エボラ熱流行拡大のシエラレオネ、「国民的英雄」の医師も死亡

    ロイター 7月30日(水)8時23分配信


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140730-00000042-reut-m_est




    医師
    7月29日、エボラ出血熱の感染が過去最悪の規模で拡大する西アフリカのシエラレオネで、医療チームを率いていたシェイク・ウマル・カーン医師(写真)が感染により死亡した。6月撮影(2014年 ロイター)



    [フリータウン 29日 ロイター] - エボラ出血熱の感染が過去最悪の規模で拡大する西アフリカのシエラレオネで29日、医療チームを率いていたシェイク・ウマル・カーン医師(39)が感染により死亡した。



    カーン医師は同国保健省から「国民的英雄」と称えられていた医師で、これまでに感染者100人以上の治療に当たっていた。先週に感染していることが発表され、「国境なき医師団(MSF)」が運営する治療施設に移されていた。

    世界保健機関(WHO)によると、エボラ熱が今年2月に流行して以降、ギニア、リベリア、シエラレオネの3カ国で、感染が確認または疑われる死者は672人に上っている。


    致死率90%の恐ろしい現実に身を置き、自身の命より他の命を優先出来るその勇気は、人として何たるかを教えられた思いです。





    七曜 高耶




    クリック頂き有難う御座います。






    応援感謝致します。有難う御座います!



    科学 ブログランキングへ

    関連記事
    スポンサーサイト
    [ 2014/07/30 10:13 ]Posted by七曜高耶 | スターシードへの覚醒 | TB(0) | CM(0)[記事編集]

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://orangeapple01.blog62.fc2.com/tb.php/2135-476b2c3c