■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium


□最新記事
□最近のコメント















ウクライナ軍、ドネツクへの「大規模攻撃」を準備

人間とは本当に戦争や争いの好きな種族だと、やはり何かが起きる度にそう思ってしまう。

動物は無益な殺生等はしないもの。

人間も動物と同じではあるが、動物以下の生物である。

遺伝子の配合が悪かったのか、それとも元々のものが出てきたのかは知らないが、大義名分の名の下にする戦争は結局意味の無いものと知るべきかもしれない。


ウクライナ軍、ドネツクへの「大規模攻撃」を準備か
2014.08.05 Tue posted at 12:44 JST

http://www.cnn.co.jp/world/35051885.html?tag=top;topStories



戦闘で損壊した建物。ドネツクに対する大規模な攻撃の準備が進められているという

ドネツク 戦闘で疲弊した街 ドネツク



ウクライナ・ドネツク(CNN) ウクライナの国営メディアによると、政府の治安当局者は4日、親ロシア派の武装勢力に制圧されている東部のドネツクで「大規模攻撃」の準備を進めていると語った。

これを受けてドネツク市街からは武装勢力メンバーの姿が消え、幹部は公の予定をキャンセルした。

住民はこれまでの砲撃で地下室などに避難を強いられている。政府庁舎の地下には何十人もの女性や子どもが寝泊まりしており、親ロシア派勢力から聞いた話として、米国がウクライナ軍を支援してロシア系住民を攻撃しようとしていると語った。

ある女性は「憎らしいアメリカにやられた。彼らは世界中の戦争に絡んでいる」と訴える。

別の住民は砲撃を受けた学校の近くで、「政府はファシストだから信頼できない。なぜ罪のない人々を撃たなければならないのか」と怒りをぶつけた。

娘の自宅に身を寄せていて4日に自宅へ戻ったという女性は、寝室の窓ガラスが粉々に割れてベッドの上に飛び散っている光景を目の当たりにし、「もしここで寝ていたら死んでいた」と絶句した。

ウクライナ軍は同地で砲撃を繰り返しているが、この女性の自宅を誰が砲撃したのかは不明だ。





七曜 高耶




クリック頂き有難う御座います。





応援クリック有難う御座います!!



人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/08/06 07:36 ]Posted by七曜高耶 | 第三次世界大戦 | TB(0) | CM(3)[記事編集]

人を殺してみたい

 本当かどうか判らないが、あの少女がそう話していたと言う事。
 どう思いますか? 
 普通の精神構造だったらそんな事は思わない。
 人が人を殺したいと思う時は、何らかの強い思いがある時だけ。
 しかしあの少女にはそんな感情がなかったかの様に報道されている。
 単純に、自然発生的に人を殺したくなるものかな。
 少女の魂が人と言う肉体を持った事が初めてなので、そんな体験をせねばならない宿命だったのか、或いは前世で多くの人を殺し、忘れられずに現世に生を受けたのか。
 何がそうさせたのか、さっぱり解らん。
[ 2014/08/06 09:10 ] [ 編集 ]

七曜高耶様

このウクライナの一件はしつこいですねえ。

どうしてもロシアに攻撃してほしい何者かとそれに引っかからないプーチン大統領。

それにしても傀儡を承知で就任したウクライナの首相が辞任したというのに誰かがシナリオを書いている。

アメリカでもヨーロッパでもどうも疑問を持つ人々が増えてるようでどこまで誤魔化しきれるか。

このことがプーチン大統領暗殺計画にも連動してる模様。
[ 2014/08/06 18:32 ] [ 編集 ]

Re: sapporojin様へ

おはようございます、sapporojin様。

お返事が遅くなりまして申し訳有りません。

コメント有難う御座います!!

事後報告で大変申し訳無いのですが、以下のお話を七曜は知らない話でしたので、検索後記事として書かせて頂きました。


> このことがプーチン大統領暗殺計画にも連動してる模様。


実を言いますと、この上記のお話2ch辺りから出てきた内容かと思っていましたが、調べてみるとAFPから出ていたのですね~v-356

もう、本当に驚きました。

真面目にニュースになっている話だったとはv-393


情報、大変助かりました!!
有難う御座います!!




これからも何かしら情報が有りましたら是非お教え下さいませ!!





七曜 高耶

[ 2014/08/08 06:35 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://orangeapple01.blog62.fc2.com/tb.php/2142-370d5dbd