文字サイズを変更できます。

文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする

プロフィール

七曜高耶

Author:七曜高耶
ご訪問有難うございます。


 本ブログは、予知夢的内容の的中を保証
するものではありません。
この点を十分に留意し、記事をお読みくだ
さい。


また、
投稿欄は読者間の情報交換の場としての
機能を維持するために設けたもので、
本ブログの管理人が内容としてふさわしく
ないと考える投稿は、予告なく削除いたし
ます。
また、投稿する方自らが自粛していただけ
れば幸いです。




★ ドリームセラピスト講座を修了。
★ シータヒーリング講座を修了。  
★ 日本超心理学会【学会員】
  主に予知に関する能力を研究中。  


 皆様のお役に立てる事を願っております。

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

ブログランキング

最近のコメント

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

amazon

日本ブログ村ランキング

逆回転時計

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

桃加様の情報を基に、「エボラ出血熱」の記事を書いていこうと思います。

桃加様、情報を有難う御座います!

本日の記事ですが、「エボラ出血熱」による被害者がサウジアラビアの方でも出てしまったようです。


エボラ出血熱疑いのサウジ男性が死亡=保健省

ロイター 8月6日(水)23時42分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140806-00000126-reut-m_est


[リヤド 6日 ロイター] - シエラレオネ出張中、エボラ出血熱に感染した疑いがもたれていたサウジアラビアの男性が6日、死亡した。サウジアラビア保健省が明らかにした。

同省の声明によると、男性がウイルス性出血熱の症状を示したため、サウジアラビア当局などが男性の検体を調べている。

また、渡航経路や接触者の特定を急いでいる。



西アフリカのホットゾーンに米政府が特別機を飛ばし、エボラ出血熱に感染した米人医師ら2名を本国に搬送。
収容先は国内に4つしかないハイリスクの患者隔離設備を備えたエモリー大学付属病院で、場所はCDC本部と同じアトランタだそうです。

そして今回は「リヤド」から「エボラ出血熱」のニュースがロイターから発信されました。
「リヤド」と書かれていますので、現地サウジアラビアでの事だと思います。「リヤド」はサウジアラビアの首都。 アラビア半島中央部のナジュド地方に位置する内陸都市で、都市的地域の人口は474万人の都市です。




この「エボラ出血熱」の猛威は留まる事を知らないようです。
アトランタに連れ帰られた米人医師2名、そしてサウジアラビアへ出張中に感染した疑いを持たれて、死亡した男性と、飛行機を利用するせいか、下手をすれば世界中に広がる可能性も秘めていそうです。

さて、このウイルスですが、どうも裏が有るようにも思えます。
夢でもその内容を視ています。

もしかすると、計画的なものかもしれません。
彼女はその計画を立てる役目を担う者です。


この夢が現実に行われていなければ良いのですが・・・・・・。






七曜 高耶




クリックを有難う御座います。







応援有難う御座います。



科学 ブログランキングへ


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://orangeapple01.blog62.fc2.com/tb.php/2144-529a395b

 BLOG TOP 


無料アクセス解析