■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium


□最新記事
□最近のコメント















ウクライナのスペツナズ、銃口をキエフに向けかえる用意あり。銃口の先に見えるものは??

この記事を読むと何故か悲しくなってきます。



「我々は何のために死んでいくのか?雀の涙の俸給のため?

軍事委員部には太鼓腹が座って金勘定している。」





政権が代わっても、国民に対する扱いは同じ。

そして、権力者にとって「兵」とは唯の「モノ」でしかないのが現実なのだ。

彼らの「生活」とは一体何なのだろうか?


7 8月 2014, 16:08
ウクライナのスペツナズ、銃口をキエフに向けかえる用意あり (VIDEO)

http://japanese.ruvr.ru/news/2014_08_07/275628434/



ウクライナ1 © Photo: RIA Novosti/Maks Vetrov


ウクライナ国防省諜報総局の特務班の戦士たちが記者らに対し、戦争および政権への自らの態度のあり方を明かした。




「権力者らには、人が何人死のうとどうでもいいのだ。彼らにとって我々は肉だ。我々が誰のために戦っているのか分からない。どうやら彼ら(キエフの政治家ら)がよい暮らしをするために戦っているのだろう。

こんな英雄たちが誰に必要だと言うのか?負傷者が山積している。しかし戦地から運びだすことも誰にも出来ない。今に壊疽が始まるかも知れない。

上層部にとってはどうでもいいことなのだ。我々など一顧だに値しないのだ。

将軍らの知るただ一つのことは、テントはしっかり立たなくてはならない、ということだけだ。

政権は変わったが、国民は無視されたままだ。

ある一味が別の一味から政権を奪取しただけだ。

この間唯一の変化と言えば、クリミアが今や無く、多くの人が死んでいることだ。

2月のマイダンなど、彼らには取るに足りないことに思えるのだろう。我々は誰のことも哀れには思うまい。

我々は何のために死んでいくのか?雀の涙の俸給のため?

軍事委員部には太鼓腹が座って金勘定している。

われらが大国は肥溜めの中にあった、これからもあるだろう。

ウクライナ政権が本物の軍事政権に取って代わられるまで、いかなる変化も見込めない。軍隊が権力を握り、有力者の子弟どもを悉くナイフで貫くまでは。彼らは絶滅させねばならない。まだ小さいうちに、根絶やしにしなければならない。そしたら奴らも怖くなるだろう。

そんな奴らが政権に、また買収された将官どもの中に残っている。奴らは胡坐をかいて、休んでいる。戦え、死ね、そしたら軍事委員会がまた新しいのを寄越すから、と。

ヤヌコーヴィチが退けられて、何が変わった?兵士たちは政権に欺かれている。もし彼らがそれに気が付けば、誰も武器を手放しはしない。

我々は武器・兵器とともにキエフに進撃し、全てを均し、そこに庭を作ろう」





ロシアのインターネットより





七曜 高耶




クリック頂き有難う御座います。




応援有難う御座います!!



生活・文化 ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/08/08 07:40 ]Posted by七曜高耶 | 第三次世界大戦 | TB(0) | CM(0)[記事編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://orangeapple01.blog62.fc2.com/tb.php/2147-f0b5dae4