■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
    まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium


    □最新記事
    □最近のコメント















    エボラは、宿主の外でも数日間生存出来る!!

    エボラについて、覚書の様にここに書いておこうと思います。
    以下、ソース元の「infowars」より、転載しています。

    カナダ公衆衛生局(Public Health Branch of Health Canada):http://www.phac-aspc.gc.ca/index-eng.php

    に、エボラのエアロゾル化が発表されていたとの情報がありましたが、七曜は探し出すことが出来ませんでした。
    が、その他海外サイトでも噂になっている様でしたので、「naturalnews」のリンク先「infowars」を一部転載です。

    とりあえず、以下の文を読んで頂きたいのですが、この記事内容が事実でしたら、エボラはホストがいなくなっても十分に生存出来る環境に今いると言う事になります。

    しかも、この感じでいくと、「スペイン風邪」とよく似た性質も有りそうですね。





    http://www.naturalnews.com/046276_ebola_aerosol_transmission_infectious_disease.html#ixzz39rFr05P8


    Infowars.comから(NaturalNews)今日クルトニモが誤ってエボラに「エアロゾル感染が可能ではない」ことを報告しています。
    (1)その文は、「恐怖、エボラを恐れていない状態」、全体的に、非常に説得力のある記事であると題する記事の一部です。ニモは素晴らしい作家や偉大な研究者であるが、この場合には、彼の文です事実、おそらく間違ったとは対処する必要がある。

    (2):明らかにカナダ公衆衛生庁が説明したように「感染量:1 - 10エアロゾル化された生物は、ヒトでの感染を引き起こすのに十分である。「エボラは、あなたが見る、血液、粘液や他のエアロゾル化した粒子体液(くしゃみ等、誰かが、例えば、他の人の手や顔に着地場所にエボラウイルスがエアロゾル化されることがあります。これは、本格的な感染をオフに設定するためにあなたの目の端(またはあなたの口の端)にウイルスを感染させる。実際には、2012年のBBCの記事では、「エボラの「空気中の"伝染"に対する懸念」と題するものが書かれている。


    (3)カナダの科学者は、エボラウイルスの最悪の形態は、種の間で空気によって伝染出来得ることを示している。実験では、それらはウイルスがそれらの間の直接的な接触なしサル・ブタから感染されたことを実証した。彼らの実験では、ウイルスを運ぶブタをワイヤ·バリアによって分離されたサルを檻に収容したが、8日後、マカクの一部はエボラの典型的な臨床症状を示していたので、安楽死させた。



    エボラは、ホストの外日間生存する



    さらに悪いことに、エボラは、ホスト外にも強い生存者である


    カナダの公衆衛生局の答え:

    SURVIVAL外部ホスト:ウイルスは数日間液体または乾燥した物質の中で生き残ることができます。
    感染性は凍結乾燥によって数日間保存することができる、室温又は4℃で安定であり、-70感染で無期限に安定であることが見出されている。

    これは明らかであると述べ、エボラウイルスは、ドアノブなどの家庭用の表面にある一般的なオブジェクトで数日間生存することができる。感染エボラの犠牲者は、彼の鼻から血や粘液をクリーニングした後にこのような共通のオブジェクトに触れることを中心に実行されている場合は、これらに関係の無いその他の犠牲者は、同じオブジェクトをタッチした後、簡単に彼の口の中にウイルスを感染させ、いくつかの食品を食べることによって自分自身を感染させることができる。




    エボラは、政府によって悪用される可能性が


    Infowarsの記事の残りの部分では、と言って、スポットオンで ​​ある「エボラは、政府による心理操作の一部として利用して誇張されています。 " それは絶対に本当です。があり、任意の社会的な制御コンポーネント常に感染症。
    政府による発表は、同様の記事でニモにより十分に記載:病気、自然災害や人為的な危機が日常的に拡大し、その力を拡張するための口実として政府によって利用されているとする。この状態とそのプロパガンダメディアは、警察国家を立ち上げをするための体系的な努力の一環として、別の後に1に製造危機に繁栄する。

    目標は、人々の保護ではありません。それは邪悪なテロリストか怖い病気から私たちを救うが、人口を制御し、恐怖と暴力を通じて政治的独占を維持しないように設計軍事コンポーネントを持つすべての包括的な監視の状態です。
    記事はエボラの迅速な追跡を議論するために行くワクチン、なぜなら、政府はすべてのアメリカ人のためのそのようなワクチンを義務付けるかもしれないという可能性を非常に懸念している。

    それはすぐに、公衆衛生の災害には疑いをエスカレートだろう。しかし ―これは私達はすべて理解する必要がある非常に重要なポイントである― 政府はエボラを活用するという事実は、それが能力を持つ致命的な大流行ではないという意味ではありません。エアロゾル化した粒子を介して拡散します。
    代替メディアは全体のそして、私はすべての読者を信じて完全に露出の危険性を知らされる必要がある本格的な大流行がアメリカ(偶然または故意に)渡って解き放たれてしまったのです。





    エボラに感染する事は非常に簡単です


    政府からの「公式」文の自然さに懐疑的な全ての人たちは、「エボラパンデミック」について政府の発表がないので、パンデミックがないという意味では無いと言うことを覚えておく必要があります。

    そうです。感染症の流行は、誇張され悪用され、可能性も完全に医療官のファシズム機にて随時製作が、私たちがそれにダウンして私たち自身のガードを聞かせてエボラがあるふりをすることはできません」をキャッチするのが難しい。「これだけ難しいあなたはどこにもそれに近いならキャッチする。
    例えば、エボラがアフリカで横行実行されている場合しかし、あなたは、アフリカにいないエボラが大西洋を横断し、魔法のようにあなたのリビングルームを使用することはできません。そのことをよく確認する事が大切です。
    それ(エボラ)に感染するのは難しい。


    しかし、あなたがエボラ被害者と同じ部屋にいるなら、それに感染する事は信じられないほど簡単です。

    それからどうなると思いますか?

    米国の保健当局は、今のアバラに感染している患者を米国へ輸入し、アトランタのエモリー大学で感染した患者を置いています。

    ですから今、突然、エボラがここアメリカに存在しています。

    エボラはレベル4のバイオハザードであると考えられています。エボラに感染することが困難であった場合は、それに感染している患者の近くにいるときは保護バイオハザードスーツを着用する必要はありません。


    カナダの公衆衛生局は、エボラ取り扱いについてこう言っています。


    リスクグループ分類:

    リスクグループ4 封じ込め要件を: 封じ込めレベル4施設、設備、および運用方法感染性または感染性物質、動物、および文化に関わる仕事のため。防護服:研究室に入る人事ストリート下着を含む衣類、、ジュエリーを削除し、専用の研究室の服に着替えなければならず、靴、または完全にカバー防護服(すなわち、完全にすべての街路衣類をカバーする)を着る。伝染性の物質が直接そのようなタイトなフィット手首、手袋、呼吸保護とソリッドフロントガウンとして、処理される場合は、追加の保護は、実験室の服の上に着用することもできる。
    目の保護は、飛沫への曝露の既知または潜在的なリスクがある場合に使用されなければならない正の圧力のスーツとの組み合わせで感染性物質を持つすべての活動は、生物学的安全キャビネットの中で行われるべきである(BSC)、またはクラスIII内:その他の注意BSCライン。感染した材料の遠心分離は、密封された安全性のコップに置か密閉容器に入ったもの、または生物学的安全キャビネットの中でアンロードされローターで行わなければならない。正圧スーツの完全性は、日常的漏れをチェックする必要があります。針、注射器、およびその他の尖ったものを使用することは厳しく制限されるべきである。オープン傷、切り傷、傷、および擦り傷防水ドレッシングで覆われるべきである。その他の注意について、動物の活動を伴う作業に考慮されるべきである。キャッチするのは難しいのウイルスの流行のためのプロトコルのようなその音をしていますか?そんなことはありません。私はエアロゾル化粒子を介して拡散する実証された能力で、ニモは、この問題の第二を見て、政府はもちろん、社会統制のためにこれを利用するであろうとしても、エボラは本当に非常に危険性の高い感染症であることを理解することを願っていた理由です。エボラの詳細偉大なレポート作成のために、チェックアウトポールジョセフワトソン、この十分に立証された記事の名称は
    「エボラは、米国で流行した場合、たとえ健康なアメリカ人でも隔離されます。」





    七曜 高耶



    クリック頂き有難う御座います。




    応援有難う御座います!!



    科学 ブログランキングへ
    関連記事
    スポンサーサイト
    [ 2014/08/09 11:44 ]Posted by七曜高耶 | 陰謀 | TB(0) | CM(2)[記事編集]

    エボラ熱

    ある人がエボラ熱の治療が完治して回復しているとの話を聞きましたが・・・。
    昨夜のネットニュースでも治験薬で治療したとのニュースを見たような。
    [ 2014/08/10 08:39 ] [ 編集 ]

    Re: さのた様へ

    おはようございます、さのた様。


    コメントを有難う御座います!!


    > ある人がエボラ熱の治療が完治して回復しているとの話を聞きましたが・・・。
    > 昨夜のネットニュースでも治験薬で治療したとのニュースを見たような。


    スピから発信された「ナノシルバー」でしたら完治すると書かれていましたね。

    一般的には以下の引用の様に、

    特効薬ないが「検査・医療体制は確立」


     厚労省によると、国内と西アフリカの流行地域を行き来する人は少なく、感染者が帰国、入国する可能性は低いという。それでも、WHOの緊急事態宣言を受け、8日に全国の検疫所の体制を強化。流行地域から帰国、入国する旅客を把握し、現地で患者と接触した人などには一定期間、健康状態の報告を求める。

     特効薬がなく致死率も高いことから恐れられているエボラ出血熱だが、厚労省は「中東呼吸器症候群(MERS)や鳥インフルエンザ(H7N9型)のように新たに出てきた感染症でないため、検査方法や医療体制は確立されている」とする。



    の様に言われています。
    ナノシルバーに関しては色々なサイトで書かれていますが、安易な宣伝で、「完治する」や「予防出来る」とは書けません。
    本当に困っている、悲しんでいる方々は「藁をも縋る気持ち」なのですから、きちんと実証されてから記事にしたいと思っています。
    でないと唯の「悪徳宣伝業者」になりそうで・・・・・。





    七曜 高耶

    [ 2014/08/10 09:00 ] [ 編集 ]

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://orangeapple01.blog62.fc2.com/tb.php/2152-11f3724f