■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
    まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium


    □最新記事
    □最近のコメント















    ロックフェラーは、「クリーンエネルギー」に投資を切り替える。


    また素晴らしい記事を「MU(ムー)のブログ」のagnes様が書かれていました。
    ので、また転載させて頂いています。

    この度「BBC」では彼のロックフェラー家がとった驚愕ニュースを掲載させています。
    何が驚愕なのか?


    それは「化石燃料への投資を売却し、クリーンエネルギーに再投資するが、油から広大な富を作ったロックフェラー家への相続人は、報告書は述べている」事です。

    前回、この様な事故が起きたと思います。
    覚えておいででしょうか?
    2014年6月13日のことです。

    彼は経験豊富な飛行経験者だったにも拘わらず、飛行機事墜落し、死亡してしまいました。


    石油王ロックフェラーひ孫、自家用機で墜落死

    石油事業で大財閥を築いたジョン・D・ロックフェラーのひ孫で医師のリチャード・ロックフェラー氏(65)の操縦する自家用飛行機が13日、ニューヨーク市郊外で離陸直後に墜落し、同氏が死亡した。同乗者はいなかった。

    飛行場周辺は当時、霧が出ていた。ロックフェラー家の広報担当者によると、リチャード氏は豊富な飛行経験があったという。
    リチャード氏は前日に父親で元銀行家のデービッド・ロックフェラー氏の99歳の誕生日を祝い、米北東部メーン州の自宅に帰る途上だった。



    何でもそうですが、ロックフェラー家の一員だからと言って本当に悪なのかどうかは判りませんし、そのロックフェラー家に生まれた事によって、生まれてきた子供達が責められる言われは無いのではと思っています。

    何が言いたいのかと言いますと、何故「クリーンエネルギー」に向かったか?なのです。
    墜落事故で亡くなったのは 長男のジョン・ロックフェラー3世 (John D. Rockefeller III)でしたが、三男であるローランス・ロックフェラー(Laurance Spelman Rockefeller)氏は博愛主義者で有名で、今の「ディスクロージャー・プロジェクト」に深く拘わりが有り、現在のUFO開示の立役者の一人でもある人物がローランス・ロックフェラー(Laurance Spelman Rockefeller)なのです。

    これで大体の仕組みが見えてくるかもしれませんね。

    親が有名な悪人であったとしても、子も親と同じだとは言えないのがこれなのです。
    そこに焦点を当ててしまうと、見えないものもあると言う事なのです。

    以下、その事について詳しく書かれているのがこの「UFOテクノロジー隠蔽工作」です。



    是非読んで下さい。
    そして、記事をもう一度読んでみると何か違うものが見えてくるかもしれません。

    この本の中で登場する「赤い服」の女が彼らの活動を邪魔していた事も書かれています。


    ロックフェラーは、「クリーンエネルギー」に投資を切り替える。

    ロックフェラー

    化石燃料への投資を売却し、クリーンエネルギーに再投資するが、油から広大な富を作ったロックフェラー家への相続人は、報告書は述べている。

    ロックフェラー·ブラザーズ基金は化石燃料の資産以上の50ドル億(£31億)から自分自身を取り除くために約束慈善家の連合に参加している。

    発表は、国連気候変動サミットの前日火曜日に開かれ、月曜日に行われます。

    いくつかの650の個人と180機関が連立政権に参加しています。

    それはと呼ばれる成長しているグローバルイニシアチブの一部であるグローバル·売却、投資、数年前に大学のキャンパスで始まった、ニューヨーク·タイムズ紙が報じて。

    年金基金、宗教団体との大きな大学の約束は、報告によると2014年の開始以来、倍増している。



    ロックフェラー·ブラザーズ基金ディレクタースティーブンハインツは、化石燃料から売却する動きが石油王ジョン·D·ロックフェラーの意向に沿ったものだろうと述べた。

    「私たちは彼が今日生きていたら、抜け目のないビジネスマンは、将来に外を見てのように、彼は化石燃料の外に移動されることになるとクリーンで再生可能なエネルギーへの投資というかなり確信している、 "ミスターハインツは声明で述べている。

    一般的な見解では、COP15国連気候変動会議の終わりに2009年12月19日コペンハーゲンのベラセンターで本会議を示しています。 結果なしに終わった2009年のコペンハーゲンでの気候変動に関する最後の主要な会議で、 慈善団体は、ジョン·D·ロックフェラーの息子によって1940年に設立されました。2014年7月31日の時点で、ファンドの投資資産は8.6億ドルの価値があった。

    「健全な地球を維持する道徳的要請があ​​り、「ヴァレリーロックフェラーウェイン氏ロックフェラーの曾曾孫娘とファンドの受託者は、発言としてワシントン·ポストが引用されている。

    気候変動サミットは出席することが期待状態と政府のメンバーの125頭で、ニューヨークの国連本部で火曜日に開始する予定である。

    これは、2009年にコペンハーゲンで失敗した気候変動会議以来初めてそのような集まりである。

    国連事務総長潘基文は、指導者たちは2015年の終わりに、すべての国による署名がユニバーサル気候合意に進展させることができると考えている。

    日曜日には、何百万もの行進が行われ、気候変動に関する緊急の行動を要求し、炭素排出量に縁石を呼びかけ、世界中で2,000以上の場所でビジネスリーダー、環境保護や有名人が街頭参加します。


    親がどうであれ、子は子なのです。

    血を分けた存在であるが故に疑われてしまうのはしょうがない事ですが、そうでない事もあると言う事も知ると良いかもしれませんね。


    ※ ツイート・転載歓迎です!!



    七曜 高耶



    クリック頂き有難う御座います。





    応援有難う御座います!!



    科学 ブログランキングへ

    関連記事
    スポンサーサイト
    [ 2014/09/24 07:53 ]Posted by七曜高耶 | 政治・経済 | TB(0) | CM(3)[記事編集]

    まあどちらにせよ

     超金持ちを疑うには越した事が無い。
     彼等はズレた部分が多いからね。
    [ 2014/09/23 20:43 ] [ 編集 ]

    エネルギー関連とロックフェラー

    七曜高耶様

    このことは思ったよりも根が深いです。
    何たってロックフェラーは石油と軍事産業で食ってる一族ですからねえ。

    実はこんな話もあります。

    http://www.newsweekjapan.jp/stories/us/2014/04/post-3242_1.php

    これ自体前々からあった技術だと思いますがこれが表に出てきたという事が大きいのですよ。

    ロックフェラーの没落とはいろいろなサイトで言われていることですがエネルギー関連だけみてもその可能性はあるように感じます。

    それにしてもワシントンからも閲覧に来ている人もいるようですがそんなにこの記事気になるんですかね?
    [ 2014/09/24 06:10 ] [ 編集 ]

    Re: sapporojin様へ

    こんにちは、sapporojin様。


    コメントを有難う御座います!!


    おかしなことに、sapporojin様のこのコメントだけ承認されていないままでした。
    全て承認していたのですが・・・・・。
    未承認になっていました。

    何故かは判らないままですが、これからも注意して見張っておきます。


    海外の方の閲覧は日本より多めな感じです。
    特に多いのはグーグル本社ですね。
    スパイダーではなく、興味を持って閲覧して下さっているのでしょう。

    海外の夢を視た時には非常に警告を出しやすくて有り難いです。





    七曜 高耶
    [ 2014/09/25 12:37 ] [ 編集 ]

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://orangeapple01.blog62.fc2.com/tb.php/2243-e2a42400