■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
    まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium


    □最新記事
    □最近のコメント















    「第三次世界大戦」への足音。 「誰が」「何の為に」「戦争」を起こそうとしているのか?

    おはようございます、七曜高耶です。

    本日は「第三次世界大戦」について書いていこうと思います。

    この間から「第三次世界大戦」の話を持ち出す高官やローマ法王やらのニュースが増えてきていますよね。
    懸念をしている様に見せかけての洗脳はかなり上手くいっているかもしれません。

    人々を戦争へと導き、殺人は合法的なものへと変わる・・・・・。
    何とも恐ろしい限りです。
    この調子でいきますと、人口を10億人迄削減するのに然程時間は必要ないでしょう。


    今の2014年と言う年と、2015年と言う年。
    地球にとってこれ程重要な年は無いのではないでしょうか??




    2014年7月5日。 私は「第三次世界大戦」の夢を視ていた。
    http://orangeapple01.blog62.fc2.com/blog-entry-2077.html

    この記事を出した時、沢山の読者の方がその意味を考えて下さり、そして沢山の情報を私に与えて下さいました。

    皆様が考えて下さったのは、その時に夢の中で聴いた言葉「One our Three War」。
    これが一体何を意味するのか・・・・・。それは憶測の域を出ないが、もしかすると「第三次世界大戦」に関係する重要な位置にある「三つの国」の事も含まれているのかも知れないなとも感じています。
    しかしそれでも何故「ピラミッド」がそこに出てきたのか迄はやはり判りません。


    本当に判らない事だらけです。

    でもきっと、その謎も、戦争が起きれば直ぐに解けるのでしょうね・・・・・。


    より大規模になるシリアでの米国の戦闘プラン


    http://japanese.ruvr.ru/2014_09_30/277956385/


    イスラム © Photo: REUTERS/Abdalghne Karoof



     イラクやシリア領内における武装組織「イスラム国」の拠点に対する空爆が、これ以上米国を満足させることはないようだ。米国防総省は、地上作戦の実施を主張している。一連の国々は、米国のこの提案を支持する意向を表明した。一方で国連安全保障理事会の承認を得ていない西側の軍事行動は、第三次世界大戦の始まりとなる恐れがある。



     米国は、国連安保理の承認とシリアの許可を得ないまま、シリア領内で「イスラム国」の拠点に対する空爆を開始してから1週間もたたないうちに、さらに先へ進んだ。米軍のデンプシー統合参謀本部議長は、「『イスラム国』対策を成功させるためには、イラクとシリア領内で地上作戦を実施する必要がある」と表明した。米国防総省は、今のところ地上作戦の実施を公式に要請してはいないが、米国民でさえ、これは時間の問題だとの確信を示している。米国のNBCテレビとThe Wall Street Journal紙が実施した世論調査の結果、米国人の72パーセントが、オバマ大統領は「イスラム国」との戦いに兵士を派遣しないと約束したが、大統領は約束を守れないのではないかと疑っていることが分かった。



     英国は米国防総省の提案に理解を示した。トルコは、イラクおよびシリアにおける「イスラム国」に対する地上作戦に自国の兵士が参加するのを許可した。シリアは、有志国による「イスラム国」との戦いに反対ではないことを示唆した。ただ、イラクとシリア領内における軍事作戦の目的、期限、資金は、国連安保理で合意され、国際法に合致しなければならない。しかし米国は、まさにこの条件を断固として無視している。中東研究所のエヴゲーニー・サタノフスキー所長は、テロ対策と並行して、米国は長年計画していたアサド政権の転覆を実現させる意向であると思われると指摘し、次のように語っている。



    「米国は、アサド大統領の打倒、シリアにおける政権交代という考えを放棄しなかった。問題は、『イスラム国』に対する地上作戦と、アサド軍に対する攻撃を区別するのは不可能だということだ。現米大統領が、いつどのような指示を出すのか分かる人は誰もいない。」


     戦略評価・分析研究所のセルゲイ・デミデンコ専門家は、もし米国がテロ対策と並行してシリアの政権を変えようとすれば、米国が主導する西側諸国は、現在の問題はほんの序の口にすぎないほどの大きな困難に直面するだろうとの考えを表し、次のように語っている。



    「もし米国がアサド政権を転覆させた場合、はじめは米国が創設しておきながら、今は英雄的に戦っている『イスラム国』のようなものが、3-4倍に増えるだろう。なぜなら、バシャール・アサド大統領は、イスラム過激派の拡大を阻止する、非常に重要な地域の力の一つだからだ。アサド政権、イラン、イラクのシーア派、クルド人は、いま『イスラム国』と最も積極的に戦い、最も大きな損失を被っている。シリアは、民族・宗教的な面でイラクよりも難しい。もし米国がアサド政権の転覆に成功した場合、米国はイスラエルから永遠に許してもらえないような混乱が始まるだろう。」



     多くの専門家たちは、シリアにおける強制的な政権交代を伴う中東紛争は、イスラエルどころか、世界大戦に変わる恐れがあると考えている。中東研究所のサタノフスキー所長は、その時、地域の国々だけでなく、そこから遠く離れた国々も巻き込まれる羽目になると警告し、次のように語っている。



    「第三次世界大戦は、文明の戦争だ。イスラム過激派による、中東の他の全てのイスラムグループに対する戦い、そして同時に、インド、中国、ロシア、あるいはアフリカのキリスト教の名残など、イスラム世界とは関係のない全ての者たちに対する戦争だ。テロ攻撃が増えるだけのイスラエルや欧州、米国については言うまでもない。この点においてシリアは最後の砦だ。シリア政府は、テロリストたちの巨大な力を自分の側へ引き寄せている。そうでなければ、テロリストたちは別の国々を攻撃していただろう。」


     米政府はまだ、「イスラム国」に対する地上作戦の開始計画を正式には発表していない。しかしオバマ大統領は最近、テロ組織「イスラム国」の脅威は過小評価され、イラク軍の能力は過大評価されていたことを認めた。そのため、イラクとシリアにおける作戦は、当初発表された数か月ではなく、少なくとも3年間は続く。







    ナターリヤ コワレンコ


    こんな時にはセカオワの「Love the warz」でも聴くのも良いかもしれないな・・・。


    私達が常日頃感じる事を彼等は素直に歌っていたりします。子供達の間では人気のグループの様です。

    コスチュームは妙にフリーメイソンですがね・・・・・。


    ※youtubだけでは判り難いので追記に歌詞貼ってます。是非聴きながら歌詞を読んでみて下さいね。



    七曜 高耶



    クリック頂き有難う御座います。





    応援有難う御座います!!



    科学 ブログランキングへ

    世界が唱えるLove&Peace PeaceのPeaceによるPeaceのためのPeace Peaceの対義語の戦争を無くすため何回だって行う戦 争 朝がなければ夜もないそして悪がなければ正義もない そして不自由がなければ自由もない だから戦争がなければPeaceもないのかい?

    戦争を無くしてしまえば平和もなくなってしまうなら 僕らはどうしたらいいの?本当の平和は訪れない われわれはPeace防衛軍 平和を守るため戦争を無くすためあなた方を処刑しま す

    そんななか僕らは生まれたLovelyでPeacefulな幸福な 世界 魅惑の果実も魔法の道具もいくらだって手に入るこの 世界 なのにどうしてこんな苦しいんだ夢も希望もありはし ないんだ 僕らの幸せはどこにあんだよ平和の中にあるんじゃな いの

    そうさ僕らは幸福世代僕らの平和を守るため 僕らの世代が戦争を起こしますそいつの名前はLove the warz 世界が信じたLove&Peace Peaceを守るためいつしかみんなで悪をミナゴロシに して 世界は何か忘れてきた

    Love and Peace. Beautiful world. Perfect age. Happy generation. The things we have lost along the way. Hold on. Something is wrong. Just what are we forgetting?

    Love and Peace. Beautiful world. Perfect age. Happy generation. The things we have lost along the way. Hold on. Something is wrong. Just what are we forgetting? Where's the love?

    (ラブandピース 美しい世界 完璧な時代 幸福な世 代 僕達は確実に「何か」を失った アレ?ちょっとなんか変だ僕達は何を忘れてる?

    ラブandピース 美しい世界 完璧な時代 幸福な世 代 僕達は確実に「何か」を失った アレ?ちょっとなんか変だ僕達は何を忘れてる? あ、そうだ「LOVE」はどこ?)

    世界がどう変わったらいい?そして僕らもどうなった らいい? 僕らの悪をミナゴロシにしたら僕らの正義はどうなん の? どんな希望を持ったらいい?はたまたどんな夢を持っ たらいい? 不自由なんかないこの世界でどんな自由を願ったらい いの?

    幸福の中から幸せを僕らは見つけていけるのかな でもそれはまるで昼に光るStarのように僕らはそれを 見つけられない 世界が平和になってから僕らは生きていく理由が必要 になっちゃって 泣いて笑って探さなくちゃいけないなんでかって分か るでしょう

    悪魔がいて天使がいる同様に天使がいて悪魔がいる 悪魔が一人で泣かないように天使が一人で笑わないよ うに 天使と悪魔が愛し合う世界そこにはきっと「LOVE」 が必要で 争いあって笑いあって僕らは幸せを見つけてくんだね

    そうさ僕らは幸福世代僕らの愛を取り戻すため 僕らの世代が戦争を起こしますそいつの名前はLove the warz 僕らが信じたLove&Peace Peaceを守るためいつしか僕らの敵をミナゴロシにし て僕らは愛を忘れてきた

    Love and Peace. Beautiful world. Perfect age. Happy generation. The things we have lost along the way. Hold on. Something is wrong. Just what are we forgetting?

    Love and Peace. Beautiful world. Perfect age. Happy generation. The things we have lost along the way. Hold on. Something is wrong. Just what are we forgetting? Where's the love?

    (ラブandピース 美しい世界 完璧な時代 幸福な世 代 僕達は確実に「何か」を失った アレ?ちょっとなんか変だ僕達は何を忘れてる?

    ラブandピース 美しい世界 完璧な時代 幸福な世 代 僕達は確実に「何か」を失った アレ?ちょっとなんか変だ僕達は何を忘れてる? あ、そうだ「LOVE」はどこ?)



    セカオワ
    関連記事
    スポンサーサイト
    [ 2014/10/01 06:00 ]Posted by七曜高耶 | 第三次世界大戦 | TB(0) | CM(1)[記事編集]

    何の為?

    そりゃもちろんカネの為ですよ。
     それ以外ないでしょ、この社会。
    [ 2014/10/01 17:30 ] [ 編集 ]

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://orangeapple01.blog62.fc2.com/tb.php/2258-6e6f57d6