文字サイズを変更できます。

文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする

プロフィール

七曜高耶

Author:七曜高耶
ご訪問有難うございます。


 本ブログは、予知夢的内容の的中を保証
するものではありません。
この点を十分に留意し、記事をお読みくだ
さい。


また、
投稿欄は読者間の情報交換の場としての
機能を維持するために設けたもので、
本ブログの管理人が内容としてふさわしく
ないと考える投稿は、予告なく削除いたし
ます。
また、投稿する方自らが自粛していただけ
れば幸いです。




★ ドリームセラピスト講座を修了。
★ シータヒーリング講座を修了。  
★ 日本超心理学会【学会員】
  主に予知に関する能力を研究中。  


 皆様のお役に立てる事を願っております。

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

ブログランキング

最近のコメント

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

amazon

日本ブログ村ランキング

逆回転時計

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

こんばんは、七曜高耶です。
本日は富士化学の「アビガン」について書いていこうと思います。

つい2日前になりますが、国連が「空気感染」の可能性を警告したばかりだと言うのに、3日後には富士化学の治療薬「アビガン(ファビピラビル)」に効果が見られ、未承認とは言え、リベリアで医療活動中に感染した女性はフランスに搬送後、富士フイルム傘下の富山化学工業が開発したファビピラビルなどや、エボラ熱に対する承認を受けていない3種類の薬物で治療を受けていた。

と、言う事です。

まほろばの読者の方が、「アビガン」についての情報をかなり前に教えて下さっていましたが、本当に効果があるとは驚きです。
やはり、人体実験にはなりますが、効果を試すには「サル」や「マウス」では無く、実際の「人」で試すのが一番の最善の手段ですね。


さて、この富士化学の「アビガン」が非常に優秀であるにも拘わらず、何故未だに未承認なのか、不思議に思われる筈です。
ここまでの効果を出した「アビガン」なのですから直ぐにでも多くに患者様に投薬しても良いのではとは思うのですが、その「アビガン」は実はその安全面で保留にされていた様です。


 「アビガン」を開発しました富山化学が承認申請したのは、2011年3月。通常、申請したクスリが審査される期間はおよそ1年ですが、アビガンは3年を要しました。

「次世代の「タミフル」と言う事で、年間売上高は数百億~1000億円級になる」と期待された商品だったものが、最終的には「めったなことでは使わないクスリ」になってしまったのです。

 何故、当局(厚生労働省)が慎重になったのかと言いますと、ヒトで行う臨床試験前に実施した動物による安全性試験で胎児に奇形が生じる可能性が認められたためだったのです。


標準的な治療薬となっているタミフルでも、かつて副作用とみられる患者の異常行動が社会問題化した。そんな中、1960年代に投与した妊婦に奇形児が生まれて大規模な薬害事件となったサリドマイド(写真有り)のような悪夢が1例でも発生すれば、当局は責任を問われかねない。

だからこそ、慎重になるのも判ります。

「クスリはリスク」とはよく言いますが、それらの副作用を承知の上での投薬だったのかどうか、知りたい感じです。


終末の警告: - より多くの感染それを作るウイルスが変異すると空中になる可能性があることを国連アンソニー·バリー事務総長特別代表が警告する


公開: 13:25 GMT、2014年10月2日 | 更新日: 午前19時49分GMT、2014年10月2日



長いエボラ流行で人々が衰えることなく感染し続け、それが変異すると空気感染になる可能性が高と、国が警告している。

アンソニー·バリー事務総長特別代表は、それが新しいホストに感染続けば致命的な病気が空気感染をおこし「悪夢」になる見込みがあると述べている。

西アフリカの危機と戦った組織としての彼のコメントは、国際社会がエボラが完全に制御不能になる「螺旋の前にその広がりを停止するために、わずか4週間を持って警告した。

そして、病気を生き延びた英国の看護師は、幼い子どもたちが病気で死ぬ見ての「恐怖と悲惨さ」がすべてのコストで「避けなければならない」と述べた。


Read more: http://www.dailymail.co.uk/news/article-2778022/UN-Ebola-chief-raises-nightmare-prospect-virus-mutate-airborne.html#ixzz3F8OQAUBw





七曜 高耶



応援有難う御座います。





クリック頂き有難う御座います。



科学 ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://orangeapple01.blog62.fc2.com/tb.php/2268-ddc3c483

 BLOG TOP 


無料アクセス解析