文字サイズを変更できます。

文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする

プロフィール

七曜高耶

Author:七曜高耶
ご訪問有難うございます。


 本ブログは、予知夢的内容の的中を保証
するものではありません。
この点を十分に留意し、記事をお読みくだ
さい。


また、
投稿欄は読者間の情報交換の場としての
機能を維持するために設けたもので、
本ブログの管理人が内容としてふさわしく
ないと考える投稿は、予告なく削除いたし
ます。
また、投稿する方自らが自粛していただけ
れば幸いです。




★ ドリームセラピスト講座を修了。
★ シータヒーリング講座を修了。  
★ 日本超心理学会【学会員】
  主に予知に関する能力を研究中。  


 皆様のお役に立てる事を願っております。

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

ブログランキング

最近のコメント

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

amazon

日本ブログ村ランキング

逆回転時計

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

レプ

今回の発表は2000年頃からエイリアン研究を行っているジョナサン・マルキンソム教授。
だが、この様な発表を出す前から研究者にとっては既に周知の事実だ。

歴史上、その時々に出現し、そして壁画や絵画として現代に伝えられてきている彼らの存在や話を、未だに御伽噺か何かとしか思っていない愚かで無知な地球人にとっては驚くべき内容であるかもしれない。

しかも水面下では「地球人」と「異星人」との小競り合いや、そうかとおもいきや「協力関係」にあったりと、不思議な関係が築かれている様だ。

中でも面白いのは「サイキック」を操る一部の人間だ。(チャネラーは全くの人間です)

彼等はこの世は何一つ限定されていない自由意志の世界だと人類に思い知らせる役目の人間である。
人間が創り出した物質を変化させ、自然を操る能力を備えたある種の造られた「ハイブリット」なのだ。

「魂」と言う名の創られた「動力」と器となる「肉体」の絶妙なバランスが、また面白い。


エイリアンは昔から人類の身近にいた?(米研究)
2014年10月12日

ETI1


 米カリフォルニア大学の研究者らが宇宙人に関する1つの仮説を唱えた。

 既に地球上には地球外生命体は長い間存在していて、姿を変えて偵察活動を行っているというのだ。むろん、科学的な証明は無いのだが、古代の書物(例えば聖書等)を紐解いていくと、我々は太古の昔から地球外生命体とのコンタクトをとっているというのだ。



 
 今回の発表は2000年頃からエイリアン研究を行っているジョナサン・マルキンソム教授によるものだ。彼によると、地球外生命体は既に私たちの生活に入り込み、同じようないでたちで紛れ込んでいるのそうだ。

 この意見に同調する、カナダのPerimeter論理物理学研究所のエイドリアン・ケント氏はこう語る。「虫や動物が行うのと同じような高性能のカモフラージュと考えてみればわかりやすい。過去の書物を見ると地球外生命体は、この地球が誕生した頃から直ぐ間近で私たちを監視しているのだ。」



 過去の考古学者らは、確かに「地球外生命体は空から舞い降りてくる天使として、これまでの書物に描かれているのではないか?」と考えていたが、この説は「天使は永遠の生を持っているのに対し、この世に存在する生物には必ず死が訪れる筈だ」という理由から否定され続けてきた。

 地球外生命体の存在について我々人類が考察を始めたのはつい最近で、20世紀に入ってからの事である。特にCIAが情報を開示したことによって発生した「ロズウェル事件」は世界中に議論を巻き起こす事態となった。ロズウェル事件においてまことしやかに語られるのは、墜落した飛行船の存在とその飛行船に搭乗していたと思われる3体の宇宙人の姿だ。この3体の宇宙人は後にアメリカ軍基地へと運ばれたと噂されている。この飛行船墜落事故は飛行船に搭載されていた地中レーダー探査によるものだと考えられて居るが、別の説では「UFOは雷に打たれたのではないか?」という物もある。



 また、巷で見かける情報の一つには「元アメリカ合衆国大統領のジョン・F・ケネディは、死の数日前にCIAにロズウェル事件についての情報の全ての開示を求めたが、彼の要求はみたされる事はなかった」という物もある。


 1980年代から世界中でのUFO目撃情報が相次いだが、そういった話の中には「UFOに乗った」だとか、「宇宙人と対話をした」という奇抜な話まである。特に有名な話の一つにブルガリアで啓示を受けたヴァンガという女性の話がある。彼女はある日宇宙人の代表とのコンタクトに成功し、その時の体験についてこう語っている。


 「宇宙人たちは私の手を取り、会話をしてくるのです。彼等によると、彼等は地球上の数少ない動物にしか話しかけないようです。彼等は・・・常に私達を見ています」



 地球外生命体、ないし宇宙人は地球に何の用があるのだろうか


 イギリスの科学者ティモシー・グッド著書の「完全極秘の先:UFOによる世界中のセキュリティ危機」に語られている内容によると「地球はもはや中途半端に宇宙人が潜んでいる訳ではなく、大半の人間が宇宙人なのではないか?」というものである。


 宇宙人が本当に地球人とまぎれて存在するとして、その目的は何なのか?あるいは我々は既に宇宙人によって支配されていて、すべては彼らのシナリオ通りなのか?もしすでに地球人が洗脳されてしまっているのなら、というか既に宇宙人との交配が進んでいるとしたら、もはや地球は今、宇宙人の子孫で満ち溢れていることとなる。



「彼らは今、かなり長い時間ここ地球に定住している」



2011年1月には、英国の科学者がのために準備する必要発表し、地球外文明との緊急会議を、さらには国連の特別委員会の基盤を提案した。

しかし、接触が今までに起こったとしても、誰がそれが致命的に終わらないことを保証することができ、異星人が私たちの惑星と私たちを破壊しないのだろうか?



via:countdowntocontact・原文翻訳:riki7119






七曜 高耶



クリック頂き有難う御座います。





応援有難う御座います。



オカルト ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

種族繁栄

昔ある本で読みましたが長寿命であるが繁殖能力が衰えた為地球人との性交をしているとか。
嘘か本当なのかは分かりませんがいろいろな想像力で考えているのはすばらしいというか
恐ろしい気もしますが真実を知りたいものです。

そもそも

遺伝子レベルからして、地球以外からの操作で人が造られているから、最終的にはこの考え方に行き着く。
 根底にビッグバン理論、進化論があるから、遠回りになってしまう。
 何故それ等の証明もされていない理論にしがみつくのかな。
 もっと自由に思考を解放しようね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://orangeapple01.blog62.fc2.com/tb.php/2286-c5c2bdaa

 BLOG TOP 


無料アクセス解析