■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
    まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium


    □最新記事
    □最近のコメント















    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ]Posted by七曜高耶 | スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)|[記事編集]

    キリストは2人の子持ちだった? 「ダ・ヴィンチ・コード」は存在するのか??


    キリストは2人の子持ちだった?

    2014.11.13 Thu posted at 11:21 JST

    http://www.cnn.co.jp/usa/35056500.html?tag=top;subStory



    パピルス
    キリストの妻についての発言を記載した古いパピルス片=Karen L. King/Harvard提供


    (CNN) イエス・キリストには妻だけでなく2人の子どももいたという説が、古代文献を読み解いた新著「ロスト・ゴスペル」(失われた福音書)で紹介され、物議をかもしている。

    同書はカナダ・ヨーク大学のバリー・ウィルソン教授とイスラエル系カナダ人の作家シムカ・ジャコボビッチ氏が共著で出版。古文書を新たに翻訳した内容について解説している。この文献は1847年から英国図書館が所蔵していたもので、最近になって研究者の注目を浴びた。

    キリストに妻がいたという説は以前から指摘され、映画にもなった小説「ダ・ヴィンチ・コード」(2003年)でも有名になった。

    しかし今回の文献からは、キリストに妻だけでなく2人の子どもがいたことがうかがわれ、聖書に登場する「マグダラのマリア」が妻だったことも確認されたという。さらに2人の子どもを暗殺しようとする計画もあったとされる。

    文献は動物の革に、キリストが話していたとされるアラム語の方言であるシリア語で書かれていた。

    この説についてキリストの生涯に詳しい米ミドルベリー大学講師のジェイ・ペリニ氏は、キリスト教公認の4つの福音書以外にも、福音書は多数存在すると指摘。「福音書の伝承は豊富で多岐にわたり、興味深い内容に満ちている。キリストについて記された膨大な内容のうち、どれが正しくどれが正しくないのかを正確に知ることはできない」と解説している。




    「ダ・ヴィンチ・コード」大好きな七曜ですが、「ロスト・シンボル」も外せません。
    どちらもフリーメイソン・イルミナティをテーマにした小説ですが、キリストの子の謎についてはやはりあの「ダ・ヴィンチ・コード」しかないでしょう。

    しかも、「キリストに妻だけでなく2人の子どもがいたことがうかがわれ、聖書に登場する「マグダラのマリア」が妻だったことも確認されたという。さらに2人の子どもを暗殺しようとする計画もあったとされる。」等、あまりにも面白い展開!!

    まさにあの「ダ・ヴィンチ・コード」がリアルに再現されている感じですね。

    と、言う事は「暗殺」の計画はあったものの二人の子供の「死」について書かれていないとなると、今もなお血脈が続いてきていると言う事になりそうですね

    更にこれが書かれていた紙が「パピルス」と言うところにも注目する必要があるかもしれない。






    七曜 高耶


    クリック頂き有難う御座います。




    応援有難う御座います!!


    オカルト ブログランキングへ

    関連記事
    スポンサーサイト
    [ 2014/11/13 15:48 ]Posted by七曜高耶 | 直感力 | TB(0) | CM(1)[記事編集]

    キリスト

    キリスト・マリア・聖書は某組織の人心マインドコントロールしていく為の作り話し、視えたり、交信されてる方ならご存知だと思いますが、、、、
    [ 2014/11/14 19:14 ] [ 編集 ]

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://orangeapple01.blog62.fc2.com/tb.php/2341-ed0ea491